2020年06月26日

常識チェック

課題テストも終わりあと1ヶ月もすれば
期末テストです。
課題テストはまずまずの結果が残せた生徒が
多いと思いますが、やはり期末の方が重点は
おかれているでしょう。

塾の授業の方も期末テストの内容が
中心となっています。
普段はテストのための勉強というよりも
もっと先の北辰や入試を意識した授業を
行っています。

教科によって、課題テストの内容と重複が
あったり、課題テストの先からが期末の範囲に
なったりとさまざまなので、逐一チェックは
していきます。

英語や数学はほぼ教科書通り進むので
ある程度の進度は予測できます。
一方社会は地理だったり歴史だったり
年によってちがいます。最近まで歴史だったのに
急に地理になることもあります。
まあ塾生全員戸塚中なので全員そろっている
のは間違いありません。

さて1年と2年は地理です。
1年生はこのあとアジア
2年生は地理の基本事項から日本の産業などに
進みます。
そういえば現3年生は入試には必出の地形図を
学習していないようですが、大丈夫でしょうか。
もちろん塾では学習しますが塾に行っていない
生徒にもきちんとフォローされることを望みます。

塾では頃合いを見計らっていろいろな
質問を投げかけています。
私は特定の教科を教えているわけではなく
全教科を教えているのでその質問も
多岐にわたります。
5教科すべてなのはもちろんですが
それが前の学年のものであったり
またはまだ習っていないけど常識的な
ことであったりします。

今日も中1の社会の時に
地理ということでいくつか常識的な
ことをどれくらい知っているのか
質問してみました。

が、予想を上回る感じで
日本の地理についての知識が
ありませんでした・・・

例えば日本で一番長い川を
知っているのが10名中1名
流域面積最大についても1名

おそらく47都道府県を全部
地図とあわせて言える生徒も
ほとんどいないのではないかと思われます。

まあそれを非難しているのではなく
知っているか知っていないのかを
知りたかっただけなので知らないなら
これから覚えればいいだけの話です。

去年の1年生も最初はこんな感じでしたが
そのあとまじめに取り組んでくれた
おかげでしょうか、まずまずの成績を
収めることができました。

今年の1年生のこれからにも
期待したいと思います。
むしろまじめさだけでいったら
去年の1年生より今年の1年生の方が
上回っていると思います。

去年の1年生がふまじめと
いうわけではありません(笑)
うちの塾生は基本的に毎年まじめな
生徒が多い傾向にあります。
でないと塾が長続きしません。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187641858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック