2019年04月28日

やや心配な小5

連休中は塾の授業もストップしています。
希望者は勉強しに来てよいと伝えてあります。
ただし気まぐれでは困るのできちんと意志を持って
予約制にしました。

その結果、中1〜中3すべての学年で実施最低人数
を上回る希望者がいたために、連休中も三日間は
塾を開けることにしました。
部活や家族旅行などと重なってしまった人は
残念でしたが、先に進むわけではないので安心して
ください。


さて、話がガラッと変わって5年生。
塾としては通算22期生
新生小学生クラスとしては10期生です。
(たぶん数字はあっていると思います)

早速7名の希望者からスタートして
すでに3回の授業を行いました。
その間の小テストは2回(算数・漢字)です。

算数は基本的に前回塾で学習した内容を
10問ほど。
漢字は、前もってリストを渡して読み・書き
各25問ずつの計50問。
算数は毎年問題を変えますが、
漢字は毎年同じ問題で実施しています。
つまり前の学年との比較ができます。
漢字を覚えてくるかどうかなので学力というよりも
勉強に対する意欲が分かります。

手元に過去5年分の結果があったのでちょっと
比べてみました。
数字はすべて第1回漢字テストの塾生平均です。
第1回は漢検でいうと7級(小4終了程度)です。

17期生(現高1) 平均89.1点
18期生(現中3) 平均88.2点
19期生(現中2) 平均98.5点
20期生(現中1) 平均91.0点
21期生(現小6) 平均95.0点

最初のテストなので、年によって人数のバラツキは
大きいです。
一番少ないのは昨年(21期生)の4人で
いちばん多いのは3年前(19期生)の11人です。

驚くべきは平均がいちばんよかった19期生の時が
実は人数もいちばん多いということです。
19期生の5年スタート時の11名のうち10名は
今でも塾で頑張っています(現中2)
何度か触れている学年です。

翻って、今年の5年生はどうかと言いますと
22期生(現小5) 平均68.3点

ここまで列挙した6学年で最低です。
しかもダントツです。
前もって渡している問題、つまり何が出るのかは
分かっています。
(リストの漢字はすべて出題します)
しかも4年生終了程度の漢字です。
これで平均が70点いかないのは、家庭学習が
足りないということです。

うちの塾は入塾時の学力は問いません。
本人の意欲さえあれば入塾を受け付けています。
それは小学生クラスも同様です。
一応形だけの基準はありますが、ある程度の基本が
分かっていれば大丈夫です。
だから年によって学年全体の学力にばらつきも
ありますが、特に問題はありません。
別に必死になって難関校の合格者数を増やしたい
とも思っていないからです。
本人の行きたい高校に行けるように指導しています。
それがたまたま難関校ならそれもよしとしてします。

ただ本人のやる気があるかないかは、もう20年も
やっていますので、だいたい分かります。
特に今回の小テストのように、予めリストを渡して
いる問題ならば明らかに分かります。

満点を取る生徒はしっかりと練習しています。
塾から渡したプリントの練習スペースだけでは
たりなくて、枠外にも書いたり裏面にも練習したり
これだけ練習すれば取れるよねと納得です。

一方、50点や60点という生徒は
プリントを見ても練習した形跡がありません。
それで、分からないというは100万年早いです。
おそらく今までそういう勉強をしたことが
なかったのでしょうから、これから塾でしっかりと
勉強の習慣をつけてもらいます。
そのための小学生クラスです。

おそらく塾に来ていなかったら中学まで
このままの状態だったでしょう。
今までそういう生徒を何人も見てきたのでなるべく
早めに勉強の習慣をつけさせるためのクラス。 
それが当塾の小学生クラスです。

当塾の5年生も1度漢字テストをやってみて
どんなものか分かったと思います。
次回に期待しています。

ちなみに過去5年間の第2回の平均点も
書いておきます。
(  )内は第1回平均

17期生(現高1) 平均96.0点(89.1)
18期生(現中3) 平均84.9点(88.2)
19期生(現中2) 平均97.5点(98.5)
20期生(現中1) 平均95.4点(91.0)
21期生(現小6) 平均80.0点(95.0)

第1回より上がったり下がったりさまざまですが
これは第2回までに新メンバーが加わったり
欠席があったりで必ずしもすべてが同じ生徒
というわけではないからです。

今年の5年生の第1回は68点なので
せめて70点は超えてほしいです。
ちなみに第2回漢字テストのリストは5月7日に
渡して、14日にテストを実施します。

ちょっと過去の記録を見たついでに補足しておくと
17期生で第1回から満点を取った生徒は
中学でも学年1桁の常連で、8教科総合でも
学年1位になり、北辰の5科偏差値も70超でした。

18期生で第1回から満点を取った生徒は
現在中3ですが、定期テストはここまで10回連続
塾内トップで学年1位こそありませんが
1桁はもちろん安定して上位に位置しています。

19期生は現在中2で、今まで5回の定期テストを
行っていますが塾内1位は二人で分け合っており
二人とも学年1桁に入っています。
ちなみにこの二人とも、5年生時の漢字テストは
第1回から満点でした。

つまり中学でそこそこの成績を残している生徒は
小学校の頃からきちんとした勉強の習慣が
あるということです。
96点や98点ではなく満点は勉強していないと
無理でしょう。

ある日突然勉強ができるようにはなりません。
なるべく早い段階で勉強する習慣を身に着けて
ほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185939424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック