2018年05月17日

中間テスト返却状況

今日は中間テスト後初の中3の授業でした。
水・木で3〜4教科ほど戻ってきたようです。
早速点数を書いてもらいました。
また、平均点も分かっているものを
教えてもらいました。


木曜現在の中3の塾生の平均点は
(全員戸塚中です)

国語 77.6点 (あと2名)
数学 66.1点 (全員返却済)
英語 73.0点 (あと7名)
社会 92.5点 (あと1名)
理科 72.1点 (全員返却済)

といったところです。

社会の塾生平均がえらいことになっていますが
どうやら学年平均も高く80点前後のようです。
それでも中3の塾生平均が90点を超えるのは
めったにないことなので、
ここは塾生の頑張りをたたえましょう。
現在返却された10名のうち8名が90点を
超えています。
塾生たちには簡単すぎたのでしょうか。


全員返却済みの数学は得点だけ見るといまいち
ですが、こちらは学年平均が50点くらいなので
実際のところは、社会よりも頑張っているという
ことになります。
得点だけでは判断できない、といういい例です。

この学年は毎回5教科で塾生の平均は
学年平均よりも70点ほど上回っています。
今回は1年ぶりに新メンバーが3名加わって
いるのでどうなるかは分かりませんが
3名とも前回の得点を大幅に超えそうな勢いで、
とりあえず私もホッとしました。


明日は中1の得点がほぼそろうでしょうから
こちらも楽しみです。
posted by Mさん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

塾長の偏差値?

今年は塾を始めて17年目になりますが
始めたころから変わらない
普遍的な質問があります。
「塾長の偏差値どれくらいですか?」

一人で五教科教えていると
塾生にとっては当たり前でも
このことを塾生が他の友達に話すと
かなりの確率で驚かれるようです。
学校が教科別に先生が違うから
というのもあるかもしれません。
塾では複数の教科を教えるというのは
意外とよくあることだと思います。

そこで上記のような質問になるのです。
まあ確かに興味があることでしょう。

ただ、この質問に答えるのは困難です。
なぜなら偏差値とは絶対的なものではなく
相対的なものだからです。
あくまでも、そのテストを受けた中での
順位を換算した数字にすぎません。
だから、受けるテストによって違います。
北辰のように毎回同じテストを受けていれば
ある程度は答えることができますが・・・

実は私は中学のころ、北辰のような模試を
受けたことがないのです。
今はどうか知りませんが、当時の佐賀県には
会場テストそのものがなかったのです。
だから当然偏差値もありません。

定期テスト以外にも学校では公開テストとか
101とか201というマンションの部屋番号の
ようなテストを受けた記憶があります。いずれも
学年順位は出ましたが、偏差値はありません。
実際には出ていたかもしれませんが
生徒には知らされませんでした。

ということで私は中学の頃の偏差値を知りません。
ではどうやって高校を決めたのかというと
中学の学年順位と、公開テストといって
志望校を書いてその中での順位が分かる
北辰と同じようなテストで決めていました。

まあ中学の頃はまったく勉強していなかったので
数学は70超えていたとしても、他の4教科は
60台だったと思います。

高校では、年間10以上の模試を受けましたが
30万人くらい受けた進研模試や
駿台、河合、代々木の三大予備校の模試や
東大実践や東大オープンなどでは当然偏差値も
変わるので、これまた高校の頃も
そんなに偏差値は意識していませんでした。

ということで、毎年のように聞かれる
塾長の偏差値はどれくらいですか?
に対しては、明確な答えができずに
困っている今日この頃です。

そこでいいことを思いつきました。
今現在実施されている北辰を解いてみて
それを採点して、偏差値を出してみようと
いう試みです。

実際、学校の先生や塾の先生でも
昔できていても今解けなければ
まったく意味がありません。
ということで、自分でハードルを上げて
しまいましたが、近いうちにこの前の第1回
北辰テストを自分で解いてみて
偏差値を出してみたいと思います。
目標は全教科70以上です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年05月16日

川口市立理数科の目安

中間テストも終わり塾の方は通常授業に戻りました。
塾生の皆さんはテストが終わってほっと一息と
いうところかもしれませんが、
私の頭の中はすでに期末へとシフトチェンジを
しています。
2年生も今日から早速期末の勉強スタートです!

すでに戻ってきている教科もあるらしく
点数を記入してもらいました。
ただまだまだ少ないので、全部揃うには
あと数日かかりそうです。

さて、中学の中間テストが終わるのを
見計らったように高校生から質問や自習の申し込み
が相次いでいます。

うちの塾の授業は中学生までで高校生クラスは存在
しませんが、毎年こうやって高校生になっても
塾に来る生徒が後を絶ちません。
何年も通っていた塾ですから、卒業してからも
塾に来ることにそう抵抗はないようです。

勉強をしに来る生徒、勉強の質問に来る生徒
ただ単にふらっとよって雑談をしに来る生徒
時間が許せばみんな大歓迎です。

今週も高1〜高3の自習予約、質問予約が
たくさん入っています。
あくまでも中学生がメインの塾なので、テスト前の
自習は難しいですが、テスト後なのでOKです。
テストが終わってからお願いしてくるあたり
ちゃんとわかっていますね(笑)
またLINEで質問してくる生徒も結構います。

そんな中今日は、新設の川口市立高校理数科に
進学した生徒が質問に来ました。
中学と違い高校は1年生だろうと、
どんどん進んでいきます。
さすがにペースが早くてついていくのが
やっとらしいです。

それでいくつか質問に来たわけです。
高校の内容で、もちろん普段の塾では扱わない
問題ばかりですが、まだまだ高校の内容でしたら
即興でも教えることができます。
今日も、ずっとわからなくて悩んでいたらしい
複数の問題をあまりにもあっさりと説明したので
驚いているようでした。

教科書にも説明は載っているでしょうし
学校でも説明を受けたでしょうが、
やはり個人的に直接説明した方が
すっと頭の中に入ってくるようです。

この生徒、塾に入る前は戸塚中の学年で
20〜30番くらいの成績で、塾に入ってからは
頑張って平均して10番くらいになりました。
中学の時はその成績でも、今のクラスではちょうど
真ん中ぐらいだそうです。

戸塚中から川口市立の理数科に行った生徒は
2人しかいなくて、2人ともうちの塾生なので
これが一応の目安にはなると思います。

定員が40名と少ないため2年目は若干変わると
は思いますが、戸塚中で10番くらいだと
川口市立の理数科では真ん中くらい。
大雑把ではありますが、参考までに
記しておきたいと思います。

ちなみにうちの塾は戸塚中限定なので
他の中学については分かりません。
300人中10番くらいで換算してください。
もちろん内申はそれなりに(43〜44)
取れていると仮定した場合です。

現中3生にもなかなか人気が高そうです。
来年は塾から受ける人はいるでしょうか?

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年05月15日

中間テスト実施&北辰返却

今日は戸塚中で中間テストが行われました。
以前は5月下旬に行われていましたが
昨年から5月中旬に。
10日早くなったことで、テスト範囲も
ずいぶんと狭くなりました。

さて、中1の皆さんにとっては初の定期テストです。
テストの話は何度もしてきましたが、実際に
受けてみた感想はどうだったのでしょうか。

今日は中1の授業があったので
早速感想を聞いてみました。
また、国語以外の4教科については
簡単に答え合わせをしてみました。


英語は、ここ数年では一番範囲がせまく
なんとリスニングが50点です。
これだけリスニングの割合が高いテストは
初めて見ました。
当然難しくなりようもなく、平均点は90点を
超えると思います。
塾生の平均点は95点を超えてほしいところです。

数学も簡単です。
こちらも塾生の平均は9割くらいは
行ってほしいところ。
この学年は女子が多く、数学が苦手な生徒も
いるのでどうでしょうか。

今日見た4教科の中では社会だけかなり
難しかったようです。
まだあまり社会のテスト形式に慣れて
いないでしょうから、仕方ありませんね。
それでも学校の平均点よりは10点以上
上回ってほしいところです。

理科は社会よりはできたという感想が
多く聞かれました。

今日触れなかった国語ですが、実際のところ
国語がいちばんできていないようです。
時間が足りなかったという生徒が多くいました。

明日以降返却されるでしょうから
楽しみに待ちたいと思います。
最初ですから、塾生の平均400点は
超えてほしいところです!


また、今日は北辰の結果が届きました。
この時期なので結果がどうのこうのと
気にすることはありません。
大切なのは、間違えた問題の解きなおしです。
もっといえば、たまたまあっていた可能性の
ある問題も解きなおした方がいいところです。
早い話が、問題全部をもう一度解きなおした
方がいいと思います。

成績表には、正解率も載っているはずなので
極端に正解率の低い問題(5%未満)は
解けなくても仕方ないとしても、それ以外の
問題は解けなかったのかを見直しましょう。

塾生全員が受けたわけではありませんが
今回受検した中では
理科の偏差値が一番高く、塾生の半数以上が
偏差値60を超えていました。
続いて社会が高く、この学年もうちの今までの
伝統を受け継いでいるようで、理科社会を
得点源にしているようです。

また新設の川口市立高校を第一希望に書いた塾生が
数名いましたが、2年目も人気が高くなりそうです。
まだ県全体の受検率は6割ほどですが
理数科全希望者(143人)の平均偏差値は
58.7で、
川口北の全希望者の平均偏差値58.8と
ほぼ同じでした。

理数科は倍率2倍を超えるので
平均偏差値だと定員に入っていない計算に
なります。
やはり理数科は60が最低ラインで、
できれば64〜5くらいほしいところです。
今後の志願者増を考えると普通科でも
60は超えたいところです。

中3はこのあと修学旅行や学総などありますが
徐々に高校入試のことも考える時期になりました。

今月末には、中3の塾生全員に高校受験案内を
塾からプレゼントする予定です。
高校選びの参考にしてください。



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年05月14日

テスト対策の内容

いよいよ今年度最初の定期テストまで
あと1日となりました。
今日は月曜日で帰宅時間が早いはず。
ということで、その時間を使って今日も
塾生全員を対象にテスト対策を行いました。

さて、この地域にも塾はたくさんあって
テスト対策を実施している塾も多いと思います。
本当は授業を先に進めたくても、他の塾が
やっているからという消極的な理由で実施している
ところもあるのではないでしょうか。

テスト対策のやりかたは塾によってさまざまです。
塾生情報によると、友達の塾では1日10時間
近くの塾もあるそうで、生徒も先生も大変ですね。
私は普通の中学生の集中力がそこまで持つとは
思えないので、同じ10時間なら3〜4日に分けた方
が効率が良いと考え、今のような日程にしています。

また、戸塚中限定の塾なのでさぞや特別な対策を
しているのでは? と思われるかもしれませんが
いたって普通です。
というか、むしろ直前はほとんど指示をしません。

私の方からいろいろ言ったり説明したりするのは
1週前くらいまでで、そのあとは各自テーマを
決めて学習してもらいます。
直前まで手取足取り教えるのは、本人のためにも
ならないと思います。 テストの時に私が
横について教えるわけにもいきませんし。

各自行うということは、教科は自由です。
テスト用のワークは各自約10冊ずつ持っています
し、付属のテキストや私が作成したプリントなど
取り組める問題はいくらでもあります。
学校から指示された課題ももちろんOK。

通常の時間割だと教科が決まっていますが
テスト前は原則として教科も自分で決めます。
みんなひたすら問題を解いていきます。
そこで質問があれば私が答えますし、
質問がなくても、おかしいところに私が気付けば
それを指摘していきます。
普通の塾ではあまり考えられない状況ですが
私は全学年全教科担当しているので、
うちの塾生にとってはこれが普通です。

よってテスト前だからといって休む生徒はいません。 
テスト前は塾に来る日数も増えますが
それでもきちんと塾に来て勉強します。
1年生は今回が初ですが、上の学年の生徒たちは
塾に来ることが得点につながる、つまり自分の
ためになることを知っているから休まないのです。

中学生くらいだと、家で勉強しようと思っても
いろいろと誘惑があります。
30分やってスマホを見て
20分やってスマホを見て
10分やってテレビを見て
30分やってお菓子を食べて・・・

これでも何もやらないよりはましですが、
2時間なり3時間なり集中して勉強できる環境が
塾にはあります。

友達と一緒に勉強するなど論外で
家だろうとファミレスだろうと図書館だろうと
友達と一緒だとなかなか勉強は進みません。
それを、勉強ごっこと呼びます。


あ、ちなみにうちの塾では
定期テストの過去問は一切使いません。
近隣の他の塾がどうなのかは知りませんが
全国的には結構使っている塾もあるようです。

うちの塾で過去問を使わないのは
仮に過去問を使って解けたとしても
本人の努力ではなく出題者の怠慢だからです。
それに一度それで味を占めると、次からも
過去問だけやっていればいいという安易な発想に
流れる恐れがあるからです。
実際そんなに過去問と同じ問題が出ている
わけでもありません。

どんな問題が出ても対応できるように
範囲全体をまんべんなく取り組んでもらう
というのがうちの塾の方針です。
結局それが将来のためにもなります。
楽して学力はつきませんよ、ということです。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年05月13日

意外といけるか

今日は日曜日ですが、昨日と同じように
昼過ぎからずっと塾生たちのテスト対策に
つきあいました。

さて二ヶ月ほど前から、塾のPCのマウスが
まったく反応しなくなりました。
長期保証が今年までなので、早く修理に出そう
出そうと思いつつ今日に至ります。

最初は使いにくいことこの上なかったPCの操作も、
最近はずいぶんと慣れてきました。

となると、このまま修理しなくても
いいのではと思う今日この頃です。

塾のPCの使い道といえば9割以上は
塾生用のプリント作成です。

今回のテスト対策として
国語の漢字、英語の重要基本文
数学の演習問題、理科や社会の一問一答など
フル稼働でした。
まあ文字を打ったり簡単な作業が中心なので
マウスなしでもなんとかなります。

ただ逆に言うと、
PCが無かったら仕事になりません。

おそらく修理に出したら2週間くらい戻ってこない
でしょうから、なかなか出せないでいます。

タイミングとしては夏期講習中の
お盆休み前後なら一番影響が
少ないかなあと思っています。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年05月10日

毎日がテスト対策

今日はテスト五日前で部活動停止期間に
なりました。
そろそろ中間テストに向けて本気で勉強
しようかなと考えている生徒も多いかも
知れませんが、塾生たちはもう1週間以上前から
テスト勉強を始めています。
直前だけちょこちょこっとやっているようでは
それなりの結果しか残せません。

よって多くの塾で実施しているであろう
外部生向けのテスト対策も当塾では
行っていないのです。
外部生向けのテスト対策といえば通常テスト前の
土日を使って、という場合が多いと思います。
もちろんその塾がどんなものかを体験するには
いい機会だと思いますが、たかが1〜2日で
結果が出るほど勉強は甘くありません。

逆にそれだけで得点が上がるようでしたら
勉強を甘く考えて、それ以降も直前だけ
ちょこちょこっと要点だけ勉強すればいいと
悪い意味で勘違いする恐れがあります。

やはり長い目で見た場合は
毎日コツコツと勉強した方がいいと
私は考えています。

ただ今回は、どの学年もどうにも
テスト範囲がせますぎます。
昨年から戸塚中は1学期の中間テストの日程が
5月の中旬になりました。
この結果テスト範囲がやたらと狭くなりました。
100点分の問題を作るのが相当難しいの
ではないかと余計な心配をしてしまいます。


明日も部活はないので5時からテスト対策。
土日は昼過ぎから9時間ずつ
塾生たちの勉強に付き合います。
新学年最初の定期テストです。
張り切って勉強しましょう!



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年05月08日

問い合わせが続いています

大型連休もあけ、気がつけば今年度最初の
定期テストまであと1週間となりました。
テスト勉強も順調にはかどっているでしょうか。

今日は火曜日ということで
6年生と中1の授業日でした。

6年生は前に書きましたように
今年度の新規受け付けは終了いたしました。
毎年、年度途中での問い合わせもあるのですが
6年生は4月いっぱいで募集終了するという
方針のため、残念ながらお断りすることに
なってしまいます。

しばらくは今いる6年生たちの
学力をあげることに全力を傾けたいと思います。
この学年は、今後来年の3月以降に
新規の受付を開始する予定です。
予めご了承ください。


夜は中1の授業でした。
この学年は今現在の塾生(小5〜中3)の中で
一番人数の多い学年です。

塾といえば一番上の学年の生徒が一番多いという
のがよくあるパターンです。
昨年のうちの塾も中3が一番多かったのですが
今年はいまのところ中1が一番多く
次に多いのが小6と中3です。
小6は新規受け付けを終了しているので
例年通り今後は部活を終えた中3から何人か
問い合わせがあるのではと考えています。

さて、うちの塾はめったにチラシを出しません。
今年も新聞広告もDMもポスティングも
その他宣伝活動をまったく行っていません。
それでもありがたいことに、例年通り
学年の変わり目にあたる2月〜4月にかけて
10名以上の新メンバーが加わってくれました。

いつもなら5月になるころにはいったん
問い合わせも落ち着くのですが
(夏休み頃にまた増える傾向にあります)
今年は5月になってからも問い合わせがありました。
来週、5年生と中1生の計3名が
見学に来る予定です。

地域には40以上の塾がある中で
うちのような小さな塾を選んでくださった方の
期待に応えられるように
これからも頑張って教えていきたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年05月01日

5月 皐月 May

今日から5月、暦の上ではMayです。
つい先日九州に帰省したと思っていたら
もう今年も3分の1が終わってしまいました。
Time flies like an arrow. です。

月も変わったことなので簡単に塾のことに
触れておきたいと思います。
修徳ゼミナール17年目もスタートして
1ヶ月たちました。
塾の方では着々と授業を進めています。

特に新聞広告も出していませんが
今年も2月〜4月にかけて多くの
新規のお問い合わせをいただきました。
ありがとうございます。
そのほとんどがそのまま入塾となっています。

5年生から中学3年生まですべての学年で
新メンバーが加わりました。
新メンバーだけで10名以上です。
塾をやっている人にはわかると思いますが
年度末で卒業していく学年(うちの場合中3)の
人数を新しく確保することが新年度の当面の
目標となります。

16期生の最終在籍者は
私立進学・公立進学あわせて16名いましたので
単純に考えても16名の新メンバーがいないと
塾としては人数が減ってしまうことになります。

その16名の新メンバーもあと少しで
到達できそうです。
これもうちの塾を紹介してくれる塾生や
保護者の皆様のおかげです。
重ねてありがとうございます。

新学期が始まって1ヶ月が経ちましたが
学年によっては、まだうちの塾を考えている
友達もいるようです。
中間テストや期末テストが終わって様子を
見てからということになるのでしょうか。

新聞広告もポスティングも校門前配布も
やっていないので、うちの塾の新メンバーの
9割は塾生の兄弟姉妹や、塾生・保護者の方の
紹介ということになります。

ということは
ある程度は塾のことを分かったうえでの
問い合わせになるので、問い合わせの段階で
入塾を前提とされている場合がほとんどです。

またどの学年でもいえることですが
うちの塾生は、まじめで素直で明るい生徒の
割合が高いような気がします。
(※個人の感想です)

まず、まじめでないと長続きしませんし
塾生が友達を紹介する場合でも
素直で明るい生徒に話を振る場合が
多いようです。

紹介キャンペーンなどを実施したら
とにかく誰でもいいから紹介して景品ゲット
したいという気になるかもしれませんが
うちは紹介キャンペーンがありません。
つまり、一緒の塾で勉強したくなるような生徒を
優先的に紹介しているのではないかと推測します。

また少人数ではありますが、
集団指導を行っています。
この集団指導がプラスに働いているのか
長期間塾に在籍することで、徐々に協調性が
身についていく生徒も毎年みられます。
周りに生徒がいることによって
自然と競争意識も芽生えます。
これも集団指導の分かりやすいメリットです。

また、紹介などがなくて入塾された場合でも
中学が同じということもあり、実は知り合い
だったという場合も多くみられます。
やはり知っている人が誰もいない不安な状況
よりもひとりでも多く知り合いがいる方が
何かと都合がいいと思います。



なお、5月になりましたので
今年度の6年生の新規受け付けは現時点で
いったん終了いたします。

昨年度も年度途中で6年生の問い合わせが
ありましたが、塾としての方針をころころ
変えるわけにはいかないので、残念ながら
入塾をお断りすることになりました。

この学年の次の受付は来年3月になります。
ご了承くださいませ。

他の学年については
新規入塾受付中ですが
定員になり次第終了いたします。

各学年の募集状況を簡単に書いておきます。

小学5年生 まだまだ受付中です
小学6年生 新規受け付けを終了しました
      次回受付は来年3月です
中学1年生 あと1〜2名程度です
中学2年生 あと4〜5名程度です
中学3年生 あと4〜5名程度です


ということで
当塾で勉強を考えている方は
ご連絡をお願いします。
平日午後4時以降でお願いします。

ちなみに中学は全員戸塚中で
小学生も戸塚中に進学予定の方に限定
させていただきます。

塾生の男女比でいうと
中学生は見事に男子・女子の数が同じです。

小学5年生 女子が男子より 2名多い
小学6年生 女子が男子より 3名多い
中学1年生 女子が男子より 6名多い
中学2年生 男子が女子より 5名多い
中学3年生 男子が女子より 1名多い

小学生の方は女子が多いので
塾全体では女子の方が5名多くなっています。
もちろん、男子も女子も関係ありません。
勉強のやる気がある皆さんをお待ちしています!


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年04月28日

なかったことに

中間テストの範囲が昨日全学年とも配られました。
早速塾生たちに見せてもらいました。

通常は2週間前に発表されますが
今回は連休があるので早く発表されることは
想定していました。
また、うちの塾ではテスト範囲が出たら速やかに
報告するようになっています。
塾生全員が戸塚中なのですから、
テストの日にちもテスト範囲も全員一緒
つまりテスト対策も無駄なく行えます。

普段から学校の授業の進み具合は塾生に聞いて
把握しているので、だいたいの範囲は予測
できるのですが範囲表が配られたら塾の授業も
いったんストップして、テスト範囲の勉強に
取り組むことになります。

中1に関しては理科と数学と社会はほぼ
例年通りの範囲ですが、英語はちょっと
少なすぎます。
Unit1の最初のページだけです。
つまり文章は I am の文章だけ。
あとはアルファベットと単語でしょうか?
これは、いくらなんでも遅すぎます。

遅いと範囲が狭くなり平均が高くなるとか
そういう次元の話をしているわけではありません。

授業が遅いと、いずれ必ずしわ寄せが来ます。
1年生のうちに終わり切らないと、後半内容が
難しくなっても、生徒の理解度などおかまいなしに
猛スピードで進むことになることを危惧している
のです。

ということで期末ではもう少し進んでほしいと
思う今日この頃です。


中2の範囲を見てみると
中1以上に深刻な事態が・・・

英語や国語は特に問題ありません。
数学もまあ想定通りです。
が、
社会の範囲は前回に引き続き歴史なのですが
1年生の学年末の範囲と今回の範囲の間
(鎌倉時代の一部)に空白の期間があるのです。
たしか前回も平安時代の一部に空白がありました。
知識が断片的になると困るので
できれば範囲は飛ばさないでほしいところです。

ただ社会はページにして数ページですが
理科は豪快に飛ばされています。
1年生の学年末で終わり切らなかった部分
地学の地震と地層の部分です。
このあたりは毎年のように終わらないので
2年生の最初の中間テストに組み込まれることが
多いのですが
(実際去年の2年生の範囲にも含まれていました)
なんと、今年の2年生には含まれていません。

テスト範囲に入っていれば、ほとんどの生徒は
嫌でも勉強するでしょうが・・
つまり、この学年(緑学年)の生徒たちには
地震と地層はまともに勉強せずにこのまま
受験を迎えることになりそうです。

先ほど授業の進度が遅いと困ると書いたのが
現実にこの学年では起こっているのです。

こんなことは、ここに書かない限り
ほとんどの人は気づきません。
むしろ生徒たちはテスト範囲が少なくてラッキー
と思っているかもしれませんが、大間違いです。
ラッキーどころか深刻な事態であると考える
必要がある、ということは塾生には伝えました。

塾ではことあるごとに復習に取り組みますし
地震も地層もいつテストがあっても
いいように学習してきました。

ところが何度か書いているようにほとんどの塾では
中1の塾生全員に理社の授業はありません。

この学年の中3になってからの学力テストが
今から心配になってきます。
私は、うちの塾生だけできればいいという
考えは持ち合わせておりません。
塾生であろうとなかろうと、できれば一定水準の
学力は備えておいてほしいと思っています。

ちなみに先ほど数学は想定通りと書きましたが
範囲の約半分は中1の範囲からです。
この学年の数学は中1のころあり得ないくらい
遅れていて、終わり切れなかった分が今回の
範囲に入っているのです。

中1で終わらなかった内容が
数学では中2の中間で出題され、
理科ではなかったことにされた。
そのあたりは教科担当による考えの違いでしょう。


ちなみに中3では
2年で終わらなかった数学(確率)は
今回きちんと出題されますが
やはり理科(天気後半)はスルーされました。
社会も数ページ消えたようです。


何やら愚痴っぽいことが多くなりましたが
この範囲をもとに塾では勉強していきます。
中1の皆さんにとっては初めての定期テストです。
それぞれ目標はあると思いますが
今回の結果が今後の指針となるわけです。
また最初のテストはどの教科も平均が高いので
ちょっとでもさぼるとひどい順位になって
しまいます。
なるべく中1のうちから自分の成績には
関心と責任をもつようにしてください。

ちなみに私(塾長)の中1の1学期中間テストは
国語  96点
数学 100点
英語  96点
理科  78点
社会  92点
5科 462点 で388人中学年3位でした。
(実際は50点満点でしたが100点満点に換算)

過去16年間の塾生で、最初の中1の中間テストで
5科で学年1位を取った生徒も3名います。

別に順位だけがすべてではありませんが
せっかく塾に来ているのですから
あまりみじめな点数は取らないように
してくださいね。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年04月27日

本入部

早いものでつい先日入学したと思っていた
中学1年生の部活も本入部の時期となりました。
塾生たちのことをなるべく把握したいと考えている
私は当然部活のことにも興味があります。
早速何部に入ったのか、その部活には何人の
1年生が入ったのかを聞きました。

ということで
今日現在の塾生の部活の在籍者を調べたところ
複数の生徒が在籍している部は

ハンドボール部   5名
陸上部       4名
サッカー部     4名
バドミントン部   4名
バスケットボール部 3名
バレーボール部   3名
吹奏楽部      2名
テニス部      2名
卓球部       2名

あとは1名ずつの部活です

前にも書きましたが
部活の指導の行き過ぎに対する声が全国的に
上がっています。
学校での指導時間の制限を取り入れる自治体も
でてきましたが、戸塚中の場合はまだまだ
長時間練習の部が多いようです。

いずれにしろ自分の意志で決めた部活でしょうから
頑張って続けてほしいと思います。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年04月13日

中1理科スタート!

今日は金曜日で中1の授業日でした。
うちの塾の中学生の授業日は学年で
決まっています。
中1は、火曜日と金曜日
中2は、水曜日と土曜日
中3は、月曜日と木曜日
(2学期からは土曜日も) です。

学年が変わると曜日も変わります。

この学年は3月の時点ですでに数学を開始して
いましたが、中学進学後の授業としては
今日が2回目です。
前回は3月までの復習として数学と英語を。
今日はそれに加えて理科の授業を行いました。

うちの塾では中1の1学期から塾生全員に
理科と社会の授業を行います。
うちの塾生にとってはこれが当たり前なのですが
一般的な塾としてはかなり珍しいと思います。
おそらく他の塾に通っている友達に聞いても
中1から通常時に塾生全員が理社を学習する塾は
ほとんどないでしょう。

細かいことを話すと長くなりますが
戸塚中限定にしていることと
塾長がひとりで全教科教えているから
できることです。

以前は理科には1分野とか2分野という分類が
ありましたが、数年前に廃止され今は1つの
教科書で学習する順序も決まっているので
塾での取り組みも楽になりました。

早速ワークを使いながら、塾生たちの知識を
確かめながらの最初の理科の授業となりました。

今まで英語と数学の理解度についてはある程度把握
していましたが、理科の知識はかなり
怪しいことが判明しました。
まあこれが普通の中1だとは思います。

これからいろいろと覚えるべきことを教えて
最初の中間テストは数学と英語だけでなく
理科でもしっかりと正解させたいと思います。

まだ学校では授業が始まっていないようですが
塾生情報によると、社会は地理から始まる
ようです。
これは言われたクラスと言われていないクラスが
ありますが、こうやって情報を共有できるのが
当塾の強みです。
社会は年によって、地理から始まったり歴史から
始まったりとまちまちです。
去年のように、クラスによってバラバラで
あとから調整されたこともありますが
とりあえず今年は地理からのようなので
塾でも早速次回は地理の塾ワークを持ってきて
もらいます。

最初は地理の常識チェックをしたいと思います。
おそらくその知識は壊滅的だと思いますが
それは想定内なので、テストまでに
しっかりと覚えさせる予定です。

ということで、まだ学校の授業は始まって
いないとはいえ、あと18回学校に行けば
もう中間テストです。
中1の範囲はかなり狭いので、英語や数学では
平均も高くなります。
となると理科や社会で差がつくことに
なります。

三者面談では理科や社会が苦手だと話す生徒も
多くいましたが、今までの先輩たちがそうで
あったように、皆さんも塾に通っていくうちに
理科も社会も得意教科になることでしょう。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年04月12日

21期生スタート!

今日は修徳ゼミナールとして21期生
新生小学生クラスとしては9期生にあたる
5年生の授業がスタートしました!

今年はまったく広告も入れず
その他の宣伝活動も行っていませんでしたが
早速4名の5年生が参加してくれました。

さすがに最初はみんな緊張気味でしたが
すぐに順応したようです。
初日ということで、塾のルールなどを
いろいろと教えました。
塾の授業の進め方や宿題、小テストのこと。
持ってきていいもの、いけないもの。
休み時間のことなどなど。

私としても早く塾に慣れてほしいので
そうなるような雰囲気にもっていきました。
その辺はもう17年もやっていますから。

私の思惑通り(?)いってくれたのか
今日初めて来たばかりの生徒たちですが
塾内での様子もまずまずで、私にもいろいろと
質問したり話題を振ってきてくれました。

こうなればしめたものです。
塾生たちにはなるべく思ったことを
話してほしいと思います。
その方が分からないことへの質問などにも
つながるからです。
塾に来てから帰るまで無言でいる
という事態はうちの塾ではありえません。


4名からのスタートですが
徐々に新しいメンバーも増えていくでしょう。
21期生の皆さん、
来週からも頑張りましょう!

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年04月10日

21分の19

今日は火曜日で6年生と中1の授業日でした。

6年生は昨日も問い合わせがありましたが
例年通り間もなく新規の受付を終了いたします。
ご検討中の方はお早めにお願いします。
今後の新規の受付は来年3月以降となります。


夜は中1の授業でした。
春休み明けで塾に来るのは久々です。
今まで夕方の授業だったのが今日からは
中学生扱いということで時間も夜に。
初日とあって何やら新鮮な雰囲気です。

とはいえ周りはみんな勝手知ったるメンバーで
すぐにいつも通りになりました。
変更事項といえば、授業時間増に伴い
休み時間が2回に増えたことくらいです。

中1は現在13名で
今までは戸塚綾瀬小・戸塚東小・戸塚南小と
分かれていましたが今日からは全員
戸塚中生として塾で勉強します。
中学生になり今までの見えざる壁の高さも
ずいぶんと低くなったようです。

事前にはひょっとしたら8クラスになるかも
という話でしたが、ぎりぎり7クラスに
収まったようです。
早速クラスを聞いてみると、2年生と同じで
1クラスだけを除いて残る6クラスに
絶妙のバランスで塾生がばらけました。
とはいえ、あるクラスには5人かたまった
ようです。

中1の通塾率から考えて、1クラスでは
塾に通っている生徒は20名程度でしょうから
このうち5名がうちの塾となると
これは結構な割合です。
(ちなみに戸塚中校区には40以上の塾があります)

結局1年〜3年までの全21クラスのうち
塾生が在籍するのは19クラスになりました。

今日は久々ということで
数学と英語の復習を。
英語は1学期の内容はほぼ終了しているため、
今後は復習がメインとなります。
数学は次回から計算に入ります。
あとは理科や社会も徐々にスタートします。
社会は、地理か歴史か分かり次第です。

こういうときに
多くのクラスに塾生が在籍していると
情報をいち早く他の塾生にも共有できて助かります。
まさに戸塚中限定にしているメリットです。

また新学年になったことで1年ほど見合わせていた
新規の受付を再開いたしました。
早速、中学1年生の
問い合わせをいただいております。
が、この学年の残る席は多くてもあと3〜4名
なので、6年生同様ご検討中の方は
お早めにお願いいたします。

なお、他の学年については
中2と中3はいずれもあと5名程度です。
また明後日からスタートする5年生は
まだ授業が始まっていませんが
現在絶賛受付中です。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年04月09日

14分の13

今日から学校は新学期で同時に入学式も
行われました。
新入生の皆さん、おめでとうございます!
今までの小学校と比べて倍以上の生徒がいる
中学校となるわけですから
不安も大きいと思います。
塾生たちも今までは3つの小学校の生徒たちから
今日からは1つの中学校の生徒になります。
1日も早く中学の生活に慣れてほしいところです。

さて今日は中3の授業日でした。
春期講習から参加した2名ともそのまま継続です。
学校は今日から新しいクラスということで
早速塾生たちに何組だったのかを聞きました。
すると、3年1組〜3年7組まで絶妙のバランスで
すべてのクラスにうちの塾生が在籍することに
なりました。

クラス替えの際には、学力や運動や
ピアノなどが考慮されることは有名ですが
まさか通っている塾まで先生が把握しているとは
思えないので、これはもう偶然でしょう。

ちなみに塾のなかった2年生の方は
LINEで報告されてきました。
その結果とある1クラス以外にこれまた
絶妙のバランスで分かれたようです。

1年生はまだLINEの塾グループなど存在
しないので、分かりませんが
2年生と3年生は全14クラス中13クラスに
うちの塾生がいることになりました。

これは塾としては大変好意的に
受け止めています。

戸塚中は他の学校よりもクラスが多めです。
当然教科あたりの担当の先生も複数になります。
となると、テスト前などの急な予定変更や
テストに関する様々な情報が言われるクラスと
直前まで言われないクラスが必ずあります。

これがどのクラスにも塾生がいるとなると
いち早くその情報が私にも伝えられ
その結果、他の塾生にもその情報が共有される
ことになります。

個別指導の場合こういった情報の共有というのが
難しくなるのは想像に難くありません。
私が集団指導を優先するのはこういう理由も
あるのです。

うちの塾生たちは、在籍期間が長い生徒が
多いため、私が言わなくても自然と塾の運営に
協力的になってくれます。
大変ありがたいことです。

そういえば中間テストの日程も発表されました。
今年は5月15日です。
先週書いたように去年は5月16日だったので
1日だけ早くなりました。
これは想定内なので問題ありません。

まずは塾でもこれに向けて学習していく予定です。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年04月07日

春期講習終了!

今日で平成30年の春期講習が終了しました。
今年は中2も中3も英語と数学を中心に
学習しました。
生徒たちはまだ学校で教科書をもらっていませんが
塾には教科書もあるし、すでにワークは全教科
渡しています。
よって1学期に学習する内容も分かっています。

中2の数学は文字式の計算の前半が終了しました。
英語はbe動詞の過去形、過去進行形まで。
あとは毎回不規則動詞の小テストを行っています。

中3の数学は乗法公式まで終了しました。
次回は乗法公式の応用問題です。
英語は受け身の否定文・疑問文まで終了しました。
小テストで過去形、過去分詞を覚えてもらいます。

またいずれの学年とも
数学の小テストはまだ継続しています。

KIMG3130.JPG

KIMG3131.JPG

今回は前回とは違う塾生を紹介します。

小テストということで難しくはありません。
もっと難しい問題は授業中や宿題で取り組みます。
最低限の計算は身につけてほしいので
しばらく続けています。


また、今日は全塾生の保護者の方に
メールをお送りいたしました。
アドレスの確認のためです。

めったに使うことはないと思いますが
悪天候などで、授業の日時を変更するときに
一斉送信してお知らせします。

塾のHPとこのブログとLINEでも
お知らせしますが、念には念を入れています。

来週からは通常授業になります。
21期生にあたる5年生の授業も始まります。
今年度もよろしくお願いします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年04月02日

4月!

今日から塾のカレンダーは新しい月に変わり
春期講習も後半戦となりました。

新中1は春休み中ですが
新中2と新中3は着々と新学年の内容に
取り組んでいるところです。

また1ヶ月にわたり実施してきた三者面談も
本日ですべて終了しました。
新中1〜新中3のすべてのご家庭を対象として
行いましたが、保護者の皆様のご協力のおかげで
滞りなく終えることができました。
ありがとうございます。

面談の内容は塾生によって違うので
一概には言えませんが、高校の話となると
やはりご家庭の関心は新校の川口市立に
集まっているようでした。

新高1はもちろんですが、新高2と高3は
元市立川口と川口総合と県陽の生徒たちも
この学校に通うことになります。
うちの塾生だと、川口市立の理数科に2名
市立川口から4名、県陽から1名の
計7名が通うことになるので
機会があれば、新しい学校のことを
いろいろと教えてもらうつもりです。

高校生になってからも、LINEなどで話を
してくれる元塾生の存在はありがたいです。

新中1は高校の話よりも、新しい中学校生活の
話が中心になります。
塾のことはもちろんですが、部活や定期テストの
ことです。

塾でもたびたび話をしているように
最初の中間テストまで、あと1ヶ月と少ししか
ありません。
昨年の戸塚中では5月16日に実施されました。
以前は5月の下旬でしたが、一昨年・昨年と
徐々に時期が早まっています。
今年の年間予定表がないのでまだ分かりませんが
昨年と同じなら、あと6週間です。

新中1の場合、範囲が狭いので
得点も高くなります。
新中2や新中3の場合教科によっては
前年度の内容も含まれるので
こちらは範囲が狭いと思っていると
思わぬことになってしまいます。

具体的に言うと
新中2の理科・数学・社会
特に数学は1年の内容がたくさん出題
されるはずです。
新中3も理科・数学・社会です。

まだ春休みを謳歌している中学生も多いと
思いますが、塾ではすでに中間テストを
視野に入れて勉強しているところです。






posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年04月01日

小テスト

春期講習が始まってから、中2と中3では
毎回小テストを実施しています。

英語は動詞の変化を。
規則動詞、不規則動詞いろいろまぜて
出題しています。
ただ、動詞の中にも文章に使われやすいものも
あればほとんど使用されない語もあります。
そのあたりを考えて出題頻度の高いものを
リストアップして小テストを実施しています。

数学は1学期の内容に入っていますので
毎回進んだ内容までを確認するためのテストです。
小テストなので5〜10分で終わるように
私がパソコンで作っています。
数学の文字はワードやエクセルでは
作りにくいため、数学科をはじめとする
理系にはおなじみのTeXというソフトで
作っています。(厳密にはTeXworks)
普通の書籍と同じくらいきれいな文字で
問題を作ることができます。
慣れるまでは大変ですが、使用するコマンドは
似たようなものが多いので慣れてしまえば楽です。

あとは、塾生たちの理解度や塾の授業の
進み具合を勘案しながら毎回問題を
作成しています。

まだ3回ほどなので問題は比較的簡単です。

KIMG3063.JPG

こちらは中2のある生徒。

KIMG3064.JPG

こちらは中3のある生徒。
まだ乗法公式を学習していないので
後半の4問も地道に4回かけています。
次回からは暗算でできますね。


中3はまずまずみんなできているのですが、
中2の方はまだまだ特訓が必要な生徒もいます。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年03月27日

新メンバー

春期講習2日目。
今日は新中学3年生の授業でした。

昨日の新中2に続いて、この学年でも
新メンバー2名を加えた新体制でのスタートです。
17期生にあたるこの学年は
最近のうちの塾では珍しく、
ちょっと控えめな生徒が多いのです。
よく言えばまじめなんです。

ただ成績の方はわりと順調で
塾生の平均は学校の平均より5科で常時
70点ほど上回っています。
前回の学年末テストも8名中6名が
上位3分の1(90番以内)に入っていました。

そんな17期生に2名が加わったので
遅まきながらこの学年もやっと2桁になりました。
2名とも塾生の兄弟姉妹です。

今日は初授業ということで緊張していたかも
しれませんが、全員戸塚中なので
すでに知っている生徒がほとんど。
しかも塾に来る前にある程度の情報は
仕入れていたようで、初日にしてある程度
慣れてくれたでしょうか。
2名とも体験ではなく最初から入塾するつもりで
来ています。
すでに兄弟姉妹が来ていて、
友達からも情報も仕入れているでしょうから
うちの塾がどんな塾なのかは知っているようでした。
教えるのは全教科私だと分かっているのも
安心材料であるといえるでしょうか。


今日は初日ということで、新しいテキストを
配ったり今後しばらく実施する小テストの
説明をしたり北辰の話もしたので
それほど進みませんでしたが、次回からは
もっと進む予定です。
いずれにしても新学年で幸先の良いスタートが
切れるように塾でも3年生の内容を
進めていきます。

そういえば塾の近くの伝右川の桜もほぼ満開に
なっていました。
今年は例年より早めの開花ですね。

KIMG3038.JPG

毎年この桜を見ると春の到来を実感します。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年03月26日

春期講習スタート!

今日は戸塚中の修了式でしたが
同時に春期講習のスタートでもあります。

17年目を迎えた修徳ゼミナール。
過去16年の最終在籍者は202名。
当初は戸塚中限定にしていたわけでは
ありませんが、戸塚中の生徒が200名です。

この数は最終在籍者なので
在籍期間が短かった生徒を含めると
実質300名くらいの戸塚中生を教えて
きたのではないでしょうか。

2002年のスタート時は
現在の塾生は誰一人生まれていません。

第1期生は昭和62年〜昭和63年生まれ
だったことを考えると歴史を感じます。

17年目もやっているので
さすがに最初のころよりは
私も教える方法とかは上達しているのでは
ないかと思います。

今後は、今まで覚えてきたことを
忘れないようにしなければなりません。
幸いまだ記憶力の方は衰えていないようですが
私も毎年頑張って勉強したいと思います。

さて今日から始まった春期講習。
塾では毎年春期講習から新学年の学習を
スタートさせます。特に英語と数学。

理科や社会は前の学年の内容が終わっていない
こともあるので年によって臨機応変に対応します。


春期講習は学年も変わるので
心機一転新たな気持ちで臨む生徒が多く
一年の中でももっとも塾生たちに
やる気が見られる時期です。

2年生と3年生は毎回英語・数学の
小テストを実施します。
英語は過去形の変化です。

これはもう覚えるしかありません。
単にリストを渡して「覚えるように♪」と
言ったところで覚えるわけがないのは
知っています(笑)
ので、毎年この時期にテストをします。
2年生は意味と過去形。
3年生は意味と過去形と過去分詞です。

規則動詞も不規則動詞も変化のパターンも
いろいろ混ぜての出題です。

数学は前回取り組んだ内容の復習です。
数学は最初の計算が大事です。

春期講習と小テストで
幸先の良いスタートを切ってほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと