2020年09月15日

小6小テスト開始!

いろいろなことが変則となっている今年の塾の
授業ですが、9月になって小学生もほぼ例年通りの
授業を行えるようになってきました。

算数は学校によって相当差が開いています。
うちの塾の6年生は東小、綾瀬小、北小の
生徒が在籍しています。
一番早いのは圧倒的に東小で、進度を間違えて
いるのではないかというくらいものすごい
スピードです。
今年は2ヶ月ほど授業がなかったはずですが
すでに2学期終了程度まで進んでいます。
遅いよりは早いほうがいいのですが、はたして
生徒たちがきちんと理解しているかどうかは
分かりません。
そのあたりは塾で確認していきたいと思います。

その次は綾瀬小で、北小が若干遅めです。
まあいずれも誤差の範囲内です。

英語は以前書いたように、やはりあの教科書に
合わせるのは不可能と判断して、前回から
塾独自の進度で進めることにしました。
あんな教科書を押し付けられた学校の先生は
気の毒としかいいようがありません。
文科省とその関連機関の方々はよほど現場の
状況が分かっていないと見えます。

ということで去年までとは期間が変わったため
若干内容を変更して進めることにしました。
去年まで塾で使用したプリントのストックが
使えずすべて作り直しとなりますが、今年の
6年生のために頑張って作りたいと思います。

ただ、今年の6年生
まだまだ素晴らしい学年とは言えません。
とにかく宿題忘れが多すぎます。

すべて自分たちでマル付けを行う算数と違い
英語の宿題は回収して私が採点します。
その際に途中までしかやっていませんとか
いうプリントはすべて受け取り拒否です。
1週間もあって、調べればわかる内容なのに
終わっていないということは、やる気がない
ということです。

去年までの生徒ができていた難易度で
作成しています。
今年だけ難しくなっているわけではありません。
今日少し強い口調で言ったので、次回からは
きちんと全員やってくるでしょうか。
まあ、それが当たり前ですが。

で、今日は当塾の6年生では毎年実施している
小テストの第1回を行いました。
例年は6月開始ですが今年は非常事態につき
今日が最初です。

ここ数年の6年生最初の小テストの
平均点と満点人数を比べてみます

【各学年の第1回英語小テストの平均点】
H27(現高2) 80.7  満点2名
H28(現高1) 81.9  満点4名
H29(現中3) 85.7  満点2名
H30(現中2) 90.5  満点5名 
R1 (現中1) 71.7  満点0名
R2 (現小6) 60.0  満点3名

ということで最近6年間では
今年の6年生はダントツのビリに
なってしまいました。
去年の6年生がそれまでの記録を更新した
のに続いて今年はさらに低い点数です。
それでも第2回は頑張ってあげてきている
のが次の数値です

【各学年の第2回英語小テストの平均点】
H27(現高2) 92.5  満点4名
H28(現高1) 81.5  満点3名
H29(現中3) 93.9  満点7名
H30(現中2) 96.8  満点7名
R1 (現中1) 96.2  満点5名
R2 (現小6) ????  満点?名

去年の6年生は過去最低だった第1回から
過去最大の上げ幅となりました。

ということで、今年の6年生も
次回の小テストでは一気に上昇
してくれることを期待します。
まさか今日より下がることはないですよね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187926394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック