2019年04月01日

新元号

今日は日本中が注目する新元号が発表されました。
私も新番組の「なつぞら」が終わってから
ずっとテレビの前で待機していました。

新元号は「令和」
おそらく多くの人の予想外だったと思います。
いろいろなところで予想している人を多く
見ましたが、元号を当てるのは相当難しいです。
なぜなら、ご存知のように元号は従来中国の古典
から採用されてきました(今回は日本の万葉集)
しかも、ただの熟語ではなく文中に出てくる
漢字二文字をくっつけて創るというのがこれまでの
パターンです。 要は造語です。
今までにない言葉ですから、
これを予測するのは無理だと分かっていたため
私はあえて予想をしませんでした。

聞いたときは違和感があったと思います。
今までにない言葉ですから当然です。
30年前に小渕官房長官から発表された平成を
聞いた時もおそらく違和感の方が多かったでしょう。
それでも何度も使っていくうちに徐々に慣れました。

令和もすぐに慣れると思います。

それよりもむしろ発音の方が気になります。
菅さんが発音したように、「れ」にアクセントを
つけるのか「昭和」のように平板読みをするのか。
今のところ前者が多数派のようです。
ただ昭和も二通り読み方がある気もします。
まあ読みやすいほうでいいでしょう。

あと字体ですね。
「令」「冷」「鈴」「領」
ふだん意識しなくても
漢字によって微妙に違う書き方を
している気もしますが、これも
どちらでもよいようです。

平成もあと1ヶ月で終了と聞くと
なんだか名残惜しい気もします。
ますます昭和は遠くなりにけり。
昭和生まれとはいえ、物心ついてから考えると
昭和の記憶など10年もありません。
平成は30年まるまる記憶があります。
もちろん自分の人生においては、平成の方が
長く生きています。

昭和から平成に変わったときには年を取った気が
しましたが、不思議と今回はそういう気はしません。
ちなみに塾生たちは、平成から令和に変わると
年を取った気がするそうです(笑)
なんとなく気持ちが分かります。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185805047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック