2019年11月30日

中2先に進みます

今日は土曜日で夕方には中3の授業があり
夜は中2で合計6時間授業
テスト前と講習時を除けば週でいちばん
忙しい日です。

今日もまずは期末の得点を記入してもらいました。
どの学年も社会の返却状況がいまいちのようです。
そういえば中1は個表が戻ってくるのが
夢わーくのあとになる可能性が高いと
言われたそうです。 
つまり12月9日以降ということになります。
それはさすがに遅すぎます。
できれば夢わーく前日(12月3日)までには
渡してほしいものです。

どの学年にもいえますが、仕事が早い先生と
そうでない先生がいます。
個表は5教科そろっていないと発行できないので
どうしても遅い先生の影響を受けてしまいます。

採点に時間がかかるならテストの時間割を早く
するとかいくらでも対策はあると思うのですが。

採点が楽な教科は数学です。
証明が入ってくると若干大変ですが
それでも数学の採点は短時間ですみます。
ではほかの教科が大変かというと
定期テストに限ればそれほど大変ではありません。
記述もパターンが決まっているし
英作文にしても使用する語句を指定したりして
同じような答えになる誘導があります。

以前、今の塾を始める前に教えていた塾では
T塚西中学校のテストで
あり得ないような問題がありました。

英語の文法か何かの問題で
単語の穴埋めにせず記号を選択する問題で
15問くらい全部「イ」が答えだったのです。
そうかと思えば、別の15問では
アイウアイウアイウ・・・ がひたすら続くと
いう勉強して臨んでいる生徒を舐めきっている
問題を出した先生がいました。
採点が楽だからという以外に理由はありません。

今はこんな先生はいないでしょうが
テストの採点も立派な先生の仕事ですから
できれば早めにお願いしたいところです。

前回書いてもらったときにインフレを
起こしていた中2の理科ですが
全員そろった時点で
塾生の約7割が90点以上で
もちろん塾生の平均も90点を超えました。

5〜6人の平均ならこれもありでしょうが
前にも書いたように中2は学校の1クラスの
半分くらいの人数がいます。
しかも、理科選択者とか特進クラスとか
そういうのはなしで、塾生全員の平均として
90点を超えているのですからいくら
問題が簡単だといってもなかなかたいしたもの
だと思います。

以下、平均が高い順に
国語、英語、社会、数学と続きます。

社会は2名未返却ですが
おそらくこの順番は変わらないでしょう。

中3は社会がまだ半分も戻っていませんが
現時点で平均は80超えでこれが抜けています。
以下、理科、国語、英語、数学と続きます。 
理科と国語は入れ替わるかもしれません。

学校の平均が低いというのもあるでしょうが
いずれの学年も塾生平均は数学が一番低く
これはどうにかしたいところです。

まあたしかに5教科総合だから、苦手な教科は
他で補えばいいのですが、理数科から数学科に
進んだ私としては、理科や社会以上に
数学で頑張ってほしいというのが本音です。

次の定期テストは学年末です
内申に関係のない中3は別にして中2は
もう学年末の勉強が始まっていると
考えてください。
今日は理科を2時間と数学を1時間学習しました。
理科はこのあと進む電流です。
苦手な人が多いようですが、覚える内容は少ないし
うちの塾では例年そこまで苦手意識はないようです。
今年の2年生にもしっかりと理解させたいと
思います。
前回と今回たっぷり時間をとって電流と電圧の
基本的な事項を学習しました。
次回から本丸であるオームの法則です。
基本をしっかり学んだのでそんなに
苦労することはないと思います。

理科よりも学年末で心配なのは
範囲が広くなるであろう数学と社会です。
このあたりは冬期講習も使って
万全の状態にしたいところです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186867699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック