2018年06月10日

余計な機能

ここ数日、自宅のPCと塾のPCが相次いで
windows10だか11だか知りませんが
勝手にアップデートされました。

作業中に突然再起動は始まるし
1時間近く操作できないし
やっと使えると思ったら
いろいろ設定は変わっているし
本当に余計なお世話機能です。

使いもしない、microsoft edge とかいう
ブラウザが優先されたり
各サイトのIDとかパスワードもクリアされ
それぞれ再入力しなければならないし
そもそもパスワードとか覚えていないものは
探し出さないといけないし、文字入力の際の
変換にも不都合が多くなるし、マイクロソフトは
何のためのアップデートをしているのか
まったく理解に苦しみます。

こんなことを思っているのは私だけなのかと
思って検索してみると、同じことを考えている人は
多いようです。

大切な情報(パスワード)を消去するくらいなら
どうでもいいサイトを強制的に
お気に入りに追加しなくていいです。
マイクロソフトはこれだけネットにあふれている
ユーザーの声をなんとも思っていないのでしょうか。





posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年06月03日

ショック!

定期テストや塾内の小テストで頑張った人
毎月渡しているクイズに正解した人には
豪華粗品を進呈していますが、希望者には
LINEのスタンプをプレゼントしています。

今日も希望者がいたので以前LINEQで
ためにためたポイントを消費しようと思ったところ
何やらうまくいきません

ん?

今まで何十回もプレゼントしているので
操作を間違えるわけはないのですが・・・

よく見るとポイントが0に

ん?


たしかまだ1万くらいあったはずですが・・・

screenshotshare_20180603_190445.png


ええええ?



えええええええええ?



えええええええええええええええええええええ?


状況を理解するのに数分を要しましたが
どうやら私が保有していたポイントはすべて
消滅してしまったようです。

表示されている
expired points というのを調べると
有効期限が切れてしまったようです。


あああああ
なんてこったい。

有効期限なんて全く知りませんでした。

ポイントを見るとまだ
スタンプ146個分もあったのに。

期限があると知っていたらLINEのお友達全員に
スタンププレゼントしていたのに・・・

せめて有効期限が切れることくらい
お知らせしてくれてもいいのに
LINEは不親切すぎ!!!


まあ貯めたポイントは課金してためたわけではなく
すべてLINEQというアプリです。

半年ほど前にアプリそのものは消滅して
しまいましたが、結構使っている人は
多かったと思います。

私も塾に行く前とか授業が終了した後とかの
空いている時間に1日1〜2時間ほど
利用していました。

ここでも何回か書きましたが
要は質問アプリで、誰かが質問して
誰かがその質問に答えるというものです。
LINEやツイッターなどのSNSとは違って
特定のユーザー同士だけでのコメントの
やりとりなどはできません。
すべて公開されていました。
またほとんどの投稿は匿名です。

質問してもポイントゲット
質問に答えてもポイントゲット
もちろん答えた方がポイントは大きいです。

分野というのがあって、特定の分野で回答数が
上位になるとポイントが数倍になったりしました。

2年ほど利用していましたが
私はその間に2万回くらい回答しました(笑)

面倒くさい質問はスルーして答えがすぐわかる
勉強系の質問に答えまくったから
この回数になったわけです。
もちろん適当に答えているのではなく
ちゃんと正しい答えをしていました。

私にとってはただの暇つぶしでしたが
延べ2万人の役に立っていたわけです。

LINEQが復活することはおそらく100%
ないと思いますが、今思えば便利なアプリでした。

さっきはLINEに文句を言いましたが
LINEQ自体には感謝しています。
そこで出てくる質問で、全国の学生が
どういう問題を難しく思っているのかもわかったし
私自身高校の勉強にもなりました。

ということで
突然消滅したポイントを見てふとLINEQの
ことを思い出した日曜の夜でした。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年05月30日

北辰テストを解いてみた1−3

あいかわらず中間の結果が発表されないので
国語だけ残していた第1回北辰テスト。

前に書いたように作文は省略して
作文以外で25分くらい。
結構真剣に解きました。

Effectplus_20180529_025138.jpg

真剣に解いたのが良かったのか
国語も無事に満点ゲット! 
偏差値は76.7でした。

この結果5教科で
493点 偏差値77.0 という
ちょっとありえない数字になりました(笑)
順位は約3万人で1位です。

もちろん私が中学の頃ならこんな得点は
無理だったでしょうが、今は一応
勉強を教える仕事をしていますので
これくらいとれた方がいいでしょう。

それに全教科教えているのですから
全教科まんべんなくとれないと。


高校入試の問題で平均点も取れない教師が
いるとニュースになっていたので
私も脳が衰えないように毎年勉強していく
つもりです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年05月28日

日本人対決

今日は2時から(深夜です)
メジャーでヤンキース対エンゼルス
いいかえると
田中将大対大谷翔平の対決です!

ということで頑張って起きてみています。
昨日もサッカーのチャンピオンズリーグを
見ていて結構眠いのですが、なんとか試合終了まで
見続けたいところ。

松井と青木はそこそこの数字を残しましたが
野手として成功した日本人選手はイチローだけ
のような気もします。
今年の大谷の結果が気になるところです。

KIMG3298.JPG


1527441807483.jpg


KIMG3268.JPG


1527441847879.jpg


KIMG3279.JPG

現地でも日本人対決ということで
話題になっているようです。
監督の計らいでしょうか、今日の大谷は
4番DHでの出場。

100打席以上経過しましたので、各球団にも
かなり研究されているもようです。
最後の画像のように極端なシフトもしかれ
日本なら明らかにセンター前ヒットという当たりも
イージーなショートゴロになってしまいます。

今日の1打席目は残念ながら三振でした。
(大谷目線)
マーくんはもうそれなりに結果を残しているので
今日は大谷の応援をしたいと思います。

2打席目以降に期待です。
posted by Mさん at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年05月25日

衝撃の事実

現在月〜金の朝4時からというものすごい時間帯に
フジテレビでクイズ脳ベルshowという番組を
やっています。
夜10時からのBSでの放送を1年後に地上波で
再放送しているようです。
この番組、出演者はほとんど40代〜80代で
問題は20年以上前の内容をネタにしたものです。

今日出題されたヒット歌謡の問題。
チェッカーズの「涙のリクエスト」
私が小学生の頃の曲です。

ここで歌詞が字幕で流れていたのですが
30年以上も間違えて覚えていました・・・


正が正しい歌詞、誤は私の思い込み

正:最後のコインに〜
誤:最後の恋に〜

正:midnight DJ 〜
誤:みんなで DJ 〜

当時は歌番組といっても
あまり歌詞も出ていなかったし
チェッカーズは人気はありましたが
小学生だしそこまで歌詞を覚えようと
いう気はなかったのですが
朝っぱらから目も覚める衝撃の事実でした

https://youtu.be/dnkaJZVOFyI

動画で慎重に聴くとたしかに、
コイン 
midnight と
言ってますね・・・

30年以上間違えて覚えていたことが分かり
すっきりしました(笑)

改めて聴いてみると歌詞の中に出てくる
・ダイヤル回し
・トランジスタのボリューム
・オレの送った銀のロケット

ナウなヤングには理解不能な昭和の言葉が
出てくるのもまたいいですね。

ということで、たぶん誰にでもある
歌詞勘違いあるあるでした。
posted by Mさん at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年05月23日

百科事典

今日の半分、青い。を見ていて
あ〜 あったなあ! と。

秋風さんが若いころ
百科事典のセールスマンをしていたと。

たしかにうちにもありました(笑)
百科事典。

うちだけでなく、ほとんどの友だちの家にも
百科事典が誇らしげに本棚を飾っていたという
記憶があります。

なかなか立派な装丁がされているので
全巻セットで結構なお値段になると思いますが
それだけ百科事典ブームがあったのでしょうか。

ちなみに私の家で百科事典を見ていたのは
私だけです(笑)

全部で15巻くらいありましたが特に、
算数・数学
日本地理
世界地理
の3巻はものすごく読んでいた記憶があります。
逆に言うと、その3巻だけですが・・・


これを見て小2か小3のころに
自分で勝手にノートに福岡県メモとか
作成していました。
おかげで小2だか小3で各都道府県の特徴とか
国の名前とか首都とかけっこう覚えていました。
あと特に塾に入っていませんでしたが
小学生のうちに、見よう見まねで
中学や高校の数学の内容も覚えていました。

我が家の百科事典は多少、本当に多少ですが
役に立っていたようです。

はたして今の小中学生の家庭に
百科事典はあるのでしょうか?

ふと思ったのですが、同じように
トマソン的な時代の遺物が他にも
あるような気がします。

例えば
国語辞典とか電話帳(タウンページ)とかは
どうでしょう?

いずれもネットで簡単に調べられる時代です。
新聞と同じで徐々に家庭での保有率は
低くなっているのではないかと思います。

posted by Mさん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年05月20日

分からん!

先週
人生で初めて、めざましじゃんけんで
100ptゲットしましたぁ!!!!

KIMG3220.JPG

しかし、申し込み方法が分からん!

posted by Mさん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年05月09日

NHKでも部活特集

今日の朝8時15分から
つまり、朝ドラ「半分、青い。」の終了後の
あさイチという番組で部活を特集していました。
このブログではもう何年も前から触れてきましたが
ここ1年くらいでようやく部活のことが
いろいろな方面で取り上げられるようになりました。

反響もすさまじく、5000通くらい
メールやFAXが寄せられたようです。
数字は番組途中なので実際にはこれ以上でしょう。

番組出演者の論調も、用意されたVTRも
視聴者からのメールやFAXも総じて
今の忙しすぎる部活、通称ブラック部活に
対して否定的な意見が大半を占めていました。
一方的に偏るのを懸念したのか、お茶を濁す
程度に部活のプラスの面も取り上げていましたが
まさに焼け石に水程度です。

自主的に参加するはずの中学の部活なのに
なぜか全員強制になっていたり
やたらと勝ちにこだわる顧問や保護者がいたり
一言でいえば時代錯誤です。
もう平成も終わろうというのに
発想が昭和で止まっているのです。

先生の負担も話題になっていましたが
顧問の代わりの外部コーチが
顧問の先生以上に勝ちにこだわって
生徒や保護者の負担がそれ以上になっている
という笑えない事態も全国各地で
見られるようです。
いったい何のための部活なのかと
考えさせられます。

もちろん部活を楽しみにしている生徒もいますし、
部活がすべて悪いというわけではありません。
全員強制、必要以上に勝ちにこだわる姿勢こそが
問題だと言われているのです。

早い話、自由参加にすればいいと思うのですが、
何か問題があるのでしょうか。

ちなみに部活でやたらと勝ちにこだわる理由に
高校の内申点が挙げられていました。
が、県大会に出場する程度でしたら
数学と英語を3から4にした方が、
よほど内申点は良くなると思います。

部活だけで高校に行くならまだしも
部活で内申点、程度に考えているなら
5教科の評定を上げた方が合格の可能性は
高くなりますよ。

惜しむらくは、この番組
中学高校の先生、各自治体の教育委員会の人たち
この時間の放送なら誰も見ていないと思います。
教育委員会にDVDを送付すればいいのに
と思う今日この頃です。


何度も部活を取り上げるので
私のことをよほど部活を毛嫌いしているのでは
と思われている人がいるかもしれませんが
そういうわけでもありません。
部活は部活で頑張ってほしいと思っています。
ただ、先ほども書いたように
理不尽すぎるほどの部活の内容に
いかがなものかと思っているだけです。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年05月07日

意外とどうでもいい話

長いようで短かった連休も終わりましたね。

ここらで気持ちを入れ替えて
と行きたいところですが、
2週間前に負傷した私の右手
なんといまだに治っていません(..)

通常時を100
負傷直後を10とすると
今はまだ30くらいです。
まだまだ痛いのです・・・

とにかく握力が戻らないし
へんな方に曲げたら痛いしで
なかなか大変です。
シャッターの上げ下げにも一苦労
自転車の運転も一苦労
ホワイトボードの文字を消すのも一苦労
重いものもなかなか持てません。
塾生だけにはわかると思いますが
そういうわけでジュースの入荷も遅れ気味です。

あと、何が大変かというと
このブログをふくめてパソコンの操作です。

こうみえてパソコンは20年近く使っているので
ある程度の文字はキーを見なくても
打てるようにはなっていますが、負傷後は
感覚がおかしくなったのか妙に押し間違えて
やや時間がかかってしまいます。

ということで、早く治ってくれ!!!!


さて、私は誰もが知るように佐賀県出身です。
が、いつの間にか佐賀県で過ごした18年よりも
埼玉県に住んでいる時間の方が長くなりました。
それでも毎年のように塾生に訛りを指摘されます。
まあ、それは慣れているからいいのですが
つい最近、自分の訛りのせいなのか
なんなのかわからなくなる事態に遭遇しました。

ここで皆さんに問題です。
次の文字を読んでください。

千葉県


つづいて、こちらを

千葉


どうでしょう?

千葉県の時の読み方と
県をとって千葉と読むとき

これで発音、というかアクセントが
変わっていませんか?

同じようなことが他の県名でも。

長野県 と 長野
岩手県 と 岩手
などなど・・・

同じアクセントでも読める気もするし
違う気もするし
ずっと考えていると頭がおかしく
なりそうです(笑)

私は音声学の専門家ではないので
詳しいことは分かりませんが
実は正しい読み方があるのかもしれません。


なぜこのようなことを気にしているのかというと、
先日見たNHKの番組で半分、青い。
の松雪泰子がゲストに出ていて
松雪さんは芸名ではなく実は本名なんです
松雪という苗字は佐賀県の鳥栖に集中しています。
というくだりを聞いた時です。
たしかに、私の高校の同級生にも松雪くんと
いう人がいたので佐賀県鳥栖市に多い苗字と
いうのは知っていましたが、そのときの
古舘伊知郎と赤木アナの鳥栖の発音です。

これが私が小中高のときに聞きなれた鳥栖の
発音と違っていたからです。

日本一発音に厳しいNHKが間違えるとは
思えないので、私の思い違いの可能性が
高いですが、そこでふと上のようなことが
思い当たったわけでございます。


 



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年04月30日

けっこうどうでもいい話

最近昔懐かしの映像を使って30代〜40代の
視聴者を意識しているだろうという
テレビ番組が多い気がします。

少し前だと朝ドラのあまちゃんが分かりやすいか
と思います。 聖子ちゃんカットなどは
私よりも上の世代ですが、とにかく昔の映像を
出して視聴者を引き付けようという作戦。

前にも書いたように、今作「半分、青い。」でも
どうやらその傾向が踏襲されているようです。

KIMG3188.JPG


ただこの番組、朝の8時とか午後1時前とか
どう考えても30代〜40代の男性が視聴するには
難しい時間帯なのですが、私のように録画している
人も多いのではと思います。
当然視聴率には反映されません。

他にも朝ドラと同じく4月から始まった番組が
2つほどあります。 奇しくも同じ月曜日です。
ひとつは月曜深夜23時からのフジテレビ
とんねるずの石橋貴明が司会を務める
石橋貴明のたいむとんねる
タイトルからして、ノスタルジックなもの
ですがまさに80年代を中心とした懐古番組です。

第1回のゲストは工藤静香で
これが視聴率3.9%という壊滅状態。
第2回ゲストは誰だか忘れましたが
なんと2.9%で100人のうち3人しか
見ていないという、いつ打ち切られても
おかしくない番組です。
今週の第3回は、千原ジュニアがゲストで
あしたのジョーについて語っていました。

KIMG3159.JPG

KIMG3190.JPG

23時というとまだ塾にいる時間なので
一応録画しています。
私はまあまあ面白いと思いますが、さすがに
視聴者の層を限定しすぎな気もします。

さらに月曜深夜の25時35分
(カレンダーでは実質火曜日)という
とんでもない時間に放送されているのが
テレビ東京のキャプテン翼です。

おそらく日本一有名なサッカー漫画です。
私も小学生ときによく見ていました。
もう何回リメイクされたか分かりませんが
今回も小学校編から始まります。
もちろん岬くんや日向くんも登場します。

KIMG3189.JPG

おそらく誰でも知ってるであろう
タケシ・三杉くん・若島津です。
しかしまあ子供向けのアニメをなぜこんな時間に
放送しているのかは全くの謎です。
ちなみにキャプテン翼の再放送があることなんて
まったく知りませんでしたが、これを教えて
くれたのは塾生(中2・サッカー部)です。
おかげで第1回から全話見ています。

今の若い人はテレビを見ないと言われます。
だったら手っ取り早く、もっと上の世代を
狙った番組作りという風になったのでしょうか。
単純に考えても今の10代〜20代よりも
30代〜40代の方が人口も多いですし。

特に団塊ジュニア世代は1学年=200万人です。
参考までに今の中学生世代は
1学年=110万人くらいです。
かなりの差ですね。


ということで
今のところ、半分、青い。も
おもしろく見ています。
そろそろ東京編になるのでしょうか。
律くんとかブッチャーの出番が少なくなるのは
ちょっと寂しい気もしますが、今後の展開に
期待です。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年04月29日

高校入試のこと

先日の新聞の1面に高校に関する記事が2つ
掲載されていました。

1つはあと10年程度を目途に公立高校を
さらに10〜13校ほど削減するというもの。
今年開校した川口市立高校のように複数の学校を
統合して高校数を減らしていくそうです。
対象となるのは、定員割れしている学校がメインの
ようですが、浦和高校や一女のように
別学の高校も対象になるとのことです。

記事によると、埼玉県を東西南北・秩父地方に
わけて均等に減らしていくようですが
人口構成も違うので均等にするのは
難しいのではないかと思います。
川口やさいたま市がある南部地区(旧1学区)では
定員割れする学校もほとんどありません。

まあ、10年も先のことなので、
いまの中学生には関係ありませんが、
はたしてどうなるのでしょうか。



もう一つは今年度の公立高校入試の平均点です。

各教科の平均点 (  )内は昨年度
国語  52・8点 (53・3点)
社会  55・9点 (60・6点)
数学  44・0点 (44・4点)
理科  51・7点 (48・5点)
英語  55・9点 (52・0点)

英語(選択問題)58・9点(71・9点)
数学(選択問題)43・7点(43・2点)

選択の英語以外は、昨年とそれほど大きな差は
ないようです。
ちなみに昨年度から選択問題が始まったので
5科の平均点は算出不可能になりました。

上に書いてある5教科の得点を単純にすべて足して
260.3点が5科の平均点というわけでは
ありません。

実際、県の発表している数値にも5教科の平均
というのはありません。
そもそも2種類の問題がある時点で
5教科の平均点自体があまり意味をなさなく
なりました。

どうしても知りたければ
すべて一般問題を受けた人だけの5科の平均点と
英数は選択問題を受けた人の5科の平均点
というふうに2通りを算出することになります。
ただしその場合
国語、理科、社会においても
一般問題だけ受験した生徒の平均と
選択問題を受験した生徒の平均と
別々に算出する必要があります。
ことはそう単純ではありません。

もちろんすべてを集計している県の教育局ならば
簡単に計算できるでしょうが、おそらく
そこまで発表されないと思います。

あと半年もすれば
過去問を解くことになると思いますが
平均点はあくまでも目安程度に考えてください。


塾には受験関係も資料も揃っていますので
高校ごとにだいたい何点くらい必要なのかは
教えることができます。
気になる人はドンドン質問してください。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年04月16日

戸田市の英断

今日の新聞(埼玉新聞)に載っていた記事です。
WEB版には載っていないので
何となくのうろ覚えですが

戸田市の全中学校
部活は週休二日、朝練禁止に。

こんな感じだったと思います。

部活に関してはこのブログでも何度か
取り上げてきました。
全国的にも最近になってようやく
統一的な指針のようなものが作成されて
きました。
ただ指針なので、強制力はなく
このくらいでいきましょう的な
なんとも心もとないものです。

埼玉県でも、ボチボチこの話は出ているの
でしょうか正式に決定するのはいつに
なるのかわからない
ということで戸田市は独自にルールを
決めることにしたそうです。
まさに英断です。

学校の先生が忙しい
という話はここ数年、何度も耳にすることです。
本来の授業以外にも、会議や、部活や、保護者対応や
その他もろもろ。

それなのに部活の活動時間は一向に減ることはなく、
むしろ以前より増えているという統計結果も
あります。

そこで戸田市では
市内の中学の
全職員、全生徒、全保護者さらには
外部からの部活の指導者にアンケートをとった
ところ、部活の時間を負担に感じるという数が
かなりの割合に及んでいたそうです。

つまり、部活の長時間練習を
好意的に感じている人はほとんどいないと
いうことです。

もちろんなかには
毎日何時間でも部活をやっていたいという人も
いるでしょうが、割合としては少数派と
いうことです。

ということで
今年の11月ごろをめどに
文化部をふくむすべての部活で
週休二日、朝練禁止というルールに
決まったそうです。

私立の部活学校を除けば
部活の指導をしたくて先生になった人は
ほぼいないと思います。

これで部活の時間が減れば、先生たちも
本来の授業の方に力を注げることになって
中学生たちにとっても好都合でしょう。

また戸田市の件とは無関係ですが
同じく先生の負担を軽くするために
部活を外部指導に任せる割合を高くしようと
する動きもあります。
私はこれに関しては、いかがなものかと
思います。

なぜなら外部指導の方はおそらく教員免許など
持っていないでしょうし、やはり部活を強くしたい
という思いもあるでしょうから、
必要以上に厳しい練習になりはしないかと
いう懸念があります。
厳しい練習がダメというのではなく
程度の問題です。

学校の部活の時間は減ったけど
部活時間にはカウントされない外部指導の
時間は増えた、では何の意味もありません。
中学生も忙しいのです。
部活で一日のほとんどの時間を割くのは
いいことだとは思えません。

ちょうど今日も岐阜県の外部指導コーチの
体罰が問題になっていました。

ということで
部活の時間が短くなるのはいいことですが
外部指導に頼りすぎるのはいかがなものか
と思う今日この頃です。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年04月14日

なるほどね

前作と違い、意外と積極的に見続けている
今期の朝ドラ「半分、青い」

長いことタイトルの意味が謎でしたが
今日の放送でなんとなく分かりました。

以下ネタバレを含みますので
これから録画を見る予定だぜ!
という方は読まない方が賢明かと思います。


専門的なことは分かりませんが
主人公は、おたふくかぜの影響で
左耳が完全に聞こえなくなるという
ハンデを背負ってしまいます。
今のところ持ち前の明るさでそのハンデを
感じさせないのは視聴者にも救いと
なっています。

ある日、雨が降っているので傘を
差していましたが
耳の聞こえない左側には雨音が聞こえない
つまり半分(左側)は晴れている
ということで
半分、青い ということらしいです。

かなり大雑把な説明で恐縮ですが
なんとなくこんな感じだったと思います。

来週からは子役からバトンタッチして
本来の主役が登場します。
永野芽郁さんという人、まったく存じませんが
予告を見た感じは明るそうな内容で
なによりです。
朝からどんよりとしたのは見たくないですからね。
あまちゃんのように明るいのを期待します。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年04月11日

年間予定表

学校の年間予定表を見せてもらいました。

1学期の中間期末や修学旅行の日程は
すでに知っていましたが、年間予定表に
よってその他の日程もある程度把握できました。
変更もあると思いますが、塾としても
これをもとに塾業の予定を立てていきたいと
思います。

1学期の中間テストは5月15日で
これは何度か触れているように
昨年とほぼ同じ時期です。
日にちだけ見たらあと1ヶ月ですが
実際に学校に行く日にちはあと20日くらい
しかありません。
あっという間に中間テストです。
期末もほぼ同じ。

ちょっと困ったのは修学旅行と水上です。
修学旅行は6月の8日10日で
これは当初予定していた漢検の日程
(6月9日)とまともにかぶります。

また水上の第1隊が8月21日〜23日で
これは当初予定していた漢検の日程
(8月21日)とまともにかぶります。

6月の方は中3が受けることは物理的に不可能
なので、これは実施しない可能性もあります。
8月の方は、中3が希望するでしょうから
おそらく実施すると思います。
中2は漢検の締め切り日までには1隊なのか
2隊なのかは分かっているでしょうから
可能ならば受けてください。

今まであまり受けてこなかった中1や小6にも
すこしずつ漢検の話もしていこうと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年04月08日

来週も見ようと思う

4月から始まった、朝の連続テレビ小説
今期は「半分、青い」という謎のタイトルです。

前作の「わろてんか」はなんとか完走しました。
これで個人的に完走した朝ドラは
かりん
あまちゃん
ひよっこ
わろてんか
の4作になりました。
(すべて録画して見たのも含む)

1週間見た感想はというと
まだ子役ばっかりなので何とも言えませんが
なんかNHKの教育テレビの
学校が舞台のドラマの印象が・・・

くっちぶえふいて〜
あきちへいった〜〜♪
と歌が聞こえてきそうです。

懐かしい人も意味が分からない人も 
https://youtu.be/Wld4JKzJhio
こちら をどうぞ。

ただ、このドラマ
あまちゃんにもあった 当時懐かしの映像で
視聴者の歓心を買おうというあざとい作戦を
多用しているもようです(笑)

今回の主人公は1971年生まれということで
私よりも年上。
まあ同じ70年代生まれとしては
若干懐かしいものがあります。

それにしても、すずめが描いたという
ジョーの絵が妙にリアルです。

今のところ視聴率もまずまずのようです。
しばらくは見続ける予定です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年04月03日

Happy Birthday!

たびたび野球の話で申し訳ないですが
4月3日はわが巨人軍にとって
誕生日が重なっている日です。

まずは、監督3年目の高橋由伸。
監督と全く同じ生年月日なのが
先ごろ大リーグから戻ってきて早速
活躍している上原浩治。
さらには、昨年は不運も重なり登板がなかった
ものの今年は開幕からワンポイントを
任されている澤村拓一です。

3人が同じ日に誕生日というのも
なかなか珍しいですね。

ちなみに、高1になったばかりの
元塾生のYくんも今日が誕生日でした。
おめでとう!

私は生まれつき数字を覚えるのに
苦労しないようで、人の誕生日も
意外と覚えています。
もちろん縁もゆかりもない人や、覚えたことの
ない人は知りませんが、塾生などで
誕生日が話題になったときにふと覚えたものを
結構な確率で覚えています。

塾の数学の例題などで5問連続で
こっそりと誰かの誕生日が答えになるようにして
問題を作ることもあります(笑)

また、塾に入って日が浅い生徒などの場合は
あえて誕生日を聞いてそれを問題の一部の
数字として設定することもあります。
塾に早く慣れてもらうためには、こういった
日ごろの細かいことにも気を遣うわけです。
ただしあくまでも数学の問題ですから
問題文としておかしくない程度に設定しなければ
なりません。 

そういえば、Yくんと同じで高1になるAさんが
今度は出席番号1番になりたくないなあと
言っていましたがどうなるでしょうか。

全国的には、出席番号は
名前順というところが多いと思いますが
私が通った小学校では名前順ではなく
生まれ番号といういい方をしていました。

要は4月2日〜翌年の4月1日までの
生まれた日が早い順に名簿が決まっていたのです。
8月24日の私は小学校1年生の時は10番でした。
(男子21人中)

1番は4月生まれのHくん。
名前順ならHだと絶対に1番にはなりません。
地域によっては、学校から近い順に
番号が決まっているところもあると
聞いたことがあります。

中学・高校ではこちらと同じで名前順でした。
中1は19番、中2は16番、中3は12番
だったと記憶しています。

と、どうでもいいプチ情報を披露したところで
たまっていた録画を見たいと思います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年03月25日

二十歳の約束

といっても90年代のトレンディドラマ(死語)の
タイトルではありません。

視聴率は月9にしてはパッとしませんでしたが
主題歌が妙に印象に残っています。

https://youtu.be/QrRJtzzoGdI

佐野元春「約束の橋」


番組の内容はまったく覚えていませんが
牧瀬里穂が出るということで
見ていた記憶があります。

ちなみに当時CMなどで旬な女優を
3Mと言っていました。
誰のことだかわかりますか?

1人は、この「牧瀬里穂」だったのです。

さて、今日は日曜日でしたが
面談が2組入っていたので塾は開けました。
三者面談の方も順調に進んでおり
すでに半数以上が終了しました。
お忙しい中お越しいただきありがとうございます。
この面談をきっかけに少しでも
勉強する気が上がってくれれば幸いです。

面談が終わって、明日からの春期講習の
準備をしていると何やら入口の方から声が。
こんばんわ〜 

誰かと思って見てみると
この前成人式を迎えた11期生の
Iさん姉妹(双子)とOさんでした。

この学年の元塾生たちは、
高校入学後もちょくちょく塾に顔を出します。
去年もOくん、Kくん、Sくんの
サッカー部トリオが来ていろいろと大学の
話などをしてくれました。
つい数日前にはMさんが、今度はモンゴルに
行ってきたとお土産を持ってきてくれました。

前に成人式の写真を送ってくれたと
このブログにも紹介した学年です。

今日来た3人もすでに二十歳ですが
どうしても中学の時の印象が残っているので
失礼ながら二十歳には見えません(笑)

時々顔を出してくれるので
今でも顔をしっかりと覚えています。
昔と全然変わりません。

逆に
「塾長も昔と全然変わりませんね。」と

お互い成長していないようです(笑)

この学年が中学だった5〜6年前には
スマホも普及していなくて
当然LINEもツイッターもない時代です。
ガラケー全盛の時代でした。
だから、今の中学生がLINEとかを
使っているのを羨ましがっているようです。


この学年で集まって塾に来たいけど
LINEの塾グループがないと嘆いていました。
よって塾に来るときはいつもバラバラです。
さすがに中学を出て5年もたつと
みんな別々の道に進んでいて、なかなか
一緒に会うこともないと思います。

遠くの大学に進学してる生徒もいるようで
夏休みくらいにはなるべく多くの元塾生に
声をかけて、集まりたいと話していました。

1時間半くらい話をしたでしょうか。
いつか、元塾生で集まってタコパやるという
約束をして帰っていきました。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年03月23日

川口市立高校理数科は550点はほしい。

先週から今週にかけて公立高校入試の
得点開示の報告を受けました。
開示したところで結果が変わるわけでは
ありませんが、多くの塾生が協力してくれました。
ありがとうございます。

高校では早速課題が渡されていて
元塾生たちも頑張って解いているようです。
また時代の流れでしょうか、
すでにLINEのグループが作られていて
顔も知らないのにもう知り合いになっている
ようです。

私の高校入試のときなんか
入学式のその日までお互いの顔も名前も
知りませんでした。
そう考えると、今はクラスになじむのも
早いでしょうね。
逆に言うとSNSを使う環境になければ
友達を作るのも大変だということです。


今年は川口市立高校が新設され
予想通りものすごい人気になりました。
理数科は県で一番倍率が高く約2.3倍
文理スポーツが約2.2倍
普通科は1.6倍ですが、理数科からの
第二志望を考えると実質1.8倍近くに
なるのではないでしょうか。

定員40名の理数科には
戸塚中から合格したのは2名だけのようです。
何人受けたのかは分かりませんが
合格した2名はいずれもうちの塾生です。

聞けばやはり高校のグループが
できているようで、その情報によると
5科で400点超えている生徒も結構いる
ようです。
ただ理数科の場合、傾斜配点で
理科と数学は200点満点なので
5科で700点満点になります。
となると、合格するには7割ではきついと思います。
700点満点では550点くらい必要では
ないでしょうか。

つまり
国語・英語・社会で70点
理科・数学で80点とすると
70+70+70+160+160=530なので
これだと内申が相当よくないと
難しそうです。

ちなみに埼玉県の入試問題の平均点は
各教科50点前後です。
70〜80点取るのはなかなか大変です。

いずれ細かい分析結果が出るとは思いますが
参考までに理数科に受かったうちの塾生の場合
内申は
1:1:2で計算して二人の平均が170ほど。
漢検は準二級
数検は三級でした。

感覚的には近隣の学校で比較した場合
1年目にして
理数科は川口北と同じくらいかそれ以上
普通科は越ヶ谷と同じくらいかそれ以上の
学力が必要なようです。

ただ、前にも書いたように
これだけ倍率が高かったのは
新しい学校というのもありますが
選択問題を使用していなかった
というのも大きいと思います。

今後選択問題を使用するようになったら
倍率は若干収まるかもしれません。
だからといって難易度は今後も
それほど変わらないのではないでしょうか。
なんにしても、せっかく地元にできた
新しい高校です。
ずっと魅力のある学校でいてほしいと思います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年03月22日

待ってました!

先日の巨人−日本ハムのオープン戦
久々にこの選手が登板しました。

巨人ファンとしては
待ちに待った選手です。

KIMG3004.JPG

KIMG3005.JPG

巨人を出ていくときの過程を考えると
手放しでは喜べませんがそれはもう昔の話。
またこうやって古巣に戻ってきたことを
素直に歓迎したいと思います。

上原に期待している人が多いのは
平日のオープン戦にも関わらず
46000人もの観客が入ったことでも
分かりますね。

去年はまさかのBクラスでしたが
高橋監督のためにも
是非今年こそはセリーグ優勝、日本一を
達成してほしいところです。

今年は東京ドームに行きたいなあ。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年03月17日

よく考えると

うちの塾は2002年3月1日に
スタートしました。

華々しくといいたいですが、実際はそうではなく
私が以前いた塾が閉鎖になったので
私がひとりで始めたものです。

以前いた塾が閉鎖になるというのは2001年の
12月に言われました。
残された期間は3ヶ月弱で、その後の私の
身の振り方としては
1 その塾の系列の他の教室に行く
2 無関係の塾に行く
3 自分で塾を始める
4 まったく別のことをする

あたりが考えられました。
当時の塾長からは1を勧められましたが
自宅から相当遠い教室になりそうだったので断り、
ものすごい速さで物件を探して
20代の若さ(笑)で独立して塾を始める
ことになったわけです。

ただフランチャイズに加盟するには大金が
かかるので、自分で看板を掲げることに。

以前いた塾の塾長の厚意で、塾に必要な
机やいすやその他の器具を格安で譲って
もらいました。

あとはどんな塾にするかを考えなければ
なりませんが、当時からネットの環境はあったので
ネットや本でいろいろと調べました。

ということで
今の方式である
全教科、全学年私がひとりで教えるというのは
創設当初からの方針です。
前の塾では、理科と英語は教えていました。
元々数学を教えるつもりでバイトの申し込みを
したので数学は問題ありませんでした。
また、大学入試でセンターにも二次にも国語が
あったので国語もなんとかなりそう。

社会だけはまったく知識がなかったので
最初の1年目は
国語・英語・数学・理科の4教科でした。

が、どうにも塾生の社会のできがよろしく
なかったので、私も必死に社会の勉強をして、
そのあと塾でも今の4教科を教えるように
なったわけです。

定期テスト向けの国語は塾の通常授業と
あまり相関関係がないことも分かりました。
国語は入試前に力を入れることにして
その他の4教科は普段から時間をとることに。

塾を始めたころは
ネットに本にチラシにと
いろいろと他の塾の研究をしました。
が、実際には他の塾にはほかの塾の地域性や
授業形態があるので、そのまま真似しようと
思ってもなかなかできるものではありません。

いつしかこういった作業もやらなくなり
他の塾の研究も10年以上行っていません。
度々言っているように、
うちはうち、よそはよそです。
フランチャイズではないので本部から
いろいろ言われることもありません。
系列塾でもないので本部からの
ノルマもありません。

塾のノルマとは
講習生を〇〇人以上確保せよ とか
〇〇高校に〇〇人以上合格させよ
とかそういうものです。

誰に何を言われることなく
好きなようにできるのが個人塾の利点です。

ただし当たり前ですがその分責任は重大です。
好きなようにやっていいからといって
本当に好き放題やっていては
誰も塾に来なくなってしまいます。
17年も続いているのだから、私のやり方は
地域の小中学生や保護者の方から
ある程度の支持はいただけているのではと
勝手に思うことにします。

そこでタイトルの件です。
私が塾を始めて1年目にいろいろな塾の研究を
ネットで行ったように、ひょっとしたら
今の私の塾が、最近個人塾を始めた人にとっての
研究の対象になっているのではないかと
ふと思ったわけです。

ただうちの塾は、いわゆる塾を集めたサイトに
登録もしていないし、いわゆる口コミサイトに
登録することもしていません。
ネットの口コミを信頼していないからです。
だから最近個人塾を始めた人が、このブログを
発見することはかなり困難だとは思いますが
万が一研究対象になっているかもしれないので
あまり変なことは書けないなあと思う
今日この頃です。

ちなみにほとんど気にすることもありませんが
このブログの閲覧数は
週に2000から3000くらいあるようです。
カウントの仕組みはよくわかりませんが
スマホだと1記事1ページで、おそらく
違う記事を見るとカウントがあがると思われる
ので実際の人数はこれの10分の1くらいでは
ないでしょうか。

そう考えると実質100人以上の人に見て
いただけているのなら、塾を始めたばっかりの
人がいるかもしれません。

私としても少しくらい役に立つようなことを
書きたいのですが、今までの方針を変えるつもり
もないので、やっぱり一般論よりも実際の塾の
出来事や個人的なことが中心になると思います。

ちなみに私が一般的な教育論を書かない理由は
私が書かなくても、検索すればいくらでも
出てくるからです。
一方うちの塾のことは私にしか書けません。
よって、一般的な教育論ではなく実際に起こった
塾でのことを中心に書くのです。単純なことです。

ということで
フランチャイズの人は本部の制約があって
難しいと思いますが、どこの組織にも属していない
個人塾の方はこのブログを見て少しでも
参考にできることがあったら、どんどん活用して
ほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの