2012年11月17日

ということで

先ほど帰宅。
今日は年に一度の戸塚中バザーの日です。
その前に授業公開もあるため朝早く起きて出かけてきました。

去年は1時間目が全クラス道徳、2〜3時間目が授業だったと記憶しています。
今年はあらかじめ生徒に予定を聞いていました。
1年生は1時間目が通常授業で2時間目が夢ワークの事前指導。
2・3年生は2時間とも通常授業とのこと。
というか、授業数が少ない・・・

それはさておき10時頃に学校到着。
何度来ても校舎内の教室の場所を覚えきれません。
まあどのクラスにも塾生はいるのでちょっとずつ見て行きました。
前にも書いたと思いますが、戸塚中22クラスのすべてにうちの塾生はいます。 
前に在籍していた生徒もふくめると50名以上です。
よって特定のクラスを見に行くというよりも、全体を見て回りました。

ウロウロしているので、なんだよこのおっさんは。 と思われたかもしれませんが


大丈夫です。 慣れています♪


全体を見て感じたのは、ずいぶんと静かだなという印象です。

いつもこうなのか、今日は外部の人間が来るから静かにするようにと
事前に釘を刺されていたのかは定かではありませんが
むしろうちの塾よりも静かなくらいです。


ただ 静か=善 とは限らない というのが私の考えです。

自習中は静かにしたほうがいいでしょうが
授業中は、ある程度生徒の反応があったほうが授業はしやすいのです。
もちろんほかの生徒の妨害になるようでは困ります。 程度の問題です。

静かすぎて何を考えているか分からない
静かにしている振りをして何も考えていない
では困ります。
分からないところは分からない、
難しいところは難しい
分かりやすかったら、なるほどー
と言ってくれたほうが、説明もしやすくなります。

そのため私は授業でよく生徒に指名して答えさせます。
これは、なかなか自分から質問ができない生徒のために
こちらからあてて反応を見るためでもあります。

よってテスト前の自主勉強でもない限り
1時間ずっと生徒が静かにしているということは
うちの塾ではほとんどありません。

常に私と塾生との会話のやり取りがあります。
一方的な授業だったら、通信添削やパソコンなどの
分かったつもりになる学習と同じです。

ただ30人以上の生徒がいる学校ではやっぱり難しいと思います。
ある程度静かにさせないとそれこそ無法地帯になりますから。

よく生徒から学校の先生になればよかったのに
と言われますが、いやいやあの人数をまとめるのは無理です。
今の塾くらいの人数だから何とか説明できるのです。


2時間目が終わるとバザーです。
天気予報どおり雨が降ってきました。
去年に続いて今年も雨、となんとも恨めしいところです。
それでも普通に開催されたので
ドリンクとおにぎりとから揚げとフランクフルトを買って帰りました。
生徒はあらかじめ食券を買っていたようですが、私は当日券を並んで買ったため
並んで待っている間に生徒がたくさん現れ、多くの塾生他と会うことになりました。

塾生以外の、私がまったく知らない生徒からも多く声をかけられました。
学校で塾の話をするとき、明らかに私のことまで
あることないこと話しているのでしょう(笑)


今日はこのあと1時30分から数検です。
その後は通常通り、4時から中3  7時20分からは中2の授業です。
すでにテスト範囲も全学年そろったので本格的なテスト勉強になります。

まあ何度か書いたように、うちの塾ではテスト範囲が出てからテスト勉強をするのではなく
すでに中間が終わった時点から期末の勉強は始まっているのです。
そして期末が終わったら、もうその日から学年末の勉強を始めます。
戸塚中限定にしているからこそ、こういうこともできるのです。


期末テストまで、今日も含めて学校の休みは6日間もあります。
(厳密には、今日は休みではありませんでしたが)
中3はその6日すべて塾に来て勉強してもらいます。
というか、中3は今日からテストまで塾がない日は1日しかありません。

中1・中2も通常より日数が増えます。
テスト前の時間割りは今日完成させて塾生に配ります。

これから私は問題作成マシーンと化します。
いつものように、漢字・英文・歴史・計算 その他いろいろのプリントを作って
渡しますので頑張って覚えてください。

posted by Mさん at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の授業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60104705
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック