2019年03月14日

新中学2年生満席につき新規募集を終了します

以前書いたように、毎年当塾では
2月から4月にかけて問い合わせが続きます。
新中学2年生(青ジャージ)からも2名見学の
予約が入りました。
2名とも他の少人数(個別?)塾に通っていたの
ですが、学年の変わり目ということで他の塾を
いくつか見学してみたいとのことです。

ということで1週間違いで2名見学に来て2名とも
即決でうちの塾で勉強したいと決めてくれました。

他の塾がどうこうというよりも、うちの塾の
やり方にビビビ(古い)と来るものがあった
のでしょうか。

以前からいる塾生たちは
おそらく他の塾のことは知りません。
が、新しく来た2名は前の塾のことも
今回見学に行ったほかの塾のことも
そしてうちの塾のことも分かったうえでの
決定です。

私自身も他の塾がどんな授業を行っているのか
知る由もありませんが、20年のキャリアは
だてではなかったようです。

あとはうちの塾に来てよかったと思われるように
私も頑張って授業を行いたいと思います。

これで新中学2年生は16名になりました。
もちろん全員戸塚中です。
座席数自体は詰めればあと6人分くらいは
確保できますが、私が一人で全員の学力を
把握したいのでひとまずここで満席として
新規の受付を終了したいと思います。

私としては、早くから塾に通ってくれる
生徒に力を注ぎたいので入塾をご検討中だった
方には申し訳ございません。

なお、現在の募集状況です
新小学5年生 現在絶賛受付中 4月9日開始
新小学6年生 若干名 まもなく受付終了します
新中学1年生 若干名 
新中学2年生 満席につき受付終了
新中学3年生 若干名

※若干名とは3〜5名程度です

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年03月13日

面談

3月中に実施している三者面談
すでに半数以上を終えました
新中学1年生〜新中学3年生のすべての
塾生を対象に行っています。
時間は30分〜40分ほどです。
これでも意外とすぐに終わってしまいます。

新中学1年生の皆さんは総じて
中学校生活に対する不安よりも楽しみの方が大きく
中1ギャップの心配は皆無のようです。
希望する部活を聞いてみると、この世代は
陸上部を希望する生徒が多いようです。

勉強面での目標も聞きました。
新中1の半数以上は、お兄さん、お姉さんが
塾生として塾で勉強しています。
よって塾での勉強がどんなものかは
多少なりとも分かっていることでしょう。


新中学2年生は前回書いたように
比較的学力の高い学年です。
が、気のゆるみが出ないように
頑張ってほしいところです。

逆に新中3は学力的にやや心配な
生徒が多いところですが、入試のしくみや
志望校について聞いています。
3か月後には学総もあることですし
勉強に本腰を入れるのはそのあとでしょうか。

いずれにしても面談を通して
普段聞けない話なども聞けて
私にとっても貴重な時間となっています。

面談は必要に応じて随時承っています。
ご希望の方はご遠慮なくおっしゃってください。




posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年03月12日

学年末テスト返却状況

今日は火曜日で新中1と新中2の授業でした。
新中1はまだ小学生の時間帯です。
が、内容としてはすでに数学を始めています。
現在は正負の数の概念をじっくりと。
英語に関してはもう中1の1学期の内容は
終了しているため軽く確認程度に。

新中2は学年末の個票が出たようなので
記入してもらいました。
この学年はここまで1年間ずっと同じメンバー
でしたが最後まで英語は頑張ってくれました。

学校の平均と塾生平均の比較です。
テスト後に見学に来た生徒の分は
含まれていません。



    学年平均  塾生平均  平均との差
国語  65.4  73.6  + 8.2
数学  48.9  60.9  +12.0
英語  63.4  87.8  +24.4
社会  57.5  77.1  +19.6
理科  57.8  75.0  +17.2
5科 290.0 374.4  +84.4



私としては塾生の平均が学校の平均を5科で
50点上回ればいいかなと思っているので
この点数はものすごくよくできていると思います。
5科の学年平均290点に対して塾生全員が
この平均点を超えています。
数字にあるように相変わらず英語の成績が
抜けています。
1学期の中間テストのような平均点が
最後の学年末まで続きました。

英語の陰に隠れていますが、社会もなかなかです。
1年前の面談のときには社会が不安と言っていた
生徒も多くいましたが1年たってどうでしょう?
今では社会はいけると思う生徒が多くなりました。
まあ社会が取れるのはテストのたびに私が自作
している秘密兵器の力は大きいと思います。
PCが故障して作れなくなったら確実に
塾生の平均は下がると思います(笑)

一方心配なのは数学です。
国語は定期テストと入試の問題は全く別物なので
何の心配もしていません。
今までの先輩同様しっかりと練習すれば入試問題は
できるようになります。
しかし数学は普段の理解度が入試にもつながります。
学年平均を10点以上超えているので
よさそうなものですが、今の塾生の様子を見ていると
今後これ以上下がらないという保証はありません。
よってしばらくは今以上に数学に力を入れて塾の
授業を行いたいと思います。

先ほど書いたようにこの学年は5科総合で
塾生全員が学年平均を超えており
塾生のちょうど真ん中で学年70位でした
(280名中)

また、先週見学に来た生徒がうちの塾の授業を
気に入ったらしく早速入塾してくれました。

さらに今日は別の生徒が見学に。
二人とも他の塾に通っていた生徒ですが
他の塾の授業を知っている生徒に私の授業は
どのように映るのでしょうか。
ちょっと緊張します。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年03月08日

合格おめでとう!!

今日は公立高校の合格発表の日でした。
17回目ですが、毎年この日は1年でいちばん
緊張する日です。 何年たっても変わりません。

私も午前9時前から教室で待機し塾生たちの
報告を待ちました。

LINEで報告する生徒、直接塾に来る生徒
17期生全員の進路が決定しました。

今年の最終在籍者は例年より若干少なめの10名。
前に書いたように、うち2名が私立単願で
1名が私立か公立か悩んだ末、ダメ元で
3ランクくらい高くして公立も受験
あとの7名は公立が第1志望でした。

結果、公立第1志望の7名は見事全員合格!

今年の公立受験生8名のうち
毎回安定のA判定という生徒は1〜2名くらいで
正直半数くらいは、どうなるか心配でした。
が、内申が不安だった生徒は当日最高の
パフォーマンスを発揮し、逆に当日の得点が
微妙(本人の感想)だった生徒は
おそらく内申がものを言ったというように
内申+学力検査 というシステムを
最大限に利用できた結果となったようです。

17期生全員から直接連絡を受けました。
これで10名の進学先が次のように決定しました。

公立高校

浦和東高校・普通科
川口市立高校・普通科
川口市立高校・普通科
越谷西高校・普通科
越谷南高校・普通科
草加南高校・普通科
草加南高校・普通科

私立高校

浦和実業学園・選抜アルファ
春日部共栄・普通科特進E系
桜丘・普通科 A特待

公立高校に進学する生徒も
私立高校に進学する生徒も
合格おめでとうございます!

17期生は、一番短い生徒でも在籍期間は1年で
ほとんどの生徒は3年以上在籍していました
つまり中学に行くより長い期間塾に来ていたこと
になります。

今まで勉強勉強だったでしょうから
残り1週間の中学生活を楽しんでほしいと思います。
そして充実した高校生活となることを
祈念しています。

先輩たちがそうであったように
皆さんも遠慮せずに塾に遊びに来てくださいね。
また、勉強などで悩むようなことがあったら
少しくらいは力になれるかもしれません。

また、保護者の皆様におかれましては、長い間
当塾をご利用くださりありがとうございました。
これからも当塾を温かい目で見守っていただけたら
幸いです。

平成31年度 高校入試合格速報

平成15年〜平成31年累積
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年03月03日

いろいろその2

◆広告
前回知らない人には謎の塾だと書きましたが
そんな謎の塾だと思われているであろう当塾の
新聞折込チラシを近々入れます。
この時期は毎日のように塾のチラシが入っている
と思います。
うちの塾は去年は一度も入れていません。
前回入れたのは2年前か3年前か忘れました。
基本的に新メンバーは、塾生の弟妹か
塾生または保護者の方のお知り合いという
パターンが多いのですが、少しくらいは他の方にも
うちの塾のことを知ってもらおうということで
数年に一度のペースで入れることにしています。

うちの塾生は一度入塾すると最後(高校受験)まで
継続する生徒がほとんどなので
何度もチラシ入れて、そのたびに入塾が続いたら
すぐに教室がいっぱいになってしまいます。

ということで、今回も定員は若干名です。
興味がある方はよろしくお願いいたします。
ちなみに6日(水)に入る予定です。
戸塚中限定なので、東川口、戸塚東、境町、鋏町
中心の朝日と読売です。
印刷屋さんに頼んで7000部限定です。

こういうのを広告専門の業者に頼むと
莫大な費用(※個人の感想です)がかかります。
よって文章やレイアウトなど広告の内容は
すべて自分で考え、印刷も手配し
部数と配達地域も必要な分だけ指定しました。

ちなみに頼んだ印刷屋さんは神奈川県の
業者さんです。まさにネット時代ですね。


◆18年目
3月1日は当塾の創立記念日です。
とはいえ私もすっかり忘れていて気付いたのは
2日の夜でした。
私の記憶が確かならば、塾を始めた最初の日
2002年の3月1日も今年と同じ金曜日でした。
たしか当時中学1年生(赤ジャージ)の授業を
行った記憶があります。
当時のことはわりと鮮明に覚えているのですが
もう17年前のことなんですね。

当塾の第1期生(当時中2、青ジャージ)は
昭和62年生まれです。
もう平成も終わろうというのに、そう考えると
うちの塾も結構長いこと続いていますね。

何度か書いていますが、この東川口は塾にとっては
超激戦区です。
系列が100教室以上あるような大手から
うちの塾のように一人で運営している零細個人塾まで
あわせて40以上あるはずです。
昨今の少子化、人口減はなんのその
川口市は人口が増えているのです。

もちろん2002年当時はこんなに多くの塾は
ありませんでした。
この地域でもうちの塾は確実に古い部類に
入るでしょう。
前の塾の時も合わせればいつの間にかもう
20年以上、つまり人生の半分以上の時間を
塾で教えていることになります。
おかげさまで多くの地元の皆さんのご支持を
受け18年目を迎えることになりました。
あと何年できるか分かりませんが
まだまだ頑張っていきますので
これからもよろしくお願いします!


◆三者面談
入試・学年末テストが終わり
三月には毎年三者面談を行っています。
対象は新中1〜新中3です。
説明会方式にすれば1回で終わるのですが
生徒ひとりひとりの状況(学力・部活など)を
知りたいので全生徒を対象に行っています。
塾生の皆さん、保護者の方のおかげで
案内を渡してわずか1週間ほどでほとんどの
生徒の日程が決まりました。
ご協力ありがとうございます。
LINEで
2019mendan.png
こういう画像を随時掲載し、空いているところ
から選んでいただきました。
(画像は先週のもので、他にも予約は入っています)
これも塾を始めた2002年では
考えられなかった形式です。
当時は用紙を渡して希望をお書きいただき
重複していれば再度直してもらったりとか
電話で打ち合わせをしたりとかでしたが
今ではほぼリアルタイムで時間を決めることが
できます。
ちなみに新中1〜新中3の9割以上の
保護者の方がLINE登録を
してくださっています。
(メールと携帯電話は全員登録済み)
便利な世の中になりましたね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年03月02日

いろいろその1

2月は(うちの)塾にとって1年で一番忙しい時期で
このブログの更新も滞り気味になっていました。

間が悪いことに入試と同じ日に中学の学年末テスト
が実施されたため、なかなかハードな日々でした。

ブログは後回しになっていましたが
必要な連絡はLINEなど他の手段で
随時行っていました。

◆入試
木曜日に実施された公立高校入試
塾生情報によると英語と理科が若干難しかった
ようです。
入試の日に塾に集まって自己採点会を実施する塾も
あると思いますがうちでは行いません。
それによって合格可能性があがるならいくらでも
やりますが・・・
もちろんどうしても気になるからと自主的に
行う生徒はやる気があってよろしいですが
みんながみんなそういうわけではないでしょう。
それに自己採点を行うためには問題用紙に自分の
回答を記入する必要がありますが、
センター試験のようにすべて記号ならいざ知らず、
高校入試は記述問題の割合がかなり多く、
そんなもの書いている暇があったら、
他の問題の見直しをやったほうがよほど有意義です。

問題を解き終わって、見直しも終わっているなら
やってみるのもいいでしょう。

◆学年末テスト
同じ日に中学の学年末テストも実施されました。
問題はすべて目を通しました。
毎度のことですが今年も2学期までの
超スローペースから3学期は超ハイペース
おかげでかなり広いテスト範囲となります。
1年生は数学が難しかったようです。
おそらく5教科中で一番平均点は低いでしょう。
何度か書いているようにうちの塾生は数学を
苦手にしている生徒が多く、今回のように
難しい時はちょっと心配です。

3月と春休みを使って少しでも数学の力を
伸ばしたいと思います。
2年生の1学期は何とかなるとは思いますが
だんだん難しくなる2年生の後半や3年生の
内容を考えると早めに手を打ちたいと思います。

◆問い合わせ
おかげさまでここ数日新学年の問い合わせを
いただいています。
早速5日(火)から見学に来る生徒もいます。
うちの塾はほとんど広告を出しません。
よって塾生以外の人にとっては、塾生や保護者の
方の知り合いであってもなかなか塾の様子を
知ることは難しいと思います。
まして、他の方にとっては一層謎の塾だと思います。

一般的な塾がどうなのかは知りませんが
当塾の場合、だいたい2月〜5月に
問い合わせや入塾は集中しています。
逆に言うとそれ以外の時期にはほとんど
問い合わせはありません。
おそらくこの時期を待って2月3月になったら
問い合わせをされるのではと推測します。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月21日

あと1週間

公立高校入試まで、そして学年末テストまで
あと1週間となりました。

中学3年生の皆さんにとっては最後の
調整期間のようなものでしょうか。
これからあれもこれもと難しい問題に手を出して
不安を増長させるよりも、確認問題で見つかった
自分の弱点を消していくようにしましょう。

17期生の皆さんも全員揃って塾に来るのは
今日も含めてあと4回です。
入試前ということで、少し時間数を増やしました。
このあたりは私の裁量でどうにでもできます。

この学年は例年より若干人数が少なめですが
長い生徒は5年生からのフルコースで5年間です。
うちの塾生は例年在籍期間の長い塾生が多く
そういえば先に進路を決めた私立単願の2名も
5年生からの在籍でした。
塾に来た回数も軽く500回は超えているでしょう。
一番短い塾生でも150回以上です。
ということで今まで塾で学んだこと
学校や家で学習したことを入試本番で
発揮できるように今から体調管理などにも気を
つけてください。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月18日

出願初日

今日は公立高校の出願日でした
塾生たちもそれぞれ希望の高校に行って
出願してきました
学校によっては2時間も待たされることも
あるようで、このあたりは何年たっても
改善されないようですね。
私立のようにネットで出願とまではいかなくても
もう少し効率よく処理してほしいものです。

さて出願は明日までですが、例年初日で
ほぼ大勢は決します。
あとは志願先変更で若干の増減がある程度です。

17期生は、私立の単願が2名で
残る8名が公立を受験します。

18:40頃に倍率が発表されました。
塾生たちはちょうど入試対策の問題を
解いていた時間です。
今日は早く帰宅するので16時から22時まで
塾で勉強に変更していました。

休み時間に塾生たちも倍率を確認していましたが
だいたい予想していたような数字だったようで、
特段慌てる様子もありませんでした。
ただ南部地区ということもあって、また全員普通科
ということもあって倍率が高い高校を受験する
塾生もいます。

2月18日時点での近隣の高校の倍率を
まとめてみました。普通科中心です。

こちら(pdfファイルです)

12月の志願者からの推移を分かるようにしました。
2か月ほどで100人以上減っている高校も
あるようですね。

ちなみに、いろんな高校の倍率を
知りたい方は こちら へどうぞ。

さあ、あと10日頑張りましょう!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月17日

ちがく ちがくて ちがくない 

今年も見られました。
タイトルにあるような謎の日本語を国語の
答案に使う生徒が。

この誤用はもう10年以上毎年見ているので
驚くことはありませんが、その都度指摘して
休み時間に全員に話をします。

作文では、違く 違くて 違くない と
なっていますが変換しても当然出てきません。

「違う」はワ行五段活用の動詞です。
ですから、活用するとしたら
ちがわ・ちがお(未然形)
ちがい(連用形)
ちがう(終止形)
ちがう(連体形)
ちがえ(仮定形)
ちがえ(命令形)

となります。 ちがく という活用は
現代文法にはありません。

おそらく、形容詞の連用形と混同しているの
だと思いますがすべて減点対象です。

毎年見られるということは、日常的にこの
言葉を使っているのか、または
周りに使っている人がいるということです。
私は普段絶対に使わないし、このブログでも誤用の
指摘以外では使いません。

タイトルの語を正しく使うならば
ちがい、ちがって、ちがわない です。
1番目の「ちがい」は、名詞ではなく
連用中止法としての用法です。

普段の会話はともかく
国語のテストでは正しい日本語を使うように
心がけましょう。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月13日

テスト範囲が出ました

今日は中1・中2とも学年末テストの範囲が
発表されたようです。
2年生は授業日なので塾生が持ってきてくれて
それを確認。
1年生は授業はありませんが、塾生がLINEで
報告してくれました。
これによって私も早めに準備ができます。

ざっと見た感じ1年生も2年生も範囲が
広くて大変そうです。

まずは1年生
数学は図形がメインですが
なにしろうちの塾生は数学が苦手
5科総合では塾生の平均は学年平均よりも
70点から80点くらい上回っていて
大変優秀です
現在は英語と社会と理科で稼いでいる状況ですが
これに数学も加わったらまさに鬼に金棒
ちょっとぜいたくな悩みでしょうか。

とにかく小学生のころから算数が若干不安だった
ので、なんとか数学で足を引っ張らないように
するのが私の役目です。
テスト前の授業も数学を意識的に多くします。

英語と社会と理科の範囲も
例年と比べてかなり広めです。
2学期とは比べものにならないくらいの
スピードで学校の授業が進んでいるようです。
まあ、こうなることはある程度予想はできました。

ただこの学年の理科はちょっと不思議な進み方です。
2学期にも、光⇒音⇒力 の教科書の順番を無視して
なぜか力からの授業となり
今は今で、火山⇒地震⇒地層 の順番も
入れ替わっているもよう。
うちの塾は全員戸塚中に限定しているため
こういった変則授業にも難なく対応できますが
他の塾では、なんでこんな変な順番で進めるんだ
他の学校と合わせてほしい!
という声が出ているのではないでしょうか。

戸塚中限定にしていてよかったです(笑)

社会も謎の進度で、すでに南米とオセアニアは
終了しているため、今回はヨーロッパとアフリカと
北アメリカです。
これに歴史がちょこっと加わります。

理科と社会は覚えることが多いです。
後回しにするとたぶん間に合いませんよ。

2年生の場合
英語は2学期中にユニットはすべて終了という
史上最速のペースで進んでいました。
理科も天気の最後までということで
これも例年にないくらいのハイペース
社会は、地理の残りの部分で
歴史はカットされたようです。

数学は今回は計算は少なめで証明が
中心になります。
中2の証明は書き方がワンパターンですが
覚えるのを面倒くさがると1問も解けないと
いう悲惨な結果になってしまいます。
ワンパターンな書き方を覚えましょう。

テスト範囲が出たので
明日からは塾でも休み時間の携帯使用禁止です。
私も問題作成マシーンと化して
ひたすら問題を作ります。
さらに塾生の出来具合を見ながら
苦手そうな生徒が多い単元を中心に
改めて説明していきます。

ちなみに、中1・中2ともにテスト範囲の内容は
塾ではだいたい終わっています。
まだ終わっていない教科は早急に終わらせて
テスト対策の繰り返しになります。

3学期の定期テストは1回しかありません。
中間が悪かったから期末で取り戻す
といったことはできません。
一回で結果が出せるように早めの勉強が必要です。
まずは塾でもさんざん話しているように
提出物は、遅くともテスト1週間前には
終わらせるようにしましょう。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月12日

史上初?

今日は火曜日で6年生と中学1年生の授業の日。
まずは6年生
いつものように宿題を回収して小テストです。
今日は第28回。

終了したら集めてさっさと採点してその日のうちに
返却します。
うちの塾の英語の小テストはあらかじめ出題リストを
渡しておき、それをちゃんと覚えてきたかどうかを
確認するものです。
6年生の場合は、基本的な文章と単語です。
6年生クラスもこの学年で8年目ですが、
この小テストに対する意識が年々高まっている
ように感じます。

結果が悪いからと言って、特にペナルティは
ありません。
だから手を抜こうと思えばいくらでも抜けますが
最近の塾生はきちんとこなしてきます。
ひょっとしたら家で保護者の方にきちんと
覚えるように言われているのかも知れませんね。 

5〜6年前は毎年3〜4人は適当に取り組んでいる
生徒もいました。この場合たいてい中学になる
ころには塾の授業が合わないなどの理由でやめる
生徒が多かったものです。

ところが最近はほとんどの生徒がちゃんと
覚えてくるのです。比例するように
小学生クラスから中学生クラスへ継続する
生徒の割合も増えてきました。
小テストの課題とは別に宿題も出しています。
こちらも当然のように全員提出します。
小学生のころから勉強する習慣を身に着けさせる
というのがこのクラスの目標です。
今年の6年生は現状では目標達成といえるでしょう。

さて、今日の小テスト
採点しても、採点してもいっこうに直すところが
ありません。
私の採点は結構厳しめです。
小学生だからおまけで〇とかありません。
単語のミスはもちろん、大文字小文字の間違い
ピリオドやクエスチョンマークの付け忘れなど
すべて細かくチェックして減点します。
本人は正しく書いたつもりでも、雑であったり
妙なクセがある文字も不正解にします。
中学になったときに、学校の先生や模試の採点者の
だれが見ても〇をもらえるように今のうちに
厳しく指摘していきます。
さすがに1年がかりで注意していくとこの時期には
ピリオド忘れなどだれもいません。

で、今日採点した10名
なんと全員満点でした!
今年で8年目、計250回くらい6年生の小テストを
行っていますが全員満点はおそらく初めてだと
思います。

ちなみに塾生はいま一般動詞の否定文とか疑問文
あたりの学習をしています。
それに以前のbe動詞もちょくちょく混ぜていきます。
テキストだと習っている単元のみの問題が中心と
なるので、それならできてあたりまえ。
以前の内容を混ぜても正解できてこそ
初めて理解しているといえます。

KIMG3889.JPG

今日提出してもらった宿題です。
英作文は、穴埋めでも並べ替えでもなく
全文自分で書くものです。
小6だからそれほど難しくはありませんが
内容としては中1の1学期の内容はすでに
終了しています。
中1・1学期の中間期末なら
今受けても平均90点以上取れるでしょう。

さて現在10名の6年生の授業は2月で終了です。
今後の予定を聞いたところ8名が
このまま中学でも継続して塾で勉強するとのこと。
これからもよろしくお願いします。
2名はいろいろと都合がつかなくて残念ながら
となりましたが、今まで塾に通ってくれて
ありがとうございます。 塾で習ったことが
少しでも役に立ったならうれしいです。


また、3月には外部生を対象に中学準備講座を
実施します。すでに問い合わせもいただいています。
4月からは 8名+新メンバーで 
20期生としての授業が始まります。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月11日

ひたすら入試対策

2月に入り中3の授業はすべて県立入試対策です。
当塾は原則として祝日はお休みにしていますが
入試前ということで中3の入試対策を。
しかもいつもの倍の時間で16時から22時まで。
5教科すべての問題に取り組めました。

使っているのは埼玉県の入試用に作られた
教材です。出題形式もそっくりです。
某教材会社から提供された模試も使って
7〜8回ほど繰り返します。
これを5教科すべて私が採点します。
自分で採点させると採点が甘くなるし
そもそも時間の無駄です。
結果を見て、模範解答・解説と比べて
各個人で分析してもらいます。

私の採点は厳しいです。
まあ厳しいのに慣れているせいか
本番では思ったより良かったという塾生が
多いのもまた事実です。
練習で甘く採点するとこうはいきません。

特に国語の作文は細かくチェックします。
何度も書いているように埼玉県の国語の作文は
減点方式です。
満点の16点から減点していきます。
北辰の採点は甘く、うちの塾生でも半数以上が
15点または16点が取れてしまいます。

これで作文をなめてもらったら困ります。
2月の練習で現実を見てもらいます。
前もって、減点の対象になる事象を20項目
くらいリストアップして塾生に渡しています。

それに該当すれば容赦なく減点し
赤文字で警告されます。
これを何度も繰り返すうちに1ヶ月もすれば
みんなそれなりの文章が書けるようになります。

ちなみに今年の塾生、私の採点で
国語の作文を4回実施しましたが
16点はいまだ0名です。
15点も1名か2名ほど。
北辰では毎回半数以上が15点以上なのに、です。
北辰が甘いのか、私が厳しいのか
まあ両方ですが、練習では厳しめにしたほうが
絶対いいに決まっています。
おそらく本番ではまずまずの作文が
書けるでしょう。 

普段の定期テストではいまいちパッとしない国語も
本番の入試ではしっかり得点源にする
これは毎年のことです。

ちなみに私が指摘する減点項目は
原稿用紙の使い方から、文法的なこと
表記的なことなど多岐にわたります。
それを1ヶ月の練習で叩き込むわけです。

私はもともと理系ですが、大学入試ではセンター
でも二次試験でも国語が必要でしたので
高校の時からそこそこ国語も勉強していました。
こんなところで役にたってよかったです。

ちなみに来週の月曜日は出願の日で
帰宅は早いはずです。
ということで、この日も16時〜22時で
入試対策を行うことにしています。
このように臨機応変、必要に応じて授業時間を
増やせるのも個人塾の強みです。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月10日

いろいろ

◆懐かしい!

先日コンビニで懐かしいタイトルのコミックを
見つけました。 
読みきりなのか連載なのかわからなかったので
いったん帰宅してネットで検索してみると
どうやら連載のようでした。
後日コンビニに行くと残念ながら売り切れ。
他の店にももうありません。
ということで楽天に注文。 昨日届きました。

67gtyubfyguygu.png

チャーシューメーーン! といえば
覚えている人もいるでしょうか?

私が小学生のころ読んでいたコミックの続編です。
小中学生のころはいろんなスポーツ漫画を読んで
スポーツのルールを覚えました。
ゴルフもその一つです。

ゴルフ漫画といえば
あした天気になあれ か
プロゴルファー猿 でしょうか。
もちろん両方読みましたし、アニメ化も
されたのでこちらも見ていました。

以下ネタバレになりますので、
これから読もうと思う人は飛ばしてください。
新あした天気になあれ には 1巻でも
懐かしのキャラが数人登場しました。
同級生のエッコや
中学生時代のライバル大田黒に
プロテストのときの火鳥さん
ちらっと出てきた日吉さん
いずれもかつて読んだ人には懐かしい名前だと
思います。
第2巻が今から楽しみです。


◆これは困った!

塾のPCが突然

dhjdsjdrshjds.png

こんなになってしまいました。
まさかの砂嵐。
うんともすんとも言わないので
強制的に電源OFFにして再起動したら
何事もなかったかのように動き始めました。
現在6年目、そろそろ寿命でしょうか?
まだまだあと5年は頑張ってほしいのですが。



◆深刻な問題

先週の小6の授業の日の休み時間
私「みんなは赤ジャージになるのか〜」
塾生A「赤じゃないです」
塾生B「赤じゃないです」
塾生C「赤じゃないです」

えっ?
戸塚中のジャージは
代々 赤 ⇒ 緑 ⇒ 青 ⇒ 赤 ⇒ 緑 ⇒ 青 ⇒ 赤 
の ローテーションで
現中1が青ジャージなので
次は赤のはず  だと思っていたら

そういえば去年ジャージのデザインが変わりました。
変わったとはいえ基調となる色は変わっていません。
そこで、次は赤ジャージだと思ったのですが
6年生たち曰くあれは「紺ジャージ」だそうです。

試しに、現3年生に聞いてみると
この学年はちょうど境目で、新しいジャージを購入
している生徒としていない生徒がいて
購入した生徒に聞くと、やはり「紺ジャージ」と。

たしかによく見ると、よく見なくても
専有面積は9割以上は紺で、赤など
1%くらいしかありません。

うーむ、困った。

こんじゃー  言いにくい。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2019年02月02日

中学準備講座受付スタート!

中学準備講座の受付を開始しました。

現在6年生の塾生は10名で、例年通り年度中の
新規受付は見合わせておりました。

年度の変わり目ということで
新たに塾で勉強を考えている新中学1年生を対象に
中学準備講座を実施します。

塾のHPにも内容を掲載しました ⇒ こちら

簡単に概要を書いておきますと
対象:戸塚中に進学予定の新中学1年生
学力:極端に基礎力が不足していなければ大丈夫です
費用:諸経費、税込みで 8,000円
日時:3/13,15,20,27,29 4/3,5
   午後5時00分〜6時50分
教科:数学 英語 (時間は英語の方が長めです)
宿題:数学 英語
授業:数学・英語ともに1学期の内容です
定員:若干名(最大4名〜6名程度)

初日まで取り組んでほしい課題がありますので
一度塾に取りに来ていただきます。


昨年新設された川口市立高校理数科に
当塾から合格した2名のうち1名は
この中学準備講座を受講した生徒でした。
また、現在中学3年生には定期テストで
総合学年1位になった生徒が2名いますが
そのうちの1名もこの中学準備講座を
受講していました。
塾で勉強するのは早いに越したことはありませんが
新中1になるこの時期ならまだまだ十分
間に合います。

ということで、参加をご希望の方は
直接塾に来ていただくか
お電話をお願いします。
平日の午後4時以降でお願いいたします。
または塾生経由で資料をお渡しすることも可能です。

準備講座終了後、継続して塾で勉強を希望する場合
従来の6年生クラスと合流して中学1年生クラスと
して、一緒に学習することになります。
塾生は全員戸塚中なのですぐに慣れるでしょう。
日時は毎週火曜日と金曜日で
午後7時20分〜9時55分です。
通常授業で、英語・数学・理科・社会を学習します。
ほとんどの塾は英語と数学が中心ですが、当塾では
1年生から理科も社会も学習するのでこの2教科が
得意であるという生徒は何人もいます。

高校入試には1年生の内申も使用されるため
このことは結果的に高校入試を有利に進めることに
つながります。

中学での勉強を頑張りたい人の
ご参加をお待ちしております。
ご不明な点はお問い合わせください。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年02月01日

新小学5年生受付スタート!

4月からスタートする新小学5年生の
募集を開始しました!

HP上にも内容を掲載しました ⇒ こちら

塾生の弟妹の方を中心にすでに4〜5名の方から
問い合わせがありました。

実際の授業の開始は4月9日(火)ですが
他の習い事との曜日の調整もあると思います。
塾の授業は火曜日の午後5時〜6時40分です。

新生小学生クラスとしては次の5年生で
節目の10期生となります。
塾生全体としては22期生となります。
結構な年月が経っていますね。

簡単に概要を書いておきますと
対象:戸塚中に進学予定の新小学5年生
学力:極端に基礎力が不足していなければ大丈夫です
費用:年間教材費8,000円のみ 月謝は不要
日時:毎週火曜日の午後5時00分〜6時40分
   (祝日および長期休暇中はお休みです)
教科:算数
宿題:算数 国語の読み取り問題
テスト:算数と漢字を交互に行います
授業:学校と同じか少し早めに進みます

※他の学年についてはこちらをご覧ください

毎年10名前後の5年生がこのクラスで
学習しています。
そのほとんどが6年生でも継続します。
6年生は新たに英語の学習を始めます。
中学の授業に即した読み書き文法中心の内容です。

塾の継続は任意で、こちらから強制することも
お願いすることも一切ありません。
小学生クラスに在籍した半数以上の生徒が
中学3年生まで継続します。
中学での通塾を考えているご家庭が、早めに塾に
慣れるために小学生クラスを利用されるケースが
多いようです。

ということで、参加をご希望の方は
直接塾に来ていただくか
お電話をお願いします。
平日の午後4時以降でお願いいたします。
または塾生経由で資料をお渡しすることも可能です。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月30日

合格おめでとう!

先週始まった埼玉・東京の私立高校の入試
今日で塾生全員の合否が判明しました。

ということで修徳ゼミナール17期生10名の
合格高校(私立高校)です。

浦和学院 S特コース     (戸塚中)

浦和学院 特進コース     (戸塚中)

浦和学院 文理進学コース   (戸塚中)

浦和学院 文理進学コース   (戸塚中)

浦和学院 総合進学コース   (戸塚中)

浦和実業学園 選抜α     (戸塚中)

叡明 進学コースT類     (戸塚中)

春日部共栄 普通科 特進E系 (戸塚中)

桜丘 普通科 A特待     (戸塚中)

武南 普通科 選抜コース   (戸塚中)

武南 普通科 選抜コース   (戸塚中)

武南 普通科 進学コース   (戸塚中)


見事 全員合格 おめでとうございます!
10名で受験した高校(延べ12校)
すべて合格でした。

確約(のようなもの)があったとはいえ
倍率は1倍ではありません。
推薦で不合格になることもあります。
よって、これは皆さんが実力でつかみ取った
合格と自信をもってください。
確約(のようなもの)をもらうにしても
内申や北辰で結果を残すことが必要です。

うちの塾は大きな塾ではないので、教室ごとの
合格者数のノルマもなにもありません。
当然、必要もないのに、行く可能性もないのに
塾の実績だけを考えて5校も6校も受験を勧める
ことも一切ありません。
もちろんこちらからアドバイスはしますが
最終判断はすべて本人の希望によるものです。


現在のところ、私立単願で受験した塾生は2名
残る8名のうち難しいコースに合格できたので
公立と悩んでいる生徒もいます。

いずれにしても私立単願の生徒は塾は明日で
終了です。 二人とも5年生から来ているため
実質5年間の塾通いでした。お疲れさまでした。
私立単願は公立より早く決まり、浮かれてしまう
こともありますが、二人とも賢いので
その心配はないでしょう。
二人ともしっかりとした目的があっての単願です。
早くもその視線は高校に向かっているようです。

さて、公立高校まであとちょうど一ヶ月と
なりました。
これからは私立を意識する必要はありません。
すべての塾の授業を埼玉県の公立入試の形式に
合わせた内容になります。
作文の添削も行います。 
どこを直すべきかの注意も行います。
あと1ヶ月、突っ走りましょう!

平成31年度高校入試合格速報

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月29日

そろそろ新学年の問い合わせが

塾としては高校受験の追い込みの時期ですが
同時に、新学年のことを考えなければなりません。

いくら受験が忙しいといっても
聞かれたときに答えられないようではお粗末です
時間を見つけては、来年度のことも考えています。

特に新小学5年生・6年生、および新中学1年生
についてはチラホラと問い合わせをいただく時期に
なりました。

まず新小学5年生については2月1日を目途に
受付を開始したいと思います。
原則として、塾生の弟妹の方 お知り合いの方
このHPをご覧になった方を優先します。

新小学6年生については、現在受付中ですが
こちらは逆にまもなく受付を終了しますという
お知らせになります。
6年生は毎年4月でいったん募集終了しています。
今年もその予定ですので、塾で勉強を考えている
方はお早めにお願いいたします。

新中学1年生については、先ほど書きましたように
6年生のあいだ受付をお断りしていましたが
3月に中学準備講座を実施する予定です。
これは、内部生のうち何人がそのまま中学でも
継続するのか、その人数にもよります。
昨年は継続する人数が多かったため、準備講座の
実施は見送りました。

今年は、もともとの6年生の人数が昨年ほどでは
ないため実施の予定です。

現在、内部生(6年生)のうちすでに半数以上の
生徒から中学でも塾を続けたいとの声を
いただいています。 ありがとうございます。
教えるのは引き続き私ですので
どういう感じで授業をするのか
ある程度塾生の皆さんも分かっているでしょう。
それに過去17年の実績も少しは信頼の
足しになっているのかもしれません。
何度か書いていますが、戸塚中の生徒にとっては
地域で一番効率の良い塾であると自負しています。

中学3年生があと1ヶ月でいなくなるのは
さみしいですが、こうやってまた新しい仲間が
塾を訪ねてくれるのはうれしい限りです。
それに中学3年生の皆さんも塾の授業は
終わっても毎年顔を出していますからね(笑)

現にこの1週間でも、特にテスト勉強とかでも
ないのに高1〜高3が別々に4〜5名ほど
塾によって雑談をしていきました。
塾を修了しても私はいつまでもここにいますので
いつでも遊びに来てください!

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月28日

もう限界かな・・・

今日は中3の授業日でしたが、よく考えたら
17期生が全員揃って授業を行うのは今日と
次回のあと2回だけです。
17期生はここ数年と違って、人数は10名と
少なめでしたが、学力面においてはかなり
よくできた学年だと思います。

基本的に中3の夏期以降は新規の入塾は
お断りしているため、この学年でも
一番新しい生徒でも最低1年間は塾に通った
ことになります。
一番長い生徒は例年通りフルコースの5年間です。
しかもうちの塾は、塾生全員が戸塚中生
さらに教えるのは全教科、全学年 塾長である私
実際に接する時間は明らかに学校の先生よりも
私の方が長いと思います。

ということで、塾もあと1ヶ月か・・・
と感慨にふける生徒が見られるのも毎年のことです。

ここ数年は毎年塾生全員で記念撮影をしています
(かといってブログに載せたりはしません
 載せるときは全力でボカシをいれます、笑)
今年はいつか撮ろうと思っていて忘れていたため
今日撮ることにしました。
インフルが流行っている今最終日に全員揃う
保証はないからです。

私のスマホは年季が入っているため
タイマーも連写機能もありません。
塾生のを拝借して、塾生全員+私でハイチーズ。

これをいつものように
画質を落としてLINEのホーム画像に
するのですが、ここで問題が。
なんとLINEのホーム画像が縦長に
なっているのを私は知らなかったのです。
しかも塾生情報によると半年も前に変わっていた
そうです。
なぜ知らなかったかというと、もともとLINEを
頻繁に使っていないというのもありますが
そもそも私のポンコツ携帯が、もうそういうのに
対応できていないようなのです。
私のスマホではいまだにホーム画像は横長です。

よって私のスマホで画像を設定しても、ほかの人の
スマホの画面ではどのように表示されるのかが
まったくわからないのです。
そこで持つべきは元塾生たち。
10数名を動員して、いろんな人に確認して
もらってやっと完成できました。

もう6年以上使っている私のスマホ
画面に謎の白い筋も入ったり、突然充電が
なくなったり、もう限界かなと思う今日この頃です。

そろそろ替え時でしょうか。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2019年01月27日

2019年度 費用のご案内

事務的なお話ですが
2019年度の塾の費用のご案内です

塾生の皆さんにはすでに配布済みです
きちんと保護者の方に行き届いているでしょうか?

とはいえ、昨年との変更点はありません。

初めてこのブログをご覧になる方のために
簡単に塾の費用についてご案内いたします。

まず授業時間は全員同じで
小学生は週1回2時間
中学生は3時間ずつ週2回
中3の2学期からは3時間ずつ週3回

1 入塾金 = ありません
2 月謝   小学生は無料
       中学生は 18,000円
 中3の2学期からは  24,000円
3 年間教材費 小学生  8,000円
      中1・中2 16,000円
         中3 18,000円
4 講習費はリンク先をご覧ください

2019年 費用のご案内
   
以上がすべてです。
よくわからない、登録費とか管理費とか光熱費は
不要です。 また別に実施するテスト対策なども
すべて無料です。 消費税は込みです。

1人で運営しているため事務作業はなるべく
簡素化したいと思い、不要と思える費用は
すべてカットしました。

他の塾の費用形態がどうなのかは知りませんが
うちの塾はこの形で17年間やっています。

よく、費用が安いですねと言われますが
その理由を簡単に言うと
広告費をほとんどかけない
人件費がかからない
新しい教室を増やそうという野望がない(笑)

こういった理由だとお考え下さい。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2019年01月22日

6年生英単語テスト

毎年3学期の最初の6年生の授業の日に英単語の
100問テストを実施しています。
夏休み明けは100問すべて意味を答えるものですが
冬休み明けは100問すべて単語を書くものです。
このあたりで塾生たちの本気度をチェックする
ことができます。
この時期に覚えるべき単語はまだそれほど多く
ないため問題は毎年同じです。
つまり前年との比較ができます。
平均は60〜70点くらいで
90点行けば上出来だと毎年話しています。

新生小学生クラスとして今年の6年生は8期生と
なりますが、英単語テストも8回目です。
過去の記録を引っ張り出します。

◆平成24年(青ジャージ・現大1)
 在籍者15名 受検者15名
 平均点 64.3点

◆平成25年(赤ジャージ・現高3)
 在籍者16名 受検者16名 
 平均点 61.8点

◆平成26年(緑ジャージ・現高2)
 在籍者15名 受検者12名 
 平均点 71.0点

◆平成27年(青ジャージ・現高1)
 在籍者15名 受検者15名 
 平均点 77.8点

◆平成28年(赤ジャージ・現中3)
 在籍者7名 受検者7名 
 平均点 60.9点

◆平成29年(緑ジャージ・現中2)
 在籍者13名 受検者12名 
 平均点 68.1点

◆平成30年(青ジャージ・現中1)
 在籍者14名 受検者14名 
 平均点 81.0点

よって
◆平成24年〜平成30年
 在籍者95名 受検者91名
平均点 69.8点


以上が昨年までの結果で
それに対して今年の6年生は
◆平成31年(現小6)
 在籍者10名 受検者9名 
 平均点 89.2点

なんと、昨年記録された過去最高の平均点を大幅に
上回る驚異的な平均点となりました。

8年間の平均は70点を超えて71.5点に
なりました。

ちなみにこのテストが6年生にとって
どれくらい難しいかというと過去最高だった
昨年でさえ満点は1名もいなかったくらいです。
(昨年の6年生の13名はその後中1の1学期の
通知表で全員5だったことは何度か書いた通り)

過去7年、91名中4名しかいなかった満点ですが
なんと今年は9名中3名が満点でした。
もちろんこの人数も過去最高です。
3名ともお姉さんが塾で勉強してきた生徒なので
多少なりとも家庭で意識付けがされているとは
思いますが、1問もミスがないのはお見事です!

KIMG3855.JPG

KIMG3853.JPG

KIMG3856.JPG


昨年まで、時期柄風邪などで欠席した4名を除き
テストをうけた91名のうちそのまま中学でも
継続して塾に通った生徒の中1・1学期の
英語の成績を調べてみました。

すると
昨年までのこの英語の小テストで
90点以上だった生徒は31名いて
そのうち26名がそのまま継続して塾に通い
中1・1学期中間テストの平均点は 96.2点
中1・1学期期末テストの平均点は 95.6点
1学期の通知表は26名中 22名が5 4名が4

80点〜89点だった生徒は12名いて
そのうち11名が継続して塾に通い
中1・1学期中間テストの平均点は 93.2点
中1・1学期期末テストの平均点は 95.0点
1学期の通知表は11名中 8名が5 3名が4

70点〜79点だった生徒は9名いて
そのうち7名が継続して塾に通い
中1・1学期中間テストの平均点は 93.2点
中1・1学期期末テストの平均点も 91.4点
1学期の通知表は7名中 5名が5 2名が4

ということで70点以上であれば
中学になってもまずまずの成績を残せていることが
分かります。
1学期に限定しているのは、塾で小学生のうちに
1学期の内容は終了しているので
それが反映されているかどうかを見たいからです。
極端にいえば1学期は塾の勉強だけでも
そこそこの成績は残せます。
2学期以降も好成績を残せるかどうかは、本人の
頑張りにもかかってきます。
もちろん塾で指示した内容にしっかり取り組んで
くれれば、2年になっても3年になっても
それほど英語で苦労することはありません。

英語で高得点が取れることが分かっているため
うちの塾生たちは他の生徒よりも多くの時間を
英語以外の教科にかけることができます。
その結果、中1のうちから理科や社会が得点源に
なるという状況が毎年見られます。


ということで本日返却しました単語テスト
Kさん (戸塚北小6年)  100点
Sくん (戸塚綾瀬小6年) 100点
Tさん (戸塚北小6年)  100点
Wさん (戸塚綾瀬小6年)  99点
Fくん (戸塚綾瀬小6年)  97点
Iさん (戸塚綾瀬小6年)  91点
************   86点
************   86点
************   44点



過去の塾生の傾向から考えると
90点以上の6名はよほどのことがない限り
塾でしっかり勉強すれば中1の英語5は
約束されたようなものですね。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと