2020年01月16日

第2回希望調査

14日(火)に令和2年度の高校入試受験生を
対象にした志願者数の調査結果が発表されました。

IMG_-cfrm2r.jpg

IMG_-8u332f.jpg

近隣の高校だけまとめてみました。
前回調査からはずいぶんと志願者数が
減っていますが、これは毎年のことです。
そもそも第1回調査は10月1日ということに
なっていますが、本当に10月1日かどうかは
大変怪しいものです。

以前塾生に聞いたら10月にそんな調査をした
記憶はないと話していたこともあり、
1学期あたりの調査を先生がまとめて
提出していることも考えられます。
よって10月の調査は参考程度にしか
なりません。

それに比べて12月は私立の確約なども
あって、ずいぶんと現実的な数字に
近づいてきます。

それでもまだまだ高倍率の学校は
さらに減ることが予想されます。
ただし人数が減るからといって
あまり安心はできません。

なぜなら、倍率が高いからといって
他の高校に変える人は、ほとんどの場合
成績的に苦しいからです。
つまり、上から抜けてくれるわけでは
ないということです。

逆に今回の調査で低めの数字になった学校は
実際の出願者数は増える傾向に
あります。 これは毎年のことです。

まあいずれにしても倍率が何倍だろうと
皆さんがやることはしっかりと勉強して
受験に臨むことです。
ギリギリでもいいなどと思うわずに
できるだけ上位で合格するつもりで
いてください。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187053845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック