2020年07月28日

期末テスト返却状況2

今日は火曜日で夕方は6年生
夜は中学1年生の授業を行いました。

6年生は比を使った文章題のまとめ。
2時間目には英語のリスニングを
行いました。
塾生には算数のワークを2冊と
英語のワークを1冊ずつ全員に渡しています。
その英語のワークにリスニングの問題が
あるので挑戦してみることに。

今年から小学校の英語が変わるということで
前もって内容は見ていましたが、やはりと
いうか学校では細かい理屈(文法)は
抜きにしてほぼ暗記の内容になっている
ようです。
これは学校を責めているのではなく、
あの内容を週2時間程度で学習させようとする
文科省の方針に問題が大有りということです。

話すと長くなるのでこの辺にしておきます。
早い話が、意味も分からない小学生に
機械的に微分積分を教えるようなもので
全く応用が利かないということです。

あの教科書に合わせてもあまり
英語の力はつきそうにないので
2学期からは去年まで塾でやっていた
方式で授業を行いたいと思います。

あとはいずれ分かるであろう
来年の中1の英語の内容にスムーズに
移行できるようにしていきます。
そのあたりは私の裁量でなんとかします。
ということで6年生は2学期から英語を
本格的に開始します。
ただし学校(教科書)にはほとんど
合わせません。文法をしっかり教えます。

夜は中1の授業でした。
期末の得点を書いてもらいます。
事前に課題テストよりは50点くらいは
下がるよと予告していた通り
平均点は軒並みダウンです。

この学年は返却率は8割くらいで
全教科もらった生徒はまだ数名です。
塾生の平均がいちばん高かったのは
やはりというか英語で90点超えです。
以下、国語と社会が約80点
理科と数学が70ちょい超えくらいです。

この段階で文系とか理系とかいってもしかた
ありませんが、女子が圧倒的に多いこの学年、
得点にもその傾向が表れているようです。

明日あたりには全教科そろうでしょうか。
個表は三者面談でもらうようなことを
話している生徒もいたので平均点との
比較は時間がかかりそうです。
次回は、2学期の中間テスト。

塾ではすでにそれを意識した授業を
始めています。
今日は社会(アフリカ)と英語(複数形)に
ついて学習しました。

次回は理科と数学の予定です。




posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187756115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック