2019年05月15日

緊急事態発生

今日は水曜日で小学生の授業はありません。
元塾生(高2)から数学を教えてくださいと
連絡があったので2時間ほど説明しました。

あとは塾通信(修徳通信)の6月号を印刷し、
中2用のテスト対策プリントを作って
これも印刷しようとしたところ、コピー機に
トナー交換してくださいとの表示が。
モノクロしか使っていませんが、マゼンタ(赤紫)
のトナーを交換します。

これでよし! と思って印刷を再開しようと
するも、またしてもエラー表示が。
F2−66 という謎の数字も。

操作もできなくなり、メーカーに電話すると
営業時間外とのアナウンスが・・・

ということでコピー機が使用不可能という
緊急事態が勃発してしまいました。

私が個人的に考える塾の業務を行う上での
三種の神器をあげるならば
・ホワイトボード
・PC
・コピー機 となります。

うちの塾は集団塾なのですべての授業は
ホワイトボードに書いて説明しています。
また各学年の小テストや宿題はPCで作成
しています。 
その作成したプリントを印刷するにはコピー機
が必要です。

不幸中の幸いか今日はテスト直前で
小テストも宿題もありません。

今日は、テスト前ワーク(と呼んでいる)を
配ったので問題は大量にあります
今回は中1の範囲も出題されるため
全員に7冊ずつ配りました。
おかげで山積みになっていたワーク類が
100冊以上片付きました。

何度か電源をON/OFFしている間に
ちょっとだけ動いたので、英語の基本文を
まとめたプリントを印刷して配りました。

いずれにしてもこのままでは困ります。
ネットで調べるとF2−66はマゼンタの
トナーのトラブルらしいです。
修理費がウン万円とか書いてありましたが
カウンター保守契約しているので
無料で修理してもらえるはずです。
明日早速電話しなければなりません。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186003985
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック