2019年10月06日

軽く難読

先週の鶴瓶の家族に乾杯では新しく始まる
朝ドラにちなんで戸田恵梨香さんという人が
ゲストでした。
塾生情報によると有名な女優さんらしいですが
知らなくてスミマセン・・・

番組の舞台となったのは滋賀県甲賀市。

さて、皆さん この地名何と読みました?

地元の方、関西の方にとっては常識かも
知れませんが不勉強な私はまずこの市の存在も
知らず画面に出てきた地名を「こうがし」だと
思って読んでいました。
司会進行のアナウンサーが「こうかし」と
読んでいて、まさかNHKのアナが下調べも
せずに読むわけがないと思い調べてみると
やはり「こうかし」が正しいようです。

もう少し調べると2004年つまり今から15年も
前に合併してできた市らしいです。
その際、市名の読み方として「こうかし」が
投票で選ばれたいきさつがあるそうです。

甲賀という地名があるのは大昔、小学生の時に
忍者ハットリくんで伊賀・甲賀というのが
出てきたので記憶にはありました。
たしかケムマキくんが甲賀忍者だったと思いますが
30年以上前の記憶では「こうが」と言っていた
ような記憶もあります。

ということでまた一つかしこくなりました(笑)

地名と言えば全国には難読地名がゴマンと
あります。
もちろんその地域の人にとっては何度も使っている
から読めて当然、書けて当然だと思いますが
よその地域の人にとってはこれが難儀です。
勉強の必要があります。

市の中でわりと有名な難読地名では
匝瑳市
八街市
宍粟市
あたりは有名すぎて殿堂入りしてもいいのでは
というくらいです。
市はまだ知名度があっていいですが、町村や
さらに自治体の中の地区名などになると
まったく読めないものもあるでしょう。

ちなみに上の三つの読み方は
匝瑳市 (そうさし)
八街市 (やちまたし)
宍粟市 (しそうし)

それぞれ市名の右をドラッグすると
出てきます(スマホの場合は分かりません)

今はPCなどで変換すると出てくるから
いいですが、昔は手書きなどで宛名を
書く時は大変だったでしょうね。

また人名と同じで地名も他の人に説明するときに
何と説明するのか難しいところです。
そう考えると、川口市はほぼ100%通用するので
安心です。
人名も地名も分かりやすいのがいちばんです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186663989
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック