2019年02月21日

あと1週間

公立高校入試まで、そして学年末テストまで
あと1週間となりました。

中学3年生の皆さんにとっては最後の
調整期間のようなものでしょうか。
これからあれもこれもと難しい問題に手を出して
不安を増長させるよりも、確認問題で見つかった
自分の弱点を消していくようにしましょう。

17期生の皆さんも全員揃って塾に来るのは
今日も含めてあと4回です。
入試前ということで、少し時間数を増やしました。
このあたりは私の裁量でどうにでもできます。

この学年は例年より若干人数が少なめですが
長い生徒は5年生からのフルコースで5年間です。
うちの塾生は例年在籍期間の長い塾生が多く
そういえば先に進路を決めた私立単願の2名も
5年生からの在籍でした。
塾に来た回数も軽く500回は超えているでしょう。
一番短い塾生でも150回以上です。
ということで今まで塾で学んだこと
学校や家で学習したことを入試本番で
発揮できるように今から体調管理などにも気を
つけてください。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月18日

出願初日

今日は公立高校の出願日でした
塾生たちもそれぞれ希望の高校に行って
出願してきました
学校によっては2時間も待たされることも
あるようで、このあたりは何年たっても
改善されないようですね。
私立のようにネットで出願とまではいかなくても
もう少し効率よく処理してほしいものです。

さて出願は明日までですが、例年初日で
ほぼ大勢は決します。
あとは志願先変更で若干の増減がある程度です。

17期生は、私立の単願が2名で
残る8名が公立を受験します。

18:40頃に倍率が発表されました。
塾生たちはちょうど入試対策の問題を
解いていた時間です。
今日は早く帰宅するので16時から22時まで
塾で勉強に変更していました。

休み時間に塾生たちも倍率を確認していましたが
だいたい予想していたような数字だったようで、
特段慌てる様子もありませんでした。
ただ南部地区ということもあって、また全員普通科
ということもあって倍率が高い高校を受験する
塾生もいます。

2月18日時点での近隣の高校の倍率を
まとめてみました。普通科中心です。

こちら(pdfファイルです)

12月の志願者からの推移を分かるようにしました。
2か月ほどで100人以上減っている高校も
あるようですね。

ちなみに、いろんな高校の倍率を
知りたい方は こちら へどうぞ。

さあ、あと10日頑張りましょう!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月17日

ちがく ちがくて ちがくない 

今年も見られました。
タイトルにあるような謎の日本語を国語の
答案に使う生徒が。

この誤用はもう10年以上毎年見ているので
驚くことはありませんが、その都度指摘して
休み時間に全員に話をします。

作文では、違く 違くて 違くない と
なっていますが変換しても当然出てきません。

「違う」はワ行五段活用の動詞です。
ですから、活用するとしたら
ちがわ・ちがお(未然形)
ちがい(連用形)
ちがう(終止形)
ちがう(連体形)
ちがえ(仮定形)
ちがえ(命令形)

となります。 ちがく という活用は
現代文法にはありません。

おそらく、形容詞の連用形と混同しているの
だと思いますがすべて減点対象です。

毎年見られるということは、日常的にこの
言葉を使っているのか、または
周りに使っている人がいるということです。
私は普段絶対に使わないし、このブログでも誤用の
指摘以外では使いません。

タイトルの語を正しく使うならば
ちがい、ちがって、ちがわない です。
1番目の「ちがい」は、名詞ではなく
連用中止法としての用法です。

普段の会話はともかく
国語のテストでは正しい日本語を使うように
心がけましょう。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月13日

テスト範囲が出ました

今日は中1・中2とも学年末テストの範囲が
発表されたようです。
2年生は授業日なので塾生が持ってきてくれて
それを確認。
1年生は授業はありませんが、塾生がLINEで
報告してくれました。
これによって私も早めに準備ができます。

ざっと見た感じ1年生も2年生も範囲が
広くて大変そうです。

まずは1年生
数学は図形がメインですが
なにしろうちの塾生は数学が苦手
5科総合では塾生の平均は学年平均よりも
70点から80点くらい上回っていて
大変優秀です
現在は英語と社会と理科で稼いでいる状況ですが
これに数学も加わったらまさに鬼に金棒
ちょっとぜいたくな悩みでしょうか。

とにかく小学生のころから算数が若干不安だった
ので、なんとか数学で足を引っ張らないように
するのが私の役目です。
テスト前の授業も数学を意識的に多くします。

英語と社会と理科の範囲も
例年と比べてかなり広めです。
2学期とは比べものにならないくらいの
スピードで学校の授業が進んでいるようです。
まあ、こうなることはある程度予想はできました。

ただこの学年の理科はちょっと不思議な進み方です。
2学期にも、光⇒音⇒力 の教科書の順番を無視して
なぜか力からの授業となり
今は今で、火山⇒地震⇒地層 の順番も
入れ替わっているもよう。
うちの塾は全員戸塚中に限定しているため
こういった変則授業にも難なく対応できますが
他の塾では、なんでこんな変な順番で進めるんだ
他の学校と合わせてほしい!
という声が出ているのではないでしょうか。

戸塚中限定にしていてよかったです(笑)

社会も謎の進度で、すでに南米とオセアニアは
終了しているため、今回はヨーロッパとアフリカと
北アメリカです。
これに歴史がちょこっと加わります。

理科と社会は覚えることが多いです。
後回しにするとたぶん間に合いませんよ。

2年生の場合
英語は2学期中にユニットはすべて終了という
史上最速のペースで進んでいました。
理科も天気の最後までということで
これも例年にないくらいのハイペース
社会は、地理の残りの部分で
歴史はカットされたようです。

数学は今回は計算は少なめで証明が
中心になります。
中2の証明は書き方がワンパターンですが
覚えるのを面倒くさがると1問も解けないと
いう悲惨な結果になってしまいます。
ワンパターンな書き方を覚えましょう。

テスト範囲が出たので
明日からは塾でも休み時間の携帯使用禁止です。
私も問題作成マシーンと化して
ひたすら問題を作ります。
さらに塾生の出来具合を見ながら
苦手そうな生徒が多い単元を中心に
改めて説明していきます。

ちなみに、中1・中2ともにテスト範囲の内容は
塾ではだいたい終わっています。
まだ終わっていない教科は早急に終わらせて
テスト対策の繰り返しになります。

3学期の定期テストは1回しかありません。
中間が悪かったから期末で取り戻す
といったことはできません。
一回で結果が出せるように早めの勉強が必要です。
まずは塾でもさんざん話しているように
提出物は、遅くともテスト1週間前には
終わらせるようにしましょう。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月12日

史上初?

今日は火曜日で6年生と中学1年生の授業の日。
まずは6年生
いつものように宿題を回収して小テストです。
今日は第28回。

終了したら集めてさっさと採点してその日のうちに
返却します。
うちの塾の英語の小テストはあらかじめ出題リストを
渡しておき、それをちゃんと覚えてきたかどうかを
確認するものです。
6年生の場合は、基本的な文章と単語です。
6年生クラスもこの学年で8年目ですが、
この小テストに対する意識が年々高まっている
ように感じます。

結果が悪いからと言って、特にペナルティは
ありません。
だから手を抜こうと思えばいくらでも抜けますが
最近の塾生はきちんとこなしてきます。
ひょっとしたら家で保護者の方にきちんと
覚えるように言われているのかも知れませんね。 

5〜6年前は毎年3〜4人は適当に取り組んでいる
生徒もいました。この場合たいてい中学になる
ころには塾の授業が合わないなどの理由でやめる
生徒が多かったものです。

ところが最近はほとんどの生徒がちゃんと
覚えてくるのです。比例するように
小学生クラスから中学生クラスへ継続する
生徒の割合も増えてきました。
小テストの課題とは別に宿題も出しています。
こちらも当然のように全員提出します。
小学生のころから勉強する習慣を身に着けさせる
というのがこのクラスの目標です。
今年の6年生は現状では目標達成といえるでしょう。

さて、今日の小テスト
採点しても、採点してもいっこうに直すところが
ありません。
私の採点は結構厳しめです。
小学生だからおまけで〇とかありません。
単語のミスはもちろん、大文字小文字の間違い
ピリオドやクエスチョンマークの付け忘れなど
すべて細かくチェックして減点します。
本人は正しく書いたつもりでも、雑であったり
妙なクセがある文字も不正解にします。
中学になったときに、学校の先生や模試の採点者の
だれが見ても〇をもらえるように今のうちに
厳しく指摘していきます。
さすがに1年がかりで注意していくとこの時期には
ピリオド忘れなどだれもいません。

で、今日採点した10名
なんと全員満点でした!
今年で8年目、計250回くらい6年生の小テストを
行っていますが全員満点はおそらく初めてだと
思います。

ちなみに塾生はいま一般動詞の否定文とか疑問文
あたりの学習をしています。
それに以前のbe動詞もちょくちょく混ぜていきます。
テキストだと習っている単元のみの問題が中心と
なるので、それならできてあたりまえ。
以前の内容を混ぜても正解できてこそ
初めて理解しているといえます。

KIMG3889.JPG

今日提出してもらった宿題です。
英作文は、穴埋めでも並べ替えでもなく
全文自分で書くものです。
小6だからそれほど難しくはありませんが
内容としては中1の1学期の内容はすでに
終了しています。
中1・1学期の中間期末なら
今受けても平均90点以上取れるでしょう。

さて現在10名の6年生の授業は2月で終了です。
今後の予定を聞いたところ8名が
このまま中学でも継続して塾で勉強するとのこと。
これからもよろしくお願いします。
2名はいろいろと都合がつかなくて残念ながら
となりましたが、今まで塾に通ってくれて
ありがとうございます。 塾で習ったことが
少しでも役に立ったならうれしいです。


また、3月には外部生を対象に中学準備講座を
実施します。すでに問い合わせもいただいています。
4月からは 8名+新メンバーで 
20期生としての授業が始まります。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月11日

ひたすら入試対策

2月に入り中3の授業はすべて県立入試対策です。
当塾は原則として祝日はお休みにしていますが
入試前ということで中3の入試対策を。
しかもいつもの倍の時間で16時から22時まで。
5教科すべての問題に取り組めました。

使っているのは埼玉県の入試用に作られた
教材です。出題形式もそっくりです。
某教材会社から提供された模試も使って
7〜8回ほど繰り返します。
これを5教科すべて私が採点します。
自分で採点させると採点が甘くなるし
そもそも時間の無駄です。
結果を見て、模範解答・解説と比べて
各個人で分析してもらいます。

私の採点は厳しいです。
まあ厳しいのに慣れているせいか
本番では思ったより良かったという塾生が
多いのもまた事実です。
練習で甘く採点するとこうはいきません。

特に国語の作文は細かくチェックします。
何度も書いているように埼玉県の国語の作文は
減点方式です。
満点の16点から減点していきます。
北辰の採点は甘く、うちの塾生でも半数以上が
15点または16点が取れてしまいます。

これで作文をなめてもらったら困ります。
2月の練習で現実を見てもらいます。
前もって、減点の対象になる事象を20項目
くらいリストアップして塾生に渡しています。

それに該当すれば容赦なく減点し
赤文字で警告されます。
これを何度も繰り返すうちに1ヶ月もすれば
みんなそれなりの文章が書けるようになります。

ちなみに今年の塾生、私の採点で
国語の作文を4回実施しましたが
16点はいまだ0名です。
15点も1名か2名ほど。
北辰では毎回半数以上が15点以上なのに、です。
北辰が甘いのか、私が厳しいのか
まあ両方ですが、練習では厳しめにしたほうが
絶対いいに決まっています。
おそらく本番ではまずまずの作文が
書けるでしょう。 

普段の定期テストではいまいちパッとしない国語も
本番の入試ではしっかり得点源にする
これは毎年のことです。

ちなみに私が指摘する減点項目は
原稿用紙の使い方から、文法的なこと
表記的なことなど多岐にわたります。
それを1ヶ月の練習で叩き込むわけです。

私はもともと理系ですが、大学入試ではセンター
でも二次試験でも国語が必要でしたので
高校の時からそこそこ国語も勉強していました。
こんなところで役にたってよかったです。

ちなみに来週の月曜日は出願の日で
帰宅は早いはずです。
ということで、この日も16時〜22時で
入試対策を行うことにしています。
このように臨機応変、必要に応じて授業時間を
増やせるのも個人塾の強みです。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月02日

中学準備講座受付スタート!

中学準備講座の受付を開始しました。

現在6年生の塾生は10名で、例年通り年度中の
新規受付は見合わせておりました。

年度の変わり目ということで
新たに塾で勉強を考えている新中学1年生を対象に
中学準備講座を実施します。

塾のHPにも内容を掲載しました ⇒ こちら

簡単に概要を書いておきますと
対象:戸塚中に進学予定の新中学1年生
学力:極端に基礎力が不足していなければ大丈夫です
費用:諸経費、税込みで 8,000円
日時:3/13,15,20,27,29 4/3,5
   午後5時00分〜6時50分
教科:数学 英語 (時間は英語の方が長めです)
宿題:数学 英語
授業:数学・英語ともに1学期の内容です
定員:若干名(最大4名〜6名程度)

初日まで取り組んでほしい課題がありますので
一度塾に取りに来ていただきます。


昨年新設された川口市立高校理数科に
当塾から合格した2名のうち1名は
この中学準備講座を受講した生徒でした。
また、現在中学3年生には定期テストで
総合学年1位になった生徒が2名いますが
そのうちの1名もこの中学準備講座を
受講していました。
塾で勉強するのは早いに越したことはありませんが
新中1になるこの時期ならまだまだ十分
間に合います。

ということで、参加をご希望の方は
直接塾に来ていただくか
お電話をお願いします。
平日の午後4時以降でお願いいたします。
または塾生経由で資料をお渡しすることも可能です。

準備講座終了後、継続して塾で勉強を希望する場合
従来の6年生クラスと合流して中学1年生クラスと
して、一緒に学習することになります。
塾生は全員戸塚中なのですぐに慣れるでしょう。
日時は毎週火曜日と金曜日で
午後7時20分〜9時55分です。
通常授業で、英語・数学・理科・社会を学習します。
ほとんどの塾は英語と数学が中心ですが、当塾では
1年生から理科も社会も学習するのでこの2教科が
得意であるという生徒は何人もいます。

高校入試には1年生の内申も使用されるため
このことは結果的に高校入試を有利に進めることに
つながります。

中学での勉強を頑張りたい人の
ご参加をお待ちしております。
ご不明な点はお問い合わせください。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月01日

新小学5年生受付スタート!

4月からスタートする新小学5年生の
募集を開始しました!

HP上にも内容を掲載しました ⇒ こちら

塾生の弟妹の方を中心にすでに4〜5名の方から
問い合わせがありました。

実際の授業の開始は4月9日(火)ですが
他の習い事との曜日の調整もあると思います。
塾の授業は火曜日の午後5時〜6時40分です。

新生小学生クラスとしては次の5年生で
節目の10期生となります。
塾生全体としては22期生となります。
結構な年月が経っていますね。

簡単に概要を書いておきますと
対象:戸塚中に進学予定の新小学5年生
学力:極端に基礎力が不足していなければ大丈夫です
費用:年間教材費8,000円のみ 月謝は不要
日時:毎週火曜日の午後5時00分〜6時40分
   (祝日および長期休暇中はお休みです)
教科:算数
宿題:算数 国語の読み取り問題
テスト:算数と漢字を交互に行います
授業:学校と同じか少し早めに進みます

※他の学年についてはこちらをご覧ください

毎年10名前後の5年生がこのクラスで
学習しています。
そのほとんどが6年生でも継続します。
6年生は新たに英語の学習を始めます。
中学の授業に即した読み書き文法中心の内容です。

塾の継続は任意で、こちらから強制することも
お願いすることも一切ありません。
小学生クラスに在籍した半数以上の生徒が
中学3年生まで継続します。
中学での通塾を考えているご家庭が、早めに塾に
慣れるために小学生クラスを利用されるケースが
多いようです。

ということで、参加をご希望の方は
直接塾に来ていただくか
お電話をお願いします。
平日の午後4時以降でお願いいたします。
または塾生経由で資料をお渡しすることも可能です。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月30日

合格おめでとう!

先週始まった埼玉・東京の私立高校の入試
今日で塾生全員の合否が判明しました。

ということで修徳ゼミナール17期生10名の
合格高校(私立高校)です。

浦和学院 S特コース     (戸塚中)

浦和学院 特進コース     (戸塚中)

浦和学院 文理進学コース   (戸塚中)

浦和学院 文理進学コース   (戸塚中)

浦和学院 総合進学コース   (戸塚中)

浦和実業学園 選抜α     (戸塚中)

叡明 進学コースT類     (戸塚中)

春日部共栄 普通科 特進E系 (戸塚中)

桜丘 普通科 A特待     (戸塚中)

武南 普通科 選抜コース   (戸塚中)

武南 普通科 選抜コース   (戸塚中)

武南 普通科 進学コース   (戸塚中)


見事 全員合格 おめでとうございます!
10名で受験した高校(延べ12校)
すべて合格でした。

確約(のようなもの)があったとはいえ
倍率は1倍ではありません。
推薦で不合格になることもあります。
よって、これは皆さんが実力でつかみ取った
合格と自信をもってください。
確約(のようなもの)をもらうにしても
内申や北辰で結果を残すことが必要です。

うちの塾は大きな塾ではないので、教室ごとの
合格者数のノルマもなにもありません。
当然、必要もないのに、行く可能性もないのに
塾の実績だけを考えて5校も6校も受験を勧める
ことも一切ありません。
もちろんこちらからアドバイスはしますが
最終判断はすべて本人の希望によるものです。


現在のところ、私立単願で受験した塾生は2名
残る8名のうち難しいコースに合格できたので
公立と悩んでいる生徒もいます。

いずれにしても私立単願の生徒は塾は明日で
終了です。 二人とも5年生から来ているため
実質5年間の塾通いでした。お疲れさまでした。
私立単願は公立より早く決まり、浮かれてしまう
こともありますが、二人とも賢いので
その心配はないでしょう。
二人ともしっかりとした目的があっての単願です。
早くもその視線は高校に向かっているようです。

さて、公立高校まであとちょうど一ヶ月と
なりました。
これからは私立を意識する必要はありません。
すべての塾の授業を埼玉県の公立入試の形式に
合わせた内容になります。
作文の添削も行います。 
どこを直すべきかの注意も行います。
あと1ヶ月、突っ走りましょう!

平成31年度高校入試合格速報

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月29日

そろそろ新学年の問い合わせが

塾としては高校受験の追い込みの時期ですが
同時に、新学年のことを考えなければなりません。

いくら受験が忙しいといっても
聞かれたときに答えられないようではお粗末です
時間を見つけては、来年度のことも考えています。

特に新小学5年生・6年生、および新中学1年生
についてはチラホラと問い合わせをいただく時期に
なりました。

まず新小学5年生については2月1日を目途に
受付を開始したいと思います。
原則として、塾生の弟妹の方 お知り合いの方
このHPをご覧になった方を優先します。

新小学6年生については、現在受付中ですが
こちらは逆にまもなく受付を終了しますという
お知らせになります。
6年生は毎年4月でいったん募集終了しています。
今年もその予定ですので、塾で勉強を考えている
方はお早めにお願いいたします。

新中学1年生については、先ほど書きましたように
6年生のあいだ受付をお断りしていましたが
3月に中学準備講座を実施する予定です。
これは、内部生のうち何人がそのまま中学でも
継続するのか、その人数にもよります。
昨年は継続する人数が多かったため、準備講座の
実施は見送りました。

今年は、もともとの6年生の人数が昨年ほどでは
ないため実施の予定です。

現在、内部生(6年生)のうちすでに半数以上の
生徒から中学でも塾を続けたいとの声を
いただいています。 ありがとうございます。
教えるのは引き続き私ですので
どういう感じで授業をするのか
ある程度塾生の皆さんも分かっているでしょう。
それに過去17年の実績も少しは信頼の
足しになっているのかもしれません。
何度か書いていますが、戸塚中の生徒にとっては
地域で一番効率の良い塾であると自負しています。

中学3年生があと1ヶ月でいなくなるのは
さみしいですが、こうやってまた新しい仲間が
塾を訪ねてくれるのはうれしい限りです。
それに中学3年生の皆さんも塾の授業は
終わっても毎年顔を出していますからね(笑)

現にこの1週間でも、特にテスト勉強とかでも
ないのに高1〜高3が別々に4〜5名ほど
塾によって雑談をしていきました。
塾を修了しても私はいつまでもここにいますので
いつでも遊びに来てください!

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月27日

2019年度 費用のご案内

事務的なお話ですが
2019年度の塾の費用のご案内です

塾生の皆さんにはすでに配布済みです
きちんと保護者の方に行き届いているでしょうか?

とはいえ、昨年との変更点はありません。

初めてこのブログをご覧になる方のために
簡単に塾の費用についてご案内いたします。

まず授業時間は全員同じで
小学生は週1回2時間
中学生は3時間ずつ週2回
中3の2学期からは3時間ずつ週3回

1 入塾金 = ありません
2 月謝   小学生は無料
       中学生は 18,000円
 中3の2学期からは  24,000円
3 年間教材費 小学生  8,000円
      中1・中2 16,000円
         中3 18,000円
4 講習費はリンク先をご覧ください

2019年 費用のご案内
   
以上がすべてです。
よくわからない、登録費とか管理費とか光熱費は
不要です。 また別に実施するテスト対策なども
すべて無料です。 消費税は込みです。

1人で運営しているため事務作業はなるべく
簡素化したいと思い、不要と思える費用は
すべてカットしました。

他の塾の費用形態がどうなのかは知りませんが
うちの塾はこの形で17年間やっています。

よく、費用が安いですねと言われますが
その理由を簡単に言うと
広告費をほとんどかけない
人件費がかからない
新しい教室を増やそうという野望がない(笑)

こういった理由だとお考え下さい。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月22日

6年生英単語テスト

毎年3学期の最初の6年生の授業の日に英単語の
100問テストを実施しています。
夏休み明けは100問すべて意味を答えるものですが
冬休み明けは100問すべて単語を書くものです。
このあたりで塾生たちの本気度をチェックする
ことができます。
この時期に覚えるべき単語はまだそれほど多く
ないため問題は毎年同じです。
つまり前年との比較ができます。
平均は60〜70点くらいで
90点行けば上出来だと毎年話しています。

新生小学生クラスとして今年の6年生は8期生と
なりますが、英単語テストも8回目です。
過去の記録を引っ張り出します。

◆平成24年(青ジャージ・現大1)
 在籍者15名 受検者15名
 平均点 64.3点

◆平成25年(赤ジャージ・現高3)
 在籍者16名 受検者16名 
 平均点 61.8点

◆平成26年(緑ジャージ・現高2)
 在籍者15名 受検者12名 
 平均点 71.0点

◆平成27年(青ジャージ・現高1)
 在籍者15名 受検者15名 
 平均点 77.8点

◆平成28年(赤ジャージ・現中3)
 在籍者7名 受検者7名 
 平均点 60.9点

◆平成29年(緑ジャージ・現中2)
 在籍者13名 受検者12名 
 平均点 68.1点

◆平成30年(青ジャージ・現中1)
 在籍者14名 受検者14名 
 平均点 81.0点

よって
◆平成24年〜平成30年
 在籍者95名 受検者91名
平均点 69.8点


以上が昨年までの結果で
それに対して今年の6年生は
◆平成31年(現小6)
 在籍者10名 受検者9名 
 平均点 89.2点

なんと、昨年記録された過去最高の平均点を大幅に
上回る驚異的な平均点となりました。

8年間の平均は70点を超えて71.5点に
なりました。

ちなみにこのテストが6年生にとって
どれくらい難しいかというと過去最高だった
昨年でさえ満点は1名もいなかったくらいです。
(昨年の6年生の13名はその後中1の1学期の
通知表で全員5だったことは何度か書いた通り)

過去7年、91名中4名しかいなかった満点ですが
なんと今年は9名中3名が満点でした。
もちろんこの人数も過去最高です。
3名ともお姉さんが塾で勉強してきた生徒なので
多少なりとも家庭で意識付けがされているとは
思いますが、1問もミスがないのはお見事です!

KIMG3855.JPG

KIMG3853.JPG

KIMG3856.JPG


昨年まで、時期柄風邪などで欠席した4名を除き
テストをうけた91名のうちそのまま中学でも
継続して塾に通った生徒の中1・1学期の
英語の成績を調べてみました。

すると
昨年までのこの英語の小テストで
90点以上だった生徒は31名いて
そのうち26名がそのまま継続して塾に通い
中1・1学期中間テストの平均点は 96.2点
中1・1学期期末テストの平均点は 95.6点
1学期の通知表は26名中 22名が5 4名が4

80点〜89点だった生徒は12名いて
そのうち11名が継続して塾に通い
中1・1学期中間テストの平均点は 93.2点
中1・1学期期末テストの平均点は 95.0点
1学期の通知表は11名中 8名が5 3名が4

70点〜79点だった生徒は9名いて
そのうち7名が継続して塾に通い
中1・1学期中間テストの平均点は 93.2点
中1・1学期期末テストの平均点も 91.4点
1学期の通知表は7名中 5名が5 2名が4

ということで70点以上であれば
中学になってもまずまずの成績を残せていることが
分かります。
1学期に限定しているのは、塾で小学生のうちに
1学期の内容は終了しているので
それが反映されているかどうかを見たいからです。
極端にいえば1学期は塾の勉強だけでも
そこそこの成績は残せます。
2学期以降も好成績を残せるかどうかは、本人の
頑張りにもかかってきます。
もちろん塾で指示した内容にしっかり取り組んで
くれれば、2年になっても3年になっても
それほど英語で苦労することはありません。

英語で高得点が取れることが分かっているため
うちの塾生たちは他の生徒よりも多くの時間を
英語以外の教科にかけることができます。
その結果、中1のうちから理科や社会が得点源に
なるという状況が毎年見られます。


ということで本日返却しました単語テスト
Kさん (戸塚北小6年)  100点
Sくん (戸塚綾瀬小6年) 100点
Tさん (戸塚北小6年)  100点
Wさん (戸塚綾瀬小6年)  99点
Fくん (戸塚綾瀬小6年)  97点
Iさん (戸塚綾瀬小6年)  91点
************   86点
************   86点
************   44点



過去の塾生の傾向から考えると
90点以上の6名はよほどのことがない限り
塾でしっかり勉強すれば中1の英語5は
約束されたようなものですね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月21日

わりとどうでもいい話

金曜日の本放送中は仕事中
土曜日の再放送中は熟睡中
ということでなかなかその放送を見ることが困難な
チコちゃんに叱られる
私自身は昨年の流行語大賞の本命にしていたくらい
この番組は好きなのですが、あえて録画までしている
わけではありません。
2〜3回だけ見た記憶をたどりに書きますが
この番組のオープニングに流れる音楽
どうにも、どこかで聞いたことがある曲なんですよ
皆様各自脳内再生をお願いします。

私と同じ1970年代生まれならば記憶にあると
思います。 
走れジョリー の曲です。

試しに、チコちゃん 走れ と入れたところで
検索候補がわんさか出てきました。

正確には、走れジョリー ではなく
走れジョリイ だそうです。
(タイトルは名犬ジョリイ)
https://youtu.be/cMCrPFY8bY4
どんな曲か気になる方はどうぞ。

ということで、
どこかで聞いたことあるぞシリーズでした。

ちなみにどうでもいい豆知識ですが
私の小学校の時たしか1年生の運動会で
この走れジョリイを踊った記憶があります。
さすがに30年以上前なので記憶があいまいですが
「一休さん」「走れジョリイ」の2つが
1年生・2年生の時に踊った演目です。
どちらがどちらかは失念。

3.4年生では面浮立という地元に伝わる踊りを。
さすがにマニアックすぎて知っている人はいないと
思いますが、youtubeにありました。
超懐かしい(笑)

5.6年生は、フォークダンスだったのですが
タイトルはたしか「潮騒のメロディー」です。
あまちゃんに出てきたのは「潮騒のメモリー」です。
まぎらわしいですが別物です。

ということで
チコちゃんのことを書いているうちにずいぶんと
脱線してしまいました。

なお、当時のビデオはもちろん写真も何も現存
しないためすべて私の記憶を頼りに書いています。
ちょっとそこはちがうぜ! とお気づきの方は
こっそりと教えていただければ幸いです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月20日

いろいろ

◆人生初の
今さらですが書いておきますと、今年も年末年始は
地元の佐賀に帰省しておりました。
飛行機のしくみが分かってからは毎年8月ごろに
チケットを早期購入するようにしています。
新幹線より割安です。

年々、帰省するたびにお互い「はやかね〜」と
1年の速さを実感する毎年です。

1年ぶりにこの子たちとも会いました。
screenshotshare_20190101_174724.png

元日にUターンするのも恒例です。
その際太宰府天満宮での初詣も恒例行事。
塾生たちの合格祈願をしてきました。

da.png


塾生用のお守りと合格鉛筆も人数分ゲット
これを手に入れるために九州に行くようなものです。
事前アンケートによると今年は青が人気でした。
KIMG3831.JPG
たまにこれを目にすることで、もう少し勉強頑張ろう
という気持ちになってくれたらうれしいです。


またついでに個人的におみくじを引いてみました
毎年小吉とか末吉とか微妙なものばっかりでしたが

KIMG3815.JPG
今年はついに人生初の大吉ゲットです!

まあおみくじ自体がまだ10回くらいしか
ひいたことがないのですが・・・
まあなんにしてもいい年にしたいものです。

KIMG3827.JPG

塾生たちへのお土産も忘れずに購入し
福岡空港から東京へ向かいました。

◆たまりまくり
年末年始に録画したものがなかなか消化できません。
KIMG3828.JPG

KIMG3850.JPG

KIMG3851.JPG

KIMG3852.JPG

たまたまスカパーで見つけたひとつ屋根の下
大みそかの笑ってはいけない
とんねるずのスポーツのやつ
大河ドラマ

まだほかにもコナンくんの修学旅行のとか
とにかくいろいろたまっています。

最初の三つは近いうちに見ると思いますが
大河ドラマはまだどうにも見る気になりません。
やはり大河=時代劇 という先入観が強く
昭和の話なら、大河ではなく別の時間帯の
ドラマで普通にやればいいのに・・という感覚です。
事実視聴率もパッとしないようです。

予約可能時間が0に近づいて削除を迫られた
時に見ることになるでしょう。


◆北辰
昨日北辰から案内が届きました。
最終回の会場は成立学園とのこと。駅は赤羽です。
北辰の会場の設定が大変なのはわかりますが
もう少し近くに設定してほしいものです。
受験料も安くないのに、それにプラスして
毎回1000円前後交通費がかかるのなら
だんだん受ける人も少なくなりますよ。
北辰は中学ごとに会場が設定されるので
今回はどの塾で申し込んでいても赤羽まで
受けに行くことになります。
昔は、戸塚中はほとんどが浦和学院でしたが
今年浦和学院は一度もなし。
地元なので交通費ゼロなんですけどね。
繰り返しますが、もう少し会場のことを
考えてほしいです。

また、同時に中1・中2向けの受験案内も
同封されていました。
昨日はちょうど中2の授業だったので
配布して説明しました。
最初ということで北辰の内容や重要度について。

中2の皆さんにとっては、高校受験はまだ先と
いうイメージかもしれませんが
さっそく何名かは北辰受けてみたいという声が
聞かれました。いい心がけですね。
一方、毎度のことですが ある部活では
「部活の先生から受けるなと言われました」
という声も。 相変わらずのようですね。

昨年、中学生向けに部活のガイドラインが
決定されました。
はたして戸塚中のすべての部活でガイドラインで
決められたルールが守られているのかというと
皆さんご想像の通りです(笑)

まあ、私も最初から守られるとは
思っていませんでしたが、生徒たちにルールを
守るように言うのならば、まずは県で決められた
ルールを学校の先生(顧問の先生)も
守ってほしいものです。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月11日

第2回進路希望調査が発表されました

1月11日付で12月15日現在の
進路希望調査が発表されました

県の教育委員会のHPにも載っていますが
あいかわらず分かりにくい作りになっているので
リンク先を貼っておきます。
  ↓ ↓ ↓ ↓
  こちら

明日あたりの新聞にも掲載されると思います。

前回(10月)の調査よりもだいぶ実際の数値に
近づいてきましたが、まだまだこれから
増減はあります。
志願者が何人いようと定員以内に入っていれば
合格できます。
ということで、この数値に一喜一憂することなく
あと48日間頑張ってください。

一応、近隣の地域(旧1学区南部、8学区南部)の
普通科を中心にまとめてみました。
PDFファイルです ⇒ こちら

川口北が思ったより低いですね。
もちろんこのままということはないでしょう。
浦和西や越ヶ谷から川口北に変更する人が
多いことは容易に想像できますね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月09日

日本一遅い

新年のご挨拶かもしれませんが

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

冬期講習(1日7時間授業)が終了し
少し時間に余裕ができたので、
こちらも再開したいと思う今日この頃です。

しばらくは書き込みの内容が時系列的に若干
前後するかもしれないことをご了承くださいませ。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年12月27日

2018年の業務は終了いたしました

今日で2018年の授業はすべて終了いたしました。
最終日は中3と中1でしたが、
全員元気に出席しましたね。

中1はだんだん学習内容が難しくなってきます。
小学校のころから算数が大変だったこの学年
徐々に難しさを実感しているのではないでしょうか。

先日書いてもらった2学期の通知表で、及第点と
いえる4または5の生徒の割合を調べてみると
英語は14人中14人で全員クリア
続いて社会が14人中12人
次によかったのはまさかの国語で、理科までは
半数以上が4または5をとれています。

が、

が、



なんと数学は半数に届きませんでした。

まあ学年によって教科ごとの得手不得手がある
のは何年もやっていれば当たり前のことですが
ちょっとこの学年は数学を鍛えないと
いけませんね。
5教科すべての中で2がなかったのは
とりあえずホッとしました。

よく男子は理系で女子は文系などと言われますが
今までのうちの塾の傾向だと女子でもわりと
理数系が得意という生徒が多かったものです。
過去に理数科(川口市立・越谷北)に行った
生徒は男子より女子の方が多いくらいです。

が、今年の中1生は見事に世間一般の傾向通りに
いまのところなっているようです。
ちなみに14名中10名が女子です・・・

あと2年数学を鍛えて、この学年も理系が
得意だといえる学年に変えたいものです。

中3はもう受験生の顔です。
毎年この時期には、休み時間にも自発的に学習を
する生徒が多いものですが、今年はその割合が
例年よりも高くなっています。
休み時間も静かです。

冬期講習では5科の講習用テキストを2冊とり
一通り最初から総復習です。
その中で苦手な単元を見つけて、そこを重点的に
取り組むことで知識を増やしていきます。

塾は明日からしばらくお休みです。
塾によっては年末年始も授業があるところも
あるとは思いますが、年末年始くらいは
中学生には家族と一緒に過ごしてほしいと
思っているので毎年授業を入れていません。
どちらがいいというのではなく、
これが私の考えです。
その分、通常のテスト前とか入試前にも
コンスタントに授業をいれています。

休み中にも勉強したいという生徒もいるでしょうから
入試用のテキストを5冊渡しました。
意欲的な皆さんなら全部終えられるでしょうか?


ということで、いろいろなことがあった
2018年の塾の授業もこれでおしまいです。
しばらくお休みをいただき、来年は1月4日からの
スタートです。
来年もよろしくお願いします!

それでは皆さん、よいお年をお迎えください!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年12月25日

絶賛冬期講習中

現在絶賛冬期講習中です
私も連日7時間授業です。

今年の中3は例年より1日増やして11日間です
5科の専用テキストを2冊ずつとって
中1の内容から総復習です。

中1と中2は冬休みを利用して
3学期の内容に入ります。
若干時間に余裕があるため
いつもより説明と問題演習に時間を
かけることができます。

冬休みは、短い割にはいろいろと行事も
あって忙しいでしょうが、授業の日はなるべく
休まずに来てほしいと思います。

私が体調を崩してはいけません。
よってここ数日は、いつになく規則正しい生活を
送るように気を付けています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年12月14日

北辰社会が

12月14日は赤穂浪士討ち入りの日
といっても塾生は誰一人知りません。
以前はこの時期になるとお約束のように
テレビで忠臣蔵を放送していましたが
最近はあまり見なくなりましたね。

と、それはさておき
第7回の北辰の結果が届きました。
うちの塾では北辰も検定も塾の方から
無理やり受けるようなことは勧めません
今回は前回よりも受験者数は若干減りました。
私立単願の生徒や、すでに合格を確信している
生徒は受けていないようです。

よって前回とメンバーは変わりますが
それでもあいかわらず今年の中3生(17期生)は
頑張っていることに変わりはありません。
特に社会の塾内平均偏差値は65に到達しました。
塾生全員が偏差値60を超えています。
ちなみに塾生の正解率はこんな感じです

KIMG3758.JPG

塾生の平均偏差値が65ですから
当たり前といえば当たり前ですが、軒並み
高い正解率となっています。

おなじように、理科の塾生の平均偏差値も
60を超えていました。

というか5科総合の塾生の平均偏差値も
60を超えていました。

ここにきて、夏期講習あたりから
取り組んできたことが徐々に結果として
現れているようですね。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年12月08日

中2 新メンバー3人で150番上昇!

今日は土曜日で中3と中2の授業の日でした。

中3は期末が終わって、あとは残りの単元を
済ませて入試に向けて総まとめの時期になりました。
ただ国語は別にして、その他の4教科はいずれも
まだ中3の内容が終了していません。
この最後の最後の内容までもちろん高校入試の
範囲に含まれています。
よって
しばらくは未履修部分を終わらせることに専念し、
入試対策はその後になります。

夜は中2
中1・中3に続いて個表をもらったようなので
それぞれの学年順位を記入してもらいました。

中学2年生の学年平均と塾生平均の比較です。

    学年平均  塾生平均  平均との差
国語  57.2  61.5  + 4.3
数学  51.2  57.8  + 6.6
英語  53.6  59.0  + 5.4
社会  64.4  80.4  +16.0
理科  45.2  53.4  + 8.2
5科 269.2 312.2  +43.0


中1の記録 
中3の記録
と比較すると、どうしても見劣りしてしまいますが
前述したとおりうちの塾は成績優秀を謳っている
わけではないので別にいいのです。

それどころか中2は、前回より結構頑張っています。
現在在籍者は12名(全員戸塚中)で
そのうち10名が前回より順位を上げました。

得点だけ見たら、あまりパッとしませんが
上に書いたように学年平均が269点では
全体の得点が下がるのもしかたありません。
得点よりも10名の順位が上がったことを
率直に評価したいと思います。
ちなみに残念ながら下がってしまった2名は
いずれも10番程度です。

また12名中7名が100番以内に入りました。
300人近くいる学年で、18期生(現中2)の
100番以内が半数を超えたのはこれが初めて
かもしれません。
中1.中3では当然のことでも
この学年にとっては初の記念すべき回となりました。

たしかに
塾生の平均順位が60番台の中3
塾生の平均順位が70番台の中1 と比べたら
この学年の平均は100番台なのでまだまだですが
それでもこの学年なりに頑張った結果となりました。
しかも、今回は新メンバー3名が加わっての
ものです。
新メンバー3名は、お世辞にもお勉強ができるとは
言い難く、入塾時にはうちの中2塾生の中に入っても
下から数えたほうがはやかったのですがわずか
1ヶ月ほど塾で勉強しただけで、3名合わせて
前回と比べて155番も順位があがりました!
もちろん3名とも上がっており、
いちばん上がった生徒は約70番の上昇です。
某通信添削教材の漫画でも描けないほど
3名そろっての成績アップです。

たしか3名とも以前他の塾に通ったことが
あるはずですが、うちの塾のやり方が本人たちには
合っていたようですね。
というか戸塚中のほとんどの生徒にうちの塾の
やり方はあっているはずです(笑) もちろん
本人のやる気があるということが大前提です。

10年以上見ていて
中学の途中から入塾するほとんどの生徒は
1回目もしくは2回目の定期テストで
まず順位が上がります。
これで塾に入った成果を実感するわけですが
大切なのはその後です。
あがった成績で調子に乗って油断すると、元には
戻らないまでもそれに近い成績までダウンする
こともあります。
あがったことを喜んで、塾で勉強すれば結果が伴う
と素直に勉強に取り組んだ生徒はそのあとも
順調に伸びていきます。
生徒のやる気があることが大前提と書いたのは
そういうことです。

途中入塾した生徒の成績の上昇は目に見えて
分かりやすいのですが、小学校のころから
塾に来ている生徒についてはこの上昇が
分かりにくいかもしれません。
もし塾に来ていなかったら一人で勉強する習慣が身に
ついていたか、今と同じだけの成績を残せていたか
ということを考えたら実感できると思います。

それに小学校からきている生徒たちは
途中入塾の生徒にはない中1からの
内申の貯金があります。
いくら中2や中3から成績が伸びても
その前の内申は頑張っても取り戻せません。
埼玉県のすべての公立高校は中1からの内申を
合否の判定材料に使います。
中1から内申が高い生徒は、
そのことだけで高校入試が有利になるのです。
それに長く通っている生徒の方が、以前の内容の
知識量も豊富であることは言うまでもありません。

あとは、新メンバーに刺激されながら
塾歴の長い生徒たちも頑張ってくれたら
いいと思います。
まあ私が言わなくてもうちのほとんどの塾生たちは
しっかり頑張ってくれているようです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと