2018年09月13日

第4回北辰

北辰の結果が戻ってきました

県内の多くの中3生にとっては夏休みに勉強
した成果が表れてほしいという気持ちで
受けたテストだと思います。

ただ範囲がせまい定期テストとは違い
1.2年の内容+3年の1学期の内容が出題
されるテストでは、なかなか思うようにいかない
場合もあるでしょう。
2学期にはあと3回あるので、そちらで
取り返せばいいだけのことです。
大切なことは、結果を見るだけにするのではなく
必ず自分なりに分析し、解きなおしをすることです。

うちの塾生たちもまずまず頑張ってくれたと
思います。
毎年どの学年も10名前後の小さな塾ですが
今回の北辰では約半数が5科で偏差値60を
超えました。
塾生全体の平均偏差値は58くらいでした。

教科別に見ても全体的に上がり気味で、その中でも
一番よかったのはやはりというか社会でした。
塾生の8割が偏差値60を超えていました。
うちの塾では社会も選択ではなく全員授業を
行います。
夏休みに一番時間をかけたのが社会で
それがそのまま結果に表れたということは
夏期講習の意味があったということでしょう。


ちなみに先日川口市立高校のことを書きましたが
今回のテストで川口市立の普通科を第1志望に
書いた人が約1000人
第1〜第4志望の合計だと約2400人もいました。 
ものすごい人気ですね。
もちろんこの数字は県内最多です。

塾生でも第1志望に書いた生徒が何名かいましたが、
この人数をみてどう思ったでしょうか。

何人いようと定員の中に入っていればいいのです。
倍率が高いと、ボーダー付近では1点で10人以上
順位が変わることもあります。
ボーダーよりもはるか上の得点をキープできる
ように頑張りましょう。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年09月12日

川口市立高校1年目にして

北辰図書から今年度入試の資料が
送られてきました

塾向けの資料なのであまり詳しくは書けませんが
今年開校した川口市立高校について
追跡調査によると
合格者の平均偏差値は
普通科で59〜60くらい
理数科で63前後でした
数字はもちろん北辰テストの偏差値です

理数科は高いと思う人がいるかもしれませんが
この数字はずいぶん前に私が想定していた
数字とほぼ一致します。


偏差値を掲載したサイトはいろいろありますが
そのほとんどは出典が不明で
何の模試による数字なのかまったく根拠のない
ものがほとんどです。

別に北辰図書の肩を持つわけではありませんが
これらのネットの数字よりは100倍
信用できる数字です。

その調査によると川口北高校は昨年とほぼ同じ
62前後でした。

つまり、理数科については開校1年目にして
川口北高校を上回ったことになります
しかも理数科は倍率が県で1番高く2.3倍ほど
ありました。

もちろんこの数字だけをみてどうのこうのと
いうわけではありません。
高校に入ってどういう勉強をするのかの方が重要です。

ただこの学校の人気は相変わらずで
説明会は1日で予約が埋まるほどの盛況ぶりです
来年以降も今年と同じかそれ以上の学力がないと
厳しいことになるでしょう。

今年戸塚中から理数科に行った生徒は2人いますが
2人ともうちの塾生です。

2人とも直接塾に来たり、またはLINEなどで
学校の様子を教えてくれます。
おおむねいい印象を持っているようです。

うち1人は7月〜8月にかけて
オーストラリアへの短期留学に選抜されて
16日間ほどホームステイに行っていました。

川口市立高校の短期留学レポート

上記の高校のHPにその詳細が掲載されています
HPもこまめに更新されており新しい学校としての
意気込みも感じられます。

私もこの時代の学生で川口に住んでいたら
迷わず理数科を受けていたと思います。
他にもいわゆる偏差値が高いと言われる学校は
いくらでもありますが、やはり自分が
行ってみたいと思う学校に行くのが一番です。

先ほど紹介したオーストラリアに行った生徒も
中学時代は学年1桁の常連で、偏差値でも
他の学校に行ける学力は十分ありましたが
本人がこの学校の理数科に魅力を感じたらしく
私も応援しました。

基本的にうちの塾では本人の行きたい学校を
勧めるようにしています。
塾の実績のためにわざわざ行く気のない学校とか
難しそうな学校を受けさせることはありません。

現在川口市立高校は選択問題を採用していません。
それも倍率が高くなっている一つの要因だと
思います。
埼玉の高校入試の制度はころころ変わるので
何とも言えませんが、今の制度があと5年以上
続くようなことがあれば、いずれこの学校も
選択問題実施校になると思います。

唯一の難点は、うちの塾近辺
要は戸塚中学区からの通学時間がかかると
いうことです。
通学手段は自転車かバスです。
現在川口市立高校に通う生徒はうちの塾から7名いて
聞けば全員自転車で通っているようです。
だいたい30〜40分くらいかかるようですが
まあ慣れれば大丈夫でしょう。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年09月11日

差し入れ

今年も例年通り塾生の皆さんに私から差し入れを

KIMG3571.JPG

いつのころからか
体育祭後最初の中学生の授業のときに
アイスを差し入れするようになりました
暑い中練習お疲れ様という意味もあり
疲れててもちゃんと塾に来ていることを
労う意味もあります

中学生3学年合わせて30数人
どう考えても20個くらいあまりますが
残りは私がおいしくいただきます(笑)

タイミングが合えばもらえる人が
いるかもしれません!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年09月09日

日本の夜明けぜよ!

夏休みあたりからたまりにたまった録画を
消化しないとHDDが満タンに
なってしまいました。

半分、青い。 
は録画したその日に見ているからいいとして、
他に録画しているドラマが二つ。
ひとつは「背後丼」じゃなくって「西郷どん」
一時期遠島のときはちょっと遠ざかっていましたが
最近の幕末はまた面白くなりました。
が、すでに1ヶ月以上未消化で今日まとめて5話を
視聴いたしました。今も見ながら書いています。
まもなく大政奉還⇒明治維新となるはずです。

もう一つのドラマは今期の新ドラマとしては
超絶不人気ドラマで視聴率最下位を驀進中の
「健康で文化的な最低限度の生活」という
受けを狙った割にはみごとに滑ったタイトルの
ドラマです。知っている人は知っているでしょうが
これは憲法25条の文言です。

まあ評判がたいして良くないのですが
私はまあまあ面白いと思って毎週録画しています。

あとは名探偵コナンとかメジャー2ndとか
将棋の番組とかいろいろ。

近いうちに全部見てしまうことが
義務となりそうな今日この頃です。

ちなみに、タイトルの言葉
坂本龍馬のセリフとして有名ですが
実際には坂本龍馬のセリフではないそうです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年09月08日

そういえば

以前、動画教材について触れていましたが
完全に忘れていました。
実は教材会社さんに申し込んで塾としての
IDは取得しています。
あとは初期設定が面倒で放置していましたが
夏期講習も終わって時間が取れそうなので
近いうちに塾生の皆さんにも視聴できるように
したいと思います。

一応、現塾生の中1〜中3を対象にする予定です。
本人のスマホはもちろん、スマホを持っていなくても
家のPCやタブレットでも視聴可能です。
詳細は近日中に。
教科は理科です。
登録にかかる費用などはすべて塾で負担しますので
塾生の皆さんには費用の負担はありません。
通信費用と充電の費用は各自ご負担ください。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年09月07日

小6英単語テストの結果をちょっとだけ

火曜日に実施した小6英単語100問テスト
採点が終わりました
ちゃんと頑張って覚えてきた人と
直前に焦ってちょこちょこっと見ただけの人
普段の様子と答案を見れば一目瞭然です

以前掲載した、前年までの平均点に
合わせて載せておきます。

H24(第2期生・赤ジャージ) 平均72.4点
H25(第3期生・緑ジャージ) 平均80.7点
H26(第4期生・青ジャージ) 平均86.1点
H27(第5期生・赤ジャージ) 平均76.3点
H28(第6期生・緑ジャージ) 平均79.8点
H29(第7期生・青ジャージ) 平均97.0点
H30(第8期生・赤ジャージ) 平均90.1点


ということでギリギリ90点を超えました。
本当にギリギリですね。
10人受けて合計901点ということで
不正解があと2つ多ければ90点を切っていた
計算になります。

平均点だけ見ると、最強学年である昨年の6年生
につぐ好成績です。

ただ10人中満点が5名いました!
これは過去最多人数です。

KIMG3572.JPG

KIMG3573.JPG

KIMG3574.JPG

KIMG3575.JPG

KIMG3576.JPG

※画像は表だけですが、実際には裏にあと50問あります。

満点は毎年いますが、昨年までだと
平成25年、26年 それに昨年(29年)が
いずれも4名でした。

ちょっと過去の塾生の成績を見たついでに
中1での成績も調べてみたところ
過去の小学生クラスの出身者で
そのまま中学での塾を続けた生徒の72%が
中1の1学期の英語は5でした。
22%が4で、6%が3でした。

ものすごく5に偏っていますが
これがうちの中1にとっては普通です。
何度も言うように、この成績を中2中3に
なっても維持できるかは、中学に慣れてきて
部活が忙しくなったあともしっかり勉強できるか
どうかにかかってきます。

今年の6年生のうち何人が中学になっても
塾を続けるかは分かりませんが
このまましっかり勉強していけば、英語については
ほとんど問題ないといえるでしょう。
その分他の教科の勉強に時間をかけることが
できるようになり、5教科で実施される高校入試
を考えた場合も有利に進めることができます。



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年09月05日

一次関数

今日は水曜日で中2生の授業の日でした。
当塾は学年によってすべて曜日を決めています。
週によってコロコロ変わることはありません。
1年間固定です。
ちなみに教える人は5年間固定です(笑)

1年間固定と言っても、先週まで実施していた
夏期講習などの季節講習時と、テスト前は
通常とは別の曜日にも来てもらってたくさん
勉強してもらいます。

授業は英語と数学を行いました。
理科と社会は塾の方が進んでいるし
英語と数学は結構重要な単元だからです。

英語は助動詞の続きで、mustについて。
同意表現やら、否定文やら疑問文やら
過去やら未来やら。
覚えることが多いですが、頑張って覚えてください。

数学は一次関数の2回目。
私個人的には中学3年間でいちばん難しいのでは
ないかと思うのが一次関数です。
私が解くのではなく、中学生が解く問題としては
いちばん難しいと思う単元です。
実際一次関数を苦手にしている生徒は多いです。

が、学校で習う一次関数は基本的なことが中心で
模試や入試に出てくるような猛烈に難しい内容は
扱いません。
だから、余計に模試の正解率が低いのですが。

ということで、難しいと敬遠されがちな
一次関数も学校で習う範囲に限れば
それほど難しくはありません。

一気に進むから理解できなくなるだけで
慎重に教えれば誰でも理解できるのです。
ということで、今日も前回に続いてかなり
慎重に教えました。
塾の授業と言えば学校よりも早いペースで
ドンドン進んでいくという印象があるかも
知れませんが、うちの塾の場合はそれは
単元によります。
むしろ無駄な話や簡単すぎる内容を省くことで、
じっくりと教えることができます。

2年生も中学生全体の後半に差しかかりました。
高校入試まであと540日です。



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年09月04日

久しぶりの6年生

今日は火曜日ということで6年生と
中学1年生の授業の日でした。
中学生は夏期講習で毎週来ていましたが
小学生の授業はかなり久しぶりです。

例年通り、2学期の最初の授業日に
単語の100問テストを行います。
6年生だから、基本的な単語ばかりで
しかも単語の意味を答えるものです。
予めリストを渡しており、しっかり覚えようと
いう意志があれば9割はとれるはずです。

各年の比較をしたいので問題は毎年同じです。
このテストで皆さんのやる気をみています。

何回か書いていると思いますが
このテストで90点くらい取れれば
中1の1学期の英語でもだいたい5
悪くても4はとれます。

昨年の6年生はみんなやる気が合って
なんと平均97点というありえない得点でした。

新生小学生クラスとして記録が残っているのを
引っ張り出してみると
第1期生(青ジャージ)は記録なし。テストを
実施したのかどうかも覚えていません(._.)

H24(第2期生・赤ジャージ) 平均72.4点
H25(第3期生・緑ジャージ) 平均80.7点
H26(第4期生・青ジャージ) 平均86.1点
H27(第5期生・赤ジャージ) 平均76.3点
H28(第6期生・緑ジャージ) 平均79.8点
H29(第7期生・青ジャージ) 平均97.0点
H30(第8期生・赤ジャージ) 平均????点

ちなみにこの数字には、当時在籍していた小学生
すべての得点がふくまれています。
やる気のある生徒もいれば、なかなか家庭学習を
してこない生徒もいました。
小学生のうちに学習習慣をつけさせるという目的の
小学生クラスですので、その目的を少しでも達成
できている生徒はわりとスムーズに中学でも塾を
続けていますし、そうでなければ残念ながら
小学生で終了という生徒もいます。
そのあたりはご家庭と本人にお任せしています。
私の方からは何も言いません。

さて、昨年度は過去にあり得ない
おそらく今後も見ることのない平均点を
達成した現中1生。
中学でも塾を継続した生徒は13名いますが
以前書いた通り、13名全員が1学期の英語の通知表
で5を取ってきました。 全員です。

実は全員5だったのは過去にもあります。
上に記録なしと書いた新生小学生クラス第1期生の
生徒たちも全員5でした。
このときは確か10名だったので、今年の方が
人数でも上回っています。

このように中1の段階ではある程度塾の方で
成績を取らせることはできるのですが
その後、中2・中3でも5を取り続けられるか
どうかはやはり本人の意識による部分が大きく
なります。

ただ得意教科が一つでもあれば、その分他の教科に
勉強時間を割くことができるというのは事実です。

はたして今年の6年生は
上記の先輩たちに追いつき追い越すことが
できるでしょうか?
テストは今日実施し、近いうちに採点を終わらせ
次回の授業の時に返却します。
楽しみに待っていてください!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年09月03日

51000人

今日から2学期の学校の授業&塾の授業が
スタートしました。
中3生は昨日の北辰テストから徐々に
受験生モードに移っていったのではないでしょうか。

北辰図書の発表によると、昨日の北辰テストを
受験した生徒は51000人だそうです。
県内の中3生の8割以上で、かなり信頼できる
データが集まると思います。

私がいた佐賀県とは違い、大都会の埼玉県では
中学生でもかなりの勉強量です。
よって夏期講習でいっぱい勉強したつもりでも
周りも同じくらい勉強しているのです。
なかなか簡単に偏差値は上がるものではありません。

それでも1学期より上昇していれば、それは
頑張った成果として自信をもっていいと思います。

思ったほど上昇していなくても、次頑張れば
いいだけの話です。

ただし面談でも話したように、
いずれの場合でも必ず見直しはしてください。
テスト中の見直しはもちろんですが
結果を受け取った後の見直し(解きなおし)が
学力をつける元となります。


今日は中3の授業日でした。
夏期講習で終わり切らなかった社会を今日で
終わらせ、あとは数学を進めました。
次の中間テストのメインとなる二次方程式です。
7月に一度扱っているのですが、見事に
ほとんどの生徒が覚えていませんでした。
まあ、それは想定内なのでしっかりと
復習に取り組みました。
このあたりは20年もやっていれば
だいたい分かります。
授業時間もそのつもりで考えています。

なお、今年は10月の北辰がないかわりに
9月30日に実施されます。
申し込み締め切りが近い(9月10日)ので
忘れないようにしてください。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年09月02日

小旅行

夏期講習終了日から2学期開始までの束の間の
休みを利用してちょっと出かけてきました。
昨年の同じ時期には北九州に
今年は新潟です。

たいした目的はないのですが
今まで行ったことがない地域ということで
北陸は人生初上陸です。

ただ時期が悪かったのか、大雨警報など出ていて
あまり外出はできませんでした。

修学旅行で中国地方と近畿地方は行ったことが
あるので、あとは北海道と中部地方それに
四国地方はいまだに訪れたことがありません。
来年あたりこの中のどこかに行ってみたいと
思います。

いや、よく考えたら山梨には行ったことがあるので
中部地方はギリギリありました。
(新潟も中部地方といえば中部地方)
北海道と四国は完全に未踏の地です。

ということで来年は四国に行ってみたいと思う
今日この頃です。
posted by Mさん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと

明日から2学期

長かった夏期講習も終わり少々の休みを挟んで
明日からは学校も塾も2学期の授業となります。
夏期講習では中3は100時間
中1と中2は45時間ずつ学習しました
特に中3はそのすべてを復習にあてて今後の北辰や
入試に対応できるように今一度要点の確認を
行いました。

塾生の皆さんにも、それなりに成果は
あったことだと思います。

毎年のことですが、なかなか自発的に学習する生徒は
いません。自発的になんでもできるならそもそも
塾には来ていないでしょう。
いまどきそんな生徒は100人に1人
いるかどうかだと思います。
なにしろ昔とは環境が違いすぎます。

中学生にとってテレビが娯楽の中心だった20世紀
とはちがい、いまはテレビよりもスマホの時代。
となるとなかなか自発的に学習するというのは
難しく、どうしても塾で勉強させるという
家庭が増えているようです。

ちなみに私が中学の頃は、クラスに塾に行っている
生徒など皆無だったと思います。

塾によっては合宿を行って勉強するところも
あるようですが私はまったく考えていません。

移動する際の往復4〜5時間も無駄だし
なにより費用面でご家庭にかなりの負担を
かけることになります。

例えばスポーツの合宿なら、普段対戦できない相手と
対戦できたり、普段交流のない学校の監督、コーチの
話が聞けるなどのメリットもありますが
勉強の場合合宿したからといって、普段解けない
問題が解けるというわけでもないですよね。

よって、塾でできることをわざわざ
時間とお金をかけてまで合宿を行う価値は
それほどないと考えています。
そのぶん塾でしっかりと学習してもらいます。

同じように考えている個人塾の塾長は多いようです。

逆に合宿を勧めるのはだいたい大手塾です。
理由は・・・  言わなくても分かると思うので
省略します。

ということで明日から2学期。
学校での授業は久々でも塾では毎週勉強していた
わけですから、学習習慣は大丈夫でしょう。

最初の1週間は体育祭の練習でまったく授業は
進まないと思いますが、塾ではもちろん
進んでいきます。
なにしろ中間テストまであと1ヶ月と少し
しかないのですから。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年08月29日

夏期講習終了!

今日で長かった夏期講習も終了しました。
塾生の皆さんお疲れ様でした!
塾の方はしばらくお休みをいただき
次回は9月3日(月)からスタートです。

その間の連絡はできませんので
塾生の皆さん・保護者の方でご用のある場合、
私の携帯かメールかLINEにてお願いいたします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年08月03日

6000日!

今日(2018年8月3日)は
修徳ゼミナール創立6000日目の
節目の日でした!

一口に6000日といっても16年と5ヶ月です。
我ながら結構続いているなあと思います。

前の塾が閉鎖になって新しい塾をつくると
いう話をしたとき、当時の塾長からは
3年持てばいい方だと言われました。

なるほどたしかに個人塾は資格もなにも
いらないので簡単に開業できますが、
何年も続いているところは少ないです。 
というのは今になって分かったことですが
当時はそこまで深く考えていませんでした。


塾を始めた2002年3月1日
このとき地域にあった塾で今も存在する塾は
10あるかないかだと思います。

その後は人口増に伴い
大手塾、中堅の塾、FCの塾が
これでもかとこの地域に塾を開き
なかには残念ながら閉鎖になった塾もありますが
現在すでに40以上の塾が戸塚中の校区内に
あると思います。
こんなに塾がある地域は全国でも珍しいです。
これは教材会社の方もおっしゃっているので
間違いないでしょう。


戸塚中の生徒数は800人程で
その6割が塾に通っているとしても480人
単純にこれを40を超える塾で割ると
1塾あたりの戸塚中生はわずか12人に
なってしまいます。
これだと塾の運営に支障が出るので
ほとんどの塾は複数の中学(4〜10くらい)を
対象にしています。

どう考えても、戸塚中だけに対象を限定している
うちの塾は普通ではありえない方針です(笑)

幸いにもうちの塾の方針に理解のある方の
おかげで今でも30名以上の戸塚中の生徒が
来てくれています。 
多くの戸塚中生が利用している塾ランキングでは
うちの塾はわりと上位だと思います。

17年目となりますが
頭の中は創立当初とあまり変わりません。

そういえば先日、もう10年も前に塾を
卒業したある生徒の保護者の方と
すれちがいました。
面談で何回かしか話したことはないのですが
覚えていてくださいました。
私もまた覚えていました。
(私は人の顔、名前は結構覚えている方です)

その際に「塾長いつまでも若いですね〜」と
言ってもらいました。 お世辞でもうれしいです。

若いのは、毎年中学生を相手にしていて
進歩も成長もないからでしょう(笑)


今年は手首をけがしましたが、幸い今までに
塾を休むほどの大きなけがや病気はありません。
まだあと10年くらいは元気に塾を
やっていければなあと思います。

次は7000日ですね。
2021年のゴールデンウィークごろに
なるでしょうか。

10000日となるとまだ10年以上先です。
なんとか頑張って地元の子どもたちに
勉強を教えていきたいと思いますので
これからもよろしくお願いします!


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年08月01日

小テスト3

夏期講習の小テストは漢字と英単語テストは全学年
中3生はこれに加えて、理科と社会でも
実施しています。
前もってリストを渡しそれをテストします。

第1回理科の平均点は98.0点
満点は4名

Effectplus_20180802_024246.jpg

KIMG3455.JPG

KIMG3456.JPG

KIMG3457.JPG


続いて社会の平均点は96.4点で
満点は同じく4名でした

KIMG3459.JPG

KIMG3461.JPG

KIMG3462.JPG

KIMG3463.JPG


今年は例年よりも平均点が高く
みんな頑張っているようで何よりです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年07月31日

小テスト2

前回書いた小テスト
なるべくその日のうちに採点して返却しています。
なにしろ問題数が多いので、放置すると
ものすごい数になります。

夏期講習中の全問題数は
中1が500問
中2も500問
中3は900問
これが一人あたりの量で、それぞれ10人以上の
テストを私が採点するので採点する総問題数は
20000問以上です。
赤ペンの消費がすさまじいです(笑)

なぜ私が採点するのかというと理由は2つあります。
1つは生徒に採点させる時間がもったいない
からです。
もう1つは自分でマルをつけると採点が甘く
なるからです。

先日の社会のテストでも、
誤字があちこちにありました。 
またカタカナの怪しいものもありました。
おそらく自分で採点したら気づかずにマルに
しているはずです。

厳しく採点されることで
次からは気を付けようという意識が
根付くはずです。

ということで
第1回の漢字テスト
全体の平均点は90.3点

中1の平均点は89.8点
中2の平均点は85.3点
中3の平均点は96.4点 でした。

中3はさすがですね。
中1の頑張りが目立ちます。

満点は11名でした
Iさん(中3)
Nさん(中3)
Tさん(中2)
Tくん(中2)
Nくん(中2)
Wくん(中2)
Iくん(中1)
Uくん(中1)
Tさん(中1)
Nさん(中1)
Wさん(中1)



おめでとう!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年07月30日

小テスト1

現在夏期講習真っただ中ですが、この時間を
利用して各学年とも小テストを実施しています。

中1と中2は
漢字テスト50問
英単語テスト50問
これは共通問題です。
したがって2年生の方が平均点は高い



はずです・・・

中3は、中1・中2と共通の漢字テスト50問
さらに英単語テストは中3用を50問
さらにさらに、理科と社会の超重要語句を
50問ずつ。

漢字は高校入試レベル、漢検でいうと3級
くらいです。
したがって中1・中2にはちょっと難しいかも
しれませんが、中1でも満点をとっている
生徒もいます。 
要はちゃんと覚えてくるかどうかです。

漢字と英単語は全5回ずつ
中3の理科と社会は全4回ずつ

つまり、全部合わせると
中1は500問
中2は500問
中3は900問 をこの夏期講習中に
こなしてもらうことになります。

ちなみに小テストの問題は
何かテキストに載っているのをそのまま使うの
ではなく、すべて(1200問)私がパソコンで
作成したリストです。

なかなか大変な作業ですが
出来合いのものだと、不要なものまで載って
いたり、逆に必要なものが載っていなかったりと
なかなか不便なので全部私が作るのです。

自分で覚えようにも、何を覚えていいか
分からない生徒も多いと思います。
よって私が全面的に指示を出しています。

ちなみにこの小テストでは
得点はすべて記録し発表しますが
合格や不合格などはありません。
ペナルティなども特にありません。
ペナルティを受けたくないから覚えるのではなく
自分に必要だから覚えるのです。

そのあたり塾生たちはちゃんと
分かっているようで頼もしいですね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年07月28日

7月28日の授業

中3は開始時には雨が降っていなかったので
普通に始めて現在2時間終了し
休み時間です。

予報を見ると夜もそれほど強くなさそうなので
中1も通常通り行う予定です。
なるべく車で送ってほしいと思いますが
自転車や徒歩で来る場合も、雨風に注意して
来てください。

危険そうだと判断された場合は
お休みされても構いませんので
ご連絡をお願いいたします。
posted by Mさん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2018年07月27日

ありえない進路

台風が近づいています。

中2の理科で天気はふつう西から東に変化する
と習います。
ただし台風は例外的な動きをしますが
今回の12号は今までに見たことのない
動きをしています。

日本を縦断するにしても横断するにしても
基本的に西から東へ移動します。
が、今回は真逆です。

予報進路を見ると
12.png

やっぱり見たことないです。

誰もが伊藤智仁の高速スライダーを
思い浮かべたことだと思います。
それくらい現実離れした軌道です。

土曜の午後に関東に最接近しそうですが
今のところ塾は通常通り行う予定です。
幸いにも塾生は全員地元の生徒ばかりなので、
雨が弱い時期を見計らって来るか
保護者の方に車で送ってもらってください。

なお、当日の気象次第では
授業を中止にする場合もありますので
その際は再度ご連絡いたします。
posted by Mさん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

ノーヒットノーラン

やりましたね〜
わが巨人軍の山口俊投手
ノーヒットノーラン達成です!

79人目(90回目)ということで年に平均一人
くらいは達成しているので意外でしたが、
巨人では6年前の杉内以来で
その前となると94年のあの槙原の
完全試合にまでさかのぼります。


その前は76年の加藤初です。
さすがにこれは知りません。

つまり平成になってから巨人では3人目。

さらに難しい完全試合となると
槙原以来他の球団のだれも達成していない
記録です。 それだけ珍しいのですね。

さて、今日は帰宅前にネットで知ってしまった
のですがスカパーでゲームセットまで見ました。
選手用のコメントも微妙に変わって
おもしろいです。

KIMG3430.JPG

これは7回表のパーフェクトが意識され始めた
ときのコメント。


ところがこの先頭打者にフォアボールを出した瞬間
KIMG3431.JPG
変わりました。
仕事が早いです(笑)

通常このコメントは番組側が用意していて
最初から最後まで同じものが使われるのですが
今日のように記録がかかった試合では
随時変更されます。



ちなみに、パーフェクトが意識される前の
山口投手のコメントはというと・・・

KIMG3443.JPG

かなりどうでもいい情報です(笑)


これで6連敗でとりあえず打ち止め
この後はCS目指して
勝ちまくってくれることでしょう。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2018年07月26日

戸田市の英断2

3ヶ月ほど前に戸田市の英断という記事を書きました。

⇒ こちら

このときの続編となります。

今日の埼玉新聞1面に掲載されていた記事によると、
夏休みの戸田市では翌日の最高気温の
予報が35度を超えた時点で、翌日の屋外活動は
全面禁止になるとのことです。

屋外活動とは外での部活はもちろん
体育館であっても冷房がなければ活動禁止です。
体育館に冷房がある中学はないでしょうから
実質運動系部活動の全面禁止ということです。
仮に予報が35度に達していなくても
当日35度以上になりそうなら冷房の効いて
いる部屋に速やかに移動すること。

この決定は大変な英断だと思います。
国や県に任せていればいつになるのか
分かりません。
大きな事故が起こってから動くのを待っていても
遅いのです。

学校に任せるなどと悠長なことを
言っている場合でもありません。
ほとんどの先生は生徒のことを考えてくれる
でしょうが、生徒の命よりも顧問としての評価を
優先する不適格教師はどこの学校にでもいるでしょう。

かといって生徒や家庭の判断に任せればいいか
というとこれにも問題ありです。
なぜなら、一部の「やたらと」熱心な
顧問や保護者からは
猛暑で休むと言ったら、気合いが足りないとか
試合に出さないといった雰囲気になり、結局は半ば
参加を強制されることも想像できるからです。


そうならないように
上(教育委員会)が決める必要があるのです。


残念ながら川口ではそういった動きは
まだ見られません。
戸塚中でもあいからわず猛暑の中
熱中症で倒れる生徒が後を絶ちません。

もちろん中学生にとって部活は大切な
活動のひとつです。
これを否定するつもりは毛頭ありませんが、命の心配
をしながら行う部活動など愚の骨頂ということです。
全国の顧問の先生や教育委員会の方々にも
早くこのことに気づいてほしいですね。

ひとつでも多くの自治体が戸田市に続く
英断を決することを期待します。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの