2021年02月04日

HP移転しました

塾のホームページを移転しました
ブログとホームページの一体型となっています

新ホームページは こちら


お気に入り(ブックマーク)の変更をお願いします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月21日

今日から10時間×3

世間では新型コロナの第3波ということで
再び経済の停滞が懸念されているところです。

3連休の過ごし方についていろいろと言われて
いますが、コロナがあろうとなかろうと、どこにも
いかず塾生のテスト勉強につきあう予定でした。

定期テスト前の土日は通常の時間割を変更して
毎回昼過ぎから22時ごろまでテスト勉強、
というのがここ数年の方針となっています。

とはいえ10時間もぶっ続けでは
集中力が持たないだろうし
時節柄1か所に長時間いるのも
よろしくないでしょうから
中1⇒中2⇒中3 と入れ替えながらの
テスト勉強です。
休み時間ごとに換気をし、生徒が帰るたびに
ドアとか机・いすなど消毒しています。

塾生は全員マスクをしているので
アクリル板は必要ない気もしますが
念には念を入れて設置を続けています。


通常は土日だけですが
今回は月曜が祝日ということで
三日連続となりました。
塾生たちも最後の追い込みに
励んでほしいと思います。

中間からそれほど日がたっていないため
範囲はわりと狭い教科が多いようです。
ただ、範囲が狭くても広くても100点満点
であることには変わりません。
範囲が狭いほうが、より細かい内容が
出題されるということです。
むしろ広いほうが楽なのです。

年度初め二か月ほど休校になったため
ものすごい速さで進んでいる教科が多く
休みがなかった年よりも
先に進んでいる教科もあります。

今回いずれの学年にも国語の文法が
範囲に入っています。
もちろん塾でも説明はしますが
学校でどのあたりまで習っているのか
分からないため、塾でもどこまで
説明していいのか悩むところです。
そもそも中学の文法をまともに学習するには
何時間あってもたりません。

文科省とその諮問機関は
教科書の内容をコロコロ変えていますが
国語の文法に関して話題になることは
ほとんどありません。
小学生に英語を学ばせる前に
日本語をしっかり学ばせてほしい
というのが全国のほとんどの教育機関の
声だと思います。

中1には品詞の説明をし
中2には用言の活用形を中心に説明しました。
中3はほとんどワークから出るらしいので
各自に任せることにしました。

何度か書いていますが
うちの塾は戸塚中限定ということで
さぞ戸塚中の生徒にとって有利になるような
対策をしているのでは、と思われるかも
しれませんが そのようなものはありません。
範囲内の何が出題されてもいいように
まんべんなく勉強します。
ヤマを張ることもありません。
定期テストのためだけの勉強ではなく
将来受けるであろう北辰や入試にも
つながる勉強にしたいからです。

それにいわゆる定期テストの過去問も
一切使用しません。
全国的には、学校の先生の出題傾向を
チェックして(要は過去問チェック)
対策をする熱心な塾もあるようですが
私はそれに価値を見出せないからです。

仮に過去問を解いて同じ問題が出たとしても、
それは本人の実力ではなく
出題した先生の怠慢です。
幸いにも最近の戸塚中の先生には
そんな怠慢先生はいないと思います。
(昔はいましたよ)

同じ範囲なら少々同じ問題になるのは
やむを得ないと思います。
ただかつては80点分くらい数字もまったく
同じ問題という先生もいました。
クレームが殺到したのでしょうか
テストはやり直しになりました。
こういうことが何回かありました。


入試や検定の過去問は解いた方が
いいと思いますが、定期テストの
過去問はそれほど価値はないと思います。
それよりも先ほど書いたように
何が出されてもいいように備えるのが
本当のテスト対策です。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月20日

戸塚中限定の真骨頂

今日は金曜日ですが、塾の方は
先週から期末テスト対策期間です。
この間は先に進むのをストップして
全教科テストの勉強をします。
高校入試に内申が使われる以上
この方針は変わりません。

さて、昨日は平日でしたが中3が
食事休憩も含めて5時間ほど滞在しました。
今日は中1と中2の番です。
しかも今日の戸塚中は14時過ぎには帰宅する
という情報を得ていたため、急遽予定を変更し
中1は16時からとしました。

もちろん当日変更では間に合わないので
前々日あたりから含みを持たせていました。
いまはLINEという便利なものがあるので
無事全員に伝わりました。

塾生や保護者あての連絡は
ほとんどLINEを使用しています。
生徒の場合スマホの所持率もありますが
中学生の保護者の方には100%
私のLINEを登録していただいています。

よって4月に一か月休塾した際の連絡や
zoomの希望などすべてLINEを使いました。
私の記憶が確かなら電話やメールでの
連絡は一度もなかったと思います。


あまり気にしている人はいないかも
しれませんが
一般的な塾の場合複数の中学の生徒が
在籍していますが(平均5校くらい?)
うちの塾は戸塚中だけなのでテストの日程も
範囲もすべて共通で対応できます。
うちの塾生にとってはこれが当たり前ですが
普通の塾では当たり前ではないのです。

それは塾生にとっても効率がいいし
教えるほうにとっても効率がいいのです。
塾に携わる人ならば異論はないでしょう。
テスト前だろうと通常時だろうと同じことです。

集団塾において中学を限定することが
もっとも効率のいい方法のひとつです。
(諸説あるかもしれません)

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月19日

あと99日!

今日は木曜日で小学生の授業はありません。
来週はテスト期間ということで
小学生の授業はお休みし中学生の勉強の
時間とします。

さて今日は中3の授業の日ですが
小学生の授業がないので夕方の時間が
空いています。
この時間何もしないのはもったいない!
ということで、夕方から塾で勉強し
途中食事休憩をとって22時までという
ことにしました(決めたのは3週間前)

テスト前はこのように本来の授業に
プラスして授業数を増やします。
中3だけでなく中1も中2もです。
一人で運営する塾なので限界はありますが
なるべく多くの時間勉強してほしいと思います。
もちろん授業時間が何時間増えようと
当塾では追加の費用などありません。
元々そういう発想がありません。

希望者だけとかにすると
参加者が偏る可能性があるので
原則として塾生全員同じ時間に勉強します。
それでもさらに他の時間を見つけて
勉強しに来る生徒もいます。

塾を始めたころ(15年以上前)と今では
塾生の勉強に対する態度がずいぶん
違う気がします。

まあ私がそういう空気にしている
のかもしれません。

中3や高校生が自習に来ているのを
直接見ているわけですから
次は自分もという気になったり
今回のように中3の食事を挟んだ授業を見ては、
自分たちもやりたい! という中2がいたり。

うちの塾はいやでも他の生徒の様子が目に入る
集団指導塾です。しかも全員同じ中学。
これがいい意味で作用しているようです。

入試までの残り日数も100を切りました。
当面の目標は期末テストですが
それが終わったら入試に向けての意識を
さらに高めなければなりません。

塾の方は、数学、社会はまだ残っている
単元があるので終わり次第入試対策へと
移行します。
英語と理科は今年の3年生はやたらと
ペースが速かったのですでに
教科書の内容はほぼ終了しています。

今後は学校の進度を意識する必要が
なくなるので5教科のバランスを考えながら
入試に向けた学習に取り組みます。
いずれリスニングや作文の練習も
回数を増やしていきます。

まずは期末頑張りましょう。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月18日

小5進捗状況

昨日の6年生に続き小学生の授業について。
5年生は現在4つの小学校の生徒が
通塾しています。
やはり戸塚中に進学することが前提です。

6年生同様5年生も東小の進度が
速いようです。
以下南小、綾瀬小、北小と続きます。

ただこちらは6年生と違って12月中に
教科書が終わるということはなさそうです。

今年の5年生は6月から授業を始めたので
まもなく半年となります。
生徒たちは塾にだいぶ慣れてきたころだと
思いますが、私もだいぶ塾生の学力について
分かってきました。

遠回しにいえば、
まだまだ頑張りが必要です。
今まで算数が苦手だったという生徒が
多いことは容易に想像できます。

理系教科は女子よりも男子の方が得意などと
いうことはあまり言いたくはありませんし
まだまだ小学生ですから理系も文系も
ありませんが、その傾向は毎年現れています。

うちの塾の男女比ですが 11月18日現在
中3は 女子が男子より 5名多く
中2は 女子が男子より 1名多く
中1は 女子が男子より 5名多く
小6だけは 男子が女子より1名多く

という感じで総じて女子が多く
とどめは5年生で
女子が男子より12名も多いのです。
(5年はほぼ女子クラスです)

あまりありがたくない傾向通り
5年生は算数が苦手な生徒が多めです。
なんとかあと1年で算数を得意科目に
したいと思います。
さらに英語も得意と言えるようにするのが
私の今後1年間の課題です。

5年生の小テストは今日で8回目。
満点が一人もいなかったのは今日が初めてです。
テストの内容は
英単語の意味を書くのが10問
分数の足し算引き算が6問
平均とか単位量当たりの問題が4問

一番間違いが多かったのは計算ではなく
単語の意味でbedをベットと書いた生徒が
5〜6名でした。

細かいですが
bedはベットではなくベッド
bagはバックではなくバッグです

毎年のことですが
小学生のうちにこういう細かいところを
直すようにしています。

同じようにカタカナを正確に書けない生徒も
毎年います。
その代表が ツとシ ンとソです。
このあたりも細かくチェックします。

うちの塾では小学生の小テストはすべて
回収して私が採点します。
自分で採点とか隣同士交換だと楽ですが
それでは細かいミスは永久に放置されたままです。

6年生の英語の宿題を回収して
私が添削するのも同じ理由です。

とにかく1年がかりで修正していきます。
本人たちにはその意識はないでしょうが
中1から入塾した生徒の答案と比べると
その差は歴然としています。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月17日

小6進捗状況

うちの塾は中学生がメインですが
小学生も5年生から授業を行っています。
ほとんどが塾生の弟妹とそのお友達
または保護者の方の紹介だけで
外部に向けての宣伝はそれほど行っていません。
実際今年も新聞広告はいれませんでした。

小学生は週1回2時間(実質100分)で
曜日は固定していますが、中学生の定期テスト前
になると中学生のテスト勉強を優先するため
お休みになります。
以前はその時だけ曜日を変更していましたが
最近は他の習い事をする生徒も多く
全員が可能な曜日というのが存在しません。

それでもなんとか小学生のうちに
基本的な事柄は習得してほしいということで
授業を行っています。

今日は火曜日で6年生の授業がありました。
現在6年生は3つの小学校の生徒が
通塾しています。
もちろん全員戸塚中に進学する予定です。

聞けば6年生の算数で学校の進度が
一番速いのは東小です。
2ヶ月学校が休みだったはずなのに
すでに3学期の内容に入っており
このペースだと12月には教科書が
終わってしまうでしょう。

1〜3月の学校の授業がどうなるのかは
分かりません。

それにしても2ヶ月休みだったのに
例年より速いとは。
ひょっとしたらまたしてもコロナで休校に
なることを見越してのこの速さなの
でしょうか。

英語に関しては今年から教科書も新たになり
教科としての英語が始まっているはずです。
が、聞くところによるとどの学校も
だいたい想定通りの内容で進んでいるようです。
速い話小学生のうちから読み書き文法を
重視することはほぼなさそうです。

ということで、英語は学校に合わせても
あまり意味がなさそうなので例年通り
こちらのペースで進めていきます。

9月から始めた英語の小テスト
第1回では過去最低の学年と酷評しましたが
その後はなんとか私の意志が伝わったのが
回を重ねることにまともになってきました。

第1回小テストでは60点だった平均が
その後
78点⇒81点⇒84点⇒86点⇒93点と
上昇し、今日の第7回も前回と同じく
平均93点でした。
第1回では3人しかいなかった満点も
今日は7人でした。

勉強は1回や2回やったくらいでは
簡単に上がらないといういい例になりました。

おそらく今年の6年生も塾に来ていなかったら
いまだに文法どころか簡単な単語もまともに
書けない生徒が多かっただろうと思います。

例年の6年生と比べたらまだまだですが
とりあえず中1の1学期のテストで
いきなり恥ずかしい点数を取らないで
すむレベルまでは到達しつつあります。

2学期のうちに簡単なbe動詞の文章まで終わらせ
3学期には一般動詞に入りたいと思います。
3月ごろには来年新しくなる中学の教科書を
意識した授業を行いたいと思います。

現在の6年生のうち何人が中学になっても
塾を継続するのかは分かりませんが
英語で足を引っ張らないようには
したいところです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月14日

明日は日曜ですが

早いものでもう11月の中旬になりました。
今年はやたらと時が流れるのを早く感じますが
同じような気持ちの人が多くいるようです。
いつもは、その年の新語流行語大賞の候補も
予想しているのに今年はいつのまにか
ノミネートが発表されていました。

もう1つの今年の漢字については
ズバリ「禍」であると予想します。

半年ほど前から聞かれだしたコロナ禍。
コロナ渦ではなく正しくはコロナ禍です。
塾の人間として間違えるわけにはいきません。

塾ではあいかわらず座席の間にアクリル板を
設けています。
面談の時も面談用のを使用しました。
塾生からもいつになったらこれ(板のこと)
取れるんですかとよく聞かれますが
有効なワクチンが開発され
コロナのことがニュースにならなくなれば
板の撤去も考えています。

消毒も毎日行っています。
毎日というか、生徒が帰るたびです。
テスト直前など全学年来るので
中1が帰ったら消毒
その後中2がきて中2が帰ったら消毒
その後中3がきて中3が帰ったら消毒
と同じ場所を3度も拭いています。

用意した消毒液もだいぶストックが
なくなってきました。
ただ今度は消毒液もペーパータオルも
以前のように品薄になることはないでしょうから
買いだめはしないことにしています。

明日は日曜で、テストまでまだ日がありますが
塾生の勉強のため塾を開けることにしました。

部活が終了している中3を早い時間に呼んで
まだ活動中である中2は夜です。
このあたりは臨機応変に対応できます。

来週の土・日・月の3連休も
塾生の勉強用に塾をあけます。
すでに予定表を渡しているとおり
三日とも全学年が対象です。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年11月01日

中3三者面談中

2学期の中間テスト終了後から
中学3年生を対象に三者面談を実施しています。

7月は実施できなかったので約半年ぶりと
なります。
以前購入していたアクリル板の出番がきました。

IMG_20201023_221431[1].jpg

この仕切りを置くために机を真ん中にセット
図らずもソーシャルディスタンスが
保たれるようになりました。

この仕切りは中央に書類等を渡す小窓がついている
すぐれものですが、大きな資料を提示するときは
ちょっと邪魔です(笑)

ちなみに普段の授業では生徒の机の間にも
アクリル板を設置しています。
IMG_20200530_184556.jpg

はやくこういうのが撤去できるようになれば
いいのですが。

中3面談は今回は希望者制にしました。
が、すべての塾生の保護者の方から
ご希望の日時を提出されました。
しかもほとんどのご家庭でご希望の日時を
1週間以内に決定されるという素早さです。
日頃から当塾の運営にご協力くださり
ありがとうございます。

現在ちょうど半数ほど終了しました。
今年は説明会や個別相談の予約が
なかなか取れないという話が多く聞かれます。
すでに受験校を絞っている生徒もいれば
まだまだ悩んでいる生徒もいます。

私立はもう間もなく出願ですが
公立は2月まで変更はできますので
焦る必要はありません。
ただ目標があった方が勉強するにも
やる気が出るでしょう。

公立の入試まではあと110日台に
なりました。

中3があと何回塾に来るのか数えてみました。
せっかくだからプリントにして面談のときに
お渡しすることにしました。
chu3.png

これによると11月以降であと56回です。
つまり公立入試までの二日に1回は塾に
来ることになるので、まだまだたくさん
勉強できますね。

ちなみにこの日数には正規授業のほかに
テスト対策で来る日も含まれています。
また年明けは2回の祝日
(成人の日・建国記念の日)も塾を開けて
勉強する予定です。

あくまでも塾生全員が来る日であって
他に塾に来て勉強したい人は
さらに増えることになります。

100日を切ると、徐々に現実味を
帯びてきます。
今のうちにできることをやっておきましょう。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年10月27日

うーむ

自宅のPCがいよいよピンチです。
もう使い始めて10年くらいたち
2〜3年前から常に異音がしていて
今まで頑張ってくれた方だと思います

昨日も電源を入れてから操作できるまで
15分くらいかかりました。

なぜこうなるまで使っているかというと
一つにはデータの移動が難しいことがあります。
特に塾のHPはFTPのパスワードとか
その他の設定をすべて忘れているため
自宅のこのPCでしか更新できないのです。

したがって現在新しいHPの作成方法を
鋭意検討中なのです。
業者に頼んだら年に何万円もします。
ひょっとしたらもう一桁かも。
それほど多くの内容を扱っているわけでは
ないのでこれくらいは自分でやらなければ
なりません。

ブログは自宅、塾どちらのPCからでも
更新できますが、これは前に書いたように
https化の兆しがないので
こちらも変更しようと現在鋭意検討中。

ということで
ここ数日は、自宅PCとHPとブログについて
若干頭が痛いところです。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年10月20日

HP復活しました

昨日突然消滅した塾のHPですが
レンタルサーバー元に問い合わせて
対応を聞いたところ、なんとか
復旧することができました。
1日で戻ったのでまずは一安心です。

さらにワードプレスのインストールの
方法も教えてもらい、こちらも無事
成功しました。
丁寧に教えてくれたさくら(レンタルサーバー)
の人に感謝です。

どうやらPHPのバージョンが古かったようです。
とはいえ、私にとってはそもそもPHPが
なんのことだか分かりません。
PHSなら分かるのですが・・・

理系とはいえ、今みたいに中学高校で
情報の勉強なんかしませんでした。
私が中学の時の技術の記憶は
ラジオ作ってチリトリつくって
机の引き出しつくった記憶しかありません。

高校はそもそも技術も家庭科も
ありませんでした。
電算教室といって理数科向けのパソコン用の
部屋はありましたが、あるのは部屋だけで
当時新設校ということもあって肝心のパソコンが
まだそろっていなかったのです。

ということで私はHPとかネットとか
そういうのを作る知識はほとんどなく
今あるHPもなんとなく作ってみたものです。

これを移行しようとしても
その方法すら分からないレベルで
自宅のPCがもうすぐ故障すると
HPも放置になる可能性もあります。

いろいろとネットで検索しようと思っても
説明に書いてある用語がまず分からないという
初歩的な状況です。

これではまずいので、ちょっと勉強したいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年10月19日

HPが消えた

前にも書きましたが、塾のHPは独自ドメインを
取得しこのブログもそのサービスに付随するもので
毎年使用料を払って運営しています。
HPスペースとドメインを借りているだけで
更新はすべて私が行います。

ただこのブログはhttps化される気配が一向に
ないので、いろいろと手立てを考えていて
設定をいじっていたら、なんと突然塾のHPが
消えてしまいました・・・

直接ブックマークされている方は大丈夫だと
思いますが、塾のHPからこのブログを
訪問されている方にはご迷惑をおかけして
申し訳ございません。


塾のHPとブログは独立しているため
このブログは残っていますが
いったいどうなっているのでしょうか。

19年経過し、現状新規の問い合わせはほとんど
塾生や保護者の方の紹介になっているので
HP自体の役割は終えているといっても
いいのですが、それでも1年に一人でも
利用者がいるのなら継続したいところです。

運営の会社に問い合わせのメールを
送りました。
うまく解決すればいいのですが。
posted by Mさん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年10月08日

かなり忘れている2

またしても塾生のことではなく
私のことです(-.-)

私は通常時はだいたい15時くらいに
塾を開けるようにしています。
日によっては遅いときもありますが
平均して15時〜16時です。
そのあと掃除したりその日の授業の準備を
したりします。

教材会社の営業の人や
私立高校、公立高校の先生があいさつに
見えられることもあります。

日によっては授業まで結構時間があくことも
あり、今日がまさにその日でした。

ということで、漢検2級の問題と
数検準1級の問題を解いてみることに。

漢検2級は5年くらい前に合格していますが
今回は思い付きなので勉強なしで。
その結果驚愕の135点・・・
部首と四字熟語が壊滅的です。

たしか2級の合格は155点なので
余裕で不合格です。

5年たって相当記憶が衰えているようです。

つづいて数検の準1級
こちらも5年くらい前に合格していますが
普段中学生の数学しか扱っていないと
結構忘れるものです。

ということでまずは一次試験を解いてみると
7問中5問正解で、ギリギリ合格ラインでした。
しかし数検は満点以外は不合格という
個人的な基準があるのでこれはいけません。

漢検2級も数検準1級も、普段の業務には
まったく必要ありませんが、脳の衰えを防ぐ
ためにちょくちょく勉強したいと思います。

数検二次は時間がなかったので
また次の機会に。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年10月07日

あと1週間

中間テストまであと1週間となりました。
学校の部活も昨日から休み(のはず)です。
そういえば昨年川口市で部活のガイドラインが
作成されましたが、今年も守られている部活と
だんだんとあいまいになっている部活と
あるようです。

また川口市内の越境入学も
表面上は禁止になりましたので
部活もずっと強い学校というのが
なくなってきたようです。
以前は部活のために電車に乗って通学する
という話も聞かれましたが、自由選択制に
すると生徒数に偏りが出るからでしょうか
昨年廃止になりました。

さてテスト前1週間ということで
当塾ではなるべくテスト1週前には
提出物を終わらせるように話しています。
中1・中2は結構な割合でもう終わって
いるようです。
中3は量が多いからかどうか分かりませんが
まだまだ終わっていない生徒も多いようです。
まあ中3は今まで何度も定期テストを受けて
いますので自分なりのペースが分かって
いるのでしょう。あまり多くは
口出しをしないようにしています。

これが塾に入って間もないなら
私もいろいろと口を出しますが、
今年の中3は半数以上が小学生から在籍
しており、一番新しい生徒でも1年半以上
たちます。今さら私からテスト前の心得など
言うこともないでしょう。

昨日今日あたりから塾生にはテスト前ワークと
呼んでいる教材を渡しました。
うちの塾生には全員に、通常授業用の
5教科分のワークとは別に
テスト前専用に別の種類のワークも
用意しています。
小規模個人塾にしては教材の量は多めです。
もちろんすべて使用するものですから、
いろんなワークをいろいろと吟味して
うちの塾生にふさわしいものを
選んでいます。
したがって教材の会社も教科によって
ちがいます。

通常の塾ワーク
学校のワーク、プリント
塾で渡すテスト前ワーク
私が個人的に作成する教材

これらをフル活用して
テストに挑んでほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年10月06日

すこーーーし前進

今日は火曜日で6年生の授業がありました。
いつものようにまずは英語の小テスト。
今年の6年生については
まだまだ努力する余地があると
書いてきました。
今日は3回目の小テスト
過去2回の平均点は
第1回 60.0点
第2回 78.1点

かなり上昇していますが
これでも最近6年間の中では
まだまだです。
はっきり言えば6年間でビリです。
で、今回の小テストですが
平均点は 81.2点

ようやく80点台にまで到達しました。
ちなみに昨年の第3回の平均点は92点
なので、まったく届きませんが
今年の6年生なりに頑張っているようです。

毎回満点もしくは満点近くとっている
生徒については特に言うことはありません。
今まで通り頑張ってくれれば、中1の英語は
まず大丈夫でしょう。

小テストでは難しい問題を出しているわけでは
ありません。すべてリストを渡してあり
それを覚えてくるだけです。
ちゃんと覚えれば80点は楽勝ですよね!

ちなみに今回満点だったのは
Iくん(戸塚綾瀬小)
Hくん(戸塚綾瀬小)
Kさん(戸塚東小)
の3名です お見事!

夜は中1のテスト勉強。
昨日作った数学のプリントを
解かせました。
予想していた通り分数の問題の
できがよろしくありません。

間違えた問題はもう一度解き直すように
言いました。
まだ1週間ありますので、いくらでも
練習できます。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年10月05日

かなり忘れている

これは塾生のことではなく
私のことです(-.-)

何のことかというとここで何度か取り上げている
数学の文書作成ソフトLaTexのことです。
英語のプリントはエクセルで作っていて
まあそこそこ普通に読めます。
社会とか理科も基本的にはエクセルです。
エクセルはもともと表計算ソフトですが
文章を書く分にはワードよりも使いやすいです。

理社の秘密兵器はまた別のソフトを使って
作成していますが、メーカーがこのソフトを
公開しなくなっているので、いつか
作れなくなる可能性もあります。

で、数学ですが数学をエクセルで作ると
文章だけならよいのですが文字や数式が
入ってくるとどうにも見にくくなります。
今はだいぶ改善されているようですが
私は20年前からLaTexを使っています。

プリントなんか手書きでいいのでは
と思われるかもしれませんが、塾生に考え
させる問題はちゃんと用意したいのです。

いつもなら前に作成したファイルが残っている
のですが、昨年の今ごろPCが故障して
しまったためいろいろ消えていました。

そこでLaTeXでプリントを作ろうにも
いろいろとコマンドを忘れているのです。
ということで思い出しがてら中3用の
プリントを作ってみました。
問題というよりも、解と係数の関係の説明です。

tex.png

左のような命令文を私が打ち込むと
右のように印刷されるわけです。

実際のプリントです


手書きよりは美しいですね(笑)

ついでに明日使う中1の方程式の
プリントも作りました。 こちら
ご自由にお使いください。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年10月04日

今日もやるよ!

今日は日曜で中3は第5回の北辰テストでした
戸塚中は男子は前回と同じ中央工学校で
女子は瀧野川女子でした。
いずれも北区で受けに行くのがちょっと大変な
ところです。

校長会テストは一応埼玉県の公立入試に
沿って問題を作ってありますが、いかんせん
さいたま市と越谷市の学校で受けていないので
志望校判定はいまいち。
できれば旧1学区全体の模試をだれか
実現してくれたらいいのですが。

もう一つのテストはそもそも受験者数が
少なすぎるので判定というよりは
学力チェック程度。

やっぱり埼玉県の公立高校を考えた場合
北辰を上回る模試は存在しません。
今日は前回とほぼ同じ46000人が
受検したそうです。

さて中間テストまであと10日を
切っています。
ということで当初は予定になかったのですが
先週10月の予定表を作るときに10月4日も
テスト勉強のために塾生を集めることに。
中3は遠方まで出かけているので時間は
夜からにしました。
せっかく開けるなら中2もということで
中2は夕方ごろから。

こちらはまだ部活があり試合に出かけたり
陸上部の記録会があったり。
うちの中2は半数が陸上部です。
種目によって記録をとる時間が違うようです。
午後から始まる生徒もいましたが
ある塾生は遅れても意地でも来ます!
と頼もしい発言をしてくれました。
結局陸上部は全員そろいました。

また夜の中3も当たり前のように
全員出席しました。さすがうちの塾生です。
テスト前だから先に進むわけではありませんが
塾に来て勉強したら確実に自分のために
なることを身をもって知っているのでしょう。

来週の土日はテスト直前なのでもちろん
塾は開けます。
すでに予定表も配っています。
次の、土・日・月・火はいずれも全塾生
塾に来ることになっています。
当塾のテスト対策は1回や2回ではありません。
テスト範囲が出たら毎日がテスト対策なのです。
全員同じ中学だからできることです(ここ重要)

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年10月01日

間違えやすい問題

着々と中間テストの日が近づいています。
塾でも連日テストに向けた勉強を行っています。
学年によって進み具合が違うので
授業のやり方もちがいますが
暗記中心の教科よりも考え方を
教えたほうがいいと思われる数学の
授業時間が最近は多くなっています。

1年生は一次方程式
2年生は一次関数
3年生は平方根と二次方程式

いずれも基本問題はそれほど難しくは
ありませんが、少し難しくなってくると
なかなか手こずる問題も出てきます。

先日は中1の時間に方程式の
説明をしました。
その前の日に移項による解法に取り組み
ましたが、このときは係数や定数項が
整数の場合。

で、そのあと(    )がつく式や
係数が小数の場合 分数の場合を
教えました。

それで問題集の基本問題にあるような
問題は解けるようになりますが
やや難しくなるとそうもいきません。

ということで、ホワイトボードを
使って説明しました。

1111.png

2問とも塾生の正解率が極めて
低かった問題です。
というか、毎年初めて解かせると
なかなか解けない問題。

一通り(   ) 小数 分数を
習った後でも間違えやすい問題です。

この日説明したあとは
ずいぶんと理解度もアップしたようです。
一次方程式は文章題は出ないようなので
このあとは理科の計算問題を
ビシッと解けるようにしたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月30日

やや前進その2

今日は水曜日で夕方には5年生
夜は中学2年生の授業がありました。

前回スタートした5年生の小テスト
今日は第2回となりました。
テスト直前までプリントを見ている生徒が
いて感心です。
これがまだ覚えていないから必死に
見ているのか、それとも一通り覚えてきて
それをサラッと確認しているのか
そのあたりは個人差があるとは思いますが・・・


第1回の平均点は81.0点で満点は3名。
それに対して今日行った第2回では
平均点は87.2点で満点は4名
いずれの数値も初回を上回っており
昨日の6年生に続いて5年生の皆さんもしっかり
取り組んでくれていることが分かります。

昨日は6年生に少々厳しいことを
書きましたが、もちろん6年生の皆さんに
期待しているから書いているわけです。

5年生のテスト形式は今年から変更しているため
昨年までとの比較ができません。
答案を見た感じでは、手放しですばらしい!
とまではいきませんが、まずまず
及第点といったところでしょうか。

第2回で満点だったのは
Oさん (戸塚綾瀬小)
Aさん (戸塚綾瀬小)
Sさん (戸塚東小)
Yくん (戸塚東小)  でした。 お見事!

惜しくも1問ミスは
Wさん (戸塚綾瀬小)
Sさん (戸塚南小)
Kくん (戸塚北小)  でした。 次は満点を!


今回は英単語は動物シリーズでした。
算数は約数を求めなさいという問題と
1学期の復習で小数どうしのわり算です。

単語の方はだいぶしっかり覚えてきている
ようです。
算数は約数はある程度の暗算ができないと
ものすごく時間がかかるので
何度も練習してほしいと思います。

なお、来週は中学生のテスト前のため5年生の
授業はお休みです。
以前は他の曜日に振り替えることもありましたが
今年の5年生は人数が多く、他の曜日も
何かしら習い事をしていて全員が来られる曜日が
ないため振替はありません。
このあたりは入塾時にお話ししていると
思いますのでご了承ください。

次の小テストではさらに満点が
増えることを期待します。
平均点は目指せ90点!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月29日

やや前進

今日は火曜日で6年生の授業がありました。
先週は連休中で休みだったため2週間ぶりの
授業です。
小テストも2週間ぶりですが
1回やってみてなんとなく要領はつかめている
ことを期待して2回目を行いました。

その結果満点は前回の3名から
1名増えて4名になりました。
平均点は前回の60点からやや上昇して
78点になりました。
とりあえず下がらなかっただけましですが
まだまだ上がってほしいところです。
9月15日に過去の6年生との比較を
書きました。 それによると
6年生の第2回小テストの平均点は

【各学年の第2回英語小テストの平均点】
H27(現高2) 92.5  満点4名
H28(現高1) 81.5  満点3名
H29(現中3) 93.9  満点7名
H30(現中2) 96.8  満点7名
R1 (現中1) 96.2  満点5名
R2 (現小6) 78.1  満点4名


ということで記録が残っている6年間では
第1回に続いて最下位です。
満点が4名いて平均が低いということは
それだけ平均を下げている人がいると
いうことです。

普通塾というと、成績のいい生徒だけをアピールの
材料に使っていると思われるかもしれませんが
私としては塾全体の平均にこだわります。
それが塾生全体の学力の底上げにつながる
からです。

まあ縦の比較で見たら、まだまだですが
この学年だけに注目してみたら
前回よりも頑張っていることは事実です。
その点は評価したいと思います。

ただし、自分のできる範囲で取り組めばいい
などとぬるいことを言うつもりはありません。
そんな考えではいつまでも学力の向上は
望めません。自分で何をやっていいのか
分からないから塾で勉強する内容を提示
しているのです。

もちろん100点が目標です。
この学年はまだ英語を始めたばかりという点を
考慮して、もうしばらく様子を見たいと思います。
2〜3か月たっても点数が上がらない場合は
勉強の仕方を考えた方がいいでしょう。

次回はさらなる上昇を期待します。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年09月28日

内申シミュレーション

埼玉県の公立高校の選抜方式は
当日の学力検査の得点と調査書の合計点で
決まるようになっています(加算方式といいます)
これに面接を行うところもあります。

学力検査の得点は基本的に500点満点で
英語科や理数科では一部傾斜配点を
行うところもあります。
調査書はいわゆる内申点(通知表)と
特別活動(部活、生徒会)やその他の項目と
いって英検や漢検の合格を得点にします。
内申点は自分で計算できますが、特別活動や検定の
細かい得点については非公表となっています。

たとえば川口市に2年前に開校した人気校
川口市立高校(普通科)の場合
学力検査が500点満点
調査書が270点満点ですが
このまま足すのではなく、調査書の得点を
335点にして(335/270 倍)
500点+335点の835点満点で
選抜が行われます。(これが一次選抜)

なぜ270点から335点にするかというと
500:335=6:4 にするためです。
定員の60%はこの一次選抜で決まります。

二次選抜は調査書を270点⇒215点に
して 学力検査:調査書=7:3 と
なるように調整します。
二次選抜は当日点重視ということです。
ちなみに受験生自身が一次選抜とか二次選抜
を選ぶことはできず、高校の方で自動的に
一次 ⇒ 二次 の順で合格者を決めます。

さて前置きが長くなりましたが
この人気高校、当然倍率も高いのですが
内申がいまいちだったとして当日だけ頑張れば
逆転可能なのでしょうか。それにはどれくらい
得点する必要があるのでしょうか。

例えば
Aさんは 平均で9科の内申が42だとします。
うちの塾から川口市立高校に合格した生徒(4名)
の平均は42くらいです。

Bさんはオール4で内申36だとします。
これはある調査による合格者の目安です。

Cさんはオール3に4が3つあるとして
平均30だとします。

Aさん Bさん Cさん
それぞれ9科で6ずつ開いているという設定です。
特別活動やその他の記録は設定不能なので
3人とも同じ点数で差をつけないことにします。

内申点は1年:2年:3年=1:1:2 で
180点満点です。

Aさんの場合 42+42+84=168点
Bさんの場合 36+36+72=144点
Cさんの場合 30+30+60=120点

この点数を選抜方式にしたがって
335/270 倍すると 
Aさんは208点 
Bさんは179点
Cさんは149点
になります。(小数点以下四捨五入)

つまり内申だけで基準より
Aさんは約30点上回っているし
Cさんは約30点下回っていることになります。
30点は偏差値でいうと3〜4に相当します。

これで入試当日の点数が
Aさん 340点
Bさん 360点
Cさん 380点 だとしても

上の得点を加えると合格可能性は
Aさん ⇒ Bさん ⇒ Cさん の
順になるわけです。


これは一次選抜での話で
残る40%の二次選抜にかけるとすると
二次選抜は内申その他の得点を215/270倍なので
内申点24の差は19点差に相当します。

これだと逆転可能のようにも思えます。
が、当然ながら内申がいい人は本番でも得点
できる可能性が高いということをお忘れなく。
あくまでも同じ高校を受けるのは
同じような学力の生徒たちなのです。


大雑把に書くと第一次選抜の場合
内申平均40くらいだと(計160)
合格基準より500点満点で20点くらい
余裕があり

内申平均32くらいだと(計128)
合格基準より500点満点で20点くらい
足りないということです。

この20点を大きいと見るか小さいと
見るかは個人差があるでしょう。

あとは各自計算してみてください。

以上、いかに1年生からの内申が重要なのか
お分かりいただけたかと思います。
このことを中3になってから知っても遅い
のです。 うちの塾では中1のころから
何度となくこの話をしています。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと