2019年04月20日

中1理社スタート!

学校の新学期が始まり2週間がたちました。
新学年のクラスには慣れたでしょうか?
塾の方も新メンバーが加わり
ますます活気が出てきました。

中1の授業も昨日が4回目ということでこの学年では
初めてとなる理科と社会の学習を行いました。
英語と数学はテスト範囲の大半を終了しているので、
理科や社会の時間をとることができます。

理科は生物(植物)です。
大昔のいい方だと2分野です。
顕微鏡の使い方や微生物について教えました。

社会は地理で六大陸と三大洋
それに緯線や経線の説明を。

社会は学校によって地理だったり歴史だったり
するので、塾で学校に合わせるのは不可能に
近いのですが、うちの塾は戸塚中限定なので
何の問題もなく取り組めます。

中1から塾生全員が理科と社会を学習する塾は
結構珍しいと思います。

理科も社会も小学校である程度習っているはずですが
塾生に確認するとどうにも要領を得ません。
よって小学校で習っているという前提をないものと
考えて、私も新しく教えるつもりでいます。

中間テストまであと1ヶ月ですが
連休があるために、学校に行く日数は実は
あと15日しかないのです。
その毎日で5教科とも授業があるわけではないので
テスト範囲はかなりせまくなりそうですね。
去年の英語のようにリスニングが50点とか
ものすごい問題になるかもしれません。

私はこのブログで10年以上前から書いていますが
中1は1学期の中間テストはなくても
いいのではないかと思っています。
(中2・中3は前の学年の内容も出せます)
実際テストを行わない学校もチラホラ見られます。

中1の皆さんにとっては初めての中間テストで
緊張するかもしれませんが、普段からしっかり
勉強していればそれほど恐れることはありません。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年04月19日

小テスト結果2

昨日に続いて中2の小テストの結果を。
こちらはまだ過去分詞は必要ないので
動詞の意味と過去形を覚えてもらいます。
毎回15問×2 で30点で計算します。

昨日と同様に、平均点がよかった塾生は

Tさん 平均30.0点 (240点/8回)
Iくん 平均30.0点 (210点/7回)
Oさん 平均29.9点 (239点/8回)
Wさん 平均29.8点 (179点/6回)
Nさん 平均29.7点 (208点/7回)
Sさん 平均29.6点 (207点/7回)
Tさん 平均29.5点 (236点/8回)
Nさん 平均29.5点 (236点/8回)
Sさん 平均29.3点 (205点/7回)
Mさん 平均29.0点 (203点/7回)
Yくん 平均29.0点 (232点/8回)

以上11名が、平均1ミス以内に収めた生徒です。
満点の2名はお見事です!

何度か書いているように、この学年(青ジャージ)は
学校の英語の成績もまずまず優秀です。
上の11名中10名は小学生の時から在籍してます。
つまり小学校のころからの小テストで慣れているため
単語を覚えることくらいはお手の物でしょうか。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年04月18日

小テスト結果

春期講習から3週間にかけて中3生には
英単語の小テストを実施しました。
動詞の意味と過去形と過去分詞です。
過去分詞は中3で3回登場します。
よって形をしらないと文章が作れません。
毎回10問×3 を8回に分けて行いました。
欠席などで全8回受けていない生徒もいるので
平均の高い順に掲載します。

ということで全8回の小テストの記録です
Tくん 平均30.0点 (210点/7回)
Nくん 平均29.9点 (239点/8回)
Wくん 平均29.7点 (178点/6回)
Yくん 平均29.4点 (206点/7回)
Uくん 平均29.4点 (235点/8回)
Tくん 平均29.1点 (233点/8回)

ここまで、平均で1ミス以内に収めた生徒です。

理科や社会と違って、覚えたからと言って
即テストの結果に結びつくものではありませんが
漢字と同じように英単語というのは
一つでも多く覚えておいて損はありません。
後から覚えようと思ってもなかなか大変なので
今のうちにできるだけ多く覚えておきましょう。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年04月13日

入塾ラッシュ

ここ1ヶ月ほど、入塾の問い合わせが
相次いでいます。
新聞の折り込み広告をご覧になった方
塾生(元塾生)の弟妹
塾生の保護者の方のお知り合い
経由がほとんどですが、問い合わせのあと
見学されて、今のところ見学に来た生徒の
100%入塾となっています。

私は見学(体験)といっても
お客様扱いはしません
他の塾生と同じように接し
他の塾生と同じように質問もし
問題にも答えてもらいます。
もちろん分からないものは分からないで
かまいません。
大事なことは、分かる分からないよりも
自分で意思表示できるかどうかです。

体験のあと、この塾でならまじめに
勉強できると思ってもらえたのかどうか
そのまま入塾となっています。
見学に来た生徒の中には、今まで他の塾に
通っていた生徒や、複数のいろいろな塾を
見学して決めるという生徒もいますが
ありがたいことに、うちの塾を見学した生徒は
みんな入塾してくれています。
他の塾と何が違うのか、私には分かりませんが
当人たちには分かるのでしょう。

先ほど書いたように、お客様扱いなどせずに
私は普通に接しているだけです。
それに、問い合わせや見学をしたら
塾から営業が来るかもと思われるかも
知れませんが、うちの塾では見学の段階では
住所も電話番号も聞きません。
聞くのは名前だけです。
よって、電話勧誘もハガキも出しません。
あとは本人とご家庭の判断にお任せしています。

この1ヶ月で
新小5から新中3までのすべての学年で
新メンバーが加わることになりました。
これはうちの塾では珍しいことです。
何度か書いていますように、当塾では
入塾のほとんどは2月〜4月に集中しています。
おそらく学年が変わるこの時期まで待って
問い合わせていただいているのだと推測します。

ということで4月13日現在の
募集受付状況を掲載しておきます

新小学5年生 授業開始しました 絶賛受付中
新小学6年生 まもなく新規受付を終了します
新中学1年生 あと4〜5名程度
新中学2年生 現在新規受付は見合わせております
新中学3年生 まもなく新規受付を終了します

ということで、現在受付中なのは
新小学5年生と新中学1年生です
6年生と中学3年生はまもなく終了します
よろしくお願いいたします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年04月12日

いろいろ

◆痛い

今日は朝(というか昼)起きると同時に
左足に激痛が
前日に特に運動したわけでもなく、痛くなる理由も
なく余計に心配になります。
もしかして、痛風とか疑いましたがネットで
調べると痛風は親指あたりが痛くなるそうで
私が痛いのは左の足首からかかとにかけてです。
とりあえず今日は1年前に左手を負傷したときに
もらったロキソニンテープが残っていたので
それを貼って安静にしたいと思います。
とにかく歩くのも大変で、特に階段の上り下りは
困難を極めます。

左足といえば、軸足です。このまま痛みが
続くようだとちょっと困ったものです。


◆地理常識?

今日は中1の授業でした。
数学も英語のあとで社会(地理)のワークの
小学生の復習のページに取り組みました。

が、小学生の復習と書いてある割には
塾生たちの理解度がほとんどゼロに近く
ちょっとおどろきました。
日本の山脈とか川とかをほとんど
知らないのです。
聞けば小学校では習っていないと。
塾では小学生の社会は扱っていないため
学校でどれほど習っているのかは知りませんが
もう少し知っていてもいいかなと思いました。

ためしに、問題に載っていないことを
矢継ぎ早に質問してみました。
県名などはまあまあ知っているようでした。

ちなみに、日本一大きい湖は?
には琵琶湖と答えられましたが、
では、二番目に大きい湖は?
には誰一人答えられません。
まあ、これは中2でも中3でもほとんど
知っている人はいないと思います。

ものすごい偶然ですが、ちょうど同じくらいの
時間にNHKで放送されていたチコちゃんに
叱られる でもまったく同じ質問
「日本で二番目に大きい湖は?」が
されていて街の人もほとんど知りませんでした。
(正解は、茨城県の霞ケ浦)

この学年も英語はほぼ完ぺきですが
他の教科については未知数です
これからいろいろと教えていきたいと
思います。


◆だいぶ慣れた

その中1、従来の小学生クラス(全員女子)と
中学準備講座から参加した生徒(全員男子)が
合流して二日目の授業。
小学校もちがうし、慣れるまでには相当時間が
かかるかと思っていましたが
二日目にして、少しずつ会話をするように
なりました。
これは大変いい傾向です。

うちの塾は集団塾で、全員が同じ中学のため
慣れるのは比較的早めです。
その結果知らず知らずのうちに、社会性や
協調性が身についているようです。
自分のことしか考えていないという塾生は
ほとんどいません。

社会性や協調性というのは、勉強とは別に
これから先の人生でも必要なものです。

最初から、明るく素直で社交的な生徒が塾に
集まっているのか、塾に通ううちにそうなるのか
定かではありませんが、いずれにしても
うちの塾生はそうじて協調性のある生徒が
多いように思われます。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年04月11日

2000

この記事が、このブログの2000個目の
記事らしいです。
実際にはこのブログの前に誤って削除してしまった
ブログもあったので、合わせるといくつなのかは
私にも分かりません。
まあ、特に毎日続けることにこだわっている
わけでもないし、このブログを塾の営業に
使おうとも考えていないのでこれまで通り
ボチボチ書いていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2019年04月10日

年間予定表

今日は水曜日で中2の授業の日でした。
今週からこの学年は水曜と土曜になります。
うちの塾の中学生は学年によって曜日を固定
しています。
中1は、火曜と金曜
中2は、水曜と土曜
中3は、月曜と木曜(2学期以降は土曜も)
で、進級すると塾に来る曜日も変わります。
つまり現中2も来年は月木に変わります。

この学年は塾内で一番塾生の多い学年で
すでに新規の受付は終了しています。
18年目ですが中1の終わりで募集終了した
記憶はほとんどありません。
ひょっとしたら初めてかもしれません。
それだけこの学年は塾での勉強に対して
真剣に考えている生徒が多いということです。

今日学校で年間予定表をもらったと
いうことなので早速見せてもらいました。
もちろん暫定的なものなので変更はあると
思いますが、私がチェックしたのは
5回の定期テストと3年生の校長会テスト
さらに水上と修学旅行の日程です。

今年の定期テストの日程は塾としては
かなり理想的な日程となっています。
おそらく近隣の塾の先生も同じ感想だったのでは
ないでしょうか。
ただ他の中学のテストの日程までは
分かりません。 あくまでも戸塚中の日程です。

他の中学の生徒も同時に教えると、
テスト対策を何回も行う必要があり
塾としては二度手間三度手間となり
塾生にとっても、自分の学校だけの対策を
やってもらえるとは限らない可能性があります。

内申つまり高校入試には定期テストが
大きなウェイトを占めます。
それを考えると、中学を一つに限定すると
いうのが最も効率的な定期テスト対策だと
断言できます。

また、この学年はかねてからの噂どおり
8クラスになりました。
マンモス校戸塚中の中でももっとも生徒数の
多い学年です。
はたして塾生の皆さんが何組になったのか
興味津々に聞いてみると、こちらも1年生同様
全クラス制覇とはなりませんでした。

ということで2年3組の皆さん・・・
と書こうと思いましたが、この学年は
すでに新規の受付を締め切っていました。

まあ7クラスに在籍しているので
いろいろな情報は入ってきます。
できれば1クラスに塾生全員が固まって
くれたほうが楽でしたが、それだとそのクラスだけ
クラス平均が他より100点くらい高くなるので
さすがにありえないでしょう。
この学年も春期講習から2年生の内容に入っており
英語と数学はまもなく区切りの1単元を修了します。

来週あたりから社会と理科も始めたいと思います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年04月09日

20期生・22期生初めての

今日は火曜日で新しい1学期二日目の授業です。
夕方は5年生。
当塾としては22期生にあたるこの学年の
最初の授業日でした。
女子2名、男子3名ですが
女子は2名とも塾生(元塾生)の妹で
男子は1名が元塾生の弟で、あと2名は塾生の
保護者の方のご紹介です。
つまりすべての生徒が今までの塾生との
つながりから来ています。
綾瀬小が3名で、東小が2名です。

初日ということで緊張もあったかと思いますが
休み時間には5人でトランプをしたりして
初日からなかなかいい雰囲気でした。
うちの塾は集団指導の塾なので、教室の空気と
いうのが大切です。
みんな自分のことしか考えていなくて
ギスギスしていると私も授業がやりにくいのですが
幸いなことにどの学年も、生徒たちの雰囲気は
上々だと思います。

今日は初日なので、授業の前にいろいろと
注意事項を話しました。
当初に比べてここ数年は小学生クラスから継続
して高校受験まで在籍する塾生が多く、
小学生のうちに勉強に対する心構えなどを
話しておくのです。
そうすると中学生になったときに私から
いろいろと言わなくてすむので
私も助かります。

初日は5名からのスタートでしたが
授業後早速、今日授業を受けた塾生のお知り合い
という方から参加したいという問い合わせがあり
来週は今のところ7名になる予定です。


夜は20期生(中1)の授業でした。
この学年は3月までは小学生クラスとして
夕方に授業を行ってきました。
小学生クラスから継続した生徒と
中学準備講座で参加した生徒が合流しました。
準備講座には3名参加していましたが
3名ともこの塾でそのまま勉強したいという
ことで今日から1つのクラスとなります。
今までは綾瀬小・東小・北小だった所属が
今日からは全員戸塚中所属の塾生です。
先日書いたように、今年の1年生は6クラスと
近年では最小のクラス数です。
塾生のクラスを聞いてみると、全クラス制覇とは
なりませんでした。
ということで1年5組の皆さんの入塾を
お待ちしています(笑)

毎年そうですが、中1の最初の授業は妙に
塾生たちのテンションが上がります。
今年も同じでした。
今までと時間帯が違うというのがいちばんの
原因です。
学校終わってから、夜も友達と会えるのが
楽しいと話している生徒もいましたが
なかなか正直ですね(笑)
もちろん塾は勉強をすることが目的ですが
同じ勉強をするなら、楽しく和やかな雰囲気の
方がいいのではないかと私は思います。
あとは楽しいけれど、うるさくならないように
するのが私の役割です。
そのあたりは経験の浅い学生講師とは
違いますので分かっているつもりです。

うちの塾は中1の1学期から理科も社会も
塾生全員が学習します。
これが入塾のきっかけになっていると保護者の
方に言われることもしばしばです。
この学年も今までは英語と数学がメインでしたが
来週あたりから社会と理科も始めます。
社会は学校によって地理だったり歴史だったり
するために塾でそれに合わせるのは難しいのですが
戸塚中限定にしているとその心配も不要です。

中間テストまであと1ヶ月と少しです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年04月07日

春休み終了!

短かったような長かったような春休みも
今日で終了という人が多いようです。
塾の春期講習も昨日で終わりました。

中学や高校に進学する皆さんは
緊張がピークに達していることだと思います。
特に高校は中学と違い、クラスメートのほとんどが
知らない生徒ばかりになります。
逆に楽しみという人もいるでしょうか。

ちなみに私が高校に入学するときは
高校の先生から極太の釘を刺されていました。
説明会で、春休み中は1日9時間勉強しなさいと
言われていたのです。
高校の入学式の日は、入学式後に課題テスト。
翌日は県下一斉テストという佐賀県の普通科の
ほぼすべての生徒がうけるテスト。
その翌日からは、阿蘇へ3泊4日の勉強合宿という
超ハードスケジュールで緊張する暇さえ
ありませんでした。

まあ、その勉強合宿のおかげで
クラスの友だちと仲良くなることができました。
オリエンテーション的な意味合いも
あったのでしょう。

当時と違って今はスマホがあるから
入学式前ですでにLINEグループとか
できているのでしょうか。

塾でも明日からは1学期の時間割になります。
早速学校での新しいクラスを聞いてみたいと
思います。
噂によると次の中2は8クラスに増えるとのこと。
逆に中1は6クラスとの話も。
戸塚中の1学年が6クラスというのは
私の記憶にはありません。
普通の中学では6クラスでも十分多いほうですが
戸塚中は県内でも有数のマンモス校です。
生徒が多すぎて2つに分かれて(戸塚西中)
今ではどちらも1学年7〜8クラスずつ。
つまり分かれていなければ10クラス以上と
いう少子化など無関係の地域です。
それなのに6クラスとはこれはもう事件です。

塾生の皆さんははたして何年何組になるかな?
3学年 21クラス中21クラス
塾生でコンプリートできるでしょうか?
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年04月06日

朝ドラ

4月はテレビの改編期です。
仕事の関係でゴールデンタイムの番組などは
まったく見ることがありませんが、録画している
番組でも少々変更があるようです。

一番は朝ドラです。
3月でまんぷくが終了し4月からはなつぞらが
始まりました。
なつぞらは100作目ということでNHKが
相当力をいれているようです。
今のところ子役ターンですが、次週予告を見ると
来週からいよいよ主役が登場します。

まんぷくはかなり楽しめました。
これで完走朝ドラは6作目になりますが
個人的に楽しめたランキングは

あまちゃん
まんぷく
かりん
ひよっこ
わろてんか
半分、青い。
(※個人の感想です)

となりました。
他は見ていないのでよくわかりません。

並べて書くと味気ないですが
個人的な感想を相撲の番付風でいうと上から
横綱
関脇
小結
前頭
序二段
序ノ口

といったところでしょうか
(※個人の感想です)

半分、青い。 のあとだったからというのも
ありますが、まんぷくは結構面白かったと
思います。
ドラマは良くも悪くも脚本次第です。
まんぷくの勢いそのままに、なつぞらの視聴率も
好調のようです。

そういえば、先週ひよっこ2が放送されました。
もちろん全話録画して見ました。
2年たっても変わらず平和な様子でした。
この何もない幸せを見ることで、改めてこの
ドラマの良さを再認識しました。
ドラマだからと、何も波乱万丈を演出する
必要はありません。
朝から重い話を見たくないと思っている
人も多いと思います。

また数年後に、ひよっこ3を放送してほしいと
思う今日この頃です。

願わくば、あまちゃん2もと思いますが
無頼鮨を一切なかったことにしても
こればっかりは無理でしょうね。

あと、最近は話題にすらならなくなった大河ドラマ
結局1話も見ずに挫折してしまいました。
例年なら、録画して実際に見てみて挫折という
パターンですが、今年の大河(タイトル失念)は
録画はしたもののちょっと見る気にはなりません
でした。
来年に期待です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2019年04月05日

元塾生たち

うちの塾は2002年にスタートして今年で18年目
最終在籍者だけでも200人以上の戸塚中生の
勉強を私ひとりで見てきました。
現在も30人以上の戸塚中生が在籍しています。

新元号が発表されましたが、当塾の第1期生と
第2期生は昭和生まれです。
(2期生の1月8日生まれからが平成生まれ)
私は突然今の塾を始めたわけではなく、
大学生のときのアルバイトとして別の塾で講師を
していました。 もちろんそのときの塾生は
みんな昭和生まれで、最初に平成生まれの塾生が
来たときはジェネレーションギャップを感じた
ものです。

前にいた塾は閉鎖になったので、
近くで新しく塾を始めることにしました。
その後は2000年生まれが塾生になったときが
2番目のジェネレーションギャップ。

そして3番目は10数年後でしょうか。
いつの日か令和生まれの塾生が誕生するかも
しれません。
そのときまで塾をやっていればの話ですが(笑)

うちの塾は開塾以来、すべての塾生の
すべての教科の授業を私が担当しています。
よって塾を修了した後でも、塾に来れば
確実に私がいます。
このあたり一般的な塾と違うところです。
ほとんどの塾では私がそうであったように
大学生のアルバイト講師が授業を行っているため
数年したらたいてい塾をやめています。
また、社員の場合は異動もあります。

その点、私は異動する場所もありません。
よって毎年、昔の塾生が顔を出してくれます。

今日も高校生になったばかりのNさんが
早速高校の課題で難しすぎる問題があるといって
質問に来ました。
この学年は先週も別の生徒が勉強にきました。

昨日は、1学年上のTさんとKさんが
犬の散歩のついでに塾に顔を出しました。
犬の散歩のついでに寄れる塾は
なかなかないと思います(笑)

先日はこの春高校を卒業したOくんとKくんの
バスケ部コンビが。
3年ぶりだったので瞬間的に気づきませんでした。
この学年はいまだにLINEグループに多くの生徒
が残っているため、進路先を聞いてみました。
実際に塾に顔を出して教えてくれた生徒もいますが
ほとんどが大学に進学し、専門学校に行く生徒も
数名。 みんな次の進路が決まってつかの間の
春休みを楽しんでいるようです。

そういえば2週ほど前には当時高2だった
生徒3人も塾に顔をだしました。
3人とも高校はバラバラなのでなかなか会う機会も
ないようで、前回会ったのも塾です(笑)
塾が待ち合わせ場所になっているようですが
私としては一向にかまいません。
1年ぶりくらいに会ったらしく、
2時間ほど話が弾んでいるようでした。

毎年のように元塾生が顔を見せてくれると
当時のことが思い出され、また現在の状況も
聞けるので私としても嬉しくなります。

うちの塾生は在籍期間が長いため
(最低でも1年で平均したら3年以上)
高校生になっても大学生になっても私も結構
塾生のことは覚えています。
またそれだけ長い期間勉強した塾だからこそ塾生
たちも気兼ねなく顔を出せるのではないでしょうか。

これからも遠慮なく塾に顔を出してほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年04月04日

今年こそは!

4月は学生にとっては進級、進学の季節ですが
野球ファンにとっては半年待ったプロ野球の
開幕の時期でもあります。
今年もペナントリーグがスタートしました。
野茂やイチローの影響でメジャーにも興味を持つ
ようになりましたが、やはり日本のプロ野球の方が
好きです。
巨人ファン歴30年以上の私としては優勝から
遠ざかっている巨人に今年こそは優勝して
ほしいものです。
開幕1週間ほど見ていて、
なんとなく期待できそうな雰囲気です。

移籍してきた丸と岡本の調子がよく
それに陽と坂本とゲレーロが本来の調子を出せれば
もう8月にはマジックがでるのではと
期待に満ち溢れています。

今年こそは久々に優勝できそうで
久々に試合を見に行きたいと思う今日この頃です。
元塾生から東京ドームの巨人戦を見に行ったと連絡を
受けてうらやましいことこのうえありません。

今年の巨人の有力選手の予想をしておきます
吉川尚 打率 3割  盗塁20
坂本  打率 3割3分 20HR
丸   打率 3割3分 30HR  90打点
岡本  打率 3割   35HR 100打点
ゲレーロ  25HR  80打点

菅野  15勝
高橋優 10勝
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2019年04月02日

面談終了!

3月上旬から実施していた塾の三者面談
昨日ですべて終了しました。
保護者の皆様におかれましてはお忙しいなか
お越しいただきありがとうございます。
案内をお渡しした2月時点で在籍していた新中1から
新中3の全塾生・全ご家庭を対象に行いました。

1学年30人も40人もいるとさすがに全塾生を
対象に行うのは難しいと思いますが、うちの塾は
1学年10人程度なのでなんとか可能です。

説明会形式にしたら1度で済みますが
生徒個人個人やご家庭で考えは違います
私も塾生全員やご家庭での考えを聞きたいですし
これからも三者面談は実施していく方針です。

新中1には中学での心構えなどを話しました。
また例年通り、中学での学習面での
目標も聞いています。
半分以上とか100番以内とか50番以内とか
上位1割とか個人個人でバラバラですが
その数字を達成できるかどうかというよりも
成績に関心をもってもらうことが目的です。

一般的に新中2は気の緩みが表れることが
心配されますが、うちの塾の新中2は半数以上が
すでに塾に通い始めて3年経過しています。
よってそれほど心配していません。

むしろ心配なのは新中3の方です。
こちらは下の学年とは違って
半数以上が中学になってから入塾した生徒たち。
よってまだまだ私の方から、勉強に対する
意識付けをする必要があります。

今回の面談が少しでも役に立ってくれれば幸いです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年04月01日

新元号

今日は日本中が注目する新元号が発表されました。
私も新番組の「なつぞら」が終わってから
ずっとテレビの前で待機していました。

新元号は「令和」
おそらく多くの人の予想外だったと思います。
いろいろなところで予想している人を多く
見ましたが、元号を当てるのは相当難しいです。
なぜなら、ご存知のように元号は従来中国の古典
から採用されてきました(今回は日本の万葉集)
しかも、ただの熟語ではなく文中に出てくる
漢字二文字をくっつけて創るというのがこれまでの
パターンです。 要は造語です。
今までにない言葉ですから、
これを予測するのは無理だと分かっていたため
私はあえて予想をしませんでした。

聞いたときは違和感があったと思います。
今までにない言葉ですから当然です。
30年前に小渕官房長官から発表された平成を
聞いた時もおそらく違和感の方が多かったでしょう。
それでも何度も使っていくうちに徐々に慣れました。

令和もすぐに慣れると思います。

それよりもむしろ発音の方が気になります。
菅さんが発音したように、「れ」にアクセントを
つけるのか「昭和」のように平板読みをするのか。
今のところ前者が多数派のようです。
ただ昭和も二通り読み方がある気もします。
まあ読みやすいほうでいいでしょう。

あと字体ですね。
「令」「冷」「鈴」「領」
ふだん意識しなくても
漢字によって微妙に違う書き方を
している気もしますが、これも
どちらでもよいようです。

平成もあと1ヶ月で終了と聞くと
なんだか名残惜しい気もします。
ますます昭和は遠くなりにけり。
昭和生まれとはいえ、物心ついてから考えると
昭和の記憶など10年もありません。
平成は30年まるまる記憶があります。
もちろん自分の人生においては、平成の方が
長く生きています。

昭和から平成に変わったときには年を取った気が
しましたが、不思議と今回はそういう気はしません。
ちなみに塾生たちは、平成から令和に変わると
年を取った気がするそうです(笑)
なんとなく気持ちが分かります。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2019年03月31日

お問い合わせありがとうございます

以前書いたように当塾では入塾の問い合わせの
ほとんどが2月〜4月に集中しています。
今年も例年通りお問い合わせをいただいています。
ありがとうございます。
この2ヶ月で新小5から新中3までのすべての学年で
合計10名以上の方に資料をお渡ししました。

通常塾といえば2月から3月にかけて受験生が
受験とともに塾を修了することが多く
新学年に向けてその人数を補充しなければ
やがて塾生がだれもいなくなってしまいます。

当塾も2月で17期生10名が修了しましたが
ありがたいことに当塾で勉強したいという方が
すでに10名以上となりました。

おかげさまで18年目も
つつがなく運営できそうです。
改めてお礼を申し上げたいと思います。
また、新メンバーとなった塾生たちの
期待に応えられるように私も気合を入れて
授業を行うつもりです。
よろしくお願いします。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年03月30日

採点マシーン

春期講習の前半が終了しました
新中2、新中3ともこの春期講習では
英語数学を中心に学習しています。
いずれも新学年の内容です。

また時間があるこの時期に基礎を固める
必要があります。 
そのために毎回小テストを実施しています。
英語は過去形(中3は過去分詞も)
数学は文字式の計算です。
できあいのものではなく、
毎回私がPCで作成しています。
英語は単語を覚えるだけですが、
数学は解き方を理解しているのかどうか
毎回の小テストをチェックすれば一目瞭然です。

毎回英語は30問 数学は10問です
中2・中3あわせると1回につき1000問を
超える丸付けをしなければなりません。
1週間で3000問を超えます。
なるべく早く塾生に返却するために
その日のうちに採点は済ませるようにしています。

おかげで塾生たちの苦手な部分が分かります。
これをもとに次の授業の説明にいかします。

苦手だった新中2の数学も徐々に形に
なってきました。
今後の数学、少しは期待できそうです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年03月27日

塾を休んで打ち上げ?

今日は夕方に中学準備講座の四日目
夜は新中3の春期講習二日目でした。

中学準備講座の方は、英語を中心に
結構なペースで進んでいます。
同じ学年の塾生たちは1年も前から英語の学習を
しているわけですから、少しでも追いつくためには
生ぬるいペースでは何日あっても足りません。
今のところ参加者3名ともなんとか頑張って
ついてきているようです。

夜は新中3の春期講習二日目。
すでに中3の内容に突入しています。
春休みは学校からの宿題もほとんど出ない
でしょうから、塾で勉強するしかありません。
宿題、小テストともにガンガンいきます。
しかも週三日授業なので塾生にとっては春休みだから
といってダラダラしている場合ではありません。

私は基本的に塾生のことにしか興味は
ありませんが、全員同じ中学なので
嫌でもその中学の話は耳に入ってきます。
聞けば、修了式の昨日から今日にかけては
打ち上げと称したイベントが行われているようです。

学校では禁止になっているとも聞きますが
定かではありません。
私の記憶が確かなら、数年前には
某学年の某クラスでは担任の先生が打ち上げを
企画したこともあり、いったいどうなって
いるのか全く不明です。

さて、たまに見る塾ブログによると
この打ち上げと称したバカ騒ぎは
どこの地域でも行われているようで
塾の先生の悩みの種となっているようです。
タイトルに書いているように、塾を休んで
打ち上げに参加する生徒がいるからです。

幸いうちの塾生は、昨日も今日も欠席なく
全員塾に出席しました。
本人の意志がしっかりしているのか
保護者の方からの指示があったのか
いずれにしても塾の授業も滞りなく行えます。

が、他の塾では塾を休んでまで打ち上げに
参加する生徒もいるようです。
しかも親には内緒で自分で欠席連絡をして
授業は振り替えてもらっているとか。

ちなみにうちの塾では、
生徒本人による欠席連絡は認めていません。 
こういう事態を想定してのことです。
もちろん授業の振り替えもありません。

ある程度まじめに学習する意志がないと
うちの塾では長く続きませんよ
ということを付け加えておきます。

休みがちな生徒はやはり長続きしません。
それは今までの傾向からもはっきりしています。


そう考えると、すでに3年も4年も通っている
生徒が多い今の塾生は、そこそこまじめな
生徒たちであるといえるでしょうか。

まあ、打ち上げと塾での学習の
どちらを優先するかという次元の低い選択で
打ち上げを選ぶということは、所詮
その程度の意識しかないということです。

すでに締め切っている学年もありますが
うちの塾で勉強を希望されている方は
そのあたりは覚悟のうえでの
入塾をお願いいたします。

塾の授業よりも打ち上げを優先したいと
考えている方は、そういう塾に
行ってください。
(そういう塾があればの話ですが)

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年03月26日

13名中10名

昨日の新中3に続いて今日からは新中2の春期講習の
スタートです!
春期講習といっても、メンバーはいつもと一緒で
教えるのも相変わらずの私(塾長)です。

塾としての春期講習の位置づけは
新学年の学習のスタートです。
新中2も新しいテキストを渡しました。
今日は英語と数学です。

何度か触れているようにこの学年は数学に若干の
不安があります。
ということで春期講習は数学に特に力を
入れていきたいと思います。

今日は修了式ということで通知表の記録を
記入してもらいました。

埼玉県の公立高校入試では中1の成績も
影響します。
そのあたりの話は塾生に何度もしています。
面談でも話しています。

もちろんいいに越したことはありません。

この学年は小学生からの継続が13名でこの数は
小学生クラスを設置してから最多です。
おかげさまで新中2はすでに新規の受付を
締め切っている状況です。

この13名の通知表
さすがに得手不得手は見られますが
英語に限定してみると13名中10名が、
学年総合(つまり1年の内申)でも5でした。
残り3名は4です。
19期生は相変わらず頑張っているようです。

繰り返しますが、埼玉の公立高校入試には
中1の内申も点数の一部として使用されます。
この時点で5をとれるということはすでに
リードしているということです。

もちろん内申は9教科の合計で決まるので
1教科だけではどうしようもありませんが
1教科でも得意教科があるとそれだけで有利に
はたらくことは言うまでもありません。

この調子で2年生でもがんばってほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年03月25日

春期講習スタート!

塾の日程では今日から春期講習が
スタートしました。

とはいえ、内部生にとっては
何か目新しいことが始まるわけでは
ありません。
週の授業日数が増えるくらいです。

あえて春期講習という日程を設けているのは
一つは外部生向けです。
塾に入るタイミングとして春期講習からは
ちょうどいいからです。
もう一つは授業内容です。
この春期講習から新学年の内容に入ります。

塾生たちにも新しいテキストを渡しました。
今日は中3の授業でした。
まずは数学と理科の中3ワークを渡しました。
今日渡したのは2冊ですが
毎年そうであるように、1年間で渡すテキストは
全部で20冊以上になります。

最近の塾専用教材はよくできていて
どれも私が厳選したものです。
使用する教材会社も複数(5社以上)になります。

大手の塾やフランチャイズの塾などでは
教材も塾の売り上げの一部となっている
ところも多いため自社教材を使うところも多い
ようですが、組織に属していないうちの塾の場合
教材の選定もすべて私の判断で自由にできます。
塾生たちにはいい教材で、多くの知識を
身に着けてほしいと思います。

ちなみに春期講習費は外部生は無料です。
これは多くの塾でもよくある話ですが
うちの塾の場合、内部生も無料です。

だったら講習自体をなくしてもいいのですが
先に挙げたような理由で便宜上
春期講習という形にしています。

学校からの宿題は皆無に等しい春休み
ここで定期的に勉強する習慣がある人と
ここぞとばかりに遊びまくる人
どちらが1学期の学校の授業についていけるか
言わなくても分かりますよね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年03月15日

卒業おめでとう!

今日(3月15日)は埼玉県のほとんどの中学で
卒業式が行われました。
卒業生の皆さんおめでとうございます!

最近は卒業式の後で写真撮りまくるようです。
保護者の方にスマホを持ってきてもらうのでしょう。
写真を撮れば撮るほど名残惜しくなると思いますが
何枚でも撮っていたいという気持ちも分かります。

この時期になると自分自身の卒業式のことも
思い出されます。
が、今時の中学生とは隔世の感があります。
一応触れておきますと私(塾長)が中学を
卒業したのも皆さんと同じ平成です。
平成初期なのか平成最後なのかの違いです。

卒業証書も今は立派なものですね。
私の時は当然スマホもデジカメもない時代で
クラスメートと写真を撮った記憶もありません。
今の中学生が少しうらやましいです。

春休みには中学の友だちと遊びまくると
思いますが、いずれ高校の説明会に行き課題を
渡され制服が届くといよいよ高校生です。
皆さんの高校生活が素敵なものになると
いいですね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの