2020年08月26日

クイズ

塾では毎月クイズと称して
塾生に問題を書いたプリントを渡しています。
内容は勉強のこともあればなぞなぞのような
ものもありますが、提出は任意で
まあ遊びみたいなものです。

なぜこういうのを渡すかというと
私自身がクイズが好きだからです。

今は経費削減のためにやたらとクイズ番組が
ありますが、ほとんどは芸能人とか東大生が
答えるものではっきり言って面白くありません。

ところが、昔は視聴者参加型のクイズ番組が
山ほどあって私もいつか出たいと
思っていたものです。
一般人だから芸能人のようなリアクションは
期待できませんが、それはそれで
見ていて楽しかったものです。

高校生になったら高校生クイズ
大人になったらウルトラクイズ
いつでもいいからアタック25
小中学生の時の三大目標でした。

しかし高校生クイズは予選の日が県下一斉の
模試の日とかぶり先生から却下され
ウルトラクイズはいつの間にか番組自体が
終了していました。

アタック25は高校生大会には
二度ほど予選に出場しましたが
いずれも最終予選(面接)まで行って
あえなく落選。
こっち(埼玉)に来てからはそもそも
予選にすら参加できません。
さすがに佐賀と埼玉では競争率が違いすぎます。

それでも何度か参加した予選では
面接まで行ってもそのあとがなかなか大変です。
本番まで行く人は面接の対策まで
しっかりやってきているようです。

最近はコロナもあって予選の応募すら
していませんが、落ち着いたらまた
応募してみたいと思います。

さて、先月塾生に渡した問題はこちら

202008.png

5問のうち4問正解したら豪華粗品ゲット!
豪華粗品という矛盾した言葉につっこむ
ことは禁止です。

テストなどで何度も景品ゲットできる
中学生と違い小学生はこのクイズが
数少ないチャンスです。
提出する生徒は毎回小学生の方が多めです。
8月は小学生12名 中学生6名 景品ゲット!

自分でわからなければお兄さんお姉さん
お父さんお母さんといっしょに考えたり
なかには学校の先生に聞いている生徒も(笑)

景品は定期テストと同じです
画像はずいぶん前のもので今は
また別のものも。

KIMG3338.JPG

KIMG3339.JPG

KIMG3340.JPG

1511972453539.jpg

1511972443544.jpg

1511972434361.jpg

次のクイズの締め切りは9月12日です。
さあみんなで考えよう!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月25日

夏休み終了

何から何まで異例尽くしの今年の学校行事ですが
夏休みも終了し昨日から学校の授業が再開
されました。
川口市内は今週いっぱいが1学期扱いとなり
金曜日に通知表が渡されることになっています。
来週の火曜日からはすぐに2学期です。

塾の方は、中3はまだ夏期講習の途中です。
学校が始まっても、塾生は全員同じ中学なので
それほど困ることはありません。
予定していた単元はきちんと終わらせます。
学校の方が進んでいる教科も出てきますが
こちらも来週には追い付く予定です。

中1・中2はすでに2学期に内容に
入っているため特に問題はありません。
今後学校の授業をしっかり聞いて
確認をお願いします。

小学生も今日と明日は臨時で
塾の授業を行うことにしました。
例年、小学生は夏休みの間はすべて
休みにしています。
家族旅行などでなかなかそろわないからです。
が、今年は学校が始まったので
塾でも授業を行うことにしました。

前に話したように、6年生は
2学期から英語を開始します。
最初は教科書に合わせようと思いましたが
あの教科書に合わせるのは不可能に近いので
こちらのペースで文法をしっかりと
教えることにしました。
もちろん中学で役に立つ内容です。

今年は夏休みといっても
どこかに出かけたという人も
少ないと思います。
早くコロナが収束して
元通りの日常に戻るといいですね。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月24日

避けて通れない問題

塾をやっていて避けて通れない問題と
いうのがあります。
規模の大小にかかわらず多くの塾で
一度は直面することでしょう。
それは送迎の問題です。
来るときには時間差があり、しかも
10秒くらいしか停車しないからさほど
問題はないと思いますが、授業終了後の
迎えの際はそうはいきません。

うちの塾生は中学を限定していることもあり
ほとんどは自転車で数分の距離なのですが
それでも時代が時代ですから、車で
送り迎えをされるご家庭も以前より
増えてきました。
本来ならこちらで駐車場を用意したいところ
ですが、なかなかそうもいきません。

ということで、今日(月曜日)
保護者の皆様あてに塾生経由で
送迎に関するお願いをお渡ししました。
急遽作った文章なので至らぬ部分も
あったかと思いますが
よろしくお願いいたします。

なぜ今日なのかというと
中3の授業中に突然警察の人がやってきて
近くの道路(塾とグランドの間)に
車がいっぱい止まっていると通報があり
近辺の車を止めそうなところをお願いに
回っていると言われたからです。

通報があったのが午後7時ごろらしく
時間的にうちの塾の送迎ではなかったのですが
だからと言って、うちは関係ありませんとも
言えません。

たしかに横の道は土日になると
グランドで練習している野球やサッカーなどの
送迎の車が止まっています。

またけやき通りにはたくさんの塾があり
やはり送迎の車が列を作っているのを
見たことがあります。
他も並んでいるからうちもいいのでは
というわけにはいきません。

近隣の方のご迷惑とならないように
保護者の皆様にお願いすることにしました。

手紙は5年生から中3までのすべての塾生に
月・火・水で渡す予定ですが
同じものをLINEのタイムラインにも
掲載しました。
中学生は100%のご家庭でLINEの
登録をしていただいているので、ご覧に
なる機会があるかと思います。

Screenshot_20200824_220347.jpg
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月19日

明日は漢検

明日は今年度最初の漢検を実施します。
明日は団体受検の日なので
全国的にも多くの塾や学校で
実施されるものだと思います。

現在当塾で行っている検定は
漢検と数検です。
以前は英検も行っていましたが
希望者があまりいないのと
いろいろと実施要項が複雑になったので
いつの間にか英検は実施しなくなりました。

その代わり漢検はわりと希望者が多めです。
できれば数検も同じくらい受けてほしいのですが
毎年中学3年生が数名いるくらいです。

明日は午後3時から3級と4級
午後4時30分から準2級です。
感染拡大を防止する観点から
2グループに分けて実施することにしました。
もともと明日は漢検用に塾の授業は
入れていません。
塾生に加えて、外部生(中3)が4名
元塾生で高2生が1名いっしょに受検します。


漢検を受ける目的は様々だと
思いますが、中学生の場合は
内申用という生徒が多いと思います。
これの是非はさておき、今年の高校入試は
今までにない入試となるわけで
内申の重要度も以前より大きくなることも
考えられます。
となると漢検などの検定もできれば
取っておきたいものです。

今年はあと1回、10月あたりを
考えています。
内申に間に合うギリギリの日程ですが
中間テストと重ならなければ実施します。

例年だと年間予定表を見て中間の日程も把握
できるのですが、今年は年間どころか1か月先の
予定すらわかりません。
よって定期テストの日程が分かり次第
漢検・数検の実施の有無を決定したいと思います。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月18日

誤字に注意

今年は短いお盆休みも終わり
昨日から夏期講習は後半戦です。
19期生(青ジャージ)の皆さんも毎日
頑張って勉強しています。

さて夏期講習の際には小テストを行っている
ことを以前書きましたが、毎年のこととはいえ
今年も誤字で不正解になる答案が散見されます。

漢字テストの時はかなり慎重に練習すると
思いますが、これが社会とか理科の用語と
なるとなぜか誤字が多くなります。
これは書いて覚えていないからです。

今年見られた誤字としては
近郊農業の郊 (定番です)
中枢神経の枢
高知県の知 (なぜ間違う)
熊本県の熊 (  〃  )
滋賀県の滋 (  〃  )
臼歯の臼
排他的経済水域の排
胞子の胞

もちろんすべて不正解にしています
おまけで〇などにしたらいつまでたっても
覚えません。
誤字には厳しく×をつけています。
その方が印象に残って次からは
間違えないでしょう。
このあたりも自分で〇つけすると甘く
なるのですべて集めて採点しているのです。

私も、はるか昔の中2の学年末テストで
福沢諭吉を福沢輸吉と書いてしまい
満点を逃したことがあります。

いまだに覚えているのは
それだけ印象に残っているからで
もちろんそのあと間違えたことはありません。

皆さんもたかが誤字だと思わずに
語句は正しく覚え、間違えた場合は
次から二度と間違えないような心構えで
いてほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月17日

小テスト途中経過

夏期講習の時間を使って
中3には小テストを行っています。
他の学年でも小テストは行いますが
中3の場合、国・英・理・社の4教科です。
すべで事前にリストを渡しておき
その中から出題しています。
毎回50問ずつで現在10回行いました。
つまり500問消化したわけです。

面談や説明会等で遅刻した場合や欠席の場合も
あるので全員がすべての小テストをうけた
わけではありませんが

【国語】 漢字の読み書き 150問中
Iくん 150問正解
Uくん 150問正解
Sくん 149問正解
Sさん 149問正解
Nさん 149問正解
Yさん 149問正解

【英語】 重要単語の書き 意味 150問中
Iくん 149問正解
Sくん 149問正解
Sさん 147問正解
Tさん 147問正解
Mさん 147問正解

【理科】 生物・地学 100問中
Nさん 100問正解
Mさん 100問正解
Iくん  99問正解
Sくん  99問正解
Sさん  99問正解

【社会】 世界地理 日本地理 100問中
Mさん 100問正解
Tさん  99問正解
Wさん  99問正解
Nさん  98問正解
Sさん  97問正解

【4科】 500問中
Iくん 492問正解 
Sさん 492問正解
Nさん 490問正解
Tさん 486問正解
Wさん 484問正解


参考記録として、欠席や遅刻で受けられなかった
生徒も含めた正解率だと

【国語】
Iくん 正解率100%
Uくん 正解率100%
Oさん 正解率100%
Kさん 正解率100%
Mさん 正解率100%

【英語】
Iくん 正解率99.3%
Sくん 正解率99.3%
Sさん 正解率98.0%
Tさん 正解率98.0%
Mさん 正解率98.0%

【理科】
Nさん 正解率100%
Nさん 正解率100%
Mさん 正解率100%
Iくん 正解率99.0%
Sくん 正解率99.0%

【社会】
Mさん 正解率100%
Tさん 正解率99.0%
Wさん 正解率99.0%
Nさん 正解率98.0%
Sさん 正解率97.0%

前にも書いたようにこのテストには
合格点の設定やペナルティなどはありません。
塾生みんな自分のためだということを
理解してきちんと覚えてきているのです。
覚えたら自分のためになるし
覚えなければあとで困るのも自分です。

ただ、何を覚えたらいいのか分からないと
いう生徒は多いのでこちらから
覚えるべき事柄を指示していきます。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月10日

あと200日

今日(8月10日)で埼玉県の公立高校入試まで
あと200日となりました。

1つ上の学年はなんとか入試・発表まで
通常通り行われましたが今年の中3は
何から何まで異例の事態となりました。

まず3か月もの学校休業
さまざまな学校行事・部活大会の中止
7時間授業に土曜授業、夏休みの短縮
入試範囲の変更(公立)

私が塾の世界に関わってから20年以上
たちますがすべて初めてのことです。
ただこれはだれにとっても初めての
経験でしょうから、なんとか乗り切って
塾生たちが力を発揮できるようにこれからも
サポートしていきたいと思います。

2学期の体育祭と合唱祭はすでに
中止が発表されています。
修学旅行は一応11月に延期ということに
なっていますがこのままだと実施は
どうでしょうか。

修学旅行など普通の中学生にとっては
中学校3年間の中でも印象に残るイベント
ベスト3に入るくらいのものでしょう。
今年は無理でも何年か後にクラスで集まって
実施されればそれもまたいい思い出に
なるのではと思ってしまいます。

さて入試まであと200日です。
埼玉県の中3にとっていちばん信頼できる
模試である北辰が会場テストという形では
まだ実施されていません。
自分の偏差値がどれくらいなのか
分からないで不安かもしれませんが
今はやるべきことを日々こなして
ほしいと思います。
中3にとって今やるべきことは
入試に備えて基本を見直すことです。
難しい応用などはもっと後からでも
間に合います。

塾で、あと200日
サザエさんあと28回といったら
あとそんだけしかないのか〜 と
言う声が聞かれましたが、
200日あればいろいろできます。
200日しかではなく、
まだ200日ある と思ってほしいです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月09日

景品ゲッツ!

うちの塾では定期テストのたびに
テストで頑張った生徒にささやかな
ご褒美を渡しています。
あまり高額なものは財政上むりなので
本当にささやかなものですが。

その基準はずっと同じで
・5教科のいずれかで90点以上がある
・5教科の合計が400点以上
・5教科の順位が前回よりアップ!

のいずれかを満たした場合です。
生徒によっては複数項目該当しますが
それでも景品は1つだけです。
また点数だけにするとどうしてももらえない
生徒もいるので、3番目の項目を設定しています。 
塾長の優しさがあふれています(笑)

さて3年生などはもう何度ももらっている
のであまりありがたみを感じていない
ようですが中1の場合は最初のテストという
ことでやはりうれしそうです。

ちなみに景品は文房具がメインですが
最近ではLINEのスタンプもOKに
しています。
また今回は特別に先日差し入れした
アイスも含めることに。

このアイスなかなか評判がよろしくて
景品のかわりにもらっていく生徒が
何人もいました。
こんなに評判がいいのなら
いつかまた入荷しましょうか。

中1は今回全員が景品ゲットの
対象となりました。
前に書いたように順位が軒並み
上昇しているからです。
(前回課題テストとの比較)

塾に通う生徒の割合を考えると
どうしても中3より中1は少なめです。
つまり中1の段階で塾に通っている時点で
他の生徒より多く勉強しているわけですから
塾の平均点が高くなるのはある意味当然です。
問題はこれを中2、中3まで維持できるか
どうかです。
私だけが気合を入れてもしかたありません。
塾生の皆さんも同じ気持ちで頑張ってください。
今回よかったからと油断しないようにしてください。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月08日

赤ペンの消費が早い

中3の夏期講習は今日で11日目
まもなく折り返し地点です。
幸か不幸か今年は部活の大会も軒並み
中止となっており出席状況は極めて良好です。
もともと部活の大会での欠席を想定して
多めに時間を設定しているのですが
今年はほとんど出席できるとなると
勉強する時間も例年より多めにとれます。

その中3ですが毎日の授業宿題とは別に
小テストを実施しています。
教科は国語英語理科社会です。
すべて事前に覚えるべきリストを渡しておき
これをチェックするための小テストです。
毎回50問で用意している問題は全部で
国語(漢字)が250問
英語(単語)も250問
理科(用語)が200問
社会(用語)も200問の計900問です。

場合によってはさらに増やす可能性もあります。

前にも書きましたが、これは自分のために
覚えるものですから点数が悪いからといって
やり直しなどはありません。
最近の塾生はそういうのがなくても
きちんと覚えてきます。

テスト終了後なるべく早めに採点して
返却します。
国語と英語はその日のうちに返すように
しています。
理科と社会は時間割の関係でその日は
難しいのですがそれでも1〜2日で
返すようにしています。

漢字にしろ英単語にしろ理社の用語にしろ
最低限覚えておかなければならないものが
あります。
それを生徒自身で考えるのは難しいので
こちらから用意するわけです。
用語集などに頼ると本当に必要か怪しいものも
含まれているので、私が必要だなと思うのを
選んでPCで作ってリストを渡しています。

今日現在で小テストは7回行いました。
つけた〇の数は5000個を超えます
(×の数も含めて)
これとは別に中1の小テストや中2の課題も
私が集めて採点しているため
毎年この時期の赤ペンの減りがものすごい
ことになっています。

私は赤ペンにもこだわりがあって
美しい〇が書けるようにいつも
同じ赤ペンを注文していて
今でもストックは30本くらいあります。

定期テスト前とちがって喫緊のテストの
ための暗記ではありません。
今覚えているのが役に立つのは1か月後か
半年後かは分かりませんが、その時のために
今必死になって覚えてもらっています。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月07日

7年ぶり?

先日、超久々に
某カレーチェーン店に行きました。
コロナの前は週1くらいで通っていたのですが
コロナ騒動の後は営業時間が夜22時までに
なってしまったのです。
まあ、私が利用していたのはいつも23時ごろで
この時間には客は一人か二人しかいなかったので
しかたありませんが・・・

夏休みの時間割の関係で月曜日に行けそう
だったので約半年ぶりに。
半年ぶりと言っても私の場合外食で
頼むものはいつも決まっていて
ヒレカツカレーの400g 1辛に
フライドチキンをトッピングです。
店員さんも、久々にこのお客が来たと
思い出してくれたでしょう。

さてカレーの話はいいとして
そのお店に行く途中、すれ違った人の中から
「せんせーい!!!」と声がしました。
私は目があまりよろしくないし暗かったので
思わず「だれ?」と聞き直して
しまうという失礼なことをしましたが
12期生(緑ジャージ)のKさんでした。

今の中1が緑ジャージですが
その前の前の前の緑ジャージです。
つまり今年22歳になる学年です。

私の記憶が確かならこのKさんは
中学の時に陸上で市の記録を更新しており
高校卒業後美容師として働いているはず。
中学を出て7年もたち、しかも暗がりで
私はマスクをしていたのですが
それでも一瞬で気づいてくれたその記憶力に
感服しました。

そういえば先日、さらに上の緑ジャージの
学年のOくんのお母さんから
信号待ちしているときに声をかけられた
こともあります。こちらは10年ぶりです。
いつまでも塾のことが頭の中に残っていて
くださって嬉しい限りです。

今年で19年目ですでに200人以上の
戸塚中生を見てきました。
地域限定のため半径2km以内に
塾の修了生が密集しています。

声をかけられないだけで実はいろいろな
人に気づかれていると思うと下手な行動は
できません(笑)

自分で言うのもなんですがうちの塾は
生徒にとっても印象に残っている塾だと
思います。
まず何度か書いているようにうちの塾は
教える人間は私だけです。
つまり、塾で勉強するすべての時間で
私が授業を行うわけです。
しかも人数は高々10数人ですから
学校や他の塾と比べても顔を合わせる時間も
必然的に多くなります

それにうちの塾生は在籍期間が長いという
特徴もあります。
先のKさんは3年 
Oくんは4年間在籍しました。

現塾生も半数以上は小学生のころから
在籍しています。
よって、いつの間にか覚えたくなくても
覚えてしまっているのかもしれません。

今でも毎年高校生や大学生
さらには社会人になっても顔を出してくれる
元塾生がいます。
塾をやっていてうれしい瞬間です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月06日

間違いは宝の山

中3は夏期講習を利用して中1からの
復習に取り組んでいます。
当時はできていた問題も1年2年と
たつうちに忘れている内容も多そうで
改めて復習の重要性を感じています。
おそらく夏期講習で取り組んでいなければ
分からないまま放置していたことでしょう。

それに対して中1や中2は復習よりも
先の内容を見据えた授業を行っています。
中1はそもそも復習する内容が少ないから
いいのですが、中2の場合は1年生の内容を
はたして覚えているのかどうか心配に
なることがあります。

ということで中2には
通常授業の宿題とは別におもに1年生で
取り組んだ内容の復習プリントを
別に渡しています。
まずは英語と数学ですが、英語の内容が
とにかくひどいことが判明しました。
本人たちの名誉のために言っておきますが
この学年(中2)も1年生の時は
英語に限らず5教科そこそこの成績を
収めていてテストの結果にもそれは
現れていました。

が1年たってもう忘れているのでしょう。
疑問文のDo Does Is Areどれを使うのか
ついでに2年生のDid Was Were の
区別もあいまいになっているようです。

ただこれは別にかまいません。
一回習って覚えたからと言って未来永劫
覚えていられるほど人間の記憶力は
万能ではありません。
何度も復習することによって知識として
定着していくのです。

2年生も、今回復習用に課題プリントを
渡したことによって1年生の内容を
忘れかけていることを再認識できたわけです。
しかも一人や二人ではなくほぼ全員です。

ということで昨日は授業の予定を急遽変更して
3時間英語・英語・英語としました。
そのために必要なプリントもPCで作成し
3時間がかりでなんとかかなりの部分を
思い出すことに成功したようです。

講師の都合もあるので、授業予定を急遽変更する
ことなど普通の塾ではありえないことですが
そこは一人しかいないうちの塾の強みです。
英語だろうと数学だろうと理科だろうと
必要だと思えば予定を変更してでも
授業を行います。
今回はまさにそれだったわけです。

塾生に渡した課題で間違いがあったからこそ
復習の時間をとれたわけです。
間違いを放置していては何の進歩も
見られませんが、間違いを発見しそれを
修正していくのであれば、間違えたことにも
また意味があるということです。
願わくばそれを塾生自身で取り組んで
ほしいのですが、中2ではまだ
難しいでしょうか。

学校が始まるとなかなか難しくなりますが
今は夏休みである程度時間が取れるので
1年前の内容だろうと躊躇なく取り組む
ことができました。


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月05日

差し入れ

長かった梅雨が明け今週からいっきに
いつもの夏の暑さがやってきました。
あまりの気温の変化に体の方が
追いつかない人も多いようです。
この暑さは気合で何とかなるものでは
ありません。 エアコンの効いた室内で
おとなしくしていた方がよさそうです。

さて塾の方は中3の夏期講習が2週を
終えたところです。
今年は学校があるので変則日程ですが
なんとか例年通り25日間(100時間)を
確保できました。

中1・中2は夏期講習という形はとらず
通常の曜日と時間で授業を行っています。
したがって月謝も通常と同じで
特別な費用は存在しません。

ここ数日暑い中頑張っている塾生たちに
差し入れを用意しました。
やはりこの暑さにはアイスです。

IMG_20200730_170322.jpg

この画像を見てピンと来る人は
九州出身の可能性が高いです。

言わずと知れたブラックモンブランと
ミルクックは私が18年過ごした佐賀の
名産中の名産です。
小学生の頃はたしか1本50円でしたが
まだ消費税もない時代です。
今は1本いくらなのか分かりませんが
ここは一気に大人買いをしました。

冷凍で送ってもらうのでそれなりの
送料がかかりますが、一定額以上だと
送料無料ということでの大人買いです。
ただこれだけの量(60本)だと相当送料が
かかると思いますが、無料にしてもらうのは
なんだか申し訳ない気もします。

中1〜中3の塾生全員にあげても
まだ20本以上余ります。
ここは私が懐かしく思いながらいただきます。
あとは景品にもしようと思います。

工場がある佐賀はもちろん九州では
知らない人がいないと思われる
ブラックモンブランとミルクック
テレビでも取り上げられることが度々
あるようですが、関東ではなかなか
入手困難です。

よってネットで検索して購入することに
しました。
送料がネックになって需要はそれほど
多くはなさそうですが今回のように
送料無料になるのならまた利用してみたい
と思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月04日

期末テスト続編

前日は学校の平均点との比較を書きましたが、
今回は個人的に頑張った生徒を。
イニシャル表記です。

平均点がどれくらいかは1つ前の
記事をご覧ください。


【国語】
Iくん (戸塚中3年) 97点
Kさん (戸塚中1年) 94点
Nさん (戸塚中3年) 93点
Yさん (戸塚中3年) 90点
Hさん (戸塚中1年) 88点
Mさん (戸塚中3年) 86点
Oさん (戸塚中1年) 86点
Sさん (戸塚中1年) 86点


【数学】
Sさん (戸塚中1年) 96点
Nさん (戸塚中3年) 93点
Iくん (戸塚中3年) 92点
Wさん (戸塚中2年) 87点
Sさん (戸塚中3年) 85点
Sさん (戸塚中1年) 83点
Nくん (戸塚中1年) 81点


【英語】
Tさん (戸塚中2年) 98点
Kさん (戸塚中1年) 98点
Sさん (戸塚中1年) 97点
Kくん (戸塚中2年) 96点
Tさん (戸塚中1年) 96点
Iくん (戸塚中3年) 95点
Hさん (戸塚中1年) 95点
Fさん (戸塚中1年) 95点


【社会】
Iくん (戸塚中3年)100点
Uくん (戸塚中3年)100点
Tさん (戸塚中3年) 97点
Sくん (戸塚中3年) 96点
Sさん (戸塚中1年) 96点
Nさん (戸塚中3年) 95点
Tさん (戸塚中2年) 94点
Sさん (戸塚中3年) 93点


【理科】
Nさん (戸塚中2年) 92点
Sさん (戸塚中1年) 92点
Kさん (戸塚中1年) 89点
Iくん (戸塚中3年) 84点
Nさん (戸塚中3年) 84点
Uくん (戸塚中3年) 82点
Tさん (戸塚中3年) 82点
Oさん (戸塚中3年) 82点



平均点によって多少の点数の偏りはありますが
ここには書けなかったけど頑張った生徒は
何人もいます。

もちろんこれより多くの生徒が高得点を記録した
という塾もあると思いますが、なにしろ当塾は
私が一人だけで教えている塾です。
塾生も各学年高々10数人です。

教えるのは私一人だけ
教室も一つだけ
在籍する中学も一つだけ

それでも塾生たちの頑張りによって80点
90点という結果を残せるということを
ご報告したいと思います。

ちなみに前回の課題テストの順位が発表
されたのは中1だけですが、その中1で
課題テストと比べて順位が下がった生徒は
一人だけでした。
その一人も学年一桁という高いレベルでの
話で2番だけ下がったというものです。
他の生徒は上がっているわけですから
みんな頑張りましたね!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年08月03日

期末テスト

1年生も三者面談で個表をもらったらしく
これで3学年とも学年平均が判明しました。
1年生の平均は335.0点で
これは課題テストの平均点(384.3点)
と比べて49.3点下がっています。

前に1年生は課題テストから期末テストで
5科の平均点は50点下がるよと塾生に
話したと書きましたが、まさにその通りに
なりました。

ここで学校の平均点と塾生の平均点を
比較してみたいと思います。
毎度の注釈で恐縮ですが当塾の生徒は
全員戸塚中の生徒なので学校の平均と
言えば自動的に戸塚中の平均です。

普通、塾が塾生の平均を掲載するときは
学力の高いクラスだけの平均とか
平均点の高かった学校だけの平均とか
特定の教科を履修している生徒だけの平均とか
とにかく都合のいい数字になりがちですが、
当塾の場合はクラス編成もないし
全員全教科履修なので、都合のいい数字など
存在しません。そのまま塾生全員の平均です。

まずは1年生です

    学校平均  塾生平均    平均差
国語  70.2  81.5  +11.3
数学  62.5  73.7  +11.2
英語  75.9  91.5  +15.6
社会  63.8  81.7  +17.9
理科  65.4  75.7  +10.3
5科 335.0 404.2  +69.2



ということで見事全教科で塾生の平均が
学校の平均を10点以上上回りました。
前回、学校の平均と比べて社会と理科が
まだまだだと書きましたが、今回はいっきに
得点アップ!
社会はおそらく中1にも渡すことにした
秘密兵器の力ですね。
おそるべし! 

中1になるときに実施した三者面談では
社会が苦手と話す生徒も多かったのですが
いつの間にか当塾の伝統通り社会を得点源に
できるようになってきました。
2学期以降も期待です。
なお、塾生平均の高かった英語と社会は
塾生全員が学校の平均点を超えていました。
これも見事なことです。


続いて2年生です

    学校平均  塾生平均    平均差
国語  64.4  67.2  + 2.8
数学  53.2  66.2  +13.0
英語  62.4  75.0  +12.6
社会  66.4  83.0  +16.6
理科  57.3  68.1  +10.8
5科 302.0 359.5  +57.5



中1には及びませんが、こちらも
5科の平均点で50点を超えたので一安心です。
ところが一安心できないのが国語です。
国語はふだん塾で学習していないため
シークレットにしてもいいのですが
先ほど書いたように都合のいい数字だけ
書くというのは私の美学に反します。
これは、国語で少しは危機感を持ちなさいよ
という塾生さらには私自身に対しての
意味もこめています。
1年生同様社会が一番良かったようですね。
8割以上の塾生が80点を超えていました。


最後に3年生です

    学校平均  塾生平均    平均差
国語  72.9  82.0  + 9.1
数学  60.3  75.9  +15.6
英語  57.4  73.3  +16.9
社会  67.8  86.9  +19.1
理科  63.9  74.4  +10.5
5科 321.5 393.5  +72.0



この学年はもうずっと安定しています。
社会が高いのはほかの学年と同じです。
英語と数学の得点が高いのがいいですね。

塾生全員が理科と社会を学習する塾というのは
かなり珍しくこれにはいろいろ理由があります。
よって1年生から塾生全員が理科社会に
取り組んでいる当塾の平均が高いのは
ある意味必然です(これで低かったら悲しい)

逆に英語と数学はほとんどすべての塾で
学習しています。 つまりそのことによって
生徒たち全体の学力が底上げされているため
英語と数学では塾生であっても平均を大幅に
上回ることは難しいのです。
中3になると通塾率もあがるでしょうから
このことはさらに顕著になります。

ということで今年の中3は5教科まんべんなく
頑張っているということが数字からも
見て取れます。
あとは定期テストだけでなく北辰や入試本番に
これをつなげていく必要があります。

定期テストの内容と北辰や入試の内容は
数学と理科と社会はわりとつながりがあります。
つまり定期テストで頑張っている生徒は
北辰や入試でもいい結果が期待できます。
範囲が広くなる分をどうカバーするかです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年07月30日

期末テスト返却状況4

今日は木曜日で中3夏期講習の5日目です。
当塾の中学3年生は全員同じ曜日同じ時間帯で
夏期講習を行います。
全員戸塚中のため、あらかじめ学校の行事に
合わせて時間割は作成しています。

それでも学校の帰宅が遅くなったり部活が
あったりで遅刻する生徒もいますが
毎年それを想定して時間は多めに設定しています。
今年も中3の夏期講習は4時間×25日間の
計100時間です。

1日4時間にしているのは、普通の中学生の
集中力を考慮してのものです。
1日10時間! といえば威勢はいいですが
はたして何日間も持つかというと疑問符です。
おそらく教えるほうもくたびれるし、そうなると
授業の内容も手薄になります。
中学生に1日10時間など生徒にも講師にも
歓迎されません。
それに1日10時間でもし欠席でもしたら
それを埋め合わせるのは至難の業です。

ということでうちの塾では開塾以来
1日4時間を続けています。
半分は私の体調維持のためでもあります。
うちの塾は良くも悪くも私一人で教える塾です。
結構な時間を授業にあてていますが
すべて私の健康が維持できる範囲で設定
しています。無茶はしていません。

今日は部活で遅れる生徒もいましたが
中3もそろそろ引退の時期のようです。
本当は学総で締めくくりたかったでしょう。
コロナは勉強だけでなく部活で頑張る生徒
にも多大な影響を及ぼしています。
早く有益なワクチンが開発されることを
願わずにはいられません。

さて、その中3
今日は時間割としては社会2時間
理科2時間の日でした。
社会は前もって予告していたように
小テストを行いました。
小テストと言っても50問ありますが
これは毎年行っているものです。

IMG_20200730_222917.jpg

これから採点して近日中に返します。

ちなみに毎年中3は夏期講習で
国語・英語・社会・理科の4教科で
小テストを行っています。
国語は漢字
英語は単語
社会と理科は重要語句です。
予めリストを渡しその中から出題します。
漢字と英単語の第1回はすでに実施済みです。

点数が悪いから再テストとかそういうのは
ありません。
なぜなら勉強は塾のためではなく
自分のために行うものだからです。

そういうのを設定しなくてもここ数年の
塾生の皆さんはきちんと覚えてきます。

自分だと何を覚えていいのか分からない
という生徒は多いと思います。
それをこちらから提示するのです。
社会も理科も国語も英語もリストは
すべて私がPCで作成しています。
その方が必要なものを選択しやすいからです。
手間はかかりますが、それを補って
余りある効果があります。

また期末の結果ですが
欠席の生徒を除き得点は判明しました。
学校の平均は軒並み60点前後とのことです。

塾生平均のTOPはやはり社会で約85点
続いて国語も80点超えです。
中3で平均が80点を超えることはなかなか
ないので塾生の皆さんも頑張っていると
いえるでしょう。
数学と英語と理科はほぼ同じ点数です。
明日個表をもらうと言っていたので
順位も分かるでしょう。

中3の塾生TOPは468点でした。
また5教科判明している生徒の半数が
400点を超えていました。
期末の結果としてはまずまずだったと
思います。

あとは今後行われる北辰や校長会テスト
さらには2学期の定期テストにも
今まで通りの意気込みで挑めば入試で
そう苦労しなくてすむのではないでしょうか。

もちろん皆さんの志望校にもよります。
現時点では北辰の偏差値はまだ自宅受験でのもの。
学校の実力テストは数字そのものがあまり
信用できないもの。
よってまだ自分の実力がどの程度なのか
把握できていないと思います。
どの高校を目指すにもできるだけ余裕をもって
受験できる状態でいたいものです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年07月29日

期末テスト返却状況3

今日は水曜日で夕方は5年生
夜は中学2年生の授業がありました。

5年生は戸塚東・戸塚綾瀬・戸塚南・戸塚北の
4つの小学校から生徒がきており
なかなか活気があってよろしい学年です。
あとは勉強の方にそのパワーを向けてくれたら
言うことはありません(笑)
なお、5年生の受付は現在行っておりません。

1時間目は小数倍のまとめの問題を。
2時間目は昨日の6年生同様英語の
リスニング問題にチャレンジしました。
内容としては、話される文章の中から
特定の単語が聞き取れればOKといった
感じで、やはり細かい文法などは
触れないことになっているようです。

私としては教えるならちゃんと理屈も
教えたいのですが、文科省の方針として
それは教えなくていいということに
なっているようです。
文科省は小学生に英語を習得させたいのか
ただのポーズだけなのかよくわかりません。
長くなるのでこのへんにします。

ということで、5年生に関しては
当初は英語も時間をかけて教えるつもり
でしたが、今の学校の教科書では
それはほぼ不可能に近いので
算数中心で行きたいと思います。
ときどき英語にも時間を取りたいと
思いますが、学校でほとんど書くことが
ないようなので6年生になったら本格的に
英語を始めます。
5年生のうちは少しだけ触れることにします。

夜は中学2年生の授業でした。
テスト返し三日目ということで
欠席の生徒を除き返却率100%です。

塾生平均で一番良かったのは中3同様
社会でした。
これは毎年の傾向通りなので
私としては納得です。
続いて英語です。
国語・数学・理科はほぼ同じくらいで
欠席者1名の分を加味してもそれほど
変わらないと思います。

塾生情報によると
社会はこのまま地理を続けるそうです。
北海道まで終わらせてから歴史に入るとのこと。
社会は学校によって進度がバラバラですが
戸塚中は毎年社会が遅れ気味で
前にも書きましたが今の中3など、
入試に必出の地形図を飛ばしています。
こちらも塾生情報によると歴史が
終わってからちゃんと学校でも習うそうなので
一安心ですね。

数学は一次関数で
これからだんだんと難しくなります。
関数に計算と図形の要素も含まれるからです。
それに文章題などで数学独特の読解力も
必要になります。
いまはまだ基礎の部分で、ここは完ぺきに
覚えさせます。
私の頭の中では一次関数は3段階に分かれていて
今はまだ第一段階。
ここで躓いてはあとが大変です。
第二段階までクリアできれば水準以上です。

理科はこのあとは生物でしばらく暗記が
続きます。期末あたりになると電流などの
計算が入って来るでしょうか。

英語は助動詞です。
それほど難しくはありません。
夏休みのうちに理解してしまいたい内容です。

ということで、中1・中2は夏期講習という
形はとりませんが今まで通りの曜日と時間で
夏休みも授業を続けていきます。
内容は2学期の先取りがメインとなります。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年07月28日

期末テスト返却状況2

今日は火曜日で夕方は6年生
夜は中学1年生の授業を行いました。

6年生は比を使った文章題のまとめ。
2時間目には英語のリスニングを
行いました。
塾生には算数のワークを2冊と
英語のワークを1冊ずつ全員に渡しています。
その英語のワークにリスニングの問題が
あるので挑戦してみることに。

今年から小学校の英語が変わるということで
前もって内容は見ていましたが、やはりと
いうか学校では細かい理屈(文法)は
抜きにしてほぼ暗記の内容になっている
ようです。
これは学校を責めているのではなく、
あの内容を週2時間程度で学習させようとする
文科省の方針に問題が大有りということです。

話すと長くなるのでこの辺にしておきます。
早い話が、意味も分からない小学生に
機械的に微分積分を教えるようなもので
全く応用が利かないということです。

あの教科書に合わせてもあまり
英語の力はつきそうにないので
2学期からは去年まで塾でやっていた
方式で授業を行いたいと思います。

あとはいずれ分かるであろう
来年の中1の英語の内容にスムーズに
移行できるようにしていきます。
そのあたりは私の裁量でなんとかします。
ということで6年生は2学期から英語を
本格的に開始します。
ただし学校(教科書)にはほとんど
合わせません。文法をしっかり教えます。

夜は中1の授業でした。
期末の得点を書いてもらいます。
事前に課題テストよりは50点くらいは
下がるよと予告していた通り
平均点は軒並みダウンです。

この学年は返却率は8割くらいで
全教科もらった生徒はまだ数名です。
塾生の平均がいちばん高かったのは
やはりというか英語で90点超えです。
以下、国語と社会が約80点
理科と数学が70ちょい超えくらいです。

この段階で文系とか理系とかいってもしかた
ありませんが、女子が圧倒的に多いこの学年、
得点にもその傾向が表れているようです。

明日あたりには全教科そろうでしょうか。
個表は三者面談でもらうようなことを
話している生徒もいたので平均点との
比較は時間がかかりそうです。
次回は、2学期の中間テスト。

塾ではすでにそれを意識した授業を
始めています。
今日は社会(アフリカ)と英語(複数形)に
ついて学習しました。

次回は理科と数学の予定です。




posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年07月27日

期末テスト返却状況1

本来ならもう夏休みが始まっている時期ですが
今年は今週いっぱいまで学校で授業があります。
8月にも下旬に1週間行ってそれで
1学期が終了の運びとなります。
ただし、これは戸塚中の話で他の自治体では
また違うでしょう。
今年の塾の夏期講習は戸塚中の日程に合わせて
作成しました。

さてその夏期講習ですが、今年は中3のみ
時間を設定しています。
中1・中2は通常の時間割で8月も
授業を行います。
これで問題ないようなら来年以降も中1・中2は
時間数は増やさないでもいいかなと思います。
もちろん費用も通常通りですみます。

中3はさすがに夏休みは時間数を確保
したいところです。
ただでさえ3か月も学校が休みだったので
学力に不安を抱えている生徒もいるかと
思います。

先週の連休からスタートした夏期講習も
今日で4日目です。
中3の夏期講習は通常は午後3時からですが
学校がある日は午後5時30分からに
設定しています。
今日も元気に全員出席しました。

先週行われた期末テストの得点も
記入してもらいました。
まだテストが終わって1日しかたって
いないので全教科戻っている生徒は
いませんが返却率は50%くらいです。

学校の平均は分かりませんが
塾生の平均では今回も社会が圧倒的に高く
80点台後半です。 満点も二人います。
返却された生徒の半数が90点以上でした。

続いて国語・英語・数学・理科と続きます。
理科は一人だけなので、今後変わるかと
思います。

課題テストがあったとはいえ
やはり期末の方が重視されるでしょう。

もう3年生ですから、次頑張るなどと
言っている余裕はありません。
これからは定期テストよりも
入試に向けての勉強が中心になります。

塾では1年生からの復習に取り組んでいます。
皆さん結構忘れているようです。
そうやって忘れている単元を再確認するのが
夏期講習の目的の一つでもあります。

何もしなかったら、何を忘れているのかさえ
分からないままです。
これから1か月で、弱点というよりも
まずは忘れている部分を思い出す作業を
してもらいます。
弱点とか何とかいうのはその先のことです。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年07月23日

夏期講習スタート!

期末テストは昨日で終わり今日からは
世間も学校も4連休です。

本来なら東京オリンピックに合わせたはずの
4連休ですがオリンピックは延期になり
連休だけが残る形となりました。
来年オリンピックが開催されるかどうかは
分かりませんが来年の祝日がどうなるのか
少々気になるところです。

さて当初の予定通り今日から中学3年生は
夏期講習がスタートします。
当塾としては19回目の夏期講習です。
今年は未曾有の災害で夏期講習自体実施できるか
微妙なところでしたが、幸いにも開始する
ことができました。
ただ、今まで通り感染拡大を最大限防止する
形で実施していくつもりです。

まあよほどアクティブな塾を除き
ほとんどの塾は来て座って授業を聞いて
問題解いての繰り返しなので
必要以上に大声で話すこともないし
うちの塾は人数もそれほど多くはありませんが
それでも用心に越したことはありません。

中3は例年通り100時間確保しました。
この夏期講習で入試に必要な知識を
再点検してほしいと思います。



posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2020年07月19日

あと二日

期末テストまであと二日となりました。
多くの塾では複数の学校の生徒が在籍するため
期末テストの日程も範囲もバラバラだと
思いますが、うちの塾は戸塚中限定です。
期末テストまであと二日といったら
それは自動的に戸塚中の期末テストまで
という意味になります。

今日は昼すぎから入れ代わり立ち代わり
中1〜中3の塾生が勉強をしにきました。
テスト直前ですからもういろいろと話を
することはありませんが、気になる教科に
関しては問題を渡したり前に書いたりして
一斉に指導します。
あとはフリーといって各自教科を決めて
勉強していい時間もとっています。
5教科なんでも質問OKという環境ですから
塾生たちもいろいろな教科の勉強をしています。

IMG_20200710_221131.jpg

これは中1の問題。
以前は中3で学習していたものですが
移行措置に伴い今は中1です。
教科書に載っていない分私が問題も考えます。


IMG_20200711_221620.jpg

IMG_20200711_221638.jpg

IMG_20200715_221114.jpg

この辺りは中2の問題
定番の連立方程式の文章題と、例年だと
スルーされる連立三元一次方程式の説明も
しておきます。



IMG_20200713_221046.jpg


IMG_20200715_221300.jpg

この辺は中3です。
中1と同じような問題もありますが
中3ということでレベルアップした問題を
考えさせます。

覚える内容がほぼ決まっている社会や理科と
ちがい数学は問題集に載っていないような
問題も解けなければなりません。
よって説明する量は多岐にわたります。

今回は中2と中3の理科で計算の内容が
若干含まれます。
社会の時もそうですが、数学の知識を
使えば意外と楽に解ける計算は結構あります。
そのあたりの技は教えていきます。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと