2019年12月14日

ジェネレーションギャップ

私は全学年の全教科を教えているので
教科の内容によっては雑談でいろいろな
ことを話しています。

ですが、今どきの中学生はあまりものを
知らないのか単純にジェネレーションギャップ
なのか、んんん? と思うこと3連発

中3理科の天体分野で彗星という語句が
出てきたときに、76年に一度地球に接近
する彗星の名前は? と聞いても
誰一人知りませんでした・・・
雑談なので理科の知識としては別に必要
ありませんが、ハレー彗星の名前を
一人くらい知っていてもいいかなと。

gaaga.png

前回地球に接近したのは1986年で
当時は望遠鏡が売れまくったはずです。
うちにもありました(笑)
33年も前なので知らないのも無理はない
でしょうか。
次に接近するのは2061年らしいです。
42年後を楽しみにしていてください。



つづいて中1の社会で北アメリカの学習中に
都市名でロサンゼルスを尋ねられた時に
1984年にオリンピックがあった場所と
私がスペシャルなヒントを提供したにも
かかわらずこれまた誰一人答えられず。

ついでに、このとき陸上で一人で4つも
金メダルをとった人知ってる? 
と聞いても知りませんよね。
最近CMでたまに見る機会がある
カールルイスも今の中学生には
だれその人? となるのでしょうか。

個人的にはボルトよりもカールルイスの方が
印象に残っています。

たけしのスポーツ大賞という番組でも
カール君とかコカール君ターボとか
覚えている人いますよね!




さらにはまさに今日なのですが
中2、中3の前回の授業で次の宿題の
期限を12月14日というときに、ついでに
討ち入りの日ね! と言っても
皆一様に???

最近の中学生には討ち入りが通用しません。
昔は12月になると毎年のように
忠臣蔵がテレビで放送されたのですが
今年はどうなんでしょう?
私も今年は一度も見た記憶はありません。
今年どころかここ数年テレビで話題になった
ことすらないような気がします。

まああの話自体は脚色に次ぐ脚色で
史実とは程遠いとは思いますが
水戸黄門と同じくらい有名な時代物として
知っていてもいいかなあと思います。


以上ジェネレーションギャップでした

ちなみに、最近小中高生あたりでは
鬼滅の刃というのが流行っているらしいです。
テストの成績優秀者とか毎月のクイズの
正解者にLINEのスタンプをプレゼントして
いるのですが、この鬼滅の刃というのが
かなりの人気です。

もちろん私は知りません。
そもそも読み方すらわからないという・・・

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186919457
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック