2019年04月05日

元塾生たち

うちの塾は2002年にスタートして今年で18年目
最終在籍者だけでも200人以上の戸塚中生の
勉強を私ひとりで見てきました。
現在も30人以上の戸塚中生が在籍しています。

新元号が発表されましたが、当塾の第1期生と
第2期生は昭和生まれです。
(2期生の1月8日生まれからが平成生まれ)
私は突然今の塾を始めたわけではなく、
大学生のときのアルバイトとして別の塾で講師を
していました。 もちろんそのときの塾生は
みんな昭和生まれで、最初に平成生まれの塾生が
来たときはジェネレーションギャップを感じた
ものです。

前にいた塾は閉鎖になったので、
近くで新しく塾を始めることにしました。
その後は2000年生まれが塾生になったときが
2番目のジェネレーションギャップ。

そして3番目は10数年後でしょうか。
いつの日か令和生まれの塾生が誕生するかも
しれません。
そのときまで塾をやっていればの話ですが(笑)

うちの塾は開塾以来、すべての塾生の
すべての教科の授業を私が担当しています。
よって塾を修了した後でも、塾に来れば
確実に私がいます。
このあたり一般的な塾と違うところです。
ほとんどの塾では私がそうであったように
大学生のアルバイト講師が授業を行っているため
数年したらたいてい塾をやめています。
また、社員の場合は異動もあります。

その点、私は異動する場所もありません。
よって毎年、昔の塾生が顔を出してくれます。

今日も高校生になったばかりのNさんが
早速高校の課題で難しすぎる問題があるといって
質問に来ました。
この学年は先週も別の生徒が勉強にきました。

昨日は、1学年上のTさんとKさんが
犬の散歩のついでに塾に顔を出しました。
犬の散歩のついでに寄れる塾は
なかなかないと思います(笑)

先日はこの春高校を卒業したOくんとKくんの
バスケ部コンビが。
3年ぶりだったので瞬間的に気づきませんでした。
この学年はいまだにLINEグループに多くの生徒
が残っているため、進路先を聞いてみました。
実際に塾に顔を出して教えてくれた生徒もいますが
ほとんどが大学に進学し、専門学校に行く生徒も
数名。 みんな次の進路が決まってつかの間の
春休みを楽しんでいるようです。

そういえば2週ほど前には当時高2だった
生徒3人も塾に顔をだしました。
3人とも高校はバラバラなのでなかなか会う機会も
ないようで、前回会ったのも塾です(笑)
塾が待ち合わせ場所になっているようですが
私としては一向にかまいません。
1年ぶりくらいに会ったらしく、
2時間ほど話が弾んでいるようでした。

毎年のように元塾生が顔を見せてくれると
当時のことが思い出され、また現在の状況も
聞けるので私としても嬉しくなります。

うちの塾生は在籍期間が長いため
(最低でも1年で平均したら3年以上)
高校生になっても大学生になっても私も結構
塾生のことは覚えています。
またそれだけ長い期間勉強した塾だからこそ塾生
たちも気兼ねなく顔を出せるのではないでしょうか。

これからも遠慮なく塾に顔を出してほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185828735
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック