2018年12月05日

冬期講習のご案内

以下の要領で冬期講習を実施します

日程:12月22日〜1月9日
対象:戸塚中学校の1年生〜3年生
ただし3年生の外部募集はいたしません。

外部生の新規受付人数は
中1、中2とも今回は3名程度です
原則として先着順にて受け付けます。

中1、中2の塾生は冬期講習費は無料です。
外部生の方で12月15日までに申し込まれた
方は内部生と同じように講習費は無料です。
ただし教材費は必要です。
それ以外の費用は一切不要です。

冬期講習のご案内

印刷用(pdf)

受講をご希望の方は
月曜〜土曜の午後4時以降にお電話
または、直接お越しのうえ
お願いいたします。

ご希望の方には塾生経由で簡単な
資料をお渡しいたします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年12月04日

期末の記録とか

今日は火曜日で6年生と中学1年生の
授業がありました。

6年生の英語は今日から一般動詞の文章です。
前にも書いたように当塾では6年生でも
文法をしっかりと教えます。
すでに現時点で中1の1学期中間、期末で
90点以上取れそうな塾生は何人もいます。
それは毎年の比較で分かります。

夜は中学1年生の授業。
期末が終わって1週間ですが、明日から夢わーくが
始まるために今回は早くも個表が渡されました。
ということは渡そうと思えば、毎回1週間で
渡せるということです。

ということで学校の平均と塾生の平均との比較です

    学年平均  塾生平均  平均との差
国語  71.5  84.1  +12.6
数学  53.4  66.9  +13.5
英語  62.3  82.4  +20.1
社会  62.9  83.5  +20.6
理科  54.4  68.2  +13.8
5科 303.1 385.1  +82.0


前回に続いて5科平均で学年平均を80点
上回りました。これはなかなかだと思います。
さらに前回に続いて塾生全員が5科で学年平均を
上回りました。

300人近い学年で、11人が100番以内に
入りました。
これは中1の通塾率から考えて戸塚中1年生の
100番以内で塾に通っている生徒のうち5〜6人に
1人がうちの塾生になる計算です。
学区内には40以上も塾があるので
この数字もなかなかのものだと思います。
塾生たちは今のところ頑張っているようです。
あくまでも今のところです。
教科別にみると、女子が多いせいもあってか
どうにも理系教科に不安が感じられます。
冬期講習では特に理科と数学を鍛える予定です。

なお、中2生、中3生の個表は未返却のもようです。


続いて教科別の塾生の結果ですが
今回は何人で区切っても複数教科で同点多数になり
なかなか区切るポイントがありません。
ベスト7で切ったらどの教科もちょうど7人に
なりましたので、8番目の人には申し訳ないですが
勝手にベスト7を発表します。

毎度の注釈ですが、当塾の塾生は全員戸塚中で
どの学年も10人程度です。よって他の塾のように
5つも6つも在籍中学がいたら人数はもっと
増えると思いますが、そんなことは気にしません。
1つの中学に限定している塾の塾生たちが頑張った
記録です。 上に掲載した中1以外の
学校の平均点は現時点で不明です。


【国語】
Nさん(戸塚中1年) 98点
Tさん(戸塚中3年) 96点
Mさん(戸塚中1年) 95点
Nさん(戸塚中3年) 93点
Sさん(戸塚中1年) 92点
Iくん(戸塚中1年) 90点
Wさん(戸塚中1年) 90点


【数学】
Kさん(戸塚中3年) 89点
Nさん(戸塚中3年) 87点
Tさん(戸塚中3年) 86点
Nさん(戸塚中1年) 86点
Iさん(戸塚中3年) 85点
Wくん(戸塚中2年) 85点
Nさん(戸塚中1年) 82点


【英語】
Nさん(戸塚中3年) 99点
Tさん(戸塚中3年) 98点
Iくん(戸塚中1年) 98点
Iさん(戸塚中3年) 97点
Nさん(戸塚中1年) 97点
Kさん(戸塚中3年) 96点
Yくん(戸塚中1年) 93点


【社会】
Iさん(戸塚中3年)100点
Nさん(戸塚中3年)100点
Wくん(戸塚中2年) 98点
Tさん(戸塚中3年) 97点
Uくん(戸塚中1年) 97点
Nさん(戸塚中1年) 97点
Uくん(戸塚中2年) 95点


【理科】
Nさん(戸塚中3年) 88点
Iくん(戸塚中1年) 86点
Tさん(戸塚中1年) 80点
Tさん(戸塚中1年) 77点
Wさん(戸塚中1年) 77点
Kさん(戸塚中3年) 76点
Sくん(戸塚中1年) 75点



3学年とも学年平均が低い理科は80点以上が
3名しかいませんでしたね。
こんなことは塾始まって以来初めてかもしれません。
逆に社会では塾生の約半数が90点以上でした。
これもまた塾始まって以来初めてのこと
かもしれません。

まあ期末に関してはもう終わったことです。
中3は入試に向けて頭を切り替える時期です。
中1、中2の皆さんは次の学年末に向けて
毎日の学習に真剣に取り組んでください。
もちろん私のそのつもりで指導していきます。

塾ではすでに先を見据えた勉強が
スタートしています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年12月01日

社会がいい感じ

期末テストの結果がほぼそろいました
まだ全教科そろっていないのはあと3名だけです。

今年の塾生の傾向ですが、どの学年も社会のできが
極めて良いようです。

もちろん平均もそれなりに高いとは思いますが
それを補って余りあるくらいの得点を塾生の
皆さんが記録しています。

中3は全員返却されました。
この学年は10名(全員戸塚中)ですが
なんと7割、つまり7名が90点以上です。
100点も二人いました。NさんとIさんです。
Nさんは前回の中間に続けて2回連続満点です!
中1なら満点もありえますが、中3のこの時期に
連続満点とはお見事です。
ちなみにこのNさんは以前英語で
連続満点を達成したことがありました。
7割が90点以上なので当然塾生の平均も
90点をクリアしています。

中2生は私から谷間の世代などと言われて
喝を入れられていますが
今回のテストでは社会だけずば抜けていて
ほかの4教科の平均より20点以上高く
塾生平均は80点を超えました。
88点で塾内ではちょうど真ん中です。
学校のあるクラスでも塾生が複数在籍していて
いずれも90点台だったので
友達から、〇〇の塾 社会ガチ勢すぎる!
と言われているそうです(笑)

中1は1名未返却ですが
現時点でこちらも塾生平均は80点を超えています。
平均点だけなら国語の方が社会より高いのですが
おそらく国語は学校の平均も高いでしょうから
学校の平均との比較で言えば社会の方が
上になると思います。

うちの塾は各学年10名程度で
今回は社会の90点以上が現在のところ15名
つまり塾生の約半数が90点以上ということに
なります。(全員戸塚中です)

前にも書いたように社会は得点しやすい教科です。
記述問題もありますが、すでに記述問題自体が
ベタ問題と化しているので
それほど難しくはありません。

中1など進学時には社会が苦手だという生徒が
たくさんいましたが、半年たってみてみると
意外と社会できているようですね。

塾生の社会の点数がいい理由ははっきりしています。
中1から通常授業で塾生全員が社会を学習している
ことと、テストのたびに私がPCで作成している
秘密兵器を塾生たちがちゃんと利用している
からです。
正直この二つの要素がなければ、うちの塾生たちの
社会はもっとひどい得点だったと思います。

もともと塾を始めたころ(15年前くらい)には
中2までの塾の授業に社会はありませんでした。
社会なんか暗記が中心なんだから、自分たちで
できるだろうと思っていたからです。

ところが自分たちでやらないのです(笑)
早い話が何をやっていいのかわからなかった
のでしょう。量が多すぎますからね。
ということで、授業にも社会を入れて教材も作って
いくうちに塾生たちの社会の成績も徐々に上向き
現在では5科で一番の得点源になっています。

本音を言えば、私は生まれながらの理系なので
理科とか数学でバリバリ稼いでほしいのですが
まあ5科のトータルで取れればいいでしょう。

塾生の成績が定期テストだけでないことは
北辰の結果を見てもはっきりしています。
今年の中3も例年通り社会は得点源です。
塾生の平均偏差値も60を超えています。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月28日

社会3人で+115点

今日は水曜日で中学2年生の授業の日でした。

夕方は小学生の授業がなく、ちょうどその時間に
高校1年生の生徒が一人数学を教えてくださいと
いうので2時間ほど数Tを教えました。
昨日の高3生に続いて、高校生の来塾です。

確かこの生徒、1学期の中間テストで
数Tの結果が極めてよろしくなく、高校の三者面談で
数Tを頑張りましょうと担任の先生に忠告され、
それで頑張ろうと思って私のところに
来たのですが、その結果ありえないほど上昇し
クラスで1番だか2番になったそうです。
ひょっとして私には個別指導の才能が
あるのかもしれません(笑)

学校で何十時間も聞いて分からなかったものが
たった数回の私の説明でこれだけ上がってしまうと
勉強を甘く見てしまわないか逆に心配になります。
が、上がってしまったものは本人の努力も
あってのことでしょうから頑張りを認めて
あげましょう。

高校で学習する内容は量が多すぎるため
高校の先生は小学校や中学校の先生のように
丁寧に教えてくれません。

その時にこうやって中学の時に通っていた
塾を頼って来てくれるのはうれしいものです。
とりあえず数学ならTでもUでもVでも
AでもBでも(区別はよくわかりませんが)
まだまだ教えられます。
化学とか物理とか古典もまだまだ記憶にあります。
高校の頃勉強しまくっていたことが、20年以上
経過した今になって役に立っているようです。

それとは別に単に勉強しに来る生徒もいます。
自習スペースが空いていればいつでもOKです。
もちろん勉強ではなく、ちょっと時間があった
からとフラッと寄る生徒もいます。
これまたいつでも大歓迎。
他の塾のことは分かりませんが、うちの塾は
高校生、大学生、社会人になっても顔を出すと
いう割合が比較的高いと思います。
ここに書いているのはほんの一例です。

夜は中学2年生の授業でした。
昨日終わったばかりの期末テストですが
早速戻ってきた教科があるようです。
それぞれ得点を記入してもらいました。

初日の問題を見た段階で思っていた通り
理科が極めてよろしくないです。
塾生の平均も50点をギリギリ超えたくらいで
ちょっと悪すぎないかと思って聞いてみると
クラス平均も軒並み40点台とのこと。

確かに苦手な生徒が多い単元(電流〜磁界)では
ありますが、もう少し取り組みやすい問題でも
よかったと思います。

こんなテストでも80点90点取れる生徒も
いるとは思いますが、その一部の生徒を
ほめたたえるためのテストではありません。

まあテスト勉強は何も学校の定期テストのためだけに
やるものではないので、今回頑張ったのに結果が
伴わなかった人でも覚えた知識はいつか他の機会に
使える時が来るでしょう。あまり悲観せずに
前向きに考えてほしいところです。

逆に社会は高得点のオンパレード。
うちの塾は学校と比べた場合中1と中3がよろしくて
谷間の世代となってしまった中2は学校との比較で
中1、中2にいつも後塵を拝しています。
が、理科とは裏腹に社会ではみんな高得点です。
前回65.8だった塾生平均が、
今回は80点を超えてきました。
中2の塾生全員が前回より得点アップしました。
おそらく学校の平均も高いことは想像に
難くありませんが、それでも60点後半から
70点くらでしょうから、この学年にしてはと
言ったら失礼ですがお見事! あっぱれです!


特に今回は新メンバーが3人いて
その3人とも大幅アップです。
社会だけで3人あわせて+115点です。
これまた本人たちも塾に入った成果を
実感していることだと思います。
積み重ねが大事な英語や数学と違って、単元が
独立している社会は、本人のやる気さえあれば
比較的容易に得点が上がります。
ただやる気だけではどうしようもなく
こうやって塾で時間を取って覚えるべきことを
しっかり覚えた結果であることは
言うまでもありません。
あと、塾に入ったから上がったのではなく
塾に入って本人たちが頑張ったから上がったと
いうこともつけ加えておきます。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月27日

火曜日

今日は火曜日で6年生と中学1年生の授業日でした。

6年生は5時からですが、その前に14期生(高3)
が来ました。漢検を受けたいとのことです。
さらに事前に話し合っていたようであと二人合流です。
この三人とも中学の時はバレー部で、仲良しでしたが
高校に入ってからはなかなか3人そろう機会が
なかったらしく、塾で会うことにしたようです(笑)
まあ中学のテストも終わったことだし
もちろんOKです。

おそらく中学のテスト期間が終えた日を
見計らって来たのでしょう。
そのあたりの心遣いはさすがですね。
三人のうちの二人はすでに進学先が決まっている
ようで、もう一人は目下絶賛受験勉強中です。
頑張ってほしいですね。

今日は小学生・中学生と授業があったので
私はあまり話はできませんでしたが、三人の話は
弾んだようで4時間くらい滞在していました(笑)
また来るそうです。
テスト期間でなければいつでもウェルカムです。

今日は高3でしたが、こうやってちょくちょく
以前の塾生が顔を出してくれます。

夜は中1の授業でしたが、今日は期末が
終わったばかりということで
テストの解説をしました。

学校の先生が作ったテストなので
ところどころ突っ込みたいところがありますが
ざーっと見た感じ、数学と理科は結構難しそうです。
特に理科は計算問題がたくさん出ていたので
ただでさえ数学が苦手な生徒の多いうちの塾生には
きつかったかもしれません。

国語は超簡単でしたね。
おそらく平均は70点超えるでしょう。
英語よりも平均高いと思います。

社会はほとんど暗記で対応できる内容でした。
勉強時間がそのまま結果に表れると思います。
今日見た印象では平均点の高い順に
国語>英語>社会>数学>理科
ではないでしょうか。
つまり、国語で得点できないと今回は厳しい結果に
なると思います。
逆に数学や理科で80点超えていれば、
かなり期待できるのではないでしょうか。

明日以降戻ってくるはずなので
楽しみに待ちたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月25日

北辰のこと

今日北辰から案内が来ていました。

第7回の会場ですが
男子は武南、女子は淑徳与野だそうです。

いずれも戸塚中の会場としては
ほとんど使われたことがなく
もちろん今年は初めてです。
今年どころかほとんど記憶にありません。

北辰はテストそのものの費用もそうですが
会場までの交通費もバカにできません。
かといって塾でやるわけにもいかないから
また中学で実施する方式に戻してほしいの
ですが・・・

その北辰の費用ですが
来年度から若干変更になるようです。
消費税アップの影響です。

第1回〜第5回は 4644円
第6回〜第8回は 4730円
とのこと。

今は4600円ですが、端数が入ってくると
小銭の処理が面倒です。
お釣りを用意しなければならないし
かといってちょうど持ってきてもらうと
小銭だらけになってしまいます。

こういうのもキャッシュレスに
できないもんですかね。

塾のほうは今日も塾生のテスト勉強です。
昨日と同じくハンドの選抜メンバー以外は
全員出席しました。
テスト前日だろうと練習は休めないそうです。
学校の部活とは違うから、以前に発表された
部活の指針は無関係なのでしょうか。
練習日程を決めるのは某中学の先生のようですが。

ということで今日も黙々と勉強に勤しんでいました。
やはり周りに同じように頑張っている生徒が
いると勉強もはかどるようです。
しかもみんな知っている生徒です。
このあたりは集団指導塾のメリットですね。

明日はテスト初日。
給食食べて帰宅なので午後の時間は空いているはず。
予定通り塾での勉強は午後3時スタートです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月24日

先のこと

今日も昼過ぎから塾生たちのテスト勉強です。
ハンドボール選抜チームで全国大会への
練習で休んだ生徒を除けば全員出席でした。

今日も塾生たちは淡々と問題を解いていました。
中1など9ヶ月前までは小学生だったとは
思えないくらい真剣に取り組んでいました。
さすがに今になってまだ学校の提出物が
終わっていないという生徒はいません。

塾に入る前は、直前に終わらせていたという提出物も
塾に入ってからは1週間前には終わらせるようにと
指示をしていますので、そのあたり全塾生にかなり
浸透してきたようです。

中1と中3は特に態度がよろしく
休み時間もほとんどの生徒が勉強していました。
(中2が悪いというわけではありません、念のため)

この調子で月曜まで勉強してくれればいいと
思っています。

さて、塾生たちはテストのことで頭がいっぱい
でしょうが、私は常に先のことを考えないと
いけません。

冬期講習の日程と使用教材、それに3学期に使う
入試用の教材に来年度の予定です。

特に冬期講習は塾生からも問い合わせが
あるので、まだ決めていないとは言えません。
すでに日程は決まり案内もできています。
あとは印刷してテスト終了後に渡します。

後ほど詳しく書くと思いますが今年は
終業式翌日の12月22日から1月9日まで。
中3は11日間
中1と中2はそれぞれ6日間です。

中3は今までずっと10日間でしたが
今年は中3の学校の授業進度が遅いため
それを補うために1日追加して11日にしました。
費用は昨年までの10日のときと変わりません。

中1と中2は例年通り6日間で、3学期の内容に
入ります。 塾生は冬期講習費は無料です。

外部募集については
中3はもう夏休み前に新規の受付を終了しています。
すでに今いる塾生たちに力を注ぎたいので
これから塾を考えている方は他の塾で
頑張ってください。
ただ、中3のこの時期に受け入れてくれる塾は
ものすごく少ないと思います。
やはり長く通ってくれている生徒に
力を注ぎたいのはどこの塾も同じでしょう。


中1・中2については若干名ですが
受け入れ可能です。
若干名とあいまいな表現を使っていますが
中1・中2ともあと2〜3名でしょうか。

当塾では厳密な定員というのは存在しません。
座席は25人分くらいありますが、
人口密度が高すぎるのもよろしくないので
ゆったりと座れるように毎年15人前後で
考えています。
私が全生徒に目が届く人数というのもあります。

12月15日までに申し込まれた方は
塾生と同じ扱いとして冬期講習費は無料と
なります。 教材費(8,000円)のみ必要です。
入塾金はもともと存在しませんし、その他
通信費、光熱費、登録費、維持費、管理費といった
よく分からない費用も不要です。

ということで、冬期講習に興味がある方は
お早めにご連絡をお願いいたします。

中3にはこれから入試用の教材をたくさん
渡していきます。
昨年は
冬期講習用に5教科
入試形式のを5教科
これとは別に社会と理科を2冊ずつ
あと英語と数学も1冊
だったと思います。
いや、数学は2冊だった気も・・・

これから確認して、今年の中3生にも
入試に向けてたくさん勉強してもらいたいと
考えています。


来年度については
新5年生の問い合わせがあるので
こちらはほぼ火曜日で決定になりそうです。

新6年生は例年通り4月でいったん新規の受付を
終了する予定です。

新中1生は、現在受付を中止していますが
2月頃をめどに新規受け付けを再開したいと
考えています。

募集状況については こちら にて
随時更新中です。
(随時=1ヶ月に1回くらい・・・)
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月23日

10時間×3日

今日から世間は3連休
私は休みはありません(笑)

カレンダー通りに塾を休みにしても
今の中学生が家で黙々と勉強するとは思えません。
仮にやったとしても、テレビを見ながら
携帯をいじりながら、兄弟姉妹の妨害に耐えながら
では1時間で済むものが3時間かかってしまいます。
ということでテスト前は祝日だろうと
土日だろうと塾で勉強をします。
むしろ早い時間からできるので好都合です。

うちの塾だけでなく、他の塾も程度の差はあれ
似たような感じで休日を使ってテスト勉強を
行っていることでしょう。

ただ一般的な塾とすると、このテスト対策は
できればあまりやりたくないものです。
なぜならテスト対策用に費用がかかる塾は別にして、
ほとんどの塾ではテスト対策は塾からの
サービスであることが多いからです。
だからといって、それを監督する講師にも
サービス(無給)で行えとは言えません。
いくら塾がブラックでもそれはないでしょう。
幾ばくかの人件費がかかるはずです。
だから時間があるからと言って無制限に
テスト対策を行っていては塾がもちません。

その点、うちの塾は講師がいないので
人件費もかかりません。
すべて私が見ればいいだけのことです。
超小規模零細塾のメリットです。

同じように、塾長一人ですべてを見ている
塾ならば時間を気にせずにテスト対策を
行えることだと思います。

さて、テスト対策と言ってもこの時期に
ここが出る、あそこが出る
などと要点を絞って指導することは
ほとんどありません。
一通りの説明は1週間くらい前に終わっています。
それに出そうなところだけを勉強するのでは
将来の北辰や入試の時に太刀打ちできません。
基本的に、範囲内であればどこが出ても
いいように全範囲をくまなく学習するようにと
指導しています。
ヤマをはったりはしないということです。

この時期(テスト直前)はどの学年も
自分で教科も単元も決めて学習します。
1時間くらいは私の方からちょっと難しい内容や
直前に学校で追加された内容などを説明することも
ありますが、基本的に塾生主導です。
だから時間は決まっていますが、今日の中1
なども正規の時間よりも早く来て
自分で勝手にワークやプリントを開いて
問題に取り組んでいました。

教科は指定しないので、それぞれの塾生で
解いている問題はバラバラです。
考えても分からない問題についてはその都度
私の方から説明をしていきます。
これがここ数年のうちの塾のやり方です。
中1ももうこのやり方に慣れてきたようです。
それでそこそこの結果を残しているので
間違いはないと思います。
そのあたりは ⇒ こちら に書きました。

ただしこういうのができるのは
普段からある程度学習しているからです。
当塾では通常授業で理科も社会も毎週全員
学習しています。
そのあたりの知識の蓄えがあるから
テスト直前になってバタバタとせずに
確認作業に取り組むことができるのです。

今日から三日間は全塾生を対象にテスト勉強です。
ただし前にも書いたように張り切って1日に
9時間とか10時間にしても、頑張るのは
最初だけで集中力が持ちません。
よって各学年3時間ずつくらいにして
入れ替えています。
中にはもっと勉強したいという生徒も毎年いるので
その場合は隣の部屋での学習を許可しています。

塾生たちの勉強につき合うのは
昼過ぎから22時まで約10時間。
これが三日間続きます。
通常よりやや大変ですが、塾生たちが頑張って
いるので私も気合を入れていきます。

初日の今日は中1〜中3まで
あわせて30数名、欠席ゼロでした。
さすがうちの塾生たちですね!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月22日

木曜日

今日は木曜日で5年生と中3の授業の日でした。

5年生は単位量あたりの大きさが終わり
角度に入りました。
まずは宿題の答え合わせ。
国語の読解のテキストのあと算数の問題。
その後はいつものように小テスト。
5年生は当塾でいちばん人数が少ない(6名)の
ですが、学校は3つに分かれています。
(もちろん全員戸塚中進学予定)

ということで聞いてみると、南小がいちばん
進度は早く次に東小。
綾瀬小は一番遅いようです。
ちなみに現在この学年に北小はいません。

これが6年生になると
綾瀬小がいちばん速いのです。
年によって進度にばらつきがあります。
小学校の場合はこれでもいいのですが
中学では定期テストがあるために
やはり複数の中学が在籍していると塾としても
効率が悪いので現在戸塚中限定にしています。
このあたりの事情は一般の方には分かりづらいかと
思いますが、塾をやっている側からすると
テスト対策は中学を限定している方が絶対に
取り組みやすいのです。

夜は中3の授業。
テスト前の学校の授業は今日でおしまいです。

が、塾での勉強はまだ今日も含めて
あと5日もあります。
木・金・土・日・月 まで毎日来てもらいます。
通常授業だけにしておいて、それ以外の日にも
意欲のある人は来てください。
としてもいいのですが、そうすると必ず
来る生徒と来ない生徒が出てきます。
よって、塾としてはなるべく時間のある限り
全塾生に塾で勉強をしてもらうために
テスト前は特別時間割を作成しています。
それも1日にまとめて8時間も9時間もではなく
1日3時間ずつくらいを数日に分けます。
どちらが効率がいいかは言わずもがなです。

塾生の友だちにも、土曜は朝から10時間も
塾で勉強という生徒がいるらしいのですが
よく聞くと後半はほとんどの生徒がだれて
しまって集中できていないようです。
まあそのあたりは塾の都合ですので
なにもやらないよりはましでしょう。

すでに多くの時間をかけて塾で勉強している
わけですが、それに加えてさらに塾で勉強したいと
いう生徒も毎年います。
もちろん可能な限りOKにしています。

ということで
中3生は学校のワーク(提出物)は
すでに終了し、塾から渡したテスト前専用のワーク
も終わった生徒もいるようです。

私の方でもPCでオリジナルの教材
(理科、社会、英語、国語)を作って
渡しました。
数学は図形が多くてPCで作るのは大変なので
直接ノートに書いたりワークの問題を
使用しています。

内申にかかわる最後の定期テストですが、
もう慣れたもので淡々とこなしていきます。

期末テストが終われば、いよいよ受験に向けた
勉強がスタートします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月20日

あと100日

今日(11月20日)で埼玉県の公立高校入試まで
あと100日となりました。
まだまだ実感がわかないと思いますが
期末が終わったころから徐々に日数が減っていく
ことに焦りを覚えてくるかもしれません。

この数字をどう思うでしょうか。
もう100日しかない、 と考えるか
まだ100日もある。 と考えるか。
もちろん推奨は後者の方です。

今まで何も勉強してこなかった人は別にして
ほとんどの中3は夏期講習などで多かれ少なかれ
以前の内容の復習には取り組んでいるはずです。

その記憶を再度呼び戻すのですから
100日あれば十分です。

100日といっても一つの区切りにすぎません。
受験生の皆さんは、常に今やるべきことを
意識してほしいと思います。
塾生たちにとって、今やるべきことは
受験勉強よりも期末の勉強です。

入試のことは期末が終わってから
じっくり考えましょう。

ちなみに私が受験校を決めたのは
1月だったと思います。
それまでは地元に1つしかない普通科の高校と
いう選択肢しかなかったのですが
電車+自転車で1時間以上もかかる新しい学校の
理数科が脳裏によぎったのはたしか12月。
受けると決めたのは1月だったと思います。
高校の状況としては川口市立の理数科と非常に
よく似ています。
ちがうのは、当時は推薦入試というのがあって
2月7日に理科と数学と面接をやって
2月10日にさっさと合格が決まったことくらい。

今の埼玉県には推薦入試はないので
勉強する期間はまだまだたくさんあります。

塾生の中にはもうほぼ受験校が決まった生徒と
まだ決めかねている生徒と半々くらいです。
どこを受けるにしても、これからは
受験用の勉強にしっかり取り組んでもらいます。
塾でも、学校に合わせた授業から
入試に合わせた授業にチェンジしていきます。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月18日

インク減りまくり

今日は日曜日でしたが、昨日同様塾生たちの
テスト対策を行いました。
まだ1週間以上あるからか、テスト範囲まで
学校の授業が終了していない科目もありますが
そのあたりは考慮して説明を行いました。

中3はまずは数学の円周角。
昨日基本を教えて今日は発展的な問題を。
最初は塾生も悩んでいましたが、慣れた後は
ある程度なんとか解けるようになったようです。
社会はすでにテスト範囲の学習は終了しているため
範囲の最初の新しい人権に戻りました。
あとは国語の文法を教えました。
メインは紛らわしい語の識別です。
助動詞とか連体詞とか形容詞とかさまざま。
と、今日は数学、社会、国語の学習でした。
五教科なんでも来い! です。

中2は英語を2時間のあと理科の
最後の範囲にある電磁誘導の説明を。

2学年で5教科すべて説明しました。
やはり五教科なんでも来い! です。

また、テスト前には恒例となりましたが
昨日は中3に、今日は中2に
いつもの秘密兵器を渡しました。
秘密兵器というわりには、すでに学校の友だちにも
その存在を知られつつありますが
塾生たちにとっては心強い味方です。

中1は現在作成中につき、次回の授業のときに
渡せると思います。

自分で言うのもなんですが
これがあるのとないのでは20〜30点くらいは
違うと思います。

ただ毎回作成するたびに、
結構なインクを消費します。
プリンタのインクがいくらあっても足りません。

ということで、前にちょっとだけ検討していた
エコタンクというのを本格的に導入しようかと
考えています。

ネットで調べてみると、もちろん機種にも
よりますが私が調べたところでは
月に70〜80枚以上印刷するようなら
従来のカートリッジ式よりもエコタンクの
方が割安になるとのこと。

で、うちの塾ではどうかというと
昨日今日の二日だけで塾生の秘密兵器用に
100枚以上印刷しています(笑)
さらに先週は毎月の塾通信を50枚以上。
小6の英語は毎回私が問題も宿題も小テストも
印刷するのでこれも月に20枚以上。
どう考えても月に70枚は超えています。

よく考えたら、秘密兵器も塾通信も
両面印刷しているので実際はその倍ですね。

ということで、来年あたりはプリンターを変更
しようかと考えています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月17日

毎日がテスト対策

時間がたつのがやけに早く感じる今日この頃で、
この前日曜だと思っていたらもう週末です。

その間に中3生の三者面談も終了し
第6回の北辰の結果も戻ってきました。
北辰については回を追うごとに塾生たちの
結果も上昇気配で、今回は第1志望順位で
1位になった塾生が二人いました。

教科別ではまたしても社会が一番の成績に。
2学期になって受験者は毎回微妙に変わりますが
誰が受験しても塾全体としては社会が1番です。
もうこれは塾生にとって社会が得点源に
なっていると断言していいでしょう。

さて期末の日も徐々に近づいてきました。
前に中1は英語の範囲が減るかもと書きましたが
どうやらものすごい速さで進んでいるようで
なんとか変更なしになりそうです。

ただ学年によっては、テスト範囲が全部
終るのか微妙な教科もあります。

塾生に聞いたところによると
中1の数学、中2の数学あたりは
終わり切らない可能性もあります。
中3の数学、社会も若干遅めです。

テスト前に学校で授業を受けるのはあと4日です。
が、塾に来るのは今日も含めて
中3はあと8回、中2も7回。
つまり学校より多く塾に来るわけで
そのたびにテスト対策を行っています。
範囲がどのようになっても臨機応変に対応できます。
また、普通の塾だったら他の教科の講師との兼ね合い
などもありますが、うちは私が一人ですべて見てる
ので教科も適宜変更しています。

今日も明日も塾でテスト対策です。
月曜は学校が5時間なので中3は夕方から
塾で勉強です。
途中夕食休憩をはさみ5時間です。

中3にとっては内申にかかわる最後の定期テスト
なので、塾としてもなるべく多くの時間を
中3塾生のために使いたいと思います。
来週の3連休ももちろんすべてテスト勉強です。
すでにそのころには私から説明することは
なくなっているかと思いますが、それはそれで
かまいません。 家で1時間かかる勉強が
塾では30分で終わることもあります。
塾での勉強の方がなにかと効率的です。

塾生たちには1週間前には提出物は
終わらせるようにと話しています。
一番まずいパターンは、いつまでも提出物が
終わらずに直前に答えだけ必死に写すという
作業に終始する生徒。
まあ塾生の中にはいないと思います。

テストで好成績を残すためには
さっさと提出物を終わらせて、
1問でも多くの問題を解くことです。
その問題は塾にいくらでもあります。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月11日

動画教材

7月くらいから準備をしていて
いつかいつかと先延ばしにしていた動画教材の
登録をやっと終えました。
夏期講習で忙しかった8月は無理でした。
いったん9月に登録をしかけたのですが
なんと登録方法が変更になったのか
再度やり直し。

まあ、登録と言っても塾生の名前と
パスワードを設定するだけなのですが。

ということで動画サイトは こちら

リカラボという動画教材で、検索してみると
結構多くの塾で採用されているようです。

1講座5分程度なので気軽に見ることができます。
中1〜中3のほぼ全単元の内容が網羅されています。

私も少し見てみましたが
ちゃんと見ればそれなりに知識は身につくと
思います。
ただ、この手の動画教材は本人の意志が相当
強くないと、三日坊主になってしまいます。
高校生でさえ長続きしないという話はいくらでも
聞いているので、中学生の場合は
もっと難しいかもしれません。

まあ、これはあくまでも塾からの
おまけのサービスと思ってください。
理科は中1から全学年通常授業を行っているので、
この動画を見なくても大丈夫といえば大丈夫です。

ただ、単なる知識ではなく
映像として見た方が頭に残る場合もあるので
ひまなときにでも見てください。
メインは塾の授業です。

登録費用などはすべて塾で負担します。
塾生でいる間はいつでも閲覧できます。
自分のスマホはもちろん、スマホを持っていない
人は家族のスマホやPCやタブレットでも
見ることができます。

IDとパスワードが必要です。
2年生と3年生には昨日渡しました。
1年生にも次回の授業の時に渡します。
パスワードを忘れた人や、変更したい人は
いつでも言ってください。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月09日

テスト範囲第1号

昨日(木曜)中1にテスト範囲が配られたようです。
昨日は中1の授業はありませんでしたが
早速送ってくれた生徒がいました。
やる気があってよろしいですね。

見てみると、なかなか変則的なテスト範囲と
なりそうです。
うちは戸塚中限定で、塾生は全員戸塚中なので
問題なくテスト対策も行えますが
他の塾だと、ちょっと大変かも知れません。


理科は塾を始めて17年目で初の内容が
テスト範囲に含まれています。
たぶん10点くらいだと思いますが・・・
しかも物理分野の光⇒音⇒力 という順序は
無視されています。

社会は、歴史が中間の範囲と重なっており
理科同様に地理も教科書の順番は無視されています。

あと、私の長年の経験から言うと
英語の範囲は減るとにらんでいます。

いずれにしてもテスト範囲が出たので
塾では授業の進行をストップして
今日からはテスト範囲の勉強だけを行います。
1年生は戸塚中の全クラスに塾生が在籍しており
特定のクラスだけで言われた情報なども
塾内で共有できていろいろと都合がいいです。



ざっと見た感じだと、国語は別にすると
今回塾生たちが一番苦労しそうだなと思うのは
数学です。(今回も?)
方程式の利用と関数ということで平均はかなり
低くなると思いますが、塾生の平均は
学校の平均よりも15点は上回ってほしいかな
と思っています。

この学年(1年生)
前回の中間テストでは、約300人の学年中
塾生14名中11名が100番以内に入っていました。
また全員が5科で学年平均より40点以上
上回っていました。

ということで、中1のうちから比較的勉強に
対して前向きに取り組んでいる学年です。
おそらく塾に来ていなかったら、そこまで意識が
向かなかったかもしれませんが、塾に来て毎回
10人以上の友だちがいて、しかも全員同じ中学
ということで嫌でもそれぞれの意識も高まっている
のだと思われます。
このあたりも集団塾の利点です。

期末までに学校に行く日は意外と少なく
あと8回しかありません。
毎度のことですが、提出物は早めに
終わらせるようにしましょう。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月06日

着々と

当塾は5年生から中学3年生までの
地元の小中学校に通う生徒たちが学習しています。

このブログではどうしても授業数の多い中学生の
話がメインになりますが、小学生の方も着々と
進んでいます。

新生小学生クラスも今年の5年生が第9期生と
なりました。

第8期生にあたる6年生の英語も
予定している内容の半分くらい終了しました。

うちの塾の小学生が学習する英語は
文法が中心です。
高校入試がペーパーで行われる以上
読み書き文法を中心に行います。
単語も使用頻度が高いものを覚えさせます。

何度か書いていますが、小学生クラス出身の
塾生は中学でもまずまずの成績を残しています。
今年の13人全員英語5というのは
第1期生の10人全員英語5を上回る
ちょっとできすぎな学年ですが
平均したら4.5くらいはとれていると思います。

かといって、何か特別なことに取り組んでいる
わけではありません。
文法として基本的なことを地道に学習している
だけです。 ただしテキスト類はあまり
体系だっていないので4月から3月までの
1年間の内容を私がすべて考えて行っています。


先月の宿題の一部です。

KIMG3707.JPG

このときはisの疑問文が中心になっていますが
単語から正しい代名詞を選ぶ問題です。
この生徒はきちんと理解しているようですね。



KIMG3708.JPG

こちらは2問間違えていますが
これは習いたての生徒にはありがちな間違いで
間違いの理由もはっきりしています。
小学生のうちに直せば何の問題もありません。

こうやって毎回の宿題や小テストで
塾生たちの間違いやすいところをを
すべてチェックしていきます。
全員分なので時間はかかりますが
こういう作業をすることで小学生のうちに
基本的な知識を身につけさせることができます。
そのためには、宿題も小テストも普段の
英作文の練習もすべて私がチェックします。

宿題には簡単な作文もあります。

KIMG3709.JPG

唯一のヒントは脇に書いてある単語の数だけです。
分からない単語や語順などはすべて自分で調べて
書いてもらいます。
このあたりをきちんとこなしている生徒は
中学になっても安心です。

今年の6年生のうち何人が中学でも塾を継続する
のかは分かりませんが、今年の中1生と
同じくらいの成績は取らせたいと思っています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月05日

改めて、信用する必要のない数字

中学から偏差値が追放されたのが25年前
その声をあげたのが埼玉の教育委員会だったの
ですが、今となってはほとんどの中学で
模試を行うようになりました。
以前は学校で行っていた業者テスト(北辰テスト)
は会場模試となり、学校では別の模試が。

学校から偏差値を追放すると
進路指導の物差しがなくなってしまい
現場の先生も困ってしまうので結局
偏差値は必要という判断になったのでしょう。
まだ私が埼玉に来る前のことなので詳しくは
分かりませんが、学校から模試を追放させた
方々の判断は結局現場を混乱させるだけだったと
言う結論として今に至っています。

現在戸塚中では校長会テスト(南部地区テスト)が
毎年3回行われていて、それとは別の模試も
数回行われています。
原則3年生ですが、年によっては下の学年も。

校長会テストはもう10年実施されているので
それなりに信用できる模試として入試の判定材料に
使われているようです。
またいわゆる私立高校の個別相談における
確約(のようなもの)にこのテストの結果を
使う学校も増えてきました。

一方、もう一つのテストはどうかというと
こちらはどうにも???? という感じです。

まず偏差値が怪しいです。
うちのある塾生に結果を聞いてみたら
偏差値66でした。 というので
頑張ったね、と思ったのもつかの間、他の生徒も
軒並み60を超えていて先の偏差値66の生徒でも
学年順位は40番くらいでした。

いくら昔より戸塚中の学力が上がっているとはいえ
66以上の生徒が40人以上もいるとは
思えません。
正規分布に従えば偏差値66とは上位5%あたりに
相当します。 つまり戸塚中で言うと14〜5人
しかいないはずなので、誤差を考慮しても
この偏差値は明らかにおかしいです。

おそらく、きちんとした偏差値の計算式で算出した
数値ではなく、〇〇点なら偏差値〇〇 というように
予め決まっていたのでしょう。
これでは偏差値の意味がありません。
学年順位だけは意味があります。

さらにこの模試のあやしいところは
志望校判定です。

これだけ偏差値が甘いにもかかわらず
志望校判定では、他の北辰などの基準と
ほぼ同じ偏差値で判定されています。

つまり北辰なら偏差値55くらいの生徒でも
この模試では偏差値60と判定され
その数字のまま志望校判定がされています。

合格可能性100%というまともな模試では
ありえない判定が大量に見られました。
これではまったく信用できません。
ちなみにこの模試、受けた人数さえ不明です。

ということで、学校の先生から模試の偏差値
および判定が甘く出ていることを説明されて
いればよいのですが、されていないと困るので
塾生には数字は信用しないようにと話しました。

ちなみに、模試自体にはもちろん意味はあります。
あくまでも偏差値と判定は信用できないと
いうことです。

現状、埼玉県の公立高校受験生にとって
もっとも信用できるのは
何度か書いているように北辰テストです。
受けている人数が圧倒的に多いからです。
それに以前とは違い今の北辰テストは
だいぶ本番の入試形式に近づいてきました。
これも信用できる理由の一つです。

次に信用できるのは、地域限定になりますが
校長会テストです。
南部地区の場合1万人規模なので
偏差値も北辰に近い数字が出るでしょう。

正直、この2つで十分です。
全部受ければ年に10回ほど受けることに
なります。

私が塾で模試を実施しない理由は
先の10回で十分だと思っているからです。
それに、塾の人間が言うのも変ですが
塾で実施する模試は受験者数が少ないため
志望校判定や偏差値の信頼度は北辰テストには
遠く及びません。

模試を何度も実施する塾もあるようですが
それには別の理由があります。
(詳細はここでは触れないことにしましょう)



さて、先日県の教育委員会から
10月1日付での公立高校志望者数が
発表されました。
毎年この時期に第1報として発表されます。
入試に対する意識付けとしては一定の意味が
ありますが、この数字を見てどうのこうのと
いうのはまだ早すぎます。
よって毎年、ああもうそんな時期か
と思うだけで、数字については細かい分析は
行いません。 意味がないからです。

まず、そもそも10月1日付になっていますが
実際の調査はおそらくもっと前です。
去年も10月1日付でしたが去年の10月1日は
日曜日でした。
便宜上の日付を10月1日としているだけで
おそらくこの近辺で各学校から数字を集めた
というだけでしょう。

それぞれの学校で集計した日はバラバラでしょう。
去年の生徒に聞いたときは1学期に調査が
あったと話していました。
今年の3年生に聞いても、7月にあったような
ことを言っていました。
この手の調査は学校の三者面談のためにも
何回かおこなわれているようで
書いた本人たちもいつの調査が新聞に出ているのか
も分からないのが実情です。

1学期の調査となると、夏期講習前
つまりまだ入試に対してそれほど真剣に
考えていない時期の調査で
とりあえず知っている学校とか
とりあえず近い学校とか
とりあえず兄姉が行った学校
あたりを書いている生徒も多いでしょう。

実際、例年10月発表の数字はその後の調査や、
最終的な出願者数までに大きく変わります。
100人以上の増減も珍しくありません。

昨年の調査で100人以上減った近隣の高校の例を
出してみると
左が10月調査の志願者数 
右が出願者数(変更前)

浦和西  887人 ⇒ 578人
市立浦和 739人 ⇒ 491人
浦和南  664人 ⇒ 395人
与野   628人 ⇒ 478人
大宮   698人 ⇒ 484人
大宮南  550人 ⇒ 422人
大宮光陵 347人 ⇒ 205人
県立川口 595人 ⇒ 397人
川口市立 830人 ⇒ 515人
蕨    671人 ⇒ 392人
南稜   773人 ⇒ 524人
上尾   668人 ⇒ 279人
草加   634人 ⇒ 430人
越ヶ谷  781人 ⇒ 566人
越谷北  578人 ⇒ 433人
越谷南  557人 ⇒ 414人
越谷西  499人 ⇒ 391人

と近隣の学校だけでもこれだけあります。

逆に川口市立の文理スポーツのように
111人 ⇒ 281人 と大幅に
増えた学校もあります。

これは毎年のことなので、今の段階では
この数字を見て必要以上に焦ることは
ありません。

ただ川口市立は1000人超で3倍ですか・・・
ある程度予想していたとはいえ
相変わらずの人気ですね。
うちの塾生からも受けたいという生徒が何人か
いますが、2倍だろうと3倍だろうと
定員に入っていれば受かるのです。
志願者数が減ることを期待するよりも
合格できる学力を身に着けることが先決です。

まだ100日以上あります。
いくらでも間に合いますよ。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年11月01日

11月

今日から11月、早いもので
暦の上ではノーベンバーです。

ということで11月の予定表を掲載しておきます
pdfファイルです。

11月の予定表


塾生の皆さんには毎月渡しているので
保護者の方はご覧になっていると思います。

今後塾での勉強をご検討の方のために
掲載しました。

通常時は原則として
当塾では学年によって曜日を固定しています。
小学生は5年生は木曜日で、来年もそのまま木曜日。
6年生は5年生のころから火曜日で今も火曜日。
このように小学生は5年生の曜日をそのまま
引き継いで6年生まで継続します。

今のところ来年の5年生は火曜日になる予定です。

中学生は
1年生は火・金曜日
2年生は水・土曜日
3年生は月・木曜日 9月からは土曜日も追加
で固定しています。

こちらは小学生と違い、学年が変われば曜日も
変わります。
したがって今の中1生は火・金ですが
2年生になると塾の曜日は水・土に変わります。

また予定表にあるように
定期テスト前には授業を追加しています。
もちろんテスト前で授業が増えても
特別な費用はかかりません。

塾生は全員戸塚中生なのでテストの日程も
テスト範囲も同じです。
塾生全員でのテスト対策が可能です。

ということで
11月は期末テストがあるために授業数が
若干増えます。
最後まで頑張って勉強しましょう!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年10月30日

芸術作品

当塾では通常授業の際
小学生では1回
中学生では2回
休み時間があります。

テスト前の中学生などは
こちらが何も言わなくとも休み時間でも
勉強している生徒がほとんど。

テストが終わった今の時期は
わりと自由に過ごしています。
宿題や小テストなど、やることをちゃんと
やっていれば私はあまりごちゃごちゃ言いません。

そんな休み時間の6年生による
会心の作品
KIMG3689.JPG

KIMG3691.JPG

まあ、毎年だいたい小学生の休み時間は
こうなります(笑)


さて、それに張り合ったのか
先日の中2の作品
KIMG3668.JPG

謎の生物です・・・

これが何だか分かった人はすごいです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年10月29日

半年後の予約

今日から塾では中3生を対象に今年度第3回目の
三者面談を開始しました。

保護者の皆様におかれましては
お忙しい中お越しいただき
ありがとうございます。

中間テストも終わり残されたテストは期末のみ。
塾生の皆さんも今一度気を引き締めてもらいたいと
思います。

さて面談はもちろん本人の話が中心と
なりますが、本人の話が一通り終わったころに
弟妹の方の話になることもよくあります。
今4年生ですが、来年から塾で勉強させたい
という話です。

うちの塾は弟妹で通う割合がものすごく高く
(比べたわけではありませんが、なんとなく)
今日塾に来ている中3生も10名のうち8名が
以前兄姉が塾生だった、または
現在弟妹が塾に来ているという生徒たちです。
あとの2名は一人っ子と妹がまだまだ下の学年。

つまり塾の対象年齢に兄弟姉妹がいたら
ほとんどの場合うちの塾に来ているということです。

たしかにうちの塾は兄弟姉妹で同時に
通えば弟妹の月謝は半額になる、などの
制度もありますが
塾の授業が分かりにくかったら
たとえ無料でも通わせたくないものです。

そう考えると、こうやって毎年
弟さん、妹さんをうちの塾に通わせてくださる
ということは、少なくとも分かりにくい塾とは
思われていないということで一安心です。

むしろ、弟妹の方だけでなく
保護者の方同士で紹介してくださったり
塾生の友だち同士で紹介してくれたり
現在は、新しく入る塾生のほとんどが口コミで
塾生の皆さん、保護者の皆様には本当に
感謝しております。

これからも通わせてよかった、紹介してよかったと
思われるように頑張って授業を行うつもりです。

そういえば、今日もその面談の席ではやくも
今4年生で、来年から通わせたいという話が。
しかも、お友達も含めてということです。

来年の5年生については、まだ決まっていませんが
概要については今年と同じで
曜日はこれから調整しますが
おそらく現在の6年生が使用している火曜日に
なると思います。
小学生は、5年〜6年と2年間同じ曜日で
授業を行います。

ということで、正式な予約は来年の2月くらい
からスタートしますが
まずは塾生の弟妹やご紹介のあった方を
優先的に受けつけます。

詳細は決まり次第、こちらにも
掲載したいと思います
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年10月27日

あと4ヶ月

中3の成績表も戻ってきたようなので
今日の授業のときに記入してもらいました。

中1や中2とは違いもう何度もテストを受けている
中3なので、テストのたびに一喜一憂ということは
ありません。
塾生たちの成績もだいぶ安定してきたようです。
中3から入塾した二人も高い位置で安定しています。

とくに一方の生徒は入塾前(中2まで)は
だいたい学年50番くらいで安定していました。
学年300人近くいるのでこれでも十分な成績
ですが、入塾後3回連続で一気に学年順位が
10番台まであがりました。
しかも1学期中間⇒期末⇒2学期中間と
10番台でも少しずつ上昇しています。
今回はあと一息で一桁順位まできました。
ただそれでもまだ塾内1位ではありません。

もう一方の生徒も塾内で4位⇒2位⇒4位と
比較的上位で安定しています。
塾生10人の中での4位といったら真ん中
あたりと思われるかもしれませんが
学年以上15%以内、40番以内には
しっかりと入っています。

ちなみにこの学年、
人数はそれほど多くありませんが
中3になってからの3回の定期テスト
毎回塾内トップが入れ替わっています。
学年十番台だと塾内トップは難しいようです。

うちは戸塚中限定の集団塾なので
塾内でこうやって刺激しあえる友達が
いるのはいい環境だと思います。

そんな中3も公立入試まであと4ヶ月。
来週からは塾内での三者面談もスタートします。
体育祭と合唱コンクールと行事が続きましたが
もう残された行事はほとんどありません。
入試に集中できる時期になりましたね。

夜は中2の授業でした。
中1・中3はすでに個表が返却済みですが
この学年はまだのようです。
来週月曜は振替休日なので早くても火曜日です。
テストの日から2週間以上、ちょっと遅すぎますね。

さてこの学年、以前の記事で
一気に3名が見学に来たことを書きました。
同じ部活のある塾生が、中2になって入塾した結果
部活内で下から数えたほうがはやかった成績が
入塾後最初のテストでいきなり部活内でトップに
なったことが効いたようです。

ということで同じ部活の生徒が3名見学に来て
今週までにその3名全員が入塾の手続きを
すませました。

この生徒たちは以前は駅近くのそこそこ名前の
知れた塾にも行ったことがあるそうです。
(そのときは別々の塾)
ところがいずれも、ちょっと・・・ 
いうことですぐにやめてそのまま塾には
行っていなかったとのこと。
つまり塾に対して多少なりとも警戒心があった
はずですが、うちの塾を見学した際には
あっさりと入塾を決めたようです。

他の塾のことにはあまり触れたくありませんが
有名な塾と言っても教えるのはほぼ学生講師。
一応私は20年の経験がありますので
たぶん学生講師よりは適性はあるのでしょう。

上で例にあげた生徒のように塾に入って
一気に成績が上がる生徒もいますが
一般的には珍しい例です。
たまたまうちの塾のやり方に合っていたからと
考えることもできます。
今回入塾した3名も、塾に入ったからと
いって成績が上がる保証はありません。
今までの生徒がそうであったように、塾に入って
こちらの指示をきちんと守れば、遅かれ早かれ
徐々に成績は上がっていくことでしょう。

ということで、この学年(緑ジャージ)の
男女比もだいぶ均等に近づいてきました。
男子ばっかりでガサツだった塾内の雰囲気も
少しは和らいでくれればいいのですが(笑)

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと