2017年03月18日

面談月間

3月は進級時ということで
毎年当塾では新中1〜新中3の全塾生を対象として
三者面談を実施しています。 全塾生です。

3月1日からスタートし今日も2組実施しました。
現在ちょうど半数くらい終了したところです。

もちろん行うのは私ですが
普通の塾や学校の三者面談と決定的にちがうのは
面談を行う私自身が塾生の全教科を直接見ていると
いうことです。
もっといえば塾に来てから帰るまでの様子を
見ているということです。

ということは単なるテスト結果の用紙だけを
見た話と違って、微に入り細に入りアドバイスを
できるということです。
話すことがありすぎてなかなか予定通りの
時間に終了できなくてご迷惑をおかけすることも
しばしばです。
昨年から1組当たりの時間を40分に伸ばしましたが
それでギリギリといったところです。

それでも、ご家庭と塾とが直接話をするという
貴重な機会です。
塾生の話、保護者の方のお話
いろいろと聞けて私も参考になります。
一斉の説明会にすると一度で済みますが
それぞれの塾生について詳しく話をしたいので
うちの塾では毎年全塾生を対象にして
三者面談を実施しています。
保護者の方のご協力のおかげで、順調に実施
できています。
この場をお借りして御礼を申し上げます。

中3生は受験のこともあるので
年に3回実施しています。
必要な場合はそれ以上行います。

塾をベストの状態でご利用いただけるように
今後も面談の場を設けていきたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年03月17日

テスト結果3連発

今日から公立高校入試の得点開示が始まりました。
(元)塾生からも報告してもらいました。

まだ全員からもらったわけではありませんが
例年通り、本人の予想より高かった人が
多いようです。
これは毎年のことなので私としては
まずまず想定内です。

塾では1月から2月にかけて、これでもか!
というほど公立入試の練習をします。
もちろん埼玉県の出題傾向に沿った練習です。

ここで私が採点するのですが、これが結構
厳しめに採点しています。

後半には本人で自己採点する練習も行います。
それまで散々私に厳しめの基準でつけられて
いるので塾生たちも自然と厳しくつけるように
なります。
その結果本番の得点が思ったより良かったという
生徒が多くなるわけです。

この練習をしておかないと、自分たちだけで
採点させるとどうしても甘くなりがちです。


続いて北辰の結果が戻ってきました。
今回受けた塾生は5名です。
県内全体でも22000名弱の申し込みということで
全体の3割くらいでしょうか。
当然この時期の北辰ですから、まだまだ受検生の
本気度も高いとは言えません。
よって結果云々はそれほど重要ではありません。

が、今回の結果がちょっと私の予想より
よかったのです・・・
これは素直に喜ぶべきなのでしょうが
正直私としては少し低めに出てほしかったのです。
その方が本人たちも危機感をもってくれるのでは
と思ったのですが、逆に高めにでたことで
調子に乗らないか心配です。
まあぜいたくな悩みといえばぜいたくな悩みです。

ひとつ気になっていた、新校川口市立高校の
偏差値です。
先ほど書いたように1回目だからそれほど
気にすることもないのですが、こちらは
私の想定していた偏差値よりずいぶんと
低く出ていました。

志願者偏差値60は超えるだろうと思っていたの
ですが、第1志望の偏差値で普通科・理数科とも
53〜54あたりです。
今後上がっていくとは思いますが・・・


あと漢検の結果も来ました。
希望者にはすでに速報で伝えています。
当塾の中学生は6名受けました。

中1の2名はいずれも4級に合格しました!
4級は中2終了程度なので
なかなかたいしたものです。

中2の4名のうち2名は3級に合格しました!
3級は中3終了程度なので
なかなかたいしたものです。

あとの中2、2名は準2級に合格しました!
準2級は高2終了程度なので
かなりたいしたものです。
ということで今回受検した当塾の中学生6名は
めでたく全員合格となりました。

小学生についてはまだ結果を返却していない生徒も
いるのでここでの結果掲載も控えておきます。

次の実施は6月を予定しています。
修学旅行や水上との日程を勘案しつつ
決定したいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年03月16日

新6年生、残り座席は1〜2です

今日は木曜日で、5年生(新6年生)の授業でした。

1年間動きがなかったこの学年も
ここにきて問い合わせが続いています。
(ちなみにこの1年間でやめた生徒はゼロです)

何回か書いていますように、当塾の小学生クラスは
6年生の4月で募集を終了します。
それは人数が多くても少なくてもです。

その新6年生クラスの募集をそろそろ終了する時期に
なりました。
先週から新メンバーが1名。
さらに来週2名の予約が入っています。
その予約の子が入塾となれば、残りの座席数は
あと1〜2となります。

実際の座席数は20以上あります

Effectplus_20170317_031011.jpg

今日の漢字テストの様子。
みんな真剣に考えています。

座席数が20以上あっても、私自身がひとり
ひとりの理解度を確かめたいので
どの学年も10数名を上限にして
それ以降は心苦しいですがお断りしています。

ということで新6年生は
間もなく募集終了しますというご案内でした。



引き続きまして、新5年生のご案内です。
こちらはすでに申し込み済みが2名。

この2名とは別に予約されている方や検討中の
方が4〜5名といった感じです。

こちらは新6年生とちがって、まもなく
募集終了になることはないと思います。
なにしろまだ授業は開始していないのですから。

ただ明らかに言えるのは
教えるのは私(塾長)です。
5年から高校受験まで、責任をもって
全教科私が指導します。
学生アルバイトに任せているわけではありません。

この小学生クラス、授業料は無料ということで
始めましたが、今年の5年生で8期目になります。
同じようなクラスを設けている塾があるかどうかは
知りませんが、当塾の場合成績の基準もありません。
授業料は無料だけど、成績優秀者に限る。
では、やっていることが大手塾と変わりません。
別にそれはそれでいいのでしょうが、
細かいところにまで手が届く、
というのがうちのような個人塾の利点です。
成績優秀者に限らず、勉強に意欲的な生徒を
待っています。

おかげさまで小学生クラスは毎年半数以上が
現塾生や元塾生の弟妹です。
いくら無料でも、塾に不満があるのなら
弟妹まで同じ塾とはならないと思います。
ということは、少しはお役に立っているのだと
勝手に解釈しておきます。

先ほど成績の基準はないと書きました。
入塾テストのたぐいは実施していませんが
学校のテストで80点くらいを目安としています。
中学と違い、小学校のテストで80点
とれないようだと集団塾では難しいと思います。

ということで
新5年生、4月11日(火)スタートです。
どの生徒もこの日が最初なので
緊張の度合いも一緒です。
せっかくなら、修徳ゼミナール20期生の
オープニング生としてスタートするのも
いいと思います(笑)


posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年03月15日

卒業おめでとう!

今日は中学の卒業式でした。
塾生の進路も無事決まりあとはこの日を
待つだけとなっていましたが
やはり卒業となると寂しさがありそうです。

私も思い起こすこと20数年前の3月14日に
中学を卒業しました。
とはいえ、淡々と式が進み最後に教室で
ひとり一言ずつ挨拶をしてそれでおしまい
といった感じでした。
その後みんなでどこかに遊びに行ったわけでもなく
当然打ち上げなどの習慣もありませんでした。

その点今の中学生は学校でこれでもかと写真を撮り、
そのあと遊びに出かけたとか。
ちょっとうらやましくもあります。
ただ違うのは、たしか私の時は卒業式の次の日が
公立高校の合格発表だったという点です。
さすがに発表前だから手放しで喜ぶわけには
いかないというのがあったかもしれません。
どちらがいいのかは分かりませんが、
県によって日程はずいぶんと違うものです。

ただいつまでも中学生気分でいると
なかなか次の段階に踏み込めません。
学校によってはすでに制服採寸や課題の
受け渡しが始まっているはずです。
いつまでも、中学は良かった・・・
などと感傷に浸っているといきなり
スタートでおいていかれることになります。

早いうちに気持ちを切り替えて
高校生として新たな一歩を踏み出してください。
今日も塾に顔を出した中3生がいましたが
今までの高校生がそうだったように
皆さんもいつでも塾に寄っていいですよ!
勉強しに来るのもいいし、雑談に来るのも
大歓迎です。

現に今日も夕方に来た中3生とは別に
今度大学2年になるMさんもふらっと塾に
来ました。
ちょうど年度代わりで帰省していたそうです。
なかなか面白い話を聞かせてくれました。

何はともあれ、中3生の皆さん
卒業おめでとう!
今後の皆さんの活躍を期待しています!
posted by Mさん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2017年03月14日

実力チェック!

今日は数検の申し込み締め切りでした。
塾では希望者がなかなか集まらなかったので
今回は見送りとなりました。
漢検は結構希望者が多いのですが
数検は年に1〜2回の実施となっています。

さて、その数検。
個人的に申し込みました。
たしか一昨年、2級と準1級に合格したことは
ここにも書いたと思いますが
今回申し込んだのは準2級です。

え、順番が違うだろ! と全国から突っ込みが
入りそうです。
学生の場合は受験のためという理由がほとんど
だと思いますが、卒業してしまうとその目的も
なくなってしまいます。
それでも社会人で受ける人は数検のほか漢検や
英検でも結構います。

これは純粋に趣味のためであったり、
私のように教えることを職業にしている場合は
その力を確認するためでもあります。
よって大手の塾や予備校では、こういった検定に
毎年合格することを課しているところもあります。

高校の先生の中には高校受験の問題
(要は中学の内容)でさえ平均点に達しないと
いう信じられない先生もわりといるそうです。
それは先生になったことで、そのあとの
努力を怠っているからではないでしょうか。
公務員と違い塾の講師でこれは許されません。

まあ中学生対象の塾ですから3級までの内容が
理解できれば十分なのですが、最近は高校生からの
質問も多いのでしっかり教えられるだけの知識が
あるかどうかを客観的に判断したいと
思ったわけです。

一昨年受かっていても、勉強しなければ
忘れてしまいます。
よって自分自身のためにも受検してみようと
思ったわけです。

漢検の場合直接国語の能力は関係ありません。
英検は1次・2次と2回受けるのが日程的に
難しく数検となったわけです。
実はほとんど知られていませんが理科や社会の検定も
存在します。
あとでちょっと調べてみようと思います。

ちなみに数検準2級。
さすがに合格はできると思いますが
目標は満点以外ありません。
受検料はLINEQで賄います。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なこと

2017年03月13日

申し込み状況

合格発表も終わり、卒業式も近づいたところで
このところ新年度から塾に通いたいという方からの
問い合わせが見られるようになりました。

あまりこのブログで宣言活動はしませんが
簡単に申し込み状況を掲載しておきたいと思います。

新小学5年生
4月11日から授業スタートします。
毎週火曜日の授業となります。
現在予約受付中で、すでに数名の方からの
申し込みがありました。
10名前後の受付となります。

新小学6年生
まもなく受付終了します。
残りの座席数は2〜3です。

新中学1年生
新中学2年生
いずれも残りの座席数は4〜5です。

新中学3年生
まもなく受け付け終了します。

ざっと書きましたが、
新小6と新中3はまもなく受付終了。
新中1と新中2は若干の空席があります。

戸塚中で公立高校を目指している方には
もっとも効率の良い塾だと考えていますので
是非ご検討ください。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年03月12日

嫌な言葉

塾や予備校の業界では何十年も前から
普通に使われている言葉

〇〇高校 全勝!
〇〇大学 10勝3敗!

私も同じ業界のはしくれにいますが
この表現が大嫌いです。
某所にも書いたので見た人もいると思います。

個人的な受験の結果として
大学を10校うけて5校に受かったから
5勝5敗と個人的に表現するのは何の問題も
ありませんが、これを予備校や塾が
言うのに違和感があるのです。

入試は今までの勉強の努力の結果を判定する場で
あって勝ち負けを判定するものではありません。
そもそも、勝ちって何?
合格できなかったら負けですか?
入試が人生の最終目標ならばそれも分かりますが
ただ単にどの学校に行くのかを決めるだけの
ものです。
人生がどうなるかなんて、そのあとの努力次第で
いくらでもかわります。

私は高校は第一志望に合格しましたが
別に勝ったとは思っていません。
大学は第一志望に不合格でしたが
別に負けたとは思っていません。

むしろそのおかげで埼玉で塾を始めることになり
今はすばらしい塾生や保護者の方に恵まれて
毎日が充実しています。

予備校や塾(特に大手)は
合格者数こそがすべてです。
ここには書けないような、ありとあらゆる手段を
使ってでも合格者数を増やして宣伝する必要が
あります。
それが、〇勝! などという表現につながって
いるのではないかと勝手に分析しています。

まあ表現の自由は保障されていますが
私はこの表現が嫌いです。
これからも絶対に使うことはないと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類に困ったもの

2017年03月11日

合格おめでとう!

昨日は公立高校の合格発表日でした。
毎年この日は、朝9時前から塾で待機しています。

塾を始めたころはスマホなんかない時代なので
ほとんどの連絡は、直接塾の電話にかかって
いました。その後塾に来るというパターンです。

が、時代が変われば変わるもので
いまは塾の電話に直接かける生徒は誰もいません。

ほとんどの生徒はLINEです。
だから塾で待機する必要もないのですが
LINEで連絡する前に直接伝えたいという
生徒もいるので、今でも朝から待っています。

最初の連絡はTさんのお母さんから
無事合格しましたとのものでした。
その後も続々と報告が続き、時間がたつと
直接塾に来る生徒もいました。

正午ごろには全員の結果が判明しました。
今年もきちんと塾生全員が連絡してくれました。
塾生の誰かが言っていましたが、
それが塾で教わったことへの対する礼儀です。

今年は残念ながら全員合格とはなりませんでしたが
その一人からも、すでに心を入れ替えて
大学受験で頑張るとの決意を聞きました。
学校選択問題が予想以上に難しかったようですが
すでに数検準2級に受かっているその力を
生かせれば高校での巻き返しは可能です。
3年後の報告を楽しみに待ちたいと思います。


合格できたのはもちろん皆さんの力です。
ただしその陰では家族の協力があったことを
決して忘れてほしくはありません。
これからも感謝の心をもって
高校でも頑張ってほしいと思います。

今年の合格高校はこちら
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年03月06日

16年目

2月3月は塾にとって最も忙しい時期で
何かとバタバタしていました。

この時期は
・中3の受験対策
・中1、中2の学年末対策
・塾生の三者面談
・新年度の年間授業計画
・新年度の教材選定
・新年度生の募集活動

などなどとやることが多くて
ブログの更新は優先順位でいうと
どうしても後回しになってしまいます。

うちの塾は私一人でやっているので
当然ながらこれらのことをすべて一人で
行わなければなりません。
全学年全教科の授業も並行してです。

言葉で書くとなんだか大変ですが
塾生の皆さん、保護者の皆様が塾の業務に
大変協力的なので私もなんとか
やっていけます。


3月も約1週が過ぎてようやく
落ち着いてきたところです。

さて、もうだいぶたちましたが3月1日は
当塾の創立記念日です!
塾が始まったのは2002年の3月1日。

始めたころは見切り発車的なところが
ありましたがいつの間にか15年がたち、
16年目に突入しました。
これもひとえに、塾生ならびに保護者の皆様の
ご協力のたまものです。
この場を借りてお礼を申し上げます。

なぜか知りませんが、この地域は
ものすごい塾の数が存在します。
さすがにもう増えることはないだろうと
毎年思いながら、毎年増えています(笑)

塾をはじめたばっかりだったら、
同業が増えるのは、うーむ・・・
と思っていたかもしれませんが
もう15年もやっていると、特に感想は
ありません。むしろ歓迎しています。
それだけ地域に教育の関心が高まるからです。

個人で塾を始めるのは意外と簡単ですが
長続きするのは結構大変です。
それは塾の関係者なら誰も知っていることです。
特に周りに塾が多い地域ではなおさらです。

特にこの時期は毎日のように塾のチラシが
入っていると思います。
うちの塾も明日あたり新聞広告が入ると思います。
本当にわずかな部数なので、目にされた方は
ラッキーです(笑)

一昔前ならチラシが情報入手の有力な手段だった
かもしれませんが、今はネットもあるし
それよりも友達同士、保護者の方どうしの
口コミの方が信頼できると思います。

ちなみに塾のHP以外のネットの書き込みなどは
その塾の関係者の書き込みや、広告料を払った塾が
優先的に表示されるようになっているので
まったく信頼できません。
誰が書いたかわからないようなネットの書き込み
よりは知り合いの口コミの方が信頼できるのも
自然の成り行きですね。

ということで16年目を迎えた当塾。
最初から小学生の間だけと割り切っていた
6年生は別にして
5年生も、中1生も中2生も全員
次の学年でも継続して塾を続けることになりました。
大変ありがたいことです。

新学年でもよろしくお願いします!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年03月05日

北辰デビュー

今日は2年生の最初の北辰の日でした。
以前は中1も中2も年3回実施されていましたが
近年は中2の3月が初回となっています。

まあ直接入試に影響するわけではないので
それほど受験者数が多いわけではありませんが
今回は22000人が受験したそうです。
それでも埼玉県内の公立に通う同年代の人口の
4割近くが受験したことになります。
塾では5名が受験しました。
去年も5名でした。

私は初回の北辰は何が何でも受けろ!
とは強く勧めないので毎年これくらいの人数です。
部活もあるし、何しろ受験料も安くないので。
それでも受けた人は他の人よりも早く
受験生としての自覚を持てたのではないでしょうか。
その点では受験することに意味はあります。

今後1学期に3回、2学期に4回ありますので
受けられるならなるべく受けてほしいと思います。
特に7月以降は私立の確約(のようなもの)に
使われるのでよほどのことがない限り
受けてください。

さて、早速様子を聞いてみました。
私としては問題の出来うんぬんも気になりますが
それよりも気になるのは来年開校する新校
(川口市立高校という名前はどうにも・・・)
の希望者数と偏差値です。

今回の北辰から希望校として書けるはずなので
塾生にもお勧めしておきました。
早速第1希望に書いた塾生もいたようです!

なにしろ新しい学校で理数科もあるのですから
人気が出ないわけがありません。
学校で実施される説明会もすぐに満席になりました。

ちょうど私が受験した佐賀県立致遠館高校と
状況が似ています。
できたばかりの学校で、理数科もありました。
やはり(当時は)人気があったようで
私が受験した理数科の倍率は2.5倍でした。
偏差値でも(当時は)理数科は県内で
トップだったと思います(当時は)


川口市立高校(通称はどうなるのでしょう)も
それなりに人気が出ると思います。
現在川口市内では、ずっと川口北高校が
学力面ではトップの位置にありますが
それ以上の学力がある生徒たちはみな
市外の高校を希望しています。
それはうちの塾生も同じでした。

来年開校する川口市立高校に
川口北高校以上の学力を有する生徒たちが
集まり大学受験でも実績を残せば
これからの高校受験の様相も随分と
変わることになります。

私はそれに期待していますが
果たしてどうでしょうか。

今回の北辰では最初ということもあり
いろいろな生徒がこの学校を希望して
書いていると思います。

それでも1年後最終的には偏差値60を
楽に超えるような学校になってくれれば
塾としてもこれからこの学校を勧めていけます。

ちなみに、もし私があと20数歳若くて
同じ立場だったら、迷わずこの学校の理数科を
希望していると思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年03月04日

塾ロス

以前、「あまロス」「真田丸ロス」という言葉が
ありました。(いずれも私が見ていた番組)

毎日(毎週)のように見ていた番組が
終了したことに対する喪失感とでも
言えばいいのでしょうか。

私もあまちゃんが終わった時には
何とも言えない虚無感にさいなまれたものです。
繰り返し録画を見たり、再放送を見ていました。

まあそれだけ番組の作りが優秀だということで
どの番組にも感じることではありません。

今年の直虎や月9の視聴率でもわかる通り
むしろ最近のドラマでこれだけ視聴者を
ひきつける番組は皆無に等しいです。

さて私の話はいいとして
塾に通うことが終了した中3にも
毎年少なからずこの症状が見られます。

今まで毎日のように通っていた塾に
行かなくてよくなります。

普通だったら
あー やっと塾で勉強しなくてよくなる
これから遊ぶぞー!

となりそうなものですが
うちの塾の場合、もちろんそういった
生徒もいるでしょうが、どちらかというと
塾ロス症候群に陥る生徒の方が
多いような気がします。

まあそれだけ塾を頼ってくれる生徒が多いのだと
プラスに考えています。
そのせいか、高校生になっても塾に来て
勉強していく生徒もいれば
単に時間があったからと塾に来て
雑談をしていく生徒もいます。
どちらも大歓迎です。

高校生だけでなく、大学生や社会人に
なってからも相談に来る元塾生もいます。

私一人しかいない小さな塾ですが
15年間塾生にはめぐまれてきたことが
塾を始めてからの一番の財産です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年03月03日

入試お疲れさま!

昨日の学力検査、今日の面接・実技試験を
もちまして埼玉県の公立高校の入試が終了しました。
まずはすべての受験生の皆さん
お疲れ様でした。
今まで勉強してきた成果は発揮できたでしょうか。
あと1週間なかなか落ち着かない日々が続きますが
残りの中学生生活を楽しんでほしいと思います。

さて、例年ですとここで私が全教科を解いて
分析して予想平均点も載せて・・・・
ということを実施していましたが
今年はやめました。

もちろん問題は目を通しています。
傾向はほぼ例年通りで、
英数が若干易化、学校選択の数学は難しいという
のは大方の予想通りです。

平均点は、学校によって採点基準が違う以上
予想することにあまり意味を見いだせなく
なりました。
それに今年から学校選択問題が加わったことで
ますます平均点は予測が困難に。
問題が簡単になるから平均点があがるかというと、
そう単純ではなく、今まで平均点をあげていた
生徒たちは軒並み学校選択問題を採用する高校を
受検しているので結局平均点はあまりかわらない
ことになるのでは。

となると平均点を目安に算出されていた
想定ボーダーも算出不能になります。
そもそも終わった試験に対して
ボーダーがどうのといっても
受験生にとっては、どうしようもありません。
もう試験は終わっているのですから。
むしろ、数字を提示することで
余計な不安や安心を与えても逆効果です。

もちろん個別に聞かれたら答えていますが
ここに掲載することはやめようという
考えに至ったわけです。

ちなみに試験が終わった日に塾によって
自己採点をしている塾生がいました。
特に呼んだわけではありませんが
どうしても気になるからと。
で、二人とも400点前後だったので
若干安心したようでした。

普段の練習よりも高得点でした。
まあ普段の練習では難しい問題を採用しているし
本番の方が取れるのは毎年のことです。

ただ、いろんな声を聞くと
どうにも今年の入試は難しくて平均が下がる
のではという意見が多数です。
そう考えると自己採点に来た二人は相当
頑張ったといえるのでしょうね。

他にもLINEなどで自己採点を
報告してくれた塾生が何人もいました。
ありがとうございます。

いずれにしても1週間後には
結果が判明します。
結果がどうであれ、今まで頑張ってきたことは
無駄ではありません。
今後の人生にいかしてほしいと思います。

今まで塾を利用してくれた15期生の皆さん。
おつかれ!


塾最終日の翌日に、当塾の全保護者の方あてに
今までの塾を利用してくださったことに対する
お礼のメールを送りました。

入試前日には、塾生全員に激励のLINEを
送りました。
感激してやる気になったと後日教えてくれた
塾生もいました。
(ちなみに文章は微妙に全員違います)


10日の発表まで
胃が痛い日が続きます。
何とか一人でも多くの塾生が
合格していますように!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年02月28日

ささやかなメッセージ

15期生(中3)の授業は昨日で終了しました。
が、宣言通り今日も自習に来ている生徒がいます。
このあたりはさすがうちの塾生です!

明日も来ると言っている生徒もいます。
まあ明日は入試前日なので、早めに帰らせる
つもりです。

さて、中3で使っていた教材などを整理し
塾の予定表も2月から3月のものに変えようとしたら

KIMG2454.JPG

27日(昨日)のところに何か書いてありました

KIMG2455.JPG

小さいことですが、こういう心遣いは
うれしいですね!

みんなも頑張ってね!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年02月27日

中3最後の日

今日は15期生(緑ジャージ)が全員集まる
最後の日となりました。

うちの塾の場合最後だからと言って、
何か特別なことをしたり
特別なことを言ったりすることはありません。
いつものように淡々と問題を解いておしまいです。

イベント好きなナウなヤングには物足りないかも
知れませんが、問題を解くうえで大切なことは
今までもう何十回も話しているので
今さらという感じです。
そのあたりはすべての授業を私が受け持っている
という利点です。

ただ最後ということで用意がいい塾生が
セルカ棒持ってきていたので記念撮影と
なりました。

思えばこの学年、15期生は5年生の4月
6名からのスタートでした。
うち4名は最後まで続けてくれました。

他にも小学生から入塾した生徒も数名おり
最終在籍者の約半数が小学生からの
持ち上がりです。

このように在籍期間が長いというのが
うちの塾の特徴の一つです。

在籍期間別に書いてみると
8ヶ月が3名
1年が1名
1年10ヶ月が1名
2年が2名
4年6ヶ月が2名
5年が4名

つまり平均在籍期間で約3年です。
一般的な塾がどうなのかはわかりませんが
おそらく長い方だと思います。

これだけ長く来ていると、少なからず塾への
愛着もわいてくると思います。
しかも周りはみんな同じ中学で、
人数もそれほど多くないのですから
ひとつの家族みたいなもんです。

いちばん短い生徒でも8ヶ月ですが
時間にすると400時間は来ているはずです。
はず、というのは うちの塾は正規の授業以外にも
自習に来る生徒が多いので、どれくらいいるのか
私も把握していません(笑)

いちばん長い生徒は5年です。
義務教育9年間の半分以上の期間
塾に来ています。
特に3年になってからは、毎日のように塾に
来ている生徒もいるので
学校にいる時間よりも塾にいる時間の方が
長いという生徒もいるでしょう。

いつも当たり前のように来ていた塾に
来るのも今日が最後となると
何かしんみりとしますね。
私はこの光景を毎年見ていますが
生徒たちにとっては、もう一つの卒業と
いった感じです。

名残惜しいのか塾生同士で写真を撮っていました。
人ではなくなぜか塾の様子まで写真に撮っている
生徒も。

私も某SNSの方に数十枚掲載しました。
人ではないものが中心ですが(笑)

KIMG2508.JPG

Effectplus_20170226_222131.jpg

Effectplus_20170301_114735.jpg


うちのような小さな塾を信用し長い間通ってくれて
ありがとうございます!

あと3日、今がいちばん苦しい時ですが
最後まで前を向いて頑張ってほしいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年02月26日

皆勤

今日は日曜でしたが、塾で勉強したいという生徒も
いたために開けることに。
まあ毎年のことです。

ということで、よく考えてみたら
私は今月塾に皆勤賞となりそうです。
平日はもちろん、土日祝も含めて
つまりすべての日に塾に来ています。

普通の塾で講師にこんなことお願いしたら
ブラックだと訴えられそうですが
私は好きでやっているのでまったくの
ノープロブレムです。

KIMG2507.JPG

15期生が全員集まるのも
明日が最後となりました。

posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年02月22日

中3貸し切りの日

今日は学年末テストの2日目でした。
中1・中2は昨日まで毎日のように塾に来て
勉強していたので今日は一休み。

ということで、本来今日は中3の授業日では
ありませんが中3を呼んで勉強会となりました。
テストで帰宅が早いので午後3時からです。
途中食事休憩をはさんで、全部で6時間以上
塾で勉強となりました。

勉強とはいっても残り1週間となったこの時期は
新しいことに手を出すというよりも、確認作業が
メインになります。
今日もテスト形式の問題を5教科取り組みました。

学校で学年末テストを受けたばかりですが
塾でもテストです。
もう1ヶ月以上も続けているので塾生たちも
慣れたものです。
黙々と解き続け即採点のあと間違えた問題の
チェックです。

明日で入試まで1週間となります。
塾に来るのは今日も含めてあと4回。
まあ半数近くは毎日のように来ていますが
全員揃うのはもうあと数えるほどになりました。
今年の中3もいろいろとありましたが
何か名残惜しいものがありますね。
などと感傷に浸っている場合ではありません。
あと1週間私もできることは何でも
やっていきたいと思います。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年02月20日

1054

さて、今日はいよいよ公立高校の出願日でした。
出願は明日までできますが、明日何があるか
分からないのでおそらくほとんどの受験生が
今日のうちにすませていることでしょう。

受験番号も確定したことで
受験への意識がさらに高まったことだと思います。
7時前に倍率の速報が出たので塾生たちにも
教えました。
その反応は様々ですが、変更期間もあるので
まだ確定ではありません。
特に予想とかなり離れていた学校の場合
数十人単位で増減する可能性もあります。

ただし、それは人の話で
皆さん個人個人がやるべきことは決まっています。

入試へのカウントダウンもついにあと10日となり
明日からは一桁に突入します。
この時期になると、もう新しく何かに
チャレンジするというよりも
基本事項を確実に抑えているかという確認も
必要になります。

点数をいかにとるかということと同じくらい
点数をいかに落とさないかということも
大切です。
入試は点取りゲームではないのであまり
こういうことは言いたくないのですが
少しくらいはいいでしょうか。

長い人生の中では高校入試は
本当に一瞬の通過点にすぎませんが
それでも直面している当人たちにとって
それは人生の重大な分岐点と
感じられることでしょう。
後悔のないように挑んでほしいです。

ちなみにタイトルの1054
これは私の高校受験のときの受験番号です。
私立は受けていないので第一志望の
公立高校の番号です。
大学の番号は忘れましたが、人生初の受験番号は
20年以上たった今でもはっきりと覚えています。
それくらい高校入試には必死になって
勉強していたということです。

受験生の皆さんもあと10日間
必死になって勉強してください!
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年02月19日

土曜も日曜もテスト対策

今日は日曜日でしたが
昨日に続いて昼過ぎから10時間ほど塾生の
テスト対策につきあいました。
10時間といっても学年で分けているので
1学年でいうと3時間ほどです。

ただこちらで用意している時間はそうですが
希望者は自習に来ていいことになっており
昨日も今日も半日塾で勉強した生徒も
何人もいました。
自習に関しても私の方から促すのではなく
塾生が自主的に申し込むように
しています。

自習といっても友達と一緒に申し込むような
軟弱な精神は持ち合わせていません。
中学生くらいだと、すぐに友達の家で
一緒に勉強する。とか友達と一緒に
ファミレスやらファストフードの店で
勉強するという生徒をみかけますが
ダメダメ、友達と一緒で勉強するわけが
ありません。

うちの塾生はたとえ塾で自習する場合でも
個人で申し込んでいます。
そこに友達の存在など関係ありません。
普段は仲の良い塾生たちですが、自習に
関しては完全に個人で決定してもらいます。


うちの塾以外でもテスト対策を
行っている塾は多いと思います。
中1も中2も金曜からテスト前日まで毎日
塾で対策を行います。うちの塾では当たり前
となっていますが、こんなことをやる塾は
ほとんどありません。

それは対策授業を行うには人件費もかかるし
そもそもいろいろな中学の生徒がいる塾では
日程も範囲がバラバラだからです。
だから土曜や日曜にまとめて対策を
行う塾が多くなります。

うちの塾の場合は全員戸塚中なので
当然日程も範囲もみんな同じ。
塾長が全学年全教科教えているので
余計な人件費も発生しません。
(まあ私の疲労は考慮すべきですが)

1日にまとめて8時間やるよりも
1日2時間ずつ4日間実施した方が
勉強としては効率的であることは
どなたにも理解できることだと思います。

テスト対策ひとつとってもその取り組み方は
千差万別です。
どのやり方が良いとは一概に言えませんが
中学で塾に入る場合は、そのあたりも
考えに入れた方がいいかなと思います。

明日はいよいよ公立入試の出願です。
中3は午前中で学校おしまいだそうです。
ということで急きょ午後1時から塾を
開けることにしました。
このあたりの融通が効くのも
当塾の特長です。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年02月16日

ついに20期生

今日の夕方
新規に入塾したいという方が見えました。
現塾生(6年生)の妹で現在4年生。
当塾は5年生から授業を行っていますので
現在クラスは存在しませんが、
4月から通いたいとのことでまだ2か月先ですが、
早速入塾の手続きとなりました。

当塾がスタートしたのが2002年3月1日。
まもなく受験を控えた中3生が15期生。
以下、
中2生が16期生
中1生が17期生
小6生が18期生
小5生が19期生
ということで、4月からスタートする
現4年生世代は当塾にとって記念すべき
20期生ということになります!

始めたときはまさかこんなに続くとは
思っていませんでした。
塾の業界では、個人塾は3年続けられれば
成功した部類に入ると言われているようですが
そう考えるとうちの塾もまあよくやっている
方ではないかと自画自賛しておきます(笑)

ということで
ホームページでも関連項目を更新しました

中学準備講座

新小学5年生
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと

2017年02月15日

あと1週間

学年末テストまであと1週間となりました。
今回は1年も2年もテスト範囲が広く
かなり大変だと思います。
それに実技教科も加わりますからね。

中1は
数学は図形が中心です。
とくに後半の面積や体積は図形とはいえ
計算が中心です。
もたもたしていると時間が無くなってしまいます。
早く正確に解く練習をしなければなりません。
英語は代名詞の格変化と現在進行形と
canの文章で、うちの塾生にとってはまあ
それほど大変ではないでしょう。
社会はヨーロッパ・アフリカ・北アメリカ
南アメリカが一気に出題されます。
範囲が広いときは逆に基本的な事柄しか出ない
という社会の法則がありますので
ちゃんと勉強すれば大丈夫。
大変なのは理科です。
平成に入って一番遅いのではと言われた
今年の中1生。
先生もやっと気づいたのか、急にスピードアップ
したようです。
今回の範囲は、水溶液から始まり
物理全分野。つまり、光・音・力です。

水溶液は濃度の計算があります。
力には圧力の計算があります。
いずれも分数や小数の割り算が入るので
これは苦労する生徒が多いでしょう。


中2は
数学は図形の後半
面倒なわりにほとんど北辰や入試にもでない
単元です。
あとは確率で、内容としてはそれほど多く
ありませんが証明をどれくらい書けるかが
ポイントとなりそうです。

本当は完ぺきに書けるようになってほしい
のですが、証明の勉強ばっかりやって
結局簡単な穴埋めしか出なかったということも
しばしばで、それだったら他の教科の
勉強した方が良かった。
ということもあり、証明にどれくらい時間を
かけるべきかなかなか悩ましいところです。

英語は範囲が狭く、それだけに細かい内容
まで覚えないといけません。

逆に社会は範囲が広くなっています。
関東東北北海道と歴史で50点ずつ。
東北は前回も出たと思いますが今回も。
それはいいとして、なぜかこの学年
近畿地方が結局出題されませんでした。
2学期の中間でもスルーされ
期末でもスルーされ、今度こそはと思ったら
なんと学年末でもスルーされ。
どうやら戸塚中の地図には近畿地方は
存在しないようです。

理科もなかなか大変です。
電流の後半の電力とか熱量あたりから
磁界や電子線の問題。
さらに天気全般。
ここでも計算が大量に出題されます。

また恒例の範囲変更もボチボチあるようです。
2週間も前に範囲が出るのですから
これは仕方ありません。
予定通り授業が進まないこともあるでしょう。
ただ範囲変更があったのに、塾に伝わらないと
それを知らないまま塾で問題を用意することに
なりものすごく効率が悪いことになります。

その点うちの塾は全員戸塚中生なので
あるクラスで変更が発表されたら
ただちに私に報告され、それが塾で伝えられるので
まだ学校で知らされていないクラスの生徒も
知ることができます。

個別や少人数クラス形式ではこういうことは
なかなか難しいと思います。
私が常々戸塚中の生徒にとっては
一番効率が良い塾と言っているのは
こういう細かいこともふくまれます。

昨日も今日も授業はないにも関わらず
中1生、中2生から範囲変更の連絡が
届きました。
塾の業務に協力的で大変助かります。
さすがうちの塾生です!
まあ中1生・中2生といっても大半が
もう3年も4年も塾に来ているので
自然と協力的になってくれます。

ということで明日は中3生の入試対策ですが
金曜日からは中1生も中2生も毎日塾で
テスト勉強です。 土曜も日曜も塾ですよ!
むしろ塾で勉強することを喜んで前向きに
考えているのが多いのもうちの塾生の特長です。
また、今回も自発的に自習に来ている中2生がいます。
どんどん利用してください。
テストまで20時間以上塾で勉強できますよ。
posted by Mさん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のこと